ハイローオーストラリア

約定拒否が起こるのはハイローオーストラリア(Highlow.com)も同じ!?回避方法のポイントとは?

バイナリーオプション取引をしていると約定拒否によるトラブルに悩まされることがあります。

あまり投資に慣れていない人の場合には約定という言葉すらよくわかっていない場合もあるでしょう。

こんなオレ

今までバイナリーオプションに取り組んできた人も、トレードスタイル次第では約定拒否を経験したことがないかもしれません。

ただ、約定拒否が起こると稼げるはずだったのに何でこんなことが起こったのかと悔しい気持ちに駆られてしまうでしょう。

この記事では約定拒否とは何か、なぜ約定拒否が起こるのかを解説します。

また、ハイローオーストラリア(Highlow.com)でも約定拒否が起こり得るのかどうかも説明するので、取引の仕方を考える参考にしてください

約定拒否とは

約定拒否とは約定しようとしたのに業者によって拒否されてしまう現象です。

約定とは取り決めをすることというのが字義通りの意味ですが、投資の世界では売買などの取引の注文を出したときに業者が受理して取引が成立したことを意味します。

約定はバイナリーオプションだけでなく株式投資やFXなどでもよく用いられている表現です。

株式投資の場合

株式投資なら売買の注文を証券会社に出し、その注文を受けて証券取引所で証券会社が売買を代行します。

証券会社

株式では買おうとしたときに売りに出されている株式がなければ買い注文が成立しません。

逆に株式を売ろうとしてもそのときに買おうとしている投資家がいなければ売り注文が成立しません。

このような売買の処理が成立したときに約定になります。

FXの場合

株式投資では約定拒否になることはまずありませんが、FXの場合には約定拒否が発生するリスクがあります。

約定拒否

FXでは約定された時点でのレートでの取引になるのが特徴で、注文が出されたタイミングで瞬間的に約定されないと想定したのとは違うレートでの取引になります。

業者によっては注文された瞬間から約定するまでに時間がかかってしまった場合には約定拒否をして、投資家が意図しなかったようなレートでの売買を成立させないようにしていることもあるのが実態です。

バイナリーオプションの場合

バイナリーオプションの場合にも約定拒否が起こることがあります。

バイナリーオプションではエントリーしたときの為替レートが重要です。

ハイロー取引なら判定時刻になったときにそのレートから価格が上がったか下がったかによって取引の成功・失敗が決まります。

エントリーしたときの為替レートから動いてしまったレートでの約定になると投資家としては困ってしまうでしょう。

そのため、多くのバイナリーオプション業者では注文があった時点とシステム上で処理を終えて約定しようとした時点でのレートがずれていた場合には約定拒否をしています。

注文が殺到してしまってシステムで処理しきれなくなった際や、システムの不具合によって注文から約定までにタイムラグが生じたときなどには拒否されることがあるので注意が必要です。

約定拒否が起こりやすい5つのタイミング

約定拒否が起こってしまうと、これは確実に予想が当たるだろうと思っていたエントリーが無効になります。

完璧なタイミングだと思っていたのに約定拒否になると、感情的になってすぐにエントリーしようと思ってしまうかもしれません。

こんなオレ

自分で言っておいてなんですが、結構頭にきます!

しかし、完璧なタイミングでのエントリーに比べるとリスクが高くなっていることは否めず、失敗に終わってしまう確率が高いでしょう。

このような失敗をしないためには約定拒否が起こりやすいタイミングを知っておくのが重要です。

約定拒否が起こるリスクが高い状況として知られているのは以下の5つです。

世界三大市場が開いた直後

世界三大市場

世界三大市場として知られる東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が開いた直後は為替取引の注文が殺到します。

バイナリーオプション専門業者であれば問題はあまりありません。

しかし、FXのサービスも提供している業者ではシステムやネットワークの負荷が大きくなりすぎて注文と約定の間にタイムラグが生じがちなので約定拒否がしばしば起こっています。

