ハイローオーストラリア

相場はなぜ動く?バイナリーオプションで勝つ考え方とは?

バイナリーオプションでもっと勝てるようになりたいと思ったら、相場を見て価格がいつどうなるかを予測できるようになることが必要です。

日本でも有名で人気の高い海外バイナリーオプション業者のハイローオーストラリア(Highlow.com)では高いペイアウト率でハイロー取引ができます。

ハイロー取引ではHIGHかLOWのどちらかを選ぶだけなので、単純に考えると勝率は半分です。ペイアウト率が2倍以上ならランダムにトレードしていても利益が生まれますが、業界屈指のペイアウト率のハイローオーストラリアでも1.9倍程度です。そのため、いかにして正確に価格を予想できるようになるかが重要になります。

予測の確度を高めるには相場の動きを読めるようにならなければなりません。しかし、そもそも相場はなぜ動くのでしょうか。値動きの裏で起こっていることを正しく理解し、バイナリーオプションで勝つ方法を考えてみましょう。

市場の相場は売買によって決まる

相場は取引市場が開いている間は活発に動いています。市場が閉じると値動きは止まって終値として記録され、また翌日に市場が開いた時点を始値としてまた相場が動いていきます。つまり、売買の取引が行われていることによって相場は変動しているのです。

考えてみれば当然のことで、市場価格とは対象となっている通貨や株式、債券やコモディティなどの価値を示したものです。たくさん買われているときには、それだけ価値が高いことを意味します。逆に売られているときには価値が低いと見なされている状況です。そのため、市場で対象となるものが売買されることで相場が動きます。

バイナリーオプションでは通貨ペアを利用して取引をするのが一般的ですが、金や石油の市場価格、各国の株価指数なども用いることが可能です。株価指数は日本なら日経平均株価がよく用いられていて、日本の証券取引所が開いているときにしかバイナリーオプション取引はできません。市場取引によって価格が動いていないとハイロー取引ができないからです。

しかし、通貨ペアの場合には実質的に土日を除く24時間、価格が動くのでずっと取引ができます。各国の市場は昼間しか開いていませんが、例えば日本市場が閉まっていてもアメリカ市場では取引が行われています。するとUSDの価格は上下するのでUSD/JPYなどの通貨ペアの相場も変動します。

こんなオレ

狙う通貨ペアによってはアメリカ市場が開いているときがいい場合もあるので、東京市場だけで判断しないようにしましょう!

通貨はペアで取引し、互いに関係性を持っていることから、全ての市場が同時に閉じているとき以外は価格が動くのです。そのため、バイナリーオプションで通貨ペアを使って取引をしていくなら、土日以外はいつも相場が動いているのを念頭に置いておく必要があります。

世界3大市場の取引時間(日本時間)

取引開始時間 取引終了時間
東京市場 9時 17時
ロンドン市場 冬時間:17時
夏時間:16時
冬時間:2時
夏時間:1時
ニューヨーク市場 冬時間:22時
夏時間:21時
冬時間:10時
夏時間:9時
取引開始時間
東京市場 9時
ロンドン市場 冬時間:17時
夏時間:16時
ニューヨーク市場 冬時間:22時
夏時間:21時
取引終了時間
東京市場 17時
ロンドン市場 冬時間:2時
夏時間:1時
ニューヨーク市場 冬時間:10時
夏時間:9時

売買をしているのは誰か

相場が動いている理由をもう少し掘り下げてみましょう。

誰が売買をしているのかが次に知っておくべきポイントです。バイナリーオプションでは通貨ペアなどの価格を指標にして取引をしているだけなので、バイナリーオプションのトレーダーは売買をしていません。取引市場によって誰が売買しているかに違いはありますが、基本的には機関投資家と企業です。

機関投資家

機関投資家とは投資会社や証券会社、銀行などのように資産運用によって利益を生み出すのを事業の1つとしている組織です。銀行が預金に利息を付けられるのは、預かった資金を運用して利益を得ているからに他なりません。例えば、日本円で米ドルを100円で購入し、110円で売却することで差額の利益を得るといった形で資産を増やしています。

企業

企業は主に支払いと調達のために売買をしています。

海外から金や石油などの資源を購入して原料として利用するメーカーは安いときや生産に必要なときに購入しようとするのが通例です。また、海外企業との取引があるメーカーなどでは、海外企業への支払いに米ドルか現地通貨が必要になります。安いときに購入して支払いに使用すると利幅を増やせるでしょう。

