攻略

ノイズを調査!攻略できる?

ノイズを調査!攻略できる?

バイナリーオプション取引ではノイズが厄介だという話がよく上がってきます。

ノイズのせいで取引に失敗したというのがよくある声ですが、一方でノイズトレードによって成功したという話も聞いたことがある人もいるでしょう。

ノイズの悩みはバイナリーオプションに限らず、株式投資やFXでもよく話題になっていますが、どのような性質のものなのでしょうか。ハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引ではノイズが発生するのか、ノイズを攻略できるのかと気になっている人も多いでしょう。

この記事ではバイナリーオプションをする上でノイズとうまく付き合えるようにするために欠かせないポイントを紹介します。

ノイズについて徹底的な調査をした結果から考えて、自分なりのスタイルに合わせたノイズ攻略法を導き出せるようになりましょう。

ノイズとは何?

バイナリーオプションや株式投資、FXなどでよく登場するノイズはどれも同じ意味を持っています。

ノイズは雑音の意味でよく理解されていて、ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンやヘッドホンで音楽を聴くと音がきれいという話を思い返す人もいるでしょう。耳障りな音を機械的にキャンセルすることで滑らかな音にしているのがノイズキャンセリングです。

ノイズは工学分野でもよく用いられている用語で、電気などによる信号に瞬間的な乱れが生じて混乱をきたす原因になることが知られています。

このようにノイズは本来あるべき流れを一時的に乱すものというのが原義です。

バイナリーオプションではチャートを見て値動きを予想して取引をします。

狭義の意味のノイズ


例えば、上昇トレンドが発生しているときにはチャートは右肩上がりになりますが、ある短い期間を見ると価格が下がっていることがしばしばあります。
順調にゆっくりと値上がりをしていると思ったら、数分の間だけ急激に値上がりをしてすぐに元に戻ってくることもあります。

このようにスムーズな値動きが予想されている状況で、短時間で大きな値動きを起こして元に戻ってくる現象をノイズと言います。
ハイローオーストラリア(Highlow.com)で取引をしているときにももちろん直面する現象です。

狭義のノイズ

狭い意味でのノイズは本当にわずかな時間で発生するもので、数十秒や数分で値上がりまたは値下がりをしてまた戻ってくる現象を指します。バイナリーオプションでノイズと言われているのは大抵このような狭義のノイズです。

広義の意味のノイズ

それに対して広い意味でのノイズはトレンドに順行または逆行して大きな値動きをして元に戻ってくる現象を指します。

年単位で見ると上昇を続けているけれど、過去一週間だけ見ると急激な下降トレンドが一回発生し、また上昇トレンドが起こって以前の水準に戻ってくるという場合があります。

1年単位のノイズ
1週間単位でのノイズ

1日の時間足で見るとトレンドの転換点が2回あっただけという解釈になりますが、1ヶ月の時間足で見ると1週間にわたるノイズです。
時間足の取り方によっては広義のノイズは見えないので注意しましょう。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションでは1時間以下の取引時間を使うトレーダーが多いのであまり講義のノイズは問題になることはありません。

しかし、株式投資やFXで長期投資をしているケースでは重要になるので頭の片隅に入れておくと他の投資をするときに役に立ちます。

ノイズで取引失敗を起こす理由とは

ノイズのせいでバイナリーオプション取引に失敗したという声がよく上がっているのはなぜなのでしょうか。大きく分けると二つの失敗パターンがあります。

取引終了時にノイズが発生

一つは取引終了時間にちょうどぴったりノイズが発生して外れたという誰もが想像しやすいパターンです。

予想通りに値動きしていてこのままなら勝てると思っていたら、終了数分前や数秒前にノイズが発生してしまって負けることはあり得ます。

ギリギリで勝てそうだったときに限らず、かなり余裕があったときでもノイズの発生だけで取引失敗になることもあるので注意しましょう。ノイズは強いトレンドが発生しているときよりも大きな値動きを短時間で起こすからです。

こんなオレ

これに関しては避けられないリスクとして割り切るしかないです...

