攻略

ハイローオーストラリア(Highlow.com)はイーサリアムの5分取引がベスト?RSIとMACDを使ってみよう!

イーサリアム仮想通貨(暗号資産)の中でも注目度が急騰してきたので、興味を持ち始めた人もいるのではないでしょうか。仮想通貨=ビットコインという方程式が成り立たなくなり、イーサリアムが成長して凌駕するのではないかという見解も生まれてきています。

アクティブアドレス数でビットコインをイーサリアムが超えた!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の攻略はいかに?ビットコインが仮想通貨市場では中心でしたが、イーサリアムの台頭によってアクティブアドレス数では順位が入れ替わる事態が起こっています。以前にも増してハイローオーストラリアで仮想通貨バイナリーをする魅力がより大きい状況になっています。ターボ取引でビットコインとイーサリアムの両方を攻略していくのは初心者におすすめです。...

ハイローオーストラリア(Highlow.com)でもイーサリアムが注目されているのを受けて、ターボ取引に対応するようになりました。しかし、仮想通貨バイナリーで勝てるのか、ビットコインではなくてイーサリアムを選んで良いのかと不安になる人も多いでしょう。

ハイローオーストラリアでイーサリアムのターボ取引を攻略できるかを検証してみました。

ターボ取引でも安全性が高い5分取引をした場合の結果を5分足チャートから分析した結果を紹介します

以下の5分取引のノウハウ記事ではRSIとMACDを使うのが必須と紹介しました。イーサリアムの5分取引でも本当に使えるのかどうかをぜひこの記事を通して見てみて下さい。

5分取引はコレが必須!ハイローオーストラリア(Highlow.com)で相性の良い取引方法とは?5分取引はハイローオーストラリアのターボ取引の中でも最も時間が長く、どのような相場でも取引をしやすい取引方法です。トレード戦略を立てやすく、安定した勝率を維持できるようになれることから初級者や中級者だけでなく上級者も活用しています。相場の状況に合わせてスプレッド取引も取り入れていきましょう。...

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

5分取引ではRSIとMACDを活用しよう

5分取引ではRSIとMACDを活用しよう

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションではRSIやMACDを使ってテクニカル分析をするのが人気です

RSIもMACDも初心者にとってわかりやすいインジケーターで、世界的に用いられていることから信頼性も高いことが注目されている理由でしょう。

ハイローオーストラリアのターボ取引では30秒から取引ができますが、あまりにも短い取引時間ではテクニカル分析をしてもダマシに遭うリスクが高いのが問題になります。

こんなオレ

プロ級になれば完璧な分析をして対応できるかもしれませんが、初心者にはあまり積極的にはおすすめできません。

5分取引は手軽でテクニカル分析も効果を発揮しやすいことからおすすめです。RSIとMACDを活用する戦略は、多くの投資家が売買をしている相場で予測が当たりやすい特徴があります。
イーサリアムは投資家からの注目度が急騰しているので、RSIとMACDで攻略するのが効果的だと考えられるでしょう。

RSIとMACDによる戦略はシンプルに要約すると以下のようになります。

1.レンジ相場が続くならRSIで判断

  70%以上になったらロー
  30%以下になったらハイ

2.レンジ相場からトレンド相場が発生するならMACDで判断

  ゴールデンクロスならハイ
  デッドクロスならロー

ただ、ハイローオーストラリアでこの通りに取引をしても勝てない場合があります。あくまで基本的な考え方を紹介しただけで、細かい説明をしていなかったからです。

相場によって臨機応変に対応しなければならない部分もありますが、ここではシンプルな取引手法でイーサリアムの5分取引を攻略できるかどうかを検証してみます

ビットコインが動いたタイミングでのイーサリアムの相場

どの時期のイーサリアムの相場を選ぶかによって手法の有効性には違いがあります。仮想通貨は激動期を迎えていて、ビットコインが急落を起こしました。その後、TwitterやAmazonなどの影響を受けて2021年7月下旬に大きな動きが起こっています。

Twitterのビットコイン導入意向発表!ハイローオーストラリア(Highlow.com)で取引すべき?Twitterの動向を見てビットコイン取引によって稼いでいきたいならハイローオーストラリアを選んでおくのが賢明な判断でしょう。Twitterの情報を手に入れつつ、テクニカル分析をして取引を進めていけば安定して利益を生み続けることが可能です。...
Amazonが仮想通貨を導入!?ハイローオーストラリア(Highlow.com)の仮想通貨バイナリーの魅力は上昇するのかハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーは自由度が高いので大きな魅力があります。今後はAmazonで仮想通貨決済ができるようになるでしょう。すると大勢のユーザーが仮想通貨を保有するので、法定通貨に近い相場の動きをするようになります。...