また、輸出販売をしている企業なら外貨が手に入ります。日本円にして利用するのなら為替レートが良いときに日本円を買うのが合理的です。

個人投資家

これ以外にも個人投資家が売買をしています。ただ、機関投資家や企業に比べると微々たる金額なので、それほど大きく相場に影響を及ぼさないのが普通です。多くの投資家が同じように売買をすると大きな金額になるので念頭に置いておく必要はあります。

投資家は何に基づいて売買しているのか

売買をしているのが機関投資家や企業だとわかると、次に重要なのが何に基づいて売買をしているかです。

企業の意向はわかりやすく、支払いのために外貨を購入したり、売却したりしています。この場合には安く買えるとき、高く売れるときを選ぶだけで一方通行です。

一方、機関投資家の場合には一方通行の取引ではありません。取引を通して資産を増やす必要があるので、より価値が高い資産に換えるという考え方で売買をしています。その根拠となっているのが過去の相場です。個々の通貨についてどのくらいの価値があるかを過去の状況から判断し、割安なときに買って割高になったら売るという方法で利益を得ています。個人投資家が株式売買やFXによって利益を得る方法と同じです。

ただ、これから値上がりするとわかっていなければいかに割安でも買う意味がありません。過去に比べると貨幣価値が下がってしまったから安いという可能性もあるからです。その問題を解決するために、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が行われています。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは社会情勢の変化を分析することによって値動きを予測する方法です。

為替相場の場合には世界のどの国の影響がどの通貨に影響するかを正確に判断するのは難しいですが、最も影響が大きいのはその通貨を利用している国の情勢とアメリカの情勢です

ある国での要人の発言によって今後の経済発展が危ぶまれたとわかると、その国の通貨を持っていても意味があまりないと考えられるでしょう。もしかしたら他の投資家が通貨を手放すかもしれないと予想して、通貨価値が下がる前に先回りして売ってしまうという考えの場合もあります。すると実際に市場価格が下がるので、このままで資産価値を失うと思った投資家も慌てて売り始めます。すると典型的な下降トレンドが発生するのです。

アメリカの情勢が他国にも大きな影響を及ぼすのは、米ドルが世界の基軸通貨とされていて、商取引においても米ドルをベースにするのがグローバルスタンダードになっているからです。米ドルを十分に蓄えている投資家や企業は多いので、雇用統計の結果が悪くて経済状況が悪化していると見られると手放そうとする傾向があります。また、経済大国でもあるため、紛争が起こった際には米ドルを買っておくという動きも起こります。

通貨の長期的な価値の変動も各国の世界的な立場を見てみると、上がるか下がるかを考えることが可能です。このような形で経済に最終的に影響する社会情勢から売買の判断が下されています。

テクニカル分析

テクニカル分析はチャート分析とも呼ばれているもので、通貨ペアなどの価格をチャート上に表示して数学的あるいは統計学的手法を用いて分析する方法です。

価格が動いているのは投資家の売買判断をしているからだという点に着目して、その判断を個々に見るのではなく、全体として平均的に見るとこうなるはずだという予測を立てるのがテクニカル分析です。

テクニカル分析にはインジケーターと呼ばれる過去の相場から計算された様々な指標が用いられています。その組み合わせ方や使い方によって独自の手法を見出し、割安でこれから価格が上がるものを買って、最も高くなったところで売るという取引が行われているのが実態です。

ACオシレーターってなに?テクニカル分析に用いるインジゲーターは様々あります。その中で初心者向け情報を見るとほとんどがRSIや移動平均線だったりします。ここでは、ACオシレーターの基本情報や取引にどう活用できるかなど紹介します。ハイローオーストラリア(Highlo.com)でのバイナリーオプション取引での使い道も挙げてみるので参考にしてみてください。...
RSIとRVIでハイローオーストラリア(Highlow.com)初心者も勝てるようになろうハイローオーストラリア(Highlow.com)でエントリーポイントを見極めるためにはテクニカル分析が重要です。テクニカル分析に用いられるインジケーターには様々なものがありますが、RSIとRVIはトレンドの見極めや攻略によく使われています。ここではRSIとRVIの両方について、どのようなインジケーターなのかを解説します。...

