ハイローオーストラリア

バイナリーオプションはやめとけと言われてもハイローオーストラリア(Highlow.com)なら大丈夫な理由とは?

投資を検討している人に対して「バイナリーオプションはやめとけ」と言う声が上がっています。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は日本で人気が高いバイナリーオプション業者なので、この声を信じるのなら「やめとけ」ということになります。

しかし、ハイローオーストラリアに限らず、海外バイナリーオプション業者では日本語対応を充実させていて、ザ・オプションやザ・バイナリーなどでも多くの日本人トレーダーが利用しています。

日本国内でもGMOクリック証券やIG証券などの人気のあるバイナリーオプション業者があります。これだけ利用者がいるのにやめとけと言われているのはなぜなのでしょうか

この記事ではバイナリーオプションはやめとけと言われる背景を解説します。その上でハイローオーストラリアなら「やめとけ」どころか「やるべき」と言える理由を説明します。

こんなオレ

バイナリーオプションに対する考え方をここで前向きに改めましょう!

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

やめとけと言われる背景

バイナリーオプションはやめとけと言われるのにはれっきとした理由があります。この背景を理解すると、確かにやめとけと言う人たちの気持ちや考え方がわかるでしょう。

大きく分けると以下の3つの背景があってバイナリーオプションをやめるべきだという議論が巻き起こっています。

バイナリーオプションの規制や禁止

バイナリーオプションの規制や禁

世界的にバイナリーオプションの規制や禁止が進められているため、バイナリーオプションはやめとけと言われています

早期からバイナリーオプションを禁止に踏み切った国として有名なのがベルギーとオランダで、2016年に禁止を決めました。カナダでも2017年の時点で禁止を決定しています。

EUでは2018年3月に禁止を決め、加盟国のドイツでは2018年、イタリアやフランス、デンマークでは2019年に永久禁止としました。

2019年にはハイローオーストラリアが拠点を置いていたオーストラリアでも禁止になりました。現在ではG7の中でバイナリーオプションを禁止していないのは日本とアメリカのみになっています

禁止に踏み切った国

2016年 ベルギー オランダ

2017年 カナダ

2018年 ドイツ

2019年 イタリア フランス デンマーク オーストラリア

アメリカでも規制がだんだんと強化されてきていて、宣伝広告などの活動は全面的に禁止されています。日本では2013年に規制が敷かれて、ガイドラインに従った運営しか認められなくなっています。

こんなオレ

このような時代背景を考えるとバイナリーオプションはやっても意味がないからやめとけという議論も納得できるかもしれません...

バイナリーオプション業者の国内と海外の違い
バイナリーオプション業者の国内と海外の違いバイナリーオプション取引(binary option)をするときにはどの業者にするかで悩みがちです。国内業者と海外業者では大きな違いがあることから、どちらにするかをまず決めようと考える場合が多いでしょう。この記事ではバイナリーオプション業者(binary option)が国内と海外でどのように違うのかを深く掘り下げていきます。...

バイナリーオプションの詐欺の横行

バイナリーオプションの詐欺の横行

バイナリーオプションはやめとけと言う人がいる背景として、バイナリーオプション詐欺が横行していたことも挙げられます

バイナリーオプションが世界的に活発に行われていた2010年代には多様なバイナリーオプション関連詐欺が起こっていたのは事実です。

初期に多かったのは海外バイナリーオプション業者として利用者を募り、口座開設をして入金するまでは良かったものの、出金できないというものでした。そのうちに運営元が消滅してしまってお金が消えてしまったという被害が起こっています。

また、バイナリーオプションの自動売買ツールやサインツールの販売詐欺も国内外で横行していました。

こんなオレ

ネット掲示板での販売やセミナーへの勧誘をした後でツール入りのUSBの販売が典型的なものです...

オブザイルという言葉ができるほどに詐欺集団が暗躍していました。SNSを使ってバイナリーオプションレクチャーをするという形で詐欺行為も行われています。

このような詐欺の被害に遭うリスクがあることを考えると、バイナリーオプションはやめとけと言いたくなるのも確かでしょう。

SNSのバイナリーオプションレクチャーは超危険!
【詐欺】SNSのバイナリーオプションレクチャーは超危険!インスタやLINE,Twitterなどでハイローオーストラリア(Highlow.com)などのバイナリーオプションレクチャーのアカウントを見たことがあると思います。結論から言うとあれらは全て詐欺です。ここでは、バイナリーオプションで稼ぎたい人を狙ったバイナリーオプションレクチャーを解説します。...

