攻略

時間足の選び方は?ハイローオーストラリア(Highlow.com)での定石と変法

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で理論的に正しいはずだと考えて取引をしていくためにはチャートの分析が必要になります。

ただ、チャートの分析をしようと思ったときに、どの時間足で表示したら良いかで悩んだことはないでしょうか。

ハイローオーストラリアでは1時間取引ができます。
これから1時間後が判定時刻だったとして、エントリーチャンスかどうかを見極めるには15分足か、1時間足かと迷うのはもっともなことでしょう。

こんなオレ

チャートの時間足の選び方は成功の可否を分ける重要なポイントです!

テクニックとも言えるものなので、この記事では時間足の考え方から応用的な方法まで紹介します。

定石から変法まで覚えて、適切な時間足で分析できるようになりましょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

チャート分析での時間足の意味

まずはチャート分析の時間足がどのような意味を持っているかを詳しく考察しておきましょう。

「足」という単位

為替レートに限らず、経済関連の指標のチャートを表示するときには横軸が時間軸になります。その時間軸のスケールの取り方として用いられているのが「足」という単位です。

ローソク足チャートを表示すると時間足の意味がわかりやすいでしょう。
一つのローソク足の示している時間が1分なら1分足、15分なら15分足、1時間なら1時間足、1日なら1日足と呼びます。

時間足

ローソク足はその期間の始値、終値、高値、低値を組み合わせて示しています。ラインチャートの場合には終値だけが表示されているので、その一つ一つの点の時間間隔が「足」によって決まっています。

時間足

横軸のスケールがどのくらいになっているかを示しているのが時間足です。

チャート分析では一定時間が経過すると次のローソク足や点が表示されます。時間足によって周期が異なり、また、時間足が違うと始値や終値などが集計される期間が異なります。

時間足を変更すると相場の様子の見え方も変化するため、相場を読み解くときには時間足を意識したチャート分析が重要です。

時間足の定石

ハイローオーストラリアではチャート分析をするときに時間足の選び方の定石があります。

結論から言えば、取引時間と時間足を一致させるように選ぶのが常套手段です。1時間取引をしているなら1時間足、15分取引をしているなら15分足のチャートを分析します。

この理由をバイナリーオプションのルールからよく考えてみましょう。

ハイローオーストラリアではエントリーするときにハイかローの条件を選び、判定時刻になった時点で条件を満たしていると勝ち、満たしていないと負けというルールです。

HIGHかLOW

エントリーしてから判定時刻になるまでにどのような形で価格が動いていたとしても関係なく、判定時刻の一点で勝敗が決まります。

ハイローオーストラリアの通常の取引では取引スケジュールが決まっています。

この回号でエントリーすると判定時刻は何時何分何秒という風に判定時刻が定められているので、その瞬間の価格がいくらになるかが重要です。

1時間足のチャートを見ると、あるローソク足が示しているのはその1時間における始値、終値、高値、安値です。
ラインチャートならその1時間の終値になります。

仮に10時~11時の足を見ていたとしたら、10時00分00秒の価格が始値、10時59分59秒の価格が終値です。
つまり、一つの点やローソク足がバイナリーオプションの1時間取引の結果に直結します。

10時から11時の間にチャートを分析し、11時から12時の回号でエントリーすると考えると、次の点やローソク足がどうなるかを見極めれば良いというシンプルな形になるのです。

一般的にはこのようなチャート分析の仕方をすると、始値がその回号の取引開始時刻における価格、終値が判定時刻における価格になります。

ただ、厳密に言えばバイナリーオプション業者がどの会社が発表しているレートを使用しているか、終値を採用するかどうかといった点で違いがあります。

ハイローオーストラリアではFXCM社、LMAX社、BitMEX社のレートを使用していて、各時刻の判定レートも過去に遡って公開しています。

FXCM社、LMAX社、BitMEX社

このような形で使用しているレートと過去の判定レートが公開されている業者なら、取引する銘柄ごとにどのような形で判定時刻が決まっているかを詳細に解析することが可能です。

