攻略

レンジ相場の周期性とは?ハイローオーストラリア(Highlow.com)で勝率アップにつながるの?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で稼ごうとチャートを見ているときに、レンジ相場だとわかるとチャンスだと思う人も、トレードしにくいなと感じる人もいるでしょう。ハイローオーストラリアではレンジ相場の攻略ができるかどうかで、トレーダーとしてのスキルの高さが評価されることがよくあります。

チャートを見てみるとトレンド相場よりもレンジ相場が目立つのが一般的です。

こんなオレ

レンジ相場を攻略できると稼げるタイミングが多くなるので、トレーダーとして成功しやすいでしょう。

レンジ相場の攻略にはテクニカル分析が有用とよく言われています。だからこそハイローオーストラリアの中上級者クラスになってからレンジ相場を狙ってトレードをする傾向が強まり、その攻略ができるとスキルが高いと評価されるのです。

レンジ相場の攻略では勝率にこだわるのが重要になります。ここでは周期性に着目したレンジ相場の分析手法を解説するので、ハイローオーストラリアの勝率アップにつながる考え方なのかどうかを詳しく見てみて下さい。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

相場には周期性がある!?

相場には周期性がある

ハイローオーストラリアで取引をしようとチャートを見ているときに周期的な値動きをしているのではないかと思った人もいるのではないでしょうか。実は為替市場や株式市場などの市場相場には周期があるという考え方があります。

周期とは

一定の期間で繰り返す事象があるときに、同じ現象が繰り返される時間間隔を指します。

数学ではsin関数やcos関数が高校でも登場しますが、一定の期間ごとに同じパターンが繰り返される周期運動の分析にこのような三角関数がよく用いられています。

こんなオレ

sin関数やcos関数の振動を見てみると、チャートの上で似たような姿を見たような記憶がないでしょうか?

レンジ相場の価格の推移も振動をしているのが特徴で、曲線の概形こそ異なるものの、三角関数のように周期性があるように見える場合もよくあるのです。

相場は関数によって規定されているわけではなく、市場取引によって動かされているため、関数で示したようにきっちりとした周期的な動きをするわけではありません。

しかし、市場で買い注文が殺到して価格が上がったら、利益確定のための売り注文が相次ぐので価格は下がるでしょう。そして、価格が低いならまた上がるはずだと考えた投資家が買いに動き、再び価格の上昇が起こります。

このような動きがある程度の周期性を持っていたとしても納得できるのではないでしょうか。

相場には一定ではないにしても周期性があることがよくあります。常に周期性があると考えて生み出された相場理論やテクニカル指標も存在しています。

こんなオレ

そうとは知らずに特に意識せずに使ってきた人もいかと思います!

特にレンジ相場ではトレンド相場と違って買い注文と売り注文のどちらかが優勢になっているわけではありません。様子見をしながら買い注文を出したり、売り注文を出したりしている投資家が一定数以上いる状況です。

取引が全体としては拮抗しているので、価格が大きくレンジから外れることがない相場になっています。

この際に取引に参加している投資家層にあまり違いがなかったとしたら、売買をするタイミングにはあまり変化が起こらないでしょう。すると相場の動きに周期性が見られる可能性が高くなります。

そのため、周期性に着目したトレードも実は可能なのです。

周期性に着目する相場理論とテクニカル指標

周期性を活用してハイローオーストラリア攻略をするための前提知識として、周期性に着目している理論や指標について確認しておきましょう。

代表例として知られているのが相場理論のエリオット波動理論とテクニカル指標のCCIです。

エリオット波動理論

エリオット波動理論

エリオット波動理論はダウ理論を具体化した一例としても知られている相場理論です。

ダウ理論はハイローオーストラリア(Highlow.com)攻略に使えるって本当?ハイローオーストラリア(Highlow.com)で勝率を上げるには、相場をいかに正確に予想できるかが極めて重要になってきます。様々な要因で動く相場を完璧に読むことは不可能ですが、相場理論を理解すれば予想を高めることは可能です。相場理論の1つとして有名なものにダウ理論があります。ダウ理論でハイローオーストラリアを攻略できるか解説します。...