バイナリーオプションによる借金や破産

バイナリーオプションによる借金や破産

実はバイナリーオプションはやるべきではないと言う人が多いのは、借金や破産に至った事例が知られているからでもあります

バイナリーオプションはギャンブルに近いと言われることもある金融商取引です。特に金融に関する知識がなくても、当てずっぽうで取引ができてしまうため、ギャンブルという意識を本人は持っていなかったとしても同じような感覚でのめり込んでしまった人が国内外に大勢いました。

バイナリーオプションは勝てば大きな利益になり、負けると資金を全額失う仕組みの取引です。投入した資金以上に損失が生じることはありません。しかし、入金した資金をほとんど失ってしまって取引ができなくなると、何とかして入金して取引を再開したいという気持ちに駆られる人もいます。

こんなオレ

そこでカードローンやキャッシング、さらには闇金業者に手を出してしまい、借りたお金で取引をした人もいるのです!

そして、その借金を返せなくなって自己破産をした事例も知られています。FXのようにレバレッジをかけられるわけではないので自然に借金ができるわけではありません。しかし、つい取引をしたいという気持ちに駆られてお金を借りて使ってしまう人もいるので、バイナリーオプションはやめとけと言う声が上がるのです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で借金して破産することってあり得るの?ハイローオーストラリアを利用したのが原因で破産してしまうようなことはまずありません。レバレッジをかけられないルールだから安心と考えて問題ないでしょう。ただ、資金管理ができていないと借金をして資金としてつぎ込んでしまったり、莫大な借金があるのに無理な取引をしようとしたりして失敗する可能性はないわけではありません。...

やめとけと言われたときに考えるべきこと

背景がわかるとバイナリーオプションはやめとけと言うのはもっともだと思うかもしれません。しかし、そこで諦めてしまう前に考えるべきことが3つあります。

規制や禁止の目的は投資家の保護

規制や禁止の目的は投資家の保護

日本やアメリカにおける規制や各国での禁止の目的は投資家を保護することです

バイナリーオプションを通して損失を膨らませていき、生活費に窮したり、借金をしたりする事例が相次いで発生したため、投資家が安易にバイナリーオプションに手を出さないようにして保護しようと考えて規制が強化されています。

日本やアメリカでは規制をすればバイナリーオプションについて正しい理解を持っている投資家に対して選ぶ自由を提供できると考えています。それに対してEU諸国やオーストラリアなどでは、規制を敷いただけでは投資家を守り切れないという判断で禁止しているのです。

つまり、バイナリーオプションに対する正しい知識を持ち、自己判断で投資に取り組める人なら何も問題はないと考えられます。

日本国内でも新たに楽天証券もバイナリーオプション市場に参入するなど、規制下でむしろ市場が拡大する傾向が生まれています!

決してバイナリーオプションは危ないから規制や禁止が進められているのではなく、投資家の過保護が進んでいるだけなのです。

詐欺被害の減少

詐欺被害の減少

バイナリーオプション詐欺は2010年代には活発でしたが、2020年代に入ってからは下火になっています

G7で日本やアメリカしかバイナリーオプションができないほどに禁止が進められ、海外バイナリーオプション業者を装って口座開設詐欺をしてもお金を騙し取るのが難しい時代になったからでしょう。

日本国内では元アイドルを看板にしてバイナリーオプション関連の詐欺をした事例が2021年3月に登場していますが、以前のように頻繁な摘発が起こっているわけではありません。

こんなオレ

以前のように詐欺に怯えながらサービスを利用するかどうかを慎重に検討しなければならない状況がなくなったのです!

海外バイナリーオプション業者も2000年代あるいは2010年代から運営していて信頼できる業者が明確になりました。新しい業者については注意が必要ですが、ハイローオーストラリアを代表とする古株の業者なら安心して利用できます。

借金をしてまで金融商取引をするのは不適切

借金をしてまで金融商取引をするのは不適切

借金や破産の問題はバイナリーオプションでは本来はあり得ません。投入した資金以上の損失が生まれることはないからです。

金融商取引は余剰資金を使って資産を増やす目的で行うものです。

余剰資金とは

全資金から生活に必要な資金や将来のための預貯金を除いたものを指します。

この原則を守っていればバイナリーオプションでもし大失敗をして口座残高がゼロになったとしても、お金を借りることなく生活を続けられます。そして、余剰資金が貯まってきたらまたバイナリーオプションを再開可能です。

生活資金をバイナリーオプションの口座に入金して使ってしまうと、生活資金が不足して借金することになるでしょう。それでも足りなくて借りたお金まで入金してしまうと、だんだんと借金が増えて返せなくなります。

こんなオレ

このような資金の使い方をしてしまって破産する人が出たために規制が厳しくなってきています!