「だまし」

もう一つの失敗パターンとして挙げられるのはノイズがテクニカル分析の「だまし」になってしまったというものです。

簡単に言えば、ノイズがエントリーすべきシグナルだと誤解したために誤ってエントリーしてしまう場合がしばしばあります。

テクニカル分析に基づいてエントリーするのはハイローオーストラリアの攻略には欠かせないことですが、エントリーポイントの見極めを誤ると損失を生むリスクが高まるのは確かです。

バイナリーオプション取引に慣れてくると、この条件を満たしたときにエントリーすれば勝てるという法則ができてきます。
その条件の中に値動きの挙動が含まれていることも多く、ノイズによる値動きを本来想定していた値動きと見誤ることがあるのです。

また、ノイズが発生したときにもインジケーターは動きます。
インジケーターは過去の相場の値も使って統計処理をしているケースも多いですが、現在の値動きに対して鋭敏なものもたくさんあります。

その結果としてノイズによるインジケーターの動きを見てエントリーすべきと判断してしまうこともよくあるのです。


一つ目に挙げた原因は運の要素が絡んでくるのでバイナリーオプション取引のリスクとして考えざるを得ません。利益確定をするポイントを自分で臨機応変に決められないので避けることはできないのです。

しかし、二つ目の「だまし」としてのノイズはエントリー条件を見直すことで改善できる可能性があります。

ダマシがつらい?インジケーターの設定方法の共通理論ダマシがつらくてバイナリーオプションはもうやめようかと思う人もいます。その原因がインジケーターの期間設定にあるかもしれないと疑うのは、テクニカル分析を極めるためにも欠かせないことです。ダマシに悩んでいるときには期間を長めにしていき、エントリーポイントが見つからなくなったら短くするのが基本です。この共通理論に基づいて最適化を行い、ダマシに悩まされずにバイナリーオプションで稼げるようになりましょう。...

今までノイズ攻略を意識してこなかった人は回避策を盛り込んでバイナリーオプション取引の成功率を上げていきましょう。

ノイズの発生原因

ノイズ対策を考える上では発生原因について知りたいと思う場合が多いでしょう。ただ、ノイズが発生する原因には色々あるので一辺倒な対策を立てるのは困難です。

為替レートは通貨の売買をしている機関投資家や企業の取引状況によって左右されます。大量にある通貨が買われると価値が高くなって値上がりを起こし、逆に売られると値下がりするのが原則です。

そのため、一般的な傾向としては安値のときに買い、高値のときに売る力が働きます。ただ、企業では支払いのために通貨取引をすることも多いので、手持ちの通貨が不足していると為替レートを無視して大量の取引をする場合もあります。

日本の機関投資家

三井住友トラスト・ホールディングス

三菱UFJフィナンシャル・グループ

日本生命

など

また、機関投資家は運用による利益を得ることが重要なので相場の急変によって価格が下がり始めたときに買い増しをして、下がり切ったところで売るという戦略を取ることも少なくありません。

こんなオレ

仮想通貨の話になりますが、個人投資家のCISさんがTwitterでつぶやいただけで、その仮想通貨が高騰した!なんてこともありました。

大きな資金を動かせる組織の意向による売買は取引量の少ない通貨ペアでは大きな影響を及ぼします。そのため、全く予想していなかったタイミングでノイズが発生する可能性は常にあるのです。

ただ、発生原因が明らかな場合もあります。
経済指標の発表や要人の発言によってトレンドが変わりそうになると通貨の売買を急ぐというのが代表的なケースです。

こんなオレ

トランプ大統領のTwitterでの発言などですね!

そのまま本当にトレンドが発生することもありますが、大したことではなかったと気づく場合もあります。
冷静になって内容を分析したり、社会動向を見てみたりすると今まで通りのトレンドが続くとわかり、元通りのポジションをすぐに取り戻そうとするとノイズになるのです。

経済指標の発表は日時が決まっているので予測可能ですが、経済界の大物が発現をしたり、業界を牛耳っている大企業が事業方針を発表したりするタイミングは予測が困難です。
世界的に発表することもあれば、国内に情報開示をするだけという場合もあります。

こんなオレ

ファンダメンタル分析だけではカバーできない場合もあります。

すると、原因は明らかだったとしても事前に予測できず、ノイズとして突発的に表れたという印象を持つことになります。
後になって状況を調べてみるとノイズの原因がわかることはよくありますが、事前にここでノイズが発生するという根拠を手に入れるのはまず無理だと考えた方が良いでしょう。

テクニカル分析におけるノイズ見極めのポイント

テクニカル分析をしてエントリールールを作ってバイナリーオプション取引をしている人にとって、ノイズは勝率を下げる大きな問題です。

判定時刻直前に起こるノイズは避けられなかったとしても、シグナルと誤解し得るノイズをいかにして見極めるかは重要な課題になります。
ノイズ見極めは本気でやろうとするとかなり大変ですが、リスクを低減させるだけなら比較的簡単です。

ノイズを攻略するために基本を押さえておきましょう。

まず、相場の見極めができていないとノイズかどうかを判断するのは困難です

レンジ相場かトレンド相場かを、ローソク足やトレンド系インジケーターから判断しましょう。
その上でラインを使ってノイズの可能性が高いかどうかを考えるのが効果的な方法です。