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析は個人投資家も行っている場合が多いですが、機関投資家は組織的に取り組んでいるので高い精度での取引を実現しているのが一般的です。だからこそ機関投資家は相場を牛耳るものとなっています。

バイナリーオプションでテクニカル分析が重要な理由

機関投資家による売買によって相場が動いていると考えると、バイナリーオプションに取り組む上でどのようにして相場を読んだら良いのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、機関投資家が買う・売ると判断するところを読み取り、買うなら値上がりするからHIGHエントリー、売るなら値下がりするからLOWエントリーをすれば良いということになります。つまり、機関投資家が値動きを予想する方法を真似して、同じように考えられるようになれば相場の動きを高い正確性で予想できるのです。

バイナリーオプションでは特にテクニカル分析が重要になります。

ファンダメンタルズ分析は中長期的な価格の動きを予測するのに効果的です。1年後にはこの通貨の価値は上がるだろう、版図後にその通貨は衰退するだろうと考えるには社会情勢を見なければ正確性を得られないからです。

しかし、バイナリーオプションでは数分から1時間、長くても1日の取引なので、短期的な価格の動きを予測しなければなりません。テクニカル分析は社会情勢の影響を無視して、目の前で起こる相場の変動を分析する手法です。機関投資家でも売買のタイミングはテクニカル分析を通して決めていることも多いので、同じ方法で相場を読むのが合理的です。

バイナリーオプションでの必勝法

テクニカル分析を通して機関投資家の考え方を理解するのが良い方法だとしても、重要なノウハウが公開されることはありません。

それでは個人がバイナリーオプションで勝つにはどうしたら良いのでしょうか。

結論から言えば、これをやれば100%勝てるという必勝法があるわけではありません。100%近く勝てる方法を編み出すためにテクニカル分析をするのが大切です。

機関投資家では業務として売買をしているので、従業員が根拠なく売買をすることはできません。分析結果がこの条件を満たしたら何をいくら売買するというルールが決まっていて、そのルールに従った運用をするのがルーチンになっているのが一般的です。

これに加えて政治や経済の影響を受けて急変が起こるときに積極的な売買も行われますが、それ以外の部分は機械的に対応できる仕組みを作り上げています。

個人投資家の場合にも同じ考え方で、この分析結果のときにはHIGHエントリーをするといったルールを決めていくのが合理的です。そして、そのルールの勝率がどのくらいあるかを確認して、高いものだけ運用していくと利益を生み出せるようになります。

テクニカル分析を通して色々な条件を考えていけば、いつも予想通りの値動きをする条件が見つかってきます。それが機関投資家の使っている値動きの予想のルールに近いものだと考えられるのです。

早い段階でルールを決めるためには、よく知られている売買のサインやシグナルを覚えていくのが効果的です。売買が殺到するとはっきりとした値動きが起こるのでHIGHかLOWかの予想が当たりやすくなります。常識的になっているサインやシグナルは多くの投資家が売買のルールに組み込んでいるので有効活用しましょう。

ただ、機関投資家は売買の取引をするので、バイナリーオプションと違ってエントリーだけでなく利益確定のタイミングも自分で決めることが可能です。したがって、機関投資家の決めているエントリー条件を真似できれば良いというわけではありません。あくまで値動きの予測の仕方を真似するだけで、バイナリーオプションで勝てるエントリーのタイミングは自分のルールを作る必要があります。

難しいと思った人はハイローオーストラリアのデモトレードを使ってみましょう。デモトレードではハイローオーストラリアの取引プラットフォームを使用して、仮想資金を使ったトレードができます。この条件で勝てるのではないかと思ったときにはデモトレードでしばらく繰り返してみましょう。

何回もエントリーしてみると勝率がどのくらいになるか、一ヶ月に何回くらいエントリーのチャンスがあるかがわかります。すると毎月何%程度の利益を生み出せるかを算出できるでしょう。このようにして勝率の高い自分のルールを作り上げるのがバイナリーオプションの必勝法です。

デモ取引

まとめ

相場の動きを決めているのは主に機関投資家による売買です。

ファンダメンタルズ分析を必要とする特別な値動きも考慮する必要がありますが、日常的にはテクニカル分析が値動きの予測に使われています。投資家が売買するときに用いているルールを参考にすると相場の変動を読めるようになります。

ただ、バイナリーオプションで求められる予測の精度と売買に必要な精度は同じではありません。機関投資家の売買の仕方と同じように考えて、バイナリーオプションのエントリールールを作りましょう。そして、勝率の高い自分のルールを作り上げていけばバイナリーオプションで稼げるようになります。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。