攻略

レンジ相場の逆張りは難しくない!ハイローオーストラリアで使うコツ

ハイローオーストラリアで逆張りのテクニックを生かせると稼ぎやすくなります。ただ、中級者以上でないと難しいと聞いたことがありませんか。

レンジ相場の逆張りは難しいというわけではなく、実は簡単にできるようになるテクニックです。

この記事ではハイローオーストラリアでレンジ相場を攻略したい方のために、基礎的なところから具体的なコツまでご紹介します。

初心者でも逆張りで攻略できるので、ハイローオーストラリアの口座を開設してチャレンジしてみてください。

記事を読むとわかること

  • レンジ相場の逆張りとは何か
  • ハイローオーストラリアでレンジ相場を狙う魅力
  • レンジ相場を分析するアプローチ
  • 逆張りを狙うときの注意点
  • ハイローオーストラリアでの逆張りテクニック

レンジ相場で逆張り狙いはハイローオーストラリアで稼ぐコツ!

ハイローオーストラリアで稼ぐにはレンジ相場を攻略するのがコツです。ハイローオーストラリアでレンジ相場の逆張りをするメリットは以下の通りです。

レンジ相場の逆張りをするメリット

  • レンジ相場はチャンスが多いので稼ぎやすい
  • 逆張りはタイミングよくエントリーすれば誰でも成功する
  • ターボ取引でもレンジ相場の逆張りテクニックを活用できる

バイナリーオプションではエントリーできるチャンスが多ければ稼ぎやすくなります。

逆張りは難しいと言われていますが、タイミングを見極めるだけで誰でも成功する取引戦略です。

ハイローオーストラリアではターボ取引で効率を上げられるので、レンジ相場の逆張りで稼ぐ舞台として活用していきましょう。

レンジ相場の逆張りとは

「レンジ相場の逆張り」と聞いてもイメージが湧かない方もいるのではないでしょうか。レンジ相場とは何か、逆張りは何かを最初に押さえておきましょう。

レンジ相場とは

レンジ相場とは一定の範囲内でレートが推移している相場です。市場の状況としては相応のレートになっていると投資家が共通認識を持っている状況です。

レンジ相場では少しレートが上がったら下がり始め、レートが下がったら上がり始めます。

range market

概ねどのくらいの範囲にレートが収まるかが決まっていて、大きくレンジボックスから外れることがないのが特徴です。

レンジ相場と対比的に使われているキーワードとしてトレンド相場があります。トレンド相場では方向性を持ってレートが上がる、または下がる傾向がある相場です。

trend market

トレンド相場はどこまでレートが動いていくかはわかりません。しかし、明確な方向性があるのでバイナリーオプションで取引しやすいのが特徴です。

レンジ相場に比べるとわかりやすいので、トレンド相場よりもレンジ相場が難しいと言われています。

逆張りとは

逆張りとは相場の向かっている方向とは逆向きにエントリーする取引方法です。ハイローオーストラリアではレートが上がっているときにはLow、レートが下がっているときにはHighでエントリーします。

逆張り

直感とは逆向きになるため、初心者のうちは不安になることもある方法です。

相場が一定の方向性を持って上がっているときや下がっているときには、バイナリーオプションで逆張りをすることはありません。トレンド相場では同じ方向性でエントリーする順張りが用いられています。

逆張りはレートの転換点を狙ってエントリーするのが基本です。

レンジ相場では狭い範囲で何度も転換点が発生するので、逆張りでの取引がよく活用されています。

レンジ相場の逆張りをハイローオーストラリアで狙う魅力

レンジ相場で逆張りを狙うのはハイローオーストラリアなら魅力が豊富です。以下のようにレンジ相場を活用することによって大きなメリットがあります。

メリットメリット

  • レンジ相場は全体の7割くらいを占めている
  • ターボ取引でもレンジ相場が多いから効率的に稼げる
  • 転換点を狙い撃ちするだけで逆張りは成功する

実際にバイナリーオプションを始めてチャートの分析をしていると、ほとんどはレンジ相場だと気づきます。

時期による違いはありますが、7割~8割がレンジ相場で、トレンド相場はレアです。レンジ相場を攻略できれば稼げるチャンスが広がります。

ハイローオーストラリアではターボ取引による30秒~5分の取引が可能です。短時間の相場ではレンジ相場が多いので効率的に稼げます。

転換点を狙えば誰でも逆張りを成功させられるので、ハイローオーストラリアのターボ取引を生かしてレンジ相場を攻略するのがおすすめです。

レンジ相場の分析ではラインが基本!