レンジ相場

レンジ相場の場合にはレジスタンスラインとサポートラインを引きます。レジスタンスラインやサポートラインをクロスしたときには、トレンドが発生すると考えて分析をしてエントリーしようと考えるでしょう。

レンジ相場

この際にノイズ対策として重要なのがエントリーしようとしている取引時間よりも長めの時間足でラインを引くことです。レンジ相場に入ってから今までをずっとカバーできる時間足にして二つのラインによって生じるレンジボックスを確認します。

そのボックスから抜け出しているなら本当にトレンドが発生する可能性がありますが、ボックス内の場合にはただのノイズのリスクが高いのでエントリーを控えるのが無難です。

ノイズリスクの範囲

短い時間足で見ていると本来のレンジがどのくらいあるのかを見落として、ノイズをエントリーポイントと誤解することがあります。レンジ相場が長く続いているときほど注意が必要です。

トレンド相場

トレンド相場のときにはトレンドの転換が起こるシグナルを探そうとしているときにノイズが問題になる場合が多いでしょう。

トレンド相場の場合にトレンドと逆行する大きな値動きがあったときに分析をしてエントリー判断をしたら、トレンドが維持されてしまったという失敗を避けるにはやはりトレンドラインを使うのが大切です。

分析をしている時間足よりも1つ長めの時間足にして極小値を通るトレンドラインを引いてみましょう。そのトレンドラインよりも下に向かっているようならノイズの可能性が高いと考えられます。

明確なトレンドが発生しているときには経済指標の発表などの特別な事情がない限り瞬時に下端のトレンドラインを下回ることは稀です。

もちろん急変もあり得ますが、バイナリーオプション取引では値動きがそれほど大きくなくても利益率は変わらないので、急変はリスクが高いと考えてエントリーしないのが安全策です。

ノイズでエントリーして攻略可能?

ノイズは発想を転換するとバイナリーオプション取引の戦略を作れるのに気付いた人はいるでしょうか。ノイズは発生した後、元の価格付近に直ちに戻ってくる性質があります。

そのため、ノイズだとわかったときにエントリーすることで攻略が可能なのです。

例えば、価格の急激な上昇があってノイズだとわかったとしましょう。
その時点でLOWのエントリーをすると勝てると考えられます。ノイズだとわかった時点ではもう価格が上がっている状況だったはずなので、価格が戻ってきたらエントリー時点よりも低くなります。

ハイローオーストラリアではターボ取引ならエントリーした瞬間を基準にして判定を受けられるので、急に発生したノイズにもタイミングよくエントリーできるでしょう。

エントリータイミング

ノイズの長さはケースバイケースなので取引時間がどのくらいが良いかは判断が難しいところです。
ただ、頻繁に発生しているノイズは数十秒単位で動くので30秒のターボ取引をするのが適切でしょう。

ターボ取引を攻略しよう!
ターボ取引を攻略しよう!ハイローオーストラリア(Highlow.com)で稼ぐならやはりTurbo取引は選択肢に入ってきますよね。ただ、リスクも高くギャンブルに近いと感じてしまう人はいると思います。しかし、多くのトレーダーがターボ取引を攻略すべきと考え、成功している事例も増えてきました。ここではターボ取引の全貌を復習した上で、いかにして攻略するべきかを解説します。...

1分取引でも当たる可能性がありますが、トレンド方向のノイズだった場合には注意が必要です。価格が戻った後にトレンドに乗って価格が動いてしまって予想が外れるリスクがあります。

このようにシンプルなやり方でノイズを攻略できる可能性がありますが、実際にはノイズをタイミングよく見つけてエントリーするのは簡単ではありません少しの時間のずれで外れることになりかねないので瞬時に対応できるように構えている必要があります。

こんなオレ

自分はほぼほぼノイズ攻略はあきらめています。

ノイズが発生しないとエントリーできないので、ノイズだけを狙ってバイナリーオプション取引をするのも稼げない原因になります。どのように使っていくと攻略になるかは自分の取引スタイルに合わせて考えるのが大切です。

まとめ

ノイズは想定外の値動きなので、本当に運が悪いと当たっていたはずの予想が大きく外れることがあります。

利益確定のタイミングを選べないのはバイナリーオプション取引の宿命なので、判定時刻寸前に起こったノイズで負けたときには諦めるしかありません。

しかし、エントリー時点でノイズに惑わされないようにすることはできます。

また、ノイズを狙う攻略法もあるので、ノイズを意識して取引戦略を考えていきましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。