ただ、借金をして金融商取引をするのは適切ではありません。これはバイナリーオプションに限ったことではないので、バイナリーオプションをやめとけと主張する根拠としては弱いと言わざるを得ません。

ハイローオーストラリアなら大丈夫な理由

バイナリーオプションをやめとけと言われたとしても、諦める必要はないことがわかったでしょう。自分の判断で資金管理をしながら取り組めば借金をするようなこともありません。

ハイローオーストラリアを選べば特に大丈夫だと言えます。その理由をここで確認しておきましょう。

ユーザー思いの古株のバイナリーオプション業者だから

ユーザー思いの古株のバイナリーオプション業者だから

ハイローオーストラリアはユーザー視点で最大限のサービスを提供し、安心して利用できるように努めてきた古株のバイナリーオプション業者です

世界中にユーザーを抱えていることから、バイナリーオプションの禁止や規制が進められる中でもいかにしてサービスを安定して提供できるようにするかを考えて早めのアクションを起こしてきました。

ハイローオーストラリアは2019年に拠点をオーストラリアからマーシャル諸島共和国に移し、さらにセントビンセントおよびグレナディーン諸島に移っています。

一時はハイローオーストラリアが撤退するのではないかという噂も流れました。拠点の移動に伴って運営会社も移行しなければならず、ユーザーは口座の移動を求められることになったからです。

このような反響があるのを覚悟で移転したのは、オーストラリアでバイナリーオプションが禁止される動きがあったからでしょう。サービスの継続が困難になるのを見越して早めに国外に拠点を移したのです。

運営会社の変更のためには莫大な労力もコストもかかります。ハイローオーストラリアが拠点を移し、運営会社を変更してまで事業を継続したのはユーザーの期待に応えるためです。

こんなオレ

ハイローオーストラリアを利用したいというユーザーの想いに応えるために苦境を乗り越えたと言えます!

このような沿革を持っているバイナリーオプション業者だからこそ、ユーザー思いで安心できます。詐欺のリスクもなく、規制や禁止が進められたとしても乗り越えてサービスを提供し続けてくれるでしょう。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の撤退はあり得るのか
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の撤退はあり得るのかハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者でもかなり有名な業者です。しかし、そんなハイローオーストラリアに2020年に日本を撤退するといった噂が流れています。昔にもそんな撤退の噂があり不安に思う人もいると思います。ハイローオーストラリアの撤退について気になる人はお読みください!...

入出金管理をしやすいから

入出金管理をしやすいから

ハイローオーストラリアでは入出金管理をしやすいのがメリットです。バイナリーオプションはやめとけと言う人が特に懸念しているのは借金や破産です。

資金管理を適切に行える環境があれば、借金をしてバイナリーオプションを続けようという考えも生まれにくくなります。

ハイローオーストラリアでは入金と出金についてユーザーの便宜を最大限に慮っています。入金はクレジットカードを使えば即時で残高に反映されるようにし、銀行送金でもスケジュールを明確にしています。

出金についても振込に対応するスケジュールを明示して、ユーザーが不安にならないように配慮しているのが特徴です。入金トラブルや出金トラブルもほとんどなく、何か問題があってもサポートチーム多手厚い対応をしてくれます。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の入金方法・手数料・反映時間を解説
Highlow.com(ハイローオーストラリア)の入金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアの入金では三種類の入金方法を選ぶことができ、銀行振込、クレジットカード決済、ビットコイン入金があります。入金手数料は基本無料で、一部の入金方法が自己負担することになります。入金反映時間に差があるので注意してください。...

バイナリーオプションの海外業者では条件を満たさないと出金できない問題がよく起こっています。

ハイローオーストラリアの出金方法・手数料・反映時間を解説
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の出金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアではログインして振込先の銀行口座を登録すればいつでも簡単に手数料無料で出金手続きができます。必要なタイミングに出金対応をしてもらえるように手続きをしましょう。出金をするための条件があるのでよく確認してください。...

特定の条件を満たさないと出金できなかったり、出金するとボーナスを使えなくなったりすることがあるのが問題です。

ハイローオーストラリアでは口座残高が1万円以上あればいつでも出金できるシンプルな仕組みです。もし生活費が厳しい状況になったとしても、一両日中には出金手数料無料で現金を手元に戻せます。

こんなオレ

また資金的に余裕ができたときには手数料無料で入金し、取引を再開することが可能です!

このような入出金の仕組みになっているため、ハイローオーストラリアでは資金の融通をしやすいのがメリットです。資金管理を徹底するための基盤が整っているので安心です。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

まとめ

バイナリーオプションはやめとけという話は延々と出てきていますが、規制や禁止の動き、あるいは詐欺の問題によって生まれてきたものです。

規制の背景には借金や破産でつらい思いをしている人もいるという事実があります。しかし、バイナリーオプションの禁止や規制は投資家の保護のために行われたものであって、バイナリーオプションが危険だから制限をしているというわけではありません

ハイローオーストラリアでは規制の動きが強まる中、運営会社の変更まで行ってサービスを提供し続けている古株の業者なので信頼性があります。

詐欺も減少していて安全性が高まっている現在では、バイナリーオプションは安心して取り組める金融商取引です。

今後も日本ではバイナリーオプションを続けられるので、余剰資金で取引をすることだけは肝に銘じてハイローオーストラリアを使って取引をしていきましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。