ハイローオーストラリアでレンジ相場の逆張りをするには、まずレンジ相場かどうかを見極めることが必要です。

レンジ相場の分析にはラインを使うのがおすすめです。

以下の条件を満たしているときにはレンジ相場と判断できます。

レンジ相場と判断できる条件

  • 水平なレジスタンスラインとサポートラインを引ける
  • トレンドラインを引こうとしても引けない

レンジ相場ではピークを大まかに結ぶ水平ラインを2本引けます。相場の上下を挟み込むようにして水平ラインを引けたらレンジ相場です。

上側のラインをレジスタンスライン、下側のラインをサポートラインと呼びます。2つのラインに挟まれている領域がレンジボックスです。この間でレートが推移していくと予想できます。

レジスタンスライン サポートライン

なお、レンジ相場ではトレンドラインを引こうとしても引けません。トレンド相場でピークをつなぐラインがトレンドラインで、必ず右肩上がりか右肩下がりになります。

ピークをつなぐラインが水平になったらレンジ相場と断定できると考えても良いでしょう。

判別はラインを使えば簡単なので、ハイローオーストラリアで分析に挑戦してみてください。

レンジ相場の逆張りを狙うときの注意点

レンジ相場になっているときに逆張りをする戦略は効果的です。ハイローオーストラリアで稼ぐには重要な方法ですが、注意点もあります。

以下のポイントを意識して逆張りの可否を判断すると稼ぎやすくなります。

トレンド相場への切り替わり

相場は刻々と変化していくのでレンジ相場からトレンド相場に切り替わることもあるのが注意点です。

レンジ相場は全体の7割くらいを占めているので、ずっとレンジ相場が続くと思い込んでしまうことがあります。

しかし、レンジ相場から抜け出してトレンド相場になるシーンもたくさんあるため、安易にレンジ相場が続くと考えて逆張りをすると失敗する可能性があります。

相場を丁寧に分析していればトレンド相場に切り替わるポイントを見出せます。

トレンド相場に切り替わるときには逆張りではなく、順張りをする魅力的なチャンスです。

トレンド相場の発生にも着目して、逆張りだけでなく順張りも使いこなせるようになりましょう。

ノイズやダマシ

レンジ相場ではノイズやダマシに注意が必要です。

レンジボックスの中でレートが推移しているときに、突然レートがボックス外に出ていくことがあります。

トレンド相場の発生だと思うかもしれませんが、瞬く間にレンジボックス内にレートが戻ってくるケースもあります。

ダマシ

ノイズはこのような現象で、ダマシになるので気を付けましょう。

ダマシは「トレンド相場になると思ったのにならなかった」「相場の転換点になるはずが予想通りにならなかった」という事態を引き起こします。

レンジ相場では大きな売買があったときに簡単にノイズが発生します。ノイズを自然な取引による相場の変動だと捉えてしまうと取引が失敗しがちです。

ノイズやダマシが起こり得ることを念頭に置いて、リスクを回避しながら逆張りをしていくのがおすすめです。

ノイズを調査!攻略すればハイローオーストラリアでチャンスあり!ハイローオーストラリアで稼ぐにはノイズを制し、ノイズを活かすのがコツです。ハイローオーストラリアのノイズに興味を持っている方のために、この記事ではノイズの調査をした結果を紹介します。...

