攻略

RCIの基本原理は?勝てるエントリーポイントを探そう!

相場の解析に用いられているテクニカル指標には近年になって開発されたものから、長い歴史を持っているものまで多岐にわたっています。
RCIはテクニカル指標の中でも歴史が長いことが知られていて、統計学でRCIの理論が用いられるようになったのは1904年に遡ります。
スピアマンの順位相関係数と呼ばれる統計学の理論に基づいているのがRCIの特徴で、統計処理としての信用性の高さは歴史の長さが物語っています。
ただ、あくまで統計学で用いられてきただけで、相場の解析に本当に使えるのかが疑問だという人もいるでしょう。
この記事ではRCIの基本原理を解説し、バイナリーオプションで勝てるエントリーポイントを探すのに使えるのかどうかを詳しく紹介します。RCIを使いこなせるようになる意味があるのかを正しく理解しましょう。

RCIは相関分析に使う統計指標

RCIRank Correlation Indexの略称で、日本語では順位相関指数と言います。統計学では相関分析に用いられている方法で、1904年にスピアマンによって論文発表されている手法です。
着目している指標について順位付けを行って相関関係を評価するのが特徴で、相場分析では価格と時間という二つの指標について相関関係を分析するというのが基本的な考え方です。
簡単に言うと、相場の時間の順位、価格の順位を付けて、その相関関係を見ます。その際に時間と価格に正の相関があるときには上昇トレンドがあり、負の相関があるときには下降トレンドがあるといった判断が可能です。
ただ、厳密に言えばトレンドが発生しているとは限らず、レンジ相場で価格が上昇している、あるいは下降している局面のこともあります。
相場の値動きの方向性を相関関係から見極められると考えると良いでしょう。

RCIの計算方法からわかること

RCIの計算方法はやや複雑ですが、相関分析によって何がわかるのかを理解するには読み解くことが大切です。RCIは期間nに対して以下の計算式によって算出されます。
RCI=(1-6d/n(n^2-1))×100
ここでdは日付の順位と価格の順位の差を2乗したものの総和です。日付の順位は当日を1として一日前は2、二日前は3という風に遡るごとに1を加えていくことで定めています。価格の順位は対象としている期間nの中で高い順に1、2、3…と付けていきます。


例えば、日付の順位と価格の順位が一致したとしましょう。この場合には最近の日付で最高値になる上昇傾向があります。
この際には価格と順位の差が全て0なので、RCIは100です。逆のパターンとして、日付の順位と価格の順位が真逆になっていて短調に価格が下がっているとしましょう。
このパターンも計算してみると、RCIは-100になります。
つまり、単純に解釈すると価格が上昇傾向にあるときにはRCIが100に近づき、下降傾向がある場合には-100に近づいていくのがRCIの特徴です。


さらにRCIは期間による補正を受けていますが、基本的にdが大きいほどRCIは小さくなり、dが小さいほどRCIが大きくなります。
dは日付の順位と価格の順位の差を2乗した合計値なので、日付と価格の順位の乖離が大きいときほどdが小さくなります。
上述の計算からわかるように、両方の順位が一致しやすいときは正の相関があって上昇傾向が見られると解釈できます。価格の上下動が少し起こるとdが小さくなるのでRCIも小さくなります。
そして、正の相関よりも負の相関を持っている様子が生じるとRCIが0を割ってマイナスの値になり、完全に逆転した順位関係になると-100に到達します。
そのため、RCIが大きくなったときには上昇方向に相場が動く様子があり、RCIが小さくなったときには下降方向に向かおうとする相場になっていると解釈することが可能です。


この計算の際に順位の差の絶対値を取っているのではなく、2乗を計算しているのもRCIのポイントです。
2条にすると順位の差が大きかったときにdが飛躍的に大きな値を示すようになります。
そのため、RCIは順位の乱れを起こすような値動きに対する感度が高く、価格が上がり始める、あるいは下がり始めるタイミングを見極めるのに有効と言えます。