世界三大市場の中でもロンドン市場の開いた直後は相場が乱れやすいことが知られていますが、裏を返せば取引が活発になったことを意味します。

ロンドン市場が乱れているときにニューヨーク市場が開いたケースではさらに相場が荒れる傾向が強く、多くの売買注文が出されているでしょう。

こんなオレ

このような市場オープンのタイミングでエントリーすると約定拒否になるリスクが高いので注意が必要です。

東京市場は他の市場に比べるとリスクが低いですが、それでも約定拒否が起こるケースはあるので避けて通りましょう。

主要な経済指標発表の前後

主要な経済指標発表の前後

FXサービスを提供していないバイナリーオプション業者でも約定拒否が起こるリスクが高いタイミングとして主要な経済発表が発表される前後の時間帯が挙げられます。

こんなオレ

特に発表された直後は注文が集中する場合が多いので約定拒否になりがちです。

米国の雇用統計の発表や、先進国のGDPの発表などが代表例で、消費者物価指数などの場合にも約定拒否になるほどのエントリーが起こることがあります。

方向性がはっきりしている大きな値動きを起こすことがしばしばあるのが経済指標の発表です。

そのため、バイナリーオプションでもFXでも注視するのが定石になっています。

ただ、約定拒否が起こり得ると考えるとリスクが高いとも言えるでしょう。

金融政策が発表された後

金融政策が発表された後

各国で政策金利の変更などの金融政策が発表された後も約定拒否が起こるリスクがあります。

アイコン名を入力

経済指標の発表よりも直接的に金利に響くケースが多いことから、FXにおける注文は激しい勢いで行われるケースが多いのが特徴です。

ただ、すぐに金融緩和や金融引き締めの方策が実行されるわけではない場合も多々あります。

今後の方針が発表された程度の場合には一時的な値動きが起こる程度なのでエントリーを控える投資家も多く、スムーズに約定が行われていくケースも少なくありません。

そのため、金融政策が発表されるタイミングは内容次第で約定拒否が起こり得るという認識をしておきましょう。

各国の要人の会見がスケジュールされているとき

会見

首相や大統領、中央銀行の総裁などの要人が会見をしたときには、その内容に応じてエントリーがよく行われています。

特に会見がスケジュールされていた際には、そのタイミングを狙ってエントリーのスタンバイをしているケースが多いので注文が殺到し、約定拒否になることがあるので注意が必要です。

発言内容が為替レートに影響を及ぼすかどうかが最も重要なポイントで、会見の内容に今後の経済や金融に関わる項目が含まれているときには気を付けなければなりません。

金融政策の場合と同様に、内容次第という面が大きいのが要人の会見による約定拒否の発生です。

ローソク足が次足に移る瞬間

ローソク足が次足に移る瞬間

バイナリーオプションをする上で実は最も気を付けなければならないのはローソク足が次足に移る瞬間です。

特に明らかな値上がりや値下がりを起こすような次足だと示唆されたようなときには、0秒のタイミングでエントリーが殺到する傾向があります。

前足でスタンバイをしていて、ローソク足が確定されるとエントリー条件を満たしたと判断して注文を出すケースが多いからです。

このようなやり方はバイナリーオプションに特有のものではなく、FXでも同様の傾向があります。

誰もが使っているテクニカル指標に基づいて、明らかなサインが出たときには0秒のタイミングでのエントリーは控えるのが適切です。

こんなオレ

早めのエントリーが必要なら数秒前、遅くても良い場合には数秒後にエントリーした方が約定拒否によって愕然としてしまうリスクが低くなります。

約定拒否の連絡があるのが度のタイミングかは業者によって違うので、エントリータイミングを逃したのに気付かないまま他のチャートを見てエントリーできるところを探してしまう場合もあります。

基本的にはローソク足が切り替わるタイミングが注文の殺到するポイントなので、その瞬間だけは避けて通るようにしましょう。

ハイローオーストラリアでも約定拒否がある?

ハイローオーストラリアでも約定拒否がある?

