ハイローオーストラリア

【2022年最新】ハイローオーストラリアの撤退や終了の噂と真相

記事を読むとわかること

  • ハイローオーストラリアは日本撤退やサービス終了をするのか
  • ハイローオーストラリアの撤退の噂が流れた背景・原因
  • ハイローオーストラリアが撤退する可能性があるのか

ハイローオーストラリアは撤退すると聞いて取引をするのはやめようと思っていませんか。

ハイローオーストラリアは日本にバイナリーオプションのサービスを提供していますが、撤退する、サービスを終了するという噂がずっと流れています。

せっかくハイローオーストラリアで取引を始めたのに、日本を撤退されてしまったら愕然としてしまうでしょう。

噂が本当なら由々しき問題ですが、噂はあくまで噂です。この記事ではハイローオーストラリアの撤退や終了の噂に関して解説します。

【最新の結論】ハイローオーストラリアの撤退はない

ハイローオーストラリアが日本向けのバイナリーオプションのサービスを終了することはまずありません。

ハイローオーストラリアは日本を撤退するどころかサービスを活発化して、市場拡大を図っているからです。

最近の動向としても以下のようにサービス改善を図り、より多くのユーザーに利用してもらおうと努力しています。

サービス改善

  • 2022年1月にサイトリニューアルをして取引プラットフォームをアップデートした
  • 2021年中にビットコインやイーサリアムの仮想通貨バイナリーオプションを強化した

ハイローオーストラリアの日本撤退の噂も下火になっています。過去に流れた噂がときどき話題になっているだけなので、突然ハイローオーストラリアが使えなくなることはありません。

撤退が不安だった方もぜひハイローオーストラリアで口座開設をしてバイナリーオプションをやっていきましょう。

ハイローオーストラリアの撤退の噂が流れたわけ

「火のない所に煙は立たぬ」ということわざがあります。ハイローオーストラリアの撤退の噂は、根も葉もない誹謗中傷から始まったわけではありません。

サービスを終了するのではないかという話題が急速に広まったのには以下の3つの理由があります。

撤退の噂が流れた理由

  • バイナリーオプションの金融規制が強まったから
  • ハイローオーストラリアの移転やサービスの不具合があったから
  • バイナリーオプションに関連するSNSやネット掲示板での活動の悪影響を受けたから

さらに細分化すると以下のような背景・原因があってハイローオーストラリアの撤退の噂が流れたと言えます。

ほとんどの問題が2013年~2019年に集中していたため、不安を煽る結果になりました。ここでは興味を持った方のために、各項目について簡単に紹介します。

日本のバイナリーオプション規制の強化

ハイローオーストラリアの撤退の噂が出てきたのは2013年のことでした。2013年は日本でバイナリーオプション規制が敷かれた年で、バイナリーオプション業界の激動期です。

金融庁の主導でバイナリーオプションのガイドラインが作成されました。ガイドラインを遵守することを業者に求めたため、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションに大きな隔たりが生まれました。

日本のバイナリーオプション規制の強化によって、海外業者は撤退していきました。

国内ルールに合わせてサービスを提供するのは困難で、日本の市場も国内業者にシフトすると考えられたからです。そのため、海外業者のハイローオーストラリアも撤退するという噂が流れました。

国内業者と海外業者の違いは何?ハイローオーストラリアの魅力とは!バイナリーオプションは国内と海外の業者で違いがあります。バイナリーオプションを行う場合には圧倒的に海外業者がおすすmです。この記事では国内業者と海外業者のどちらが良いか悩んでいる人のために、違いを比較・解説します。...

世界的なバイナリーオプションの規制・禁止

日本ではガイドラインを作成して規制を敷くだけでしたが、世界的にはバイナリーオプションに対してかなり厳しい規制強化がおこなわれています。

2013年以降、海外では禁止や廃止が相次いで決定されました。主な国での規制・禁止の歴史をたどると以下のようになっています。

主な国での規制・禁止の歴史

世界的な禁止の動きを受けて、バイナリーオプションのサービスを終了する業者も続々と出てきました。

ハイローオーストラリアも業界の動きを受けてサービス終了を決断するのではないかと噂されたのです。

ハイローオーストラリアの運営会社の変更と拠点の移転

ハイローオーストラリアの撤退は2019年に再燃焼しました。2019年6月にハイローオーストラリアが移転を決断したからです。

「HighLow Markets Pty. Ltd(ハイローマーケッツ)」から「HLMI LLC」にサービスが移管されました。オーストラリアに拠点があったハイローオーストラリアはマーシャル諸島共和国に移転しています。

ハイローオーストラリア:会社概要
会社名(商号)

HLMI LLC

所在地

First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building
James Street
Kingstown
St. Vincent and the Grenadines

