ハイローオーストラリア

バイナリーオプションとは何か

バイナリーオプション(binary option)という名前を聞いたことがあっても一体どのようなものなのかがわからない人もいるでしょう。

投資の一つとして知られていますが、どのような形で取引をするものなのか、どんなルールで資産を増やせるものなのかと色々な疑問を持っているかもしれません。

バイナリーオプションはFXと同列で議論されることもあります。

しかし、バイナリーオプションは結局FXと何が違うのかがわからずに悩んでいる人もいるでしょう。

この記事ではバイナリーオプション取引について基本的なところから投資としての特徴まで解説します。

FXとの違いやもっと詳しく理解するための方法も紹介するので、バイナリーオプションについて十分な理解をすることを目指しましょう。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとはどのような投資方法なのかを理解するには、言葉の意味を確認するのが良い方法です。

バイナリーオプションとは英語ではBinary Optionと書き、二者択一を意味するBinaryと、選択を意味するOptionから成っている言葉です。

つまり、バイナリーオプション取引は二つの選択肢があって、どちらかを選ぶことによる取引です。

バイナリーオプションでは主に外国為替のレートを利用します。

ある通貨ペアの為替レートに着目したときに、一定時間の経過後に価格がある値よりも高いか低いか、あるレンジに入っているか入っていないかを予想するのがバイナリーオプションの基本的な仕組みです。

イエスかノーの二種類しか選択肢がないので確率論的には当たる確率が50%になります。

そのため、ギャンブルのようにして遊び感覚で始めてしまう人もいますが、バイナリーオプションはギャンブルとは性質が大きく異なります。

バイナリーオプションメモ

・一定時間後の価格を高いか、低いかで判断するだけ

・価格の動き方は予想することができる

例えば、サイコロを振って偶数が出るか奇数が出るかで賭けをするのはギャンブルで、どちらの結果になる確率も理論的には同じです。

しかし、バイナリーオプションでは用いる指標は為替レートなので、政治や経済の動きやトレーダーの取引の仕方によって値動きが決まります。

運を天に任せるギャンブルとは違い、世の中の動向に基づいて理論的に値動きを予測することもある程度は可能です。

こんなオレ

オレも通勤時とかちょっとした時間に色々調べたりしてます!

このような性質の違いがあるため、バイナリーオプションは投資として位置付けられているのです。

シンプルなルールで分かりやすいのはバイナリーオプションの魅力です。

しかし、あくまで高度な知識を必要とする投資方法の一つだと理解して取り組む必要があります。

近年ではバイナリーオプションで為替レート以外にも各種経済指標や金銀などの貴金属の価格、原油価格なども用いられるようになりました。

さらに仮想通貨もバイナリーオプションの取引指標として使われるようになってバリエーションが豊かになっています。

FXとの違い

バイナリーオプションと同様に外国為替を活用する投資としてFXもよく知られています。

FXはForeign Exchangeという英語の略で外国為替を意味します。

投資取引ではFX取引と呼ばれていて、外国為替証拠金取引のことを指すものです。

バイナリーオプションも外国為替を指標にした取引なのは共通点ですが、FX取引とは何が違っているのでしょうか。

この点を理解するためにはFX取引について簡単に理解する必要があります。

FX取引では為替レートの変化によって直接儲けを出すのが特徴です。

アメリカドルと日本円の通貨ペアに着目して取引をするケースで具体的に考えてみましょう。

1ドルが100円の状況で10,000ドルを100万円で購入した後、ドルが値下がりして115円になったとします。

そのタイミングでドルを全部売り払ってしまえば10,000ドルが115万円になり、差額の15万円を収入として得られます。

このような仕組みを基盤とした投資になっているのがFX取引です。

つまり、バイナリーオプションと違って当たるか外れるかではなく、エントリーしたタイミングから最終的にFX取引を終えるまでにいくらからいくらにレートが変化したかによって利益や損失が決まるのがFX取引の特徴と言えます。

バイナリーオプション取引がデジタルなのに対して、FX取引はアナログと考えても良いでしょう。

実際にはFX取引では自分で直接通貨を購入するわけではなく証拠金取引をするのも特徴でしょう。

証拠金を預けておいて、その数十倍ものレバレッジをかけて取引することが可能です。

こんなオレ

破産の原因にもなるから利用するときはよく考えよう!

