攻略

MACDのクロスとヒストグラムはどっちが良いの?ハイローオーストラリアのビットコインで1分取引をしてみた

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の初心者の間で高い人気があるテクニカル指標としてMACDがあります。MACDはMACDラインとシグナルラインとヒストグラムを駆使することで高度な分析もできますが、単純にゴールデンクロス・デッドクロスを見るだけでもエントリーポイントを見出せるのが魅力です。

ゴールデンクロスとデッドクロスの法則でハイローオーストラリア(Highlow.com)に挑戦ゴールデンクロスやデッドクロスが発生したときには急激なトレンド相場ができる可能性があるため、エントリーしやすい状況があります。ただ、ダマシのリスクも高いことから、慎重に吟味するのが大切です。他のインジケーターを使って根拠を得るのも効果的なので、自分なりのエントリー条件を作って予想が当たるように工夫していきましょう。...

ヒストグラムを使ってエントリーポイントを見極める手法もわかりやすいのでハイローオーストラリアの初心者によく利用されています。

MACDのヒストグラムを完全活用!ハイローオーストラリア(Highlow.com)のエントリーに使える!?ハイローオーストラリアでMACDといえば、MACDラインとシグナルラインのクロスと思い込みがちですが、ヒストグラムもMACDを活用する上では重要な意味があります。MACDを使うときにはヒストグラムも表示して気に掛ける習慣を作るだけでリスクのあるタイミングを回避でき、勝てるタイミングを選んでトレードすることも可能です。...

MACDは昔から長期の相場の動きを理解するために用いられてきました。

1時間足以上のチャートの分析では特に有効性が高いことが知られています。

しかし、ハイローオーストラリアで取引するなら分単位のチャートの分析に使いたいと思う人が多いでしょう。
この記事ではトレンドになっていて注目されているビットコイン相場でMACDがターボ取引でも使えるのかを検証しました

MACDのクロスとヒストグラムを1分取引に使った結果を紹介するので、MACDを使えるだけでハイローオーストラリアの1分取引で勝てるかどうかを確認してみてください。

MACDは初心者向きのインジケーター

MACDは初心者向きのインジケーター

ハイローオーストラリア初心者もMACDは使えるという人が大勢います。MACDはエントリー条件がわかりやすいインジケーターなので、テクニカル分析の初心者でもすぐに使えるからです

テクニカル分析はハイローオーストラリアのバイナリーオプションで稼ぐために重要な技術です。あらゆるテクニカル指標を使いこなすのは大変ですが、初心者でも代表的なインジケーターの使い方を理解すれば高い勝率で取引できるようになります。

こんなオレ

ここでMACDを取り上げているのは、初心者向きの簡単な分析から、高度な分析までできる魅力的なインジケーターだからです!

ハイローオーストラリアで勝てるインジケーターがあるなら口座開設をしたいと思っている人もいるでしょう。MACDはそう考えている人にとって最も魅力的なインジケーターです。ぜひこの記事を通してMACDでハイローオーストラリアのビットコインの攻略法を理解し、ハイローオーストラリアで取引を始めてください

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。口座開設後、入金を済ませればすぐ利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...

MACDのエントリー条件

MACDのエントリー条件はとてもシンプルなので初心者に向いています。

ここではMACDラインとシグナルラインのクロスによるエントリー条件と、ヒストグラムに基づくエントリー条件を紹介し、この2つを使ってハイローオーストラリアの1分取引を試してみます。

MACDラインとシグナルラインのエントリー条件

MACDラインとシグナルラインを使う場合のエントリー条件はゴールデンクロス・デッドクロスを見ます。

MACDラインとシグナルラインのエントリー条件

MACDラインがシグナルラインを上に抜けたらハイエントリー

MACDラインがシグナルラインを下に抜けたらローエントリー

ヒストグラムのエントリー条件

ヒストグラムはMACDラインとシグナルラインの差を計算したものです。ゼロラインとのゴールデンクロス・デッドクロスを見ると実質的にはMACDラインとシグナルラインのゴールデンクロス・デッドクロスを見たのと同じことになります。

しかし、このクロスとは別に以下のエントリー条件も利用可能です。

ヒストグラムのエントリー条件

上向きのヒストグラムが増加から減少に転じたらローエントリー

下向きのヒストグラムが減少から増加に転じたらハイエントリー

ビットコインの1分取引でMACDのエントリー条件を検証!

ビットコインの1分取引でMACDのエントリー条件を検証!