設立年月日

2020年7月17日

会社番号

489

業務内容

外国為替証拠金取引仲介業務
インターネット上で行う外国為替取引に関する業務
外国為替の売買・媒介業務
外国為替に関する情報提供サービス

オーストラリアでの規制強化の動きを受けて、サービス継続のためには移転せざるをえなかったのでしょう。

しかし、背景を知らされないまま、突然の運営会社の変更や拠点の移転があったのでユーザーは衝撃を受けました。

5chより抜粋

ハイローオーストラリアはオーストラリアで金融ライセンスを持っていたので、ライセンス維持が難しくなったのではないかという噂も流れています。

噂が噂を呼んで「ハイローオーストラリア撤退」という話題が尽きなくなりました。

ドメイン変更と口座移行の実施

ハイローオーストラリアのサービスが移管されたことでドメインの変更と口座移行もおこなわれました。

サービスの運営会社が変わるので当然の対応だと今ならわかる方も多いかもしれませんが、少なくとも当時は常識ではなかったのでユーザーを動揺させた点です。

ユーザーはアクセスするURLを変更するだけでなく、口座移行手続きをしなければなりませんでした。

口座移管
ホームページ移行の通知

フィッシング詐欺ではないかという不安もあって、口座移行のタイミングで解約したユーザーもいることが口コミからわかっています。

後述のようにバイナリーオプション詐欺が横行していたので余計に不安を煽られてしまう背景もありました。

ハイローオーストラリアが乗っ取られて撤退せざるを得ない状況になったという噂も流れています。

なお、ハイローオーストラリアは2020年にセントビンセント及びグレナディーン諸島に移転しました。この際には運営会社は変わっていないため、特に大きな話題になっていません。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の移転の背景を解き明かした結果ハイローオーストラリアの移転はユーザーを動揺させる動きでした。撤退や悪徳業者という噂も出たほどです。しかし、二回の移転は優良業者としてメリットの大きいサービスを提供し続けるのが目的だということがこの記事でわかるかと思います。より良いサービスをいつも受けられるようにしたいと思うなら、ハイローオーストラリアがおすすめです。...

503エラー・504エラーやログインエラーの多発

ハイローオーストラリアの利用についてトラブルが続出したのもサービス終了の噂が流れる原因になりました。

ハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引をしようとアクセスしたのに、503エラーや504エラーが発生するトラブルが2020年に相次いでいます。

2019年、2020年の2回にわたる移転は突貫工事だったため、サーバーを安定させるのに苦労していたのでしょう。

エラー エラー内容
503エラー

「503 Service Temporarily Unavailable」
サーバーの閲覧制限機能によって一時的にサイトが見られなくなる状態のことです。

504エラー

「Error 504 Gateway time-out」
アクセスが集中した場合やサーバーのメンテナンスを行っているなど、サーバー側で問題が発生している時に発生するエラーです。

503エラーや504エラーはアクセス過多でも発生するエラーです。移転騒動が落ち着いた2020年になってユーザー数が増加し、サーバー負荷が大きくなったのも原因と考えられます。

また、ハイローオーストラリアのスマホアプリでのログインエラーも口コミで話題になりました。

スマホアプリでのログインエラー
5chより抜粋

ハイローオーストラリアの撤退が噂されている中でエラーが発生すると、本当に撤退したのではないかと思うのではないでしょうか。

エラーの多発によってサービス終了という口コミが増えいったという背景があります。

公式アプリのサービス終了

ハイローオーストラリアでは日本に上陸した当初からスマホの公式アプリを提供していました。しかし、2022年にはスマホの公式アプリのサービスが終了しています。

iPhone対応のハイローオーストラリア公式アプリは早期に終了していたため、撤退の噂の原因になりました。iPhone対応のアプリの公開が停止された際にAndroid対応のアプリのサービスは継続されました。

サービスの改悪ではないか、段階的な撤退に向けてサービスの縮小をしているのではないかといった批判の声が上がっています。

2022年には取引プラットフォームが一新されて、iPhoneでもAndroidでも使いやすいブラウザアプリに統一されました。今では新体制に移行するための対応だったとわかります。

プラットフォームが一新

当時はハイローオーストラリアが明確な方向性を公表していなかったので、サービス終了に向かっているという噂が流れました。

【2022年最新】ハイローオーストラリアのプラットフォームがリニューアル!ここでは2022年最新のHighlow.comのプラットフォームについてリニューアルされたポイントに着目して紹介します。使いやすくなったハイローオーストラリアのプラットフォームを生かしてバイナリーオプションに取り組んでいきましょう。...