価格の上下動の仕方にはパターンがあって、5つの推進波と3つの修正波によって組み合わされていると考えています。

平たく言えば、価格が上がる現象が合間に下落期間を挟んで3回起こった後、間に上昇期間を挟んで2回に分けて下降方向に向かっていくというのがエリオット波動理論です。この繰り返しによって相場が動いていると捉えると、多くの相場の動きを説明できると言われています。

エリオット波動はどのような時間足のチャートでも見出せますが、一般的には日足以上ではっきりと見て取れるようになるパターンです。エリオット波動理論はトレンド相場で有効とよく考えられていますが、レンジ相場の値動きにも適用できます。

レンジ相場で価格が上がる局面は上昇トレンド、下がる局面は下降トレンドと捉えられるからです。エリオット波動理論は波形のパターンに関する周期性を見ているのが特徴で、値動きの予測に有効活用できます。

エリオット波動はハイローオーストラリア(Highlow.com)でも使える考え方なの?ハイローオーストラリアではエリオット波動理論を理解していると攻略に役立ちます。ハイローオーストラリアでの直接的な使い方をここで解説するので、自分のトレードスタイルに合わせて活用していきましょう。実はフラクタルの考え方も通用します。...

CCI

CCI

CCIは商品チャネル指数と呼ばれるオシレーター系のテクニカル指標です。

CCIは商品取引市場の分析を通して見出された相場の周期性に基づいているのが特徴で、季節変動などの影響も加味した自然な市場相場の動きを捉えられることが知られています。

為替相場には季節性はないのではないかと思うかもしれませんが、シーズンによって売買の考え方にも違いは生じます。

機関投資家は商品取引も行っていることが多く、夏にリスクがある資産を通貨に換えておき、冬になったら商品に戻すといった取引も行うからです。

企業では決算の際などに必要な通貨の調達を行います。そのため、為替市場にも商品と同じように季節性すらあるのです。

そう考えるとCCIが商品取引市場で見出されたテクニカル指標であっても、為替市場で通用することは容易に想像できるでしょう。

CCIはオシレーター系なので値動きが上昇から下降、下降から上昇に切り替わるポイントを見極めるのに向いています。

標準値と呼ばれる高値と安値と終値の平均値を用いているのがCCIの特徴です。単純移動平均を使う複雑な計算式になっていますが、基本的には標準値による分析をするための指標に仕上げられています。

CCIはハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率向上につながる指標バイナリーオプションでは勝率を上げる戦略を考えるのが重要なポイントですが、CCIは総合的に見ると優秀な指標として勝率アップに活用できます。また、初心者からプロまで幅広く簡単に使える重要なインジケーターです。エントリー判断をCCIだけで行うのはリスクが高いので、他のインジケーターと組み合わせて勝ちパターン作りましょう。ほとんどのインジケーターと相性が良いので、補助的に利用すると確度の高いエントリーができます。...

端的に言えば、CCIは終値よりも標準値に周期性があると考えて作られたテクニカル指標です。標準値の周期性がはっきりとしている相場ほど予測が当たりやすくなると言えます。

こんなオレ

これ以外にも周期性に着目している理論や指標、あるいはトレード手法は多数存在します!

独自のハイローオーストラリア攻略法を作り出したいときにも周期性を考慮してみるとより良いものを生み出せる可能性があります。

レンジ相場の周期性の見方

レンジ相場の周期性の見方

レンジ相場の周期性を使ってハイローオーストラリアでトレードをするには周期を見抜くことが必要になります。ここでレンジ相場の周期性をどのようにして見つけ出したら良いかを理解し、トレードに生かせるようになりましょう。

レンジ相場では周期性の見出し方にも色々な視点があります。エリオット波動のようにパターンの周期性に着目する方法もありますが、CCIのように標準値の全体的な周期性を見出す方法も選ぶことが可能です。

ただ、バイナリーオプションでは価格そのものが重要で、判定時刻になったときにどの程度の数値になるかを知りたいでしょう。そのためには価格の周期性を直接見るのが肝心です。

相場価格の上下動を見たときに一定の時間間隔で極大値、極小値を取っているときがあります。このような相場は周期性が高く、次の転換点がいつ到来するかを概ね予測できます。

こんなオレ

これが最も単純な周期性の見つけ方です!

極大値、極小値を通る時間軸に垂直なラインを引いてみると間隔を見やすいでしょう。極大値を通るラインと極小値を通るラインを色分けするとさらに周期性を見出しやすくなります。

極大値、極小値を通る時間軸に垂直なライン

この分析の際に重要なのが周期はかなり複雑になることが多い点です。ローソク足の本数で時間間隔を考えたときに、極小値から極大値の間が6本、極大値から極小値までは5本といった形で完全に一定間隔のこともないわけではありません。

しかし、実際には極小値からスタートして極値まで到達するローソク足の本数が、6本、5本、10本、8本、4本、5本というパターンになっていることもあります。このくらい長い期間を考慮することでレンジ相場の周期性を見出せる可能性が高まります。

また、時間足の選び方によって周期性を見出せたり、見出せなかったりすることもあります。

1分足では周期性があるけれど5分足では周期性がない、1時間足には周期性がないけれど1日足なら周期性があるということも珍しくありません。周期性を探すときには異なる時間足のチャートも分析するようにしましょう。

時間足の選び方は?ハイローオーストラリア(Highlow.com)での定石と変法ハイローオーストラリアでチャートを分析するときには設定した時間足によって見えているものが違うことを意識しましょう。時間足の違うチャートを読みこなせるようになると定石に従わないエントリーの仕方もできるようになります。...