約定拒否が起こる原因や起こりやすいタイミングがわかると、バイナリーオプションの専門業者を選んでおいた方がリスクは低いと考えられるでしょう。

そして、十分に強固なサーバーやネットワークを持っていて、多数の注文があったとしても遅れが生じないようなシステムを運営している業者を選ぶのが対策になります。

ハイローオーストラリアは世界的に多数のユーザーがいることに加え、金融ライセンスを取っていたことがあります。

きっと投資家が不満に思うような約定拒否が起こることはないだろうと思う人もいるでしょう。

しかし、実際にはハイローオーストラリアでも約定拒否が起こっている事例は多数報告されています。

ハイローオーストラリアでは注文を出したタイミングと注文処理のタイミングでレートに差が生じてしまったときには約定しない一般的なルールを取り入れています

そのため、「レートが更新されたため、約定できませんでした」というメッセージが表示されて約定拒否を受けてしまうことがあるのです。

ハイローオーストラリア 約定拒否

ハイローオーストラリアはバイナリーオプションに特化しているとはいえ、ユーザー数が増加している影響で多くの投資家が一気に注文するとシステムが耐えられないのでしょう。

毎日欠かさずメンテナンス時間を設けているのも、多くの注文を処理するためにシステムを安定させる必要があるからだと考えられます。

こんなオレ

それでも経済指標の発表などのように莫大な数の注文が出るタイミングでは処理しきれない場合があるので注意が必要です!

ただ、多くの注文が集まるタイミングはエントリーリスクが高いこともよくあります。

例えば

例えば、経済指標は確定値が発表される前にアナリストなどによって予想が行われていることがあります。

その情報に基づいて発表数秒前にエントリーしてみたら、まるで違う確定値が発表されたというケースも決して少なくありません。

ここで約定拒否がたまたま起こったら、投入した資金はそのままの状態なので損失を出さずに済みます。

注文が殺到しているときには明らかに当てられる場合もあるのは確かですが、想定外の値動きが起こりやすいケースも多々あるため、損失回避につながることもあるのです。

もともと約定が拒否されてしまうのはエントリーしたときのレートと違うレートで約定しなければならない状況になったからです。

そこで無理やり約定させられてしまわないという点でも拒否されるシステムがある方が安心でしょう。

こんなオレ

注文が集中するタイミングは急変が起こることも多く、数秒のエントリータイミングのずれが結果を左右する可能性があります。

安全性の高い取引ができるシステムだからこそ、ハイローオーストラリアでも投資家のことを考慮して採用しているのです。

約定が拒否されたときにすべき対処

対処

ハイローオーストラリアでここ一番のエントリーをしたときに約定拒否を受けてしまう場合もあります。

この際にはどのような対処をすべきなのでしょうか。

安全策を考えるなら、そのエントリーポイントは諦めて、次に向かって気持ちを切り替えましょう

約定拒否によって気持ちが動揺してしまっているなら、その時点で取引を中断して、落ち着いてから再開する方が良い可能性もあります。

約定拒否になったときにすぐに同じようにエントリーしようと思う人もいますが、もう既に市場の状況は変わってしまっているのでリスクが高い方法です。

こんなオレ

どうしてもエントリーしたい場合にも、本当にそこでエントリーしたら予想が当たるのかをもう一度考え直しましょう!

分析をしてみてやはりまだ予想が当たると思えるのならエントリーしても構いません。

ただ、冷静さを失っている状況で分析をすると誤った根拠に基づいて判断したり、リスクが高いのに大丈夫だと思い込んでしまったりするので注意が必要です。

まとめ

ハイローオーストラリア(Highlow.com)も例外ではなく、バイナリーオプションでは約定拒否が起こり得ます。

エントリーしたのに約定されず、利益を得られるはずだったのにダメだったという経験をすると悔しいのは確かです。

多くの投資家による注文が殺到するタイミングではシステムの処理が間に合わず、レートに違いが生じてしまうのが約定拒否が起こる原因です。

約手拒否が起こるとむやみにエントリーしてしまう人も多いですが、冷静さを失っている場合が多いので失敗するリスクが高まります。

こんなオレ

約定拒否が起こりやすいタイミングを熟知し、できるだけ避けてバイナリーオプションに取り組むのが安全策です。

ハイローオーストラリアはバイナリーオプションの専門業者で、比較的システムも安定しているので安心感はあります。

しかし、ハイローオーストラリアでも約定を拒否されるケースはあるので、注文が集中する瞬間のエントリーを回避しながら取引をしていきましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。