ビットコイン相場は大きな変化を起こしている状況が続いています。急変や急落が起こることもあれば、レンジ相場が続いていることも、緩やかな上昇トレンド・下降トレンドが生じていることもあるのが現状です。

ここではハイローオーストラリアの1分取引をするシーンとして、以下のように色々なタイプの相場が入り混じっている期間を選びました。

色々なタイプの相場が入り混じっている期間

この4時間を1時間ごとに第1期間~第4期間に分けて、ハイローオーストラリアの1分取引を試した結果を紹介します。

上述のようにMACDには基本のエントリー条件が二通りあります。MACDラインとシグナルラインのクロス、ヒストグラムのそれぞれについて検証した結果を解説するので、ビットコインの1分取引ではどちらが有効なのかを見極めましょう。

第1期間

第1期間ではレンジ相場が続いた後に一時的にビットコイン価格が上昇しています。その後、緩やかに下落の傾向をたどっていました。このような変化を起こしている相場ではクロスとヒストグラムのどちらが有効なのでしょうか。

MACDラインとシグナルラインのクロス

MACDラインとシグナルラインはこの期間にデッドクロスとゴールデンクロスを細かく3回繰り返した後、4回にわたって発生しています。クロスが起きた次のローソク足でエントリーしたとすると以下のような結果になりました。

MACDラインとシグナルラインのクロス

負け、負け、勝ち、勝ち、勝ち、負け、負け:7戦3勝4敗、勝率42.9%

ヒストグラム

ヒストグラムに着目するとピーク後に減少したタイミングは合計で11回あります。結果を集計すると次のようになりました。

ヒストグラム

勝ち、負け、勝ち、勝ち、勝ち、勝ち、負け、負け、勝ち、勝ち、勝ち:11戦8勝3敗、勝率72.7%

第2期間

第2期間ではずっとレンジ相場が続いていて、半ば頃に下落が起こっています。最後に急落が起こり始めているので、この部分の推移も含めて結果を見てみましょう。

MACDラインとシグナルラインのクロス

MACDラインとシグナルラインのクロスはこの期間に4回起こっています。勝敗を順に追っていくと次のようになりました。

MACDラインとシグナルラインのクロス

負け、負け、勝ち、勝ち:4戦2勝2敗、勝率50%

ヒストグラム

ヒストグラムに着目するとピークが形成されているケースが11回あることがわかります。この際の取引結果は以下のようにまとめられます。

ヒストグラム

勝ち、勝ち、負け、勝ち、負け、勝ち、負け、負け、負け、負け、勝ち:11戦5勝6敗、勝率45.45%

第3期間

第3期間では急落の後に反発が起こって急騰が起こっています。その後はレンジ相場に入っていますが、どんな結果になったのでしょうか。

MACDラインとシグナルラインのクロス

急落後のこの相場ではクロスが3回確認されています。この期間の結果は以下のようになりました。

MACDラインとシグナルラインのクロス

勝ち、負け、勝ち:3戦2勝1敗、勝率66.7%

ヒストグラム

ヒストグラムの場合にはこの前までの相場と同じでエントリー条件を満たしている機会が豊富です。合計8回のチャンスがあり、結果は次のようになっています。

ヒストグラム

勝ち、負け、勝ち、勝ち、勝ち、負け、勝ち、勝ち:8戦6勝2敗、勝率75.0%

第4期間

第4期間では相場が乱れていて下落と上昇を繰り返しています。MACDはこのような相場でも有効に機能するのでしょうか。

MACDラインとシグナルラインのクロス

この期間は大きくビットコイン価格が動いたのでクロスをする機会は3回しかありませんでした。その集計結果を見ると第3期間と同じになっています。

MACDラインとシグナルラインのクロス

負け、勝ち、勝ち:3戦2勝1敗、勝率66.7%

ヒストグラム

ヒストグラムは細かな相場の動きに影響されてエントリーポイントが生まれます。第4期間にも10回のチャンスがありました。

ヒストグラム

負け、勝ち、勝ち、負け、負け、勝ち、勝ち、勝ち、負け、勝ち:10戦6勝4敗、勝率60%

集計結果

以上の4時間にわたるビットコイン相場での1分取引を集計すると以下のようになります。

MACDラインとシグナルラインのクロス

第1期間:7戦3勝4敗

第2期間:4戦2勝2敗


第3期間:3戦2勝1敗


第4期間:3戦2勝1敗


合計:17戦9勝8敗、勝率52.9%

ヒストグラム

第1期間:11戦8勝3敗

第2期間:11戦5勝6敗


第3期間:8戦6勝2敗


第4期間:10戦6勝4敗


合計:40戦25勝15敗、勝率62.5%

ハイローオーストラリアの1分取引ではペイアウト率が1.90倍なので、損益分岐点は52.63%です。クロスに着目した場合は明らかな負け越しになったことがわかります。

ヒストグラムを使ったら勝率62.5%なので、大きく勝ち越すことができたと言えます。もし1万円ずつ40回取引をしていたとしたら、4時間で10万3千円の利益を得ることができたことを示している結果です。

こんなオレ

ペイアウト率が高いハイローオーストラリアだからこそこれほどを利益を生み出すことができたという点も念頭に置いておきましょう!