ハイローオーストラリアで周期性を活用するメリット

ハイローオーストラリアで周期性を活用するメリット

レンジ相場で周期性を活用するのにはハイローオーストラリアでの取引にどのようなメリットがあるのでしょうか。

周期性がわかるとエントリーの方針を決めやすくなります。転換点がいつ到来するかが予測できるので、周期性に基づいて転換が起こりやすいタイミングを狙った逆張りエントリーをすることが可能です。

また、周期性から考えるとしばらくは上昇または下降が続くと考えられる局面もあります。この際には順張りエントリーをしやすく、十分に長い周期になっているときには複数回のエントリーができるでしょう。

逆に値動きの転換のタイミングを予測できると捉えると、リスクが高いときにエントリーせずに止まることができます。まだ順張りが可能だと思って強気のエントリーをして失敗するケースは一つの局面で複数回エントリーするときにはよくあります。

その際の勝率を向上させるのにつながる判断根拠を手に入れられるのが周期性に着目するメリットです。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

ハイローオーストラリアで周期性に着目する際の注意点

注意点

ハイローオーストラリアで周期性に着目してレンジ相場の取引をする際にはメリットばかりあるわけではないので注意しましょう。

周期性には必ず誤差があるので、この瞬間に値動きが変わると確実に予測できるわけではありません。

今までの周期を見てみるとどのくらいの誤差があり得るかを推算できるので、誤差範囲が狭い局面を狙ってエントリーするのが安全策です。それでも市場の動向が大きく変化する場合もあり、突然周期性がなくなることもあります。

大きな市場がオープンしたり、クローズが近づいたりするとこのような変化がよく起こります。

政治や経済などの動向による影響も受けるので、周期性に着目しているときには時刻やニュース情報を常に気にかけるのが大切です。

周期性を生かすおすすめのレンジ相場攻略法

周期性を生かすおすすめのレンジ相場攻略法

最後に周期性を生かしてハイローオーストラリア攻略をするための手法を紹介します。おすすめのレンジ相場攻略法なので、自分なりに取り入れて活用してみて下さい。

ハイローオーストラリアではレンジ相場に逆張りをするのが常套手段です。ここでは逆張りの勝率アップにつながる手法を解説します。

まずはレンジ相場の極大値と極小値の間隔を見てレンジ相場に周期性があることを見出します。そして、周期がどのくらいかもわかったら次の転換が起こり得る時刻の範囲を定めましょう。

さらにその次の転換が起こると予想される範囲も見積もります。

次の転換が起こり得る最終時刻とその次の転換が起こり得る開始時刻の間に判定時刻になるようにエントリーするのが、レンジ相場を周期性で攻略するための基本です。

もし現状として価格が上昇しているなら、この領域に入ったときには価格が下降しているでしょう。この間に判定時刻になるようにエントリーできれば逆張りが成功しやすいのです。

エントリーの具体的なタイミングはベストを選ぶのが大切です。周期性だけに頼らずに、周期のある相場に強いCCIを活用しましょう。

CCIは正の方向に大きくなるほど上昇から下降への転換が起こりやすく、負の方向に大きくなるほど下降から上昇への転換をしやすいと予測できるのが特徴です。

周期性に基づいて同じ曲面でどのくらいのCCIの値になっているかを見てみましょう。その平均的な水準を超えたときがエントリーのタイミングです。

一般的には100%以上で価格の下降を見込み、100%以下で価格の上昇を予測できます。

CCI

これを目安にしてその局面で最も確からしい数値を探し、その数値を超えた時点でエントリーすると逆張りの勝率が高まるでしょう。

まとめ

レンジ相場を攻略するのはハイローオーストラリアで稼げるようになるために欠かせないポイントです。

トレンド相場のように明確な価格の動き方をしていないので不安になってエントリーできない人も多いのは確かですが、苦手意識を持ったままではハイローオーストラリアで稼げるトレーダーにはなれないでしょう。

全てのレンジ相場を攻略することは難しくても、ここで紹介したような周期性があるレンジ相場を生かすだけでも稼げる可能性は飛躍的に上がります。

トレンド相場でしか自信を持てないと思っていた人も、周期性を探してエントリーする習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

レンジ相場はほとんどの時間帯で見つけられる相場なので、どんなトレードスタイルの人でも攻略を目指す価値があります。周期性を見てトレードできる相場を広げ、ハイローオーストラリアでもっと稼げるようになりましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。