RCIを使うときのエントリーの考え方

RCIを指標にしてバイナリーオプションでエントリーするときにはどのようにして考えたら良いのでしょうか。
RCIが100に近いと単調に価格が上がる相場で、-100に近いと単調に価格が下がる相場です。
その流れに乗って順張りでエントリーする方法もありますが、相場はいつまでも同じ傾向の値動きを続けるわけではありません。
RCIが±100に近づいているときには買われすぎや売られすぎになっていると解釈するのが一般的です。この考え方はオシレーター系インジケーターの大半に共通するもので、あまりにも値上がりする相場では反発が起こって値下がりが起こりやすくなるといった見方をします。
そのため、RCIが100に近ければ買われすぎで値下がりをするからLOWエントリー、RCIが-100に近ければ売られすぎで値上がりをするからHIGHエントリーと考えられます。

RCIイメージ


しかし、このような解釈では相場の動きを全く見ていません。RCIがずっと100近くを推移するようなこともあるため、安易に現在のRCIの値を見てエントリーするのはリスクが高いでしょう。
重要なのはRCIの変化を見ることです。RCIが変化したときには日付と価格の順位の差が変動しています。RCIが大きくなっているときには上昇傾向、小さくなっているときには下降傾向です。
そのため、RCIが上昇を続けていて100近くなり、突然RCIが小さくなったときはLOWエントリーのポイントです。相場の動きが下降方向に切り替わったのを示唆するサインだからです。
買われすぎの状況で価格が下がる動きが生じたときにはそのまま当面は下落を続ける可能性が高いので、成功率が高いエントリーサインです。

RCIの期間の解釈

RCIでは期間の設定が重要な意味を持ちます。RCIの計算では設定した期間全体にわたって順位を付けるため、期間が長いほど古い時期の価格を反映した相場の傾向を見極められます。
この点を考慮して期間の異なるRCIを組み合わせたエントリーポイントの見つけ方も考案されています。この手法を理解するためには期間設定とRCIの意味を正しく理解することが必要です。
短期中期長期の組み合わせとしては(9、13、18)(5、26、52)がよく用いられています。週足以上では(9、13、18)、日足以下では(5、26、52)と設定するトレーダーが多いので参考にしておきましょう。

RCI期間設定


短期RCIは目の前での値動きの方向性を見るのに用います。
バイナリーオプションでは次足の値動きを見極めるのが基本なので、短期RCIが最も有用です。エントリーポイントを決めるときには短期RCIで判断するのが良いでしょう。
中期RCIはトレンドの転換点を探すときに活用されています。直近の価格だけでなく少し前まで考慮したRCIになっているため、値動きの方向性が反映されているのが中期RCIです。
上昇トレンドから下降トレンドへ、レンジ相場からトレンド発生へという流れを見るときに有効な指標です。
長期RCIは相場を長いスパンで見たときにどんな方向性を持っているかを判断するのに使います。
バイナリーオプションでは長期取引をしないのであまり使われていませんが、短期RCIや中期RCIと組み合わせる分析手法も開発されています。
相場の全体像をつかむのはダマシのリスクを下げるのに重要なので参考として活用しましょう

RCI期間ポイント

RCIの期間設定に着目するエントリー

このような期間設定による違いを踏まえた順張りエントリーポイントの見つけ方を二つ見ていきましょう。
ローソク足や移動平均線に加えて、短期RCIと中期RCIを使ってエントリーのタイミングを見分ける手法を紹介します。
分析ツールを用いるとRCIは複数同時に表示できるので、予め短期RCIと中期RCIを準備してトレードに臨みましょう。