海外のFX取引では数百倍ものレバレッジをかけられるので、1,000円しか証拠金として預けられなくても500倍のレバレッジをかけて50万円分の取引を行えます。

ただし、成功したときには500倍の利益になりますが、失敗したときには500倍の損失になります。

そのため、安易にレバレッジが高ければ良いと言うことはできません。

大きな失敗をしてしまったときには証拠金が不足してしまって、追証と呼ばれる追加の証拠金の支払いを求められる場合もあります。

FXメモ

・取引終了時のレートの変化で利益が発生する

・少ない証拠金でもレバレッジをかければ、大きな利益を得られることもあるが、大きな損失を抱えることもある

これに対してバイナリーオプションではエントリーのときに決めた金額以上の損失が出ることはありません。

予想が当たればペイアウト倍率に従ってお金が手に入り、外れてしまったときにはエントリーしたときに決めた金額を失うだけです。

つまり、バイナリーオプション取引では使ったお金以上の損失が生まれることはありません。

この点がレバレッジをかけることができ、大きな為替レートの変動によって莫大な損失を生んで追加の支払いが必要になるリスクがあるFX取引とは異なります。

このようにバイナリーオプションは当たるか外れるかの二択なので、単純で分かりやすいルールで投資をしたい人に向いています。

エントリーしてしまえば判定時間が経過したら当たったか外れたかに応じて利益を得られるか損失になるかが決まるので、気軽に取引したい人にも適している投資方法です。

こんなオレ

あくまで取引自体が単純ということ!

損失を大きくしないためにもしっかり知識をつけよう!

それに対してFX取引は最も利益を上げられる為替レートになる瞬間を狙って利益確定をすることになるため、シビアな取引になることは否めません。

レバレッジをかけられる点も考慮すると、必死にチャートを見て分析し、エントリーや利益確定のポイントを見極めながら取引を進めていきたい人に向いています。

なお、株式取引もFX取引に類似した性質を持っています。

バイナリーオプションでも株価を指標とした取引ができる業者もありますが、個々の会社の株価を指標としていることは現状としてはありません。

株式取引ではある会社の株を購入し、売却したときに得られる差額で利益を得るという仕組みになっています。

FX取引では為替レートの差を利用して購入価格と売却価格の差を使って稼ぐのに対し、株式取引は購入時点と売却時点の株価の差を利用して稼ぐと考えると良いでしょう。

株式取引についてもFX取引と同じように信用取引が可能で、レバレッジをかけることも可能です。

異なる指標を使っているだけで大まかなルールは同じだと考えて問題ありませんが、本格的にFX取引や株式取引に取り組むときには細かなルールも確認した上で始めるようにしましょう。

バイナリーオプションの特徴

このようにFX取引や株式取引と比較してみるとバイナリーオプションの特徴がだんだんとわかってきたでしょう。

これまで述べてきた点をまとめつつ、投資取引としての特徴を考えてみると5つに集約することができます。

特徴

1.シンプルなルール

2.投資額以上の損失が生じない

3.高度な投資取引

4.取引がエントリーだけで成立

5.利益がペイアウト倍率によって規定

一つ目は当たるか外れるかを予想するだけのシンプルなルールになっていることです。

エントリーをするときに判定時間がいつかも決めることになり、その時点で条件を満たしたら利益が生まれ、満たしていなかったらお金を失うという仕組みなのはわかりやすいでしょう。

ギャンブルに例えられてしまうほどに単純なルールなので投資をする上で不安を抱かずに済むのが魅力です。

また、指標の変動幅に関わることなく条件を満たしたかどうかだけで判定されるので、大きな為替レートの変動が起こったときのリスクも低減されます。

二つ目はレバレッジをかけられない代わりに投資額以上の損失が生じないことです。

バイナリーオプションではエントリーのときに金額を決めます。

そして、予想が当たったときにはその金額に比例する利益が生まれ、外れたときにはそのお金が全て没収されるだけのシンプルなルールです。

例え大外れをしてしまったとしても投入した金額以上に資産が失われることはなく、資金管理をしやすい投資方法になっています。

三つ目は為替レートの変動などを研究する必要がある高度な投資取引だということです。

ギャンブルとの違いで説明したように、為替レートの変動は確率で決まるものではありません。

レートがどのように変わるかをチャートや政治経済の状況の情報調査から分析をしてみると勝率を引き上げることが可能です。

きちんと研究をすればリスクが低い投資になる可能性がありますが、むやみに勘で取引をすると大損するリスクもあります。

四つ目は取引がエントリーだけで成立することです。

バイナリーオプションはエントリーした後、判定時間が経過したら自動的に当たったか外れたかが判定されて、資金の増加や没収が行われる仕組みになっています。

FX取引や株式取引ではエントリーした後でどのタイミングで利益確定をするかを決めなければなりませんが、バイナリーオプション取引ではエントリーすれば終わりで、その後に手をかける必要はありません。