ビットコインが急騰した7月26日を起点として3日間の5分足チャートを見てみると以下のようになっています。

こんなオレ

ビットコインと同様に仮想通貨への期待が高まって価格が上がった後、再び下がってからは漸増する状況が続いていたことがわかるでしょう。

ビットコインが急騰した7月26日を起点として3日間の5分足チャート
ビットコインが急騰した7月26日を起点として3日間の5分足チャート

全体像を見ると上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場という流れになっていることがわかります。しかし、ターボ取引をするときにはこのチャートの個々のローソク足ごとにハイかローかを選ばなければなりません。

以下のように1日単位に拡大してチャートを見てみるとわかりやすくなりますが、細かく価格が上下動しています。

一日単位に拡大したチャート
一日単位に拡大したチャート

このような複雑なイーサリアムの値動きを本当にRSIとMACDで予測できるのでしょうか。

チャートを見てみるとRSIが70%以上あるいは30%以下になったチャンスが何度もあったことがわかります。

その結果がどうなったのかを詳しく見てみましょう。

RSIでイーサリアムの5分取引

イーサリアムの5分足チャートからRSIで取引判断をしていたら勝てていたのかを見てみましょう。

レンジ相場でのRSIの検証

RSIはレンジ相場での予測に強いので、はっきりとしたレンジ相場に入っていた28日の様子をまずは見てみます。

28日の最初の6時間を見ると一度だけRSIが70%を超えていました

28日の最初の6時間を見ると一度だけRSIが70%を超えていました。この次足は陰線になっているので、定石に従ってローで取引していたら攻略できていたことがわかります。

次の6時間を見てみると30%を下回るタイミングが出てきました

次の6時間を見てみると30%を下回るタイミングが出てきました。この次足は陽線なので、ハイで取引したら勝てていたとわかります

さらに、その5時間近く後に70%を超えていますが、この次足は陽線になっています。このタイミングではその次足が陰線なので、タイミングが少しずれてしまったのです

このようなずれが生じるときには大抵、RSIが70%超えた後に、さらにRSIが大きくなります。そして、ピークに達した次足で陰線が出現するのが通例です。

ただ、ピークに達したのは後になってからわかることで、その次足で取引はできません。

こんなオレ

あくまで結果論ですが、チャートの一般的な傾向として知っておきましょう!

さらに次の6時間

さらに次の6時間を見てみると、30%を下回った後は陽線、70%を上回った後は陰線、そしてもう一度出てきた30%以下のチャンスも次足は陽線でした。

最後の6時間

最後の6時間を見てみると一度だけRSIが30%を下回りました。この後も陽線になったので見事にハイの取引が当たったことがわかるでしょう。

つまり、28日はRSIを使っただけで7戦6勝ということになります

勝率が85.7%という高さで、1万円ずつ取引していたらペイアウト率が1.85倍ということを考慮すると4.1万円の利益でした。

緩いトレンド相場でのRSIの検証

前の日に戻ってみると27日は緩い上昇トレンドがあった相場だとわかります。

レンジ相場と見分けがつきづらいですが、この日でもRSIは有効だったのでしょうか。

順を追ってRSIの有効性を見ていきましょう。

最初の6時間にはRSIが30%~70%の間に入ってしまっていてチャンスが無し

最初の6時間にはRSIが30%~70%の間に入ってしまっていてチャンスがありませんでした。

こんなオレ

RSIは買いか売りのどちらかがかなり多くならないと30%以下、70%以上にならないのでこのような相場もあり得ます。

次の6時間を見ると緩やかな上昇トレンドがある

次の6時間を見ると緩やかな上昇トレンドがあることが見て取れます。この途中で一度RSIが70%以上になりました。次足では反発を受けて陰線になっているので、ローで取引をしたら勝っていたとわかります。

しかし、次にRSIが70%以上になったときには次足は陽線でした。さらに次足もRSIは70%以上を維持し、陽線が続いています

結局、陰線が出てきたのはRSIがピークを示した直後でした。その次のケースでも同様で、RSIがピークになるまでほとんどが陽線になっています。

こんなオレ

このようなダマシが起こるのでRSIはリスクがあると言われているのです。

MACDを併用

MACDを併用

ここでMACDを使うとどうなっていたのでしょうか。RSIが70%を超えた1回目は2つ前のローソク足でゴールデンクロスになっています。トレンドが発生することが示唆されていたのでMACDに従ってハイで取引をすれば勝っていました。

2回目の場合にも前足でゴールデンクロスがあって陽線になっています。3回目ではクロスが起こっていませんでしたが、MACDラインとシグナルラインが極めて近接していました

全体を見てみるとゴールデンクロスとデッドクロスが繰り返していて、小さいトレンドが繰り返し発生しながら全体として緩やかな上昇トレンドがある相場になっていたとわかります。

MACDがクロスしているのを見てトレンド相場だと判断していたら1回目は見逃してしまいましたが、2回目と3回目は取引を回避できたでしょう。

こんなオレ

RSIで判断したら1勝2敗だったのが、MACDを使うことで不戦敗にできたことになります!