RCIのゴールデンクロスによるエントリー

ゴールデンクロスとデッドクロスは相場の動きを見るのによく用いられる考え方です。RCIの短期線と中期線を使う方法も相場を読むのに活用できるため、エントリーポイントを見つけるのに有効です。
ゴールデンクロス:短期RCIが中期RCIに下から接近してクロスし、上に向かって増加
デッドクロス:短期RCIが中期RCIに上から接近してクロスし、下に向かって減少
ゴールデンクロスのときには直近の値動きが、少し前までの値動きを考慮した場合に比べて上昇傾向があると示しています。
バイナリーオプションではローソク足を見たときに底値圏に入っていて、短期RCIが-100に近いときがスタンバイです。
この状況でローソク足が陰線から陽線に変わったと同時にRCIのゴールデンクロスが発生したらHIGHエントリーです。

RCIゴールデンクロスとデッドクロス


トレンドの発生点を狙う方法なので確実性が高いですが、ダマシのリスクも考慮して安全策を練っておくとさらに高確率でトレードに成功できます。
例えば、移動平均線を使って短期線、中期線、長期戦がこの順番で上から並んでいるなら上昇トレンドの発生を示しています。このような保険もかけると稼げるようになるでしょう。
一般的にRCIはレンジ相場ではあまり役に立ちません。順位が頻繁に入れ替わってしまい、数字が大きくなりがちだからです。
そのため、明らかにトレンド相場になっている状況でRCIのゴールデンクロスを狙うのが効果的です。

押し目買い狙いを成功させるエントリー

相場を分析するときには押し目買いを探し出してエントリーするケースが多々あります。
押し目買いとは上昇トレンドが発生しているときに一時的な値下がりを起こし、反発を受けて「買い」が起こることで価格が再上昇を始める現象です。
押し目の定義にも諸説がありますが、一般的には価格が下がって短期移動平均線まで戻ったタイミングで、反発が起こりやすいことが知られています。
この押し目買いのエントリーでは、反発が起こらずに下降トレンドが発生してしまって騙されるのが問題になりがちです。
RCIを使うとその不安を払拭してエントリーすることができます。

押し目買い

まず上昇トレンドが発生している相場で、ローソク足が短期移動平均線に向かって下降しているのを確認します。
そして、ローソク足が短期移動平均線付近で陰線から陽線に変わったタイミングが押し目買いのエントリーポイントです。
本当に押し目買いが起こるならHIGHエントリーの予測が当たります。失敗しないための対策としてRCIを使い、短期RCIが-100近くになっていて、陰線が出てきたタイミングで上昇しているのが重要なサインです。
この状況下で中期RCIと短期RCIでゴールデンクロスが発生したらエントリーです。
次足でゴールデンクロスになりそうだというような微妙なときにはダマシの可能性があるのでエントリーを控えた方が良いでしょう。
押し目買いは上昇トレンドのときに何度も機会があるので、確実性が高いときだけを選んでエントリーするのが賢い方法です。
同じようにして下降トレンドのときの戻り売り狙いのエントリーも成功率を上げられます。

RCI押し目買い

まとめ

RCIは相関関係に基づく統計指標で、日数と価格の順位付けをして相関分析をすることにより、相場の値動きの方向性を見極められるのが特徴です。
単調な上昇トレンドや下降トレンドのときに100や-100になる指標になっていて、トレンド相場の開始点を見つけたり、転換点を見出したりするのに有効なインジケーターです。
RCIは数値も重要な意味を持ちますが、実際にエントリー判断をするときにはRCIがどの領域でどちらの方向に動いたかを見る必要があります。
買われすぎや売られすぎを判断するのに使うオシレーター系インジケーターは、一定の数値以上または以下という基準で相場の動きを見られることが多いでしょう。RCIはたった今の数値だけでは相場を正しく分析できないので、他のインジケーターを使い慣れている人は特に注意が必要です。
RCIを使う順張りエントリーは新しいトレンドの発生するポイントを狙えるので確実性が高いのがメリットです。
ただ、感度の高いインジケーターなのでダマシのリスクが常に付きまといます。期間設定の異なるRCIを併用して分析したり、移動平均線などの他のインジケーターを併用したりして成功率を高めるようにしましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。