【簡単】レンジ相場の逆張りテクニック

レンジ相場の逆張りをすればハイローオーストラリアで稼げそうだというイメージが湧いてきたのではないでしょうか。

逆張りは難しいという噂もありますが、以下の3つのテクニックを使えば誰でもできます。

簡単にできるレンジ相場の逆張りテクニックなので、ぜひハイローオーストラリアで試してみてください。ここでは3つのテクニックの詳細を伝授します。

レンジ相場になりやすい朝から夕方に取引する

ハイローオーストラリアでレンジ相場を狙っていくなら、レンジ相場になりやすい時間帯に取引をしましょう。

取引量が多い時間帯はトレンドが続きやすいので、レンジ相場の逆張りには向いていません。

ロンドン市場、ニューヨーク市場のどちらかが開いていると取引が活発になるため、他の時間帯を選ぶのがおすすめです。

16時にロンドン市場が開き、ニューヨーク市場が6時頃に閉まるため、残りの時間帯が有力候補になります。

レンジ相場になりやすいのは朝6時頃~夕方16時くらいまでです。

サマータイムの時期には1時間前倒しになるので注意が必要ですが、朝から夕方までという認識をしていれば取引のチャンスは十分に見つけられるでしょう。

転換点をインジケーターで見極める

レンジ相場の逆張りを成功させるには転換点を見極めるのが肝心です。

レートが上がっている状況で下がり始めるのを見越す、あるいはレートが下がっている状況で上がり始めるのを予想するのが逆張りの基本だからです。

転換点を見極めるにはインジケーターを活用しましょう。

バイナリーオプションのテクニックとしてインジケーターによるテクニカル分析は有名です。

難しそうだと思われがちですが、基本的な分析方法は定式化されているので初心者でも心配ありません。

例えば、以下のようなインジケーターを使えば相場の転換点を予想できます。

転換点を見極めるのに適したインジケーター

  • RSI
  • RVI
  • ストキャスティクス
  • CCI
  • MACD

インジケーターごとに転換点を見極めるポイントが知られています。

RSIでは70%以上なら買われ過ぎの状況なので、売りが優勢になってレートが下がると解釈可能です。レジスタンスラインの近くでレートが上がっている最中に、RSIが70%以上になったら転換点がやってきたと判断できます。

RSIが70%以上になったら転換点

インジケーターによって転換点を見つけるのはハイローオーストラリアのトレーダーの間では常套手段です。レンジ相場の逆張りを成功させる方法として活用していきましょう。

RSIとRVIでハイローオーストラリア!初心者も勝てるのはなぜ?ハイローオーストラリアで勝つのに有効なインジケーターとしてRSIが有名です。似たような名前のインジケーターとしてRVIがあるのをご存知でしょうか。ハイローオーストラリアで勝つにはRSI、RVIを単独で用いるのではなく、同時に使ってチャンスを狙うのが効果的です。...

ダマシを回避するために複数の根拠を見つける

ダマシによってレンジ相場の逆張りが失敗することもあります。

ハイローオーストラリアで逆張りを使うコツとして、レンジ相場の分析に複数のインジケーターを使うことが挙げられます。複数の根拠があれば転換点になる可能性が高くなるからです。

例えば、RSIだけでなくCCIも見てみると確度が上がります。

CCIは+100%以上になると買われ過ぎで、反発を受けて価格が下がり始めると判断するのが一般的です。RSIも70%以上になっている状況だったとしたら、転換が起こりやすいと考えられます。

CCIは+100%以上、RSIも70%以上で転換点
CCIはハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率向上につながる指標バイナリーオプションでは勝率を上げる戦略を考えるのが重要なポイントですが、CCIは総合的に見ると優秀な指標として勝率アップに活用できます。また、初心者からプロまで幅広く簡単に使える重要なインジケーターです。エントリー判断をCCIだけで行うのはリスクが高いので、他のインジケーターと組み合わせて勝ちパターン作りましょう。ほとんどのインジケーターと相性が良いので、補助的に利用すると確度の高いエントリーができます。...

複数のインジケーターで根拠を固めれば安心して逆張りエントリーができます。ハイローオーストラリアで稼ぎ続けるのに効果的な対策なので、ぜひ試してみてください。

まとめ

レンジ相場の逆張りは世の中で言われているほど難しくありません。

取引のチャンスが多いので、ベテランのトレーダーが初心者を排除しようと画策している面もあるかもしないと思った方もいるのではないでしょうか。

この記事ではハイローオーストラリアでレンジ相場の逆張りを狙うアプローチについて以下のポイントを解説しました。

記事のポイント

  • 全体の7割を占めるレンジ相場は逆張りで攻略可能
  • ラインで分析してインジケーターを使えばレンジ相場の逆張りは簡単
  • ハイローオーストラリアではチャンスが多いレンジ相場の逆張りがおすすめ

ハイローオーストラリアではレンジ相場を狙えるようになると明らかに有利でおすすめです。トレンド相場にこだわらずにレンジ相場を攻略すれば稼げるチャンスが広がります。

ハイローオーストラリアで稼ぐコツを知った今が絶好の機会なので、ぜひデビューしてトライしてみましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。