仮にペイアウト率が1.5倍だったとしたら、25勝しても40万5千円のペイアウトしか得られません。40万円をエントリーに使ったことを考えると5千円の損失になってしまいます。

MACDのヒストグラムによる結果はかなり勝率が高い方です。62%を越えるような手法はあまり存在しません。それでもペイアウト率が低いと稼げない点には注意が必要です。

ハイローオーストラリアなら稼げる可能性が高いので、バイナリーオプションをするなら選ぶべき業者です。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

1分取引でMACDと使うならヒストグラム

1分取引でMACDと使うならヒストグラム

今回の検証結果によってMACDラインとシグナルラインのクロスはビットコイン相場の1分取引では負ける手法だとわかりました。ヒストグラムがピークアウトするタイミングなら勝率が高いことも判明しましたが、どうしてこのような結果になったのでしょうか。

一般的に1時間足や1日足のチャートではMACDのクロスが用いられています。クロスに基づくエントリー条件ではなく、ヒストグラムを使う条件が有効なのには理由があります

MACDのクロスよりヒストグラムのピークアウトは先行する

MACDのクロスよりヒストグラムのピークアウトは先行する

MACDのインジケーターとしての性質を考えると、なぜビットコイン相場の1分取引ではヒストグラムが有効なのかがわかるでしょう。

MACDのクロスよりもヒストグラムのピークアウトは必ず先行する性質があります。ヒストグラムがピークに達してゼロラインに近づいていき、ゼロラインとクロスしたときにMACDラインとシグナルラインのクロスが起こります。

ヒストグラムがピークアウトするのはMACDラインとシグナルラインが離れる方向で推移していた状況から、近づいてきたことを示すサインです。

2つのラインが離れていくときには相場がトレンド方向に進んでいることを示しています。2つのラインが近づくとだんだんと相場の勢いが低下し、ついにはクロスして勢いが逆転します。

ヒストグラムがピークアウトすることで転換点が近づいたことが示唆され、明らかに反転した時点でMACDラインとシグナルラインがクロスします。

ヒストグラムのピークアウトの方が感度が高く、早めにエントリーできる条件になっているのです。

1分取引は感度とスピードが重要だからヒストグラムが有効

1分取引は感度とスピードが重要だからヒストグラムが有効

1分取引では速いスピードで相場が変化していくので感度が重要になります。

こんなオレ

早めに相場の転換を察知することで、転換点に遅れずにエントリーすることが可能です!

1時間足や1日足のチャートではもっとゆっくりとしたスピードで転換が起こります。そのため、ヒストグラムを使うと感度が高すぎてしまい、エントリーした時点ではまだ転換が起こらずに予想が外れてしまいがちです。

MACDラインとシグナルラインがクロスしたくらいのタイミングの方が確実性が高いので、ヒストグラムのピークアウトよりもクロスが着目されています。

ハイローオーストラリアでは1分取引のような短時間取引が可能です

ターボ取引をするときには感度とスピードを重視してテクニカル分析をするようにしましょう。

まとめ

MACDは初心者にもわかりやすいインジケーターですが、簡単なエントリー条件だけでも2つあるので使い方を迷ってしまいがちです。しかし、ハイローオーストラリアのビットコイン相場で1分取引をしてみた結果から活用方法がわかったのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアで人気の1分ターボ取引では感度とスピードが重要です。感度が高くて早めにエントリーできるヒストグラムのピークアウトが役に立つでしょう。

しかし、一般的にはMACDラインとシグナルラインのゴールデンクロス・デッドクロスが使われています。もっと長い時間足のチャートを分析するときにはヒストグラムのピークアウトでは感度が高すぎるからです。

こんなオレ

このような関係を理解していれば相場に合わせて適切な形でMACDを使えます。

個々で紹介したようにMACDだけでも62%を越えるような勝率を出せるので、ぜひハイローオーストラリアで活用して稼いでいきましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。