SNSやネット掲示板でのバイナリーオプション詐欺

SNSやネット掲示板ではバイナリーオプションに関連する詐欺が横行しています。2010年頃からの10年間は最盛期です。

バイナリーオプションの講習会やセミナーの勧誘、バイナリーオプションの自動売買ツールの販売などがおこなわれていました。

SNSバイナリーオプションの例

近年でもバイナリーオプションレクチャーによる詐欺も起こっていますが、当時に比べると下火になっています。

詐欺が多発している投資商品に対してはさらに規制強化が進む可能性があります。バイナリーオプション規制が強化されてハイローオーストラリアが撤退せざるを得なくなるのではないかという意見も出てきました。

また、バイナリーオプションそのものに対する不安の口コミも多くなり、ハイローオーストラリアのユーザーが減って撤退するのではないかという声も上がっています。

状況は変わっていますが、当時はかなり切実な問題だったために噂に信憑性があると思われていました。

SNSのバイナリーオプションレクチャーは超危険!
【詐欺】SNSのバイナリーオプションレクチャーは超危険!インスタやLINE,Twitterなどでハイローオーストラリア(Highlow.com)などのバイナリーオプションレクチャーのアカウントを見たことがあると思います。結論から言うとあれらは全て詐欺です。ここでは、バイナリーオプションで稼ぎたい人を狙ったバイナリーオプションレクチャーを解説します。...

ハイローオーストラリアの撤退があり得るのか

今までのハイローオーストラリアの撤退やサービス終了の話題はただの噂です。しかし、これから本当に撤退のリスクがあるのかどうかが気になる方も多いでしょう。

ハイローオーストラリアが撤退するリスクはゼロではありません。以下のリスク要因があるので念頭に置いておきましょう。

金融規制の強化によるバイナリーオプションの禁止

バイナリーオプションは世界的に規制されてきています。

規制強化の動きはほとんど止まっているので当面は心配がありませんが、バイナリーオプションが全面禁止されたらハイローオーストラリアが撤退する可能性があります。

ハイローオーストラリアが拠点を置いているセントビンセント及びグレナディーン諸島で全面禁止になったとしても、移転してサービスを継続する機動力があるでしょう。

しかし、日本が国民に対してバイナリーオプションを全面禁止したら、ハイローオーストラリアも手を付けられなくなります。

日本の金融規制の強化については日頃からチェックしておくのがおすすめです。バイナリーオプションを認める立場を取っている日本では禁止になる可能性は低いですが、リスクファクターとして頭に入れておきましょう。

競合の登場やトレンドの変化によるユーザー数の減少

ハイローオーストラリアが利益を確保できずに経営が困難になったらサービスが終了する可能性があります。

圧倒的な優位に立つ競合が登場したり、トレンドの変化によってバイナリーオプションで投資をするユーザーが減ったりするのがリスクです。

ハイローオーストラリアの取引ルールは国内業者とは違うため、国内に強豪が出てきてもあまり問題はありません。海外業者の中でもサービスが最高水準で稼ぎやすく、圧倒的な運営歴があるので競合による影響は受けにくいでしょう。

業者 ペイアウト倍率
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア

1.75倍~2.30倍

ゼン・トレーダー
ゼン・トレーダー

1.60倍~1.95倍

ザオプション
ザオプション

1.77倍~2.00倍

ファイブスターズマーケッツ
ファイブスターズマーケッツ

1.70倍~1.90倍

ただ、ビジネスの世界では何が起こるかは誰も予想できません。ユーザーのトレンドも変わる可能性があるので、もしユーザー数が激減したらサービスを終了することもあり得るので覚えておきましょう。

バイナリーオプション業者の選び方!ハイローオーストラリアがベストバイナリーオプション取引をしようと思ったけど、業者がたくさんあって選べない...そんな人にはハイローオーストラリアがオススメです。どうしてオススメなのか、どのようにしてバイナリーオプション業者を選ぶと良いか解説します。...

まとめ

ハイローオーストラリアの撤退やサービス終了の噂について真相がわかったでしょうか。この記事でハイローオーストラリアの撤退について説明した内容を振り返ってみましょう。

記事のポイント

  • ハイローオーストラリアはサービス強化をしていて撤退の意志はなし
  • バイナリーオプション規制や拠点移転などが同じ時期に重なったのが撤退の噂の原因
  • サービス終了があるとしたら金融規制の強化

バイナリーオプションを取り巻く状況を考えると厳しい時期はありましたが、ハイローオーストラリアは難を乗り越えてきています。

ユーザーへの情報提供不足はあったかもしれません。しかし、結論としては、ハイローオーストラリアはサービス強化を鋭意継続中なので徹底はないと言えます。

「バイナリーオプションならハイローオーストラリア」とも口コミでよく言われているので、口座開設をして取引をしてみてはいかがですか。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。