RSIが30%以下になっていたケースでは全て次が陽線

次の6時間を見てみるとレンジ相場に入った様子があります。RSIが30%以下になっていたケースでは全て次が陽線です。

やはりレンジ相場ならRSIは強いとわかります。

最後の6時間を見てみると再び緩い上昇トレンドが出てきている

最後の6時間を見てみると再び緩い上昇トレンドが出てきていることがわかります。最初にRSIが30%以下になったときには次足が陽線でハイの取引が当たりました。

しかし、その次にRSIが70%を超えたときには陽線が続き、RSIがピークに到達した後に陰線になっていることがわかります。

RSIが70%に到達する前の足でMACDはゴールデンクロスを起こしている

この際にもMACDを使っていたらどうなったのかを見てみましょう。RSIが70%に到達する前の足でMACDはゴールデンクロスを起こしています。そして、陽線が続いているので取引に成功できたことがわかるでしょう。

トレンドがあると考えられるときにはMACDを重視し、レンジ相場のときにはRSIを使う方法はイーサリアムの5分取引に使えるのです。

RSIで予想が当たったときのMACDの挙動

ここまでRSIでの分析を前提にして、予想が外れたときにMACDだったらどうだったのかを見てきました。ただ、RSIだけで勝てていたタイミングでMACDも見ていたらどうなったのかが気になった人もいるのではないでしょうか。

RSIだけで勝てていたタイミングでMACDも見ていたら

例えば、7月28日に戻ってRSIのみで予想が当たっていた部分を見てみましょう。

最初にRSIが70%を超えたときよりもだいぶ前にゴールデンクロスが起こっていることがわかります。RSIが30%を下回ったときについても、デッドクロスが起こったのはかなり前です。

 MACDのクロスとRSIが70%以上または30%以下になるタイミングが離れているときにはレンジ相場でRSIが信用できるとわかります。

 MACDのクロスの直後にRSIが70%以上や30%以下になったときにはダマシになりやすいと言えます。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

MACDを補助にしてRSIで5分取引をする際の注意点

MACDを補助にしてRSIで5分取引をする際の注意点

イーサリアムの相場ではMACDを補助的に活用してRSIで5分取引をすると高い勝率になることが示されました。RSIはレンジ相場に強いので、相場の状況によっては予想が当たりにくいかもしれません。

しかし、MACDを使うことでリスク回避ができ、失敗するシーンがかなり少なくなることがわかりました。ただ、この戦略には欠点が二つあるので注意しましょう。

取引のチャンスが少ない

取引のチャンスが少ない

実はこの手法は取引のチャンスが少ないのが欠点です。28日のレンジ相場のときを例にしても7回しかチャンスがありませんでした。

こんなオレ

24時間、ずっとチャートに張り付いて分析をしても7回しか取引ができなかったことになります...

実際には1日に1時間や2時間しか取引ができない人もいるでしょう。確率的に考えても4時間しか取引に費やせなかったら1回か2回しかチャンスがなかったことになります。

より切実なのはトレンド相場では取引できないことが多いことです。緩いトレンド相場があった27日ですらチャンスがほとんどありませんでした。たまたま短期的にレンジ相場になっていたタイミングで取引できれば1回か2回はチャンスがあるかもしれません。しかし、全くチャンスをつかめないこともあるのが実情です。

勝率が高いチャンスはあまり頻度が高くないのが一般的です。

RSIとMACDを使う方法は勝率重視でチャンスが巡ってきたら儲けものと考えた方が良い手法と言えます。

ターボ取引はタイミングが重要

ターボ取引はタイミングが重要

ハイローオーストラリアの5分取引はターボ取引です。15分取引や1時間取引と違って判定時刻がスケジュールされているわけではなく、取引を開始した瞬間から5分後が判定時刻になります。

ここでRSIとMACDの有効性を検証したのは5分足チャートでの終値です。5分0秒、10分0秒といったタイミングで取引を開始しなければこの通りの結果にはなりません。

タイミングが重要だということは念頭に置いて取引をしましょう。

特に0秒のタイミングは注文が殺到して約定拒否が起こりやすいのが問題点です。分析をしてチャンスが見つかったとしても、注文が約定されずにチャンスを逃す可能性があります。数秒ずれたために結果が変わることはあり得ます

こんなオレ

約定拒否が起こっても冷静さを保ち、次のチャンスをじっと待つようにしましょう!

まとめ

イーサリアムの5分取引ではRSIによる分析を基本として、MACDでリスク回避をすると効率的に勝てることがわかりました。あくまで2日分の検証による結果ですが、レンジ相場では勝ちやすく、トレンド相場では緩いトレンドでもチャンスが少ないことが理解できたでしょう。

相場に応じて適切な戦略を立てるのはハイローオーストラリアで安定して稼ぐために重要な点です。

こんなオレ

少なくともイーサリアムがレンジ相場になっているときなら、5分取引でRSIとMACDを使うのが良さそうだと言えます。

ただ、相場の様子はだんだんと変わっていくので気をつけましょう。これからイーサリアムがさらに注目されるようになると売買のあり方が変わる可能性があります。

今ならハイローオーストラリアのターボ取引で勝ちやすいので、RSIとMACDを駆使して取引をしていきましょう

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。