五つ目は利益がペイアウト倍率によって規定されていることです。

バイナリーオプションの利益は投入したお金にペイアウト倍率をかけたものになります。

業者によってペイアウト倍率の決め方には違いがありますが、エントリーする時点でどのくらいの利益を得られるのかを確認できます。

リスクを取ってでも高いペイアウト倍率の取引をすべきか、低いペイアウト率で勝率が高そうな取引をするかといったことも個々に考えることが可能です。

デモ取引のお試し

バイナリーオプション取引について概要や特徴を理解できると、自分でもできそうな投資だからやってみたいと思う人もいるでしょう。

ただ、実際にお金を投入して大損をしてしまうのが怖くて悩んでしまう場合もあります。

その際に有用なサービスがデモ取引によるお試しです。

デモ取引とはバイナリーオプション取引をお金を使わずにシミュレーションするサービスです。

多くのバイナリーオプション業者が提供しているサービスですが、ここでは日本で人気が高いハイローオーストラリア(Highlow.com)のデモ取引を例にして紹介します。

ハイローオーストラリアのデモ取引を紹介みなさんはハイローオーストラリア(Highlow.com)のデモ取引をうまく活用していますか?特に初心者の方や慣れて利益を出してきた中級者の方におすすめです。使い方によってはハイローオーストラリア(Highlow.com)の攻略に繋がったり、効率よく儲ける手段の確認に使えたりと有効活用できるのでおすすめです。この記事ではハイローオーストラリア(Highlow.com)のデモ取引の始め方などを紹介しています。...

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のデモ取引は口座を開設したり、会員登録をしたりする必要なく、オフィシャルサイトにアクセスすればできる仕組みになっています。

こんなオレ

実際に始める前にデモ取引で操作方法とかに慣れておこう!

デモ取引はこちらからhttps://www.highlow.com

デモ取引では資金として100万円が口座にある状況で、実際にハイローオーストラリアで口座開設をしたときと同じツールを使って取引体験ができるのが特徴です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではハイロー、ターボ、ハイロースプレッド、ターボスプレッドという四種類の取引方法があり、34種類の通貨ペアでの取引ができます。

デモ取引ではこの全てを試してみることができ、取引に応じて口座残高も変動する仕組みになっています。

ハイローオーストラリアのデモ取引でできないのは入金と出金です。

あくまでバイナリーオプションの取引を実際にやってみて体験するためのサービスなので、いくら稼いだとしても出金はできません。

入金についても口座を開設しないとできませんが、デモ取引をリセットして一からやり直すことは可能です。

もし取引で失敗続きになってしまい、口座残高がなくなってしまったら再度デモ取引を開始して100万円からスタートしましょう。

デモ取引では実際の為替レートの動きに基づくリアルな取引体験が可能です。

ハイローオーストラリアで提供しているチャートやチャートの分析に使用するインジケーターなども使用することができます。

そのため、ツールの使い方や取引の仕方、実際の相場の動き方などを実践的に学べるのが特徴です。

パソコンだけでなくスマホでも利用できるようになっているので、気軽にバイナリーオプションを体験できるでしょう。

まとめ

バイナリーオプションは為替レートを代表的な指標として、判定時間後に条件を満たしているかどうかを予想する仕組みになっている投資方法です。

当たるか外れるかを予想するだけのシンプルなルールなので初心者でも始めやすく、必死に為替レートの動きを追わなくて良い気軽さがあります。

ただ、高度な知識を必要とする取引であってギャンブルではありません。

実際に取引をしてみるとどうなるのかはハイローオーストラリアのデモ取引を利用すれば実践的に体験してみることができます。

そして、これは自分にとってやりがいがあって資産形成に使えると思ったら口座開設をして本格的にバイナリーオプション取引に取り組んでいきましょう。