チャート分析の実用上は時間足と取引時間を一致させれば十分でしょう。

時間足選びの定石の罠

ハイローオーストラリアでは取引時間に合わせて時間足を選べば良いと安直に考えると罠にはまることもあります。

確かにシンプルでわかりやすい分析の仕方ですが、何が問題になることがあるのでしょうか。

チャート分析では
「木を見て森を見ず」「森を見て木を見ず」によって失敗するリスクがあります。

この意味について詳しく理解し、何が起こり得るのかを知っておきましょう。

チャート分析の「木を見て森を見ず」

木

「木を見て森を見ず」は目の前のことにとらわれてしまって全体像が見えなくなっている状況を指します。

定石に従ったチャート分析では取引時間をこれにしようと決めて、それに合わせて一つの時間足のチャートばかり見る状態になりがちです。

1時間足ならそのチャートだけを見て分析を行い、これからどのようにして価格が変化するのかを見抜こうとします。ただ、これから上昇トレンドが発生しそうだと考えたときにどのくらいその考えを信用できるでしょうか。

こんなオレ

このトレンドはそろそろ終わってレンジ相場に入りそうだと思ったときに、そろそろというのはいつだと考えるでしょうか?

実戦ではこのようなタイミングで小さな不安が生じ、実は予想が外れるかもしれないと思ってエントリーを控えることもあるでしょう。
それが功を奏することもあれば、絶好の機会を逃すことにつながるケースもあります。

木も見て森も見よう

重要な対策となるのが「木も見て森も見る」ことです。

市場における売買の一部分だけでなく全体像も見ることによって、どのような価格の動き方が起こりやすいのかを把握すると、自分の立てた予測の信用度を評価できます。

例えば、
1時間足でチャート分析をしていて上昇トレンドが発生しそうなサインが分析結果から得られたとしましょう。

この際に1日足のチャートを見たときに、全体として大きな上昇トレンドが起こっていたとします。すると1時間足で見えている上昇トレンドの発生は、大きな相場の上昇の流れの一部だと考えられるでしょう。

するとこの予測は信用できると考え、自信を持ってエントリーできます。

しかし、1日足のチャートを見たら全体としては下降トレンドだったとします。すると1時間足で見た価格の上昇サインは一時的な反発によるものだと考えられます。

1時間足1日足

確かなサインがあるなら次足は上がるかもしれないけれど、あまり上昇が長続きしないかもしれないからエントリーを控えておこうと考えられるかもしれません。

このような形で大局を把握していると、リスクの高いエントリーを避けることにもつながります。

定石に従って時間足を選んだときにも、もっと長い時間足のチャートも見るのが肝心なのです。

チャート分析の「森を見て木を見ず」

森

「森を見て木を見ず」は「木を見て森を見ず」から生まれた言葉で、全体を俯瞰することができていても細部までは見えていない状況を指します。

定石に従うチャート分析ではエントリーしたいと考えている時間足よりも短い時間足でチャートを見ることはないでしょう。

1時間足なら1時間が終わった時点での価格が重要なので、その間はあまり気にしないというのが普通の考え方です。しかし、判定時刻の少し前までは予測通りに価格が動いたのに、ギリギリになって急激に逆向きの値動きを起こしてしまうケースが怖くないでしょうか。

最後の急変で負けるケースはバイナリーオプションでは少なくありません。
場合によっては判定時刻を過ぎて間もなくもとの価格に戻っていて、数分や数秒の違いで負けることすらあります。

森も見て木も見よう

このリスクを評価するのに重要なのが「森を見て木も見る」ことです。

より短い時間にどのような価格の変化が起きているかを見てみると、突然大きな値動きが起こる可能性が高いかどうかがわかります。

例えば、1時間足ではレンジ相場の転換点がきたサインがはっきりと出ていたとしましょう。
その際に5分足を見てみると上昇トレンドが続いていて陽線がたくさん並んでいる状況で、そろそろ天井を打ってしまいそうな様子が見て取れたとします。

陽線たくさんそろそろ天井

この場合には特に問題なく転換点がやってくると考えられるでしょう。

しかし、5分足で見てみると陽線も陰線も林立していて全体としては価格が上がっているという場合もあります。売買のどちらも均等に活発になっている状況で、短い時間に大きな変化が起こりやすい不安定な相場だとわかります。

陽線も陰線も林立

このような際には判定時刻の直前に急変を起こすリスクが高いのでエントリーをやめておくという判断ができます。

全体を見るだけでなく、その中の一部分の値動きを把握するとリスクマネジメントができます。

安易に定石に従わずに短い時間足のチャートも見るのがハイローオーストラリアで取引する上では重要なのです。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

エントリーする取引時間選びの変法

ある時間足でチャートを分析してエントリーできそうだと思ったら、その時間足に取引時間を一致させてエントリーするのが実用的には便利です。

こんなオレ

分析のスピードが速くなってくると、短い時間で異なる時間足のチャートを分析していけるようになり、エントリーのチャンスを広げられます!

取引時間を固定して時間足も一つに絞り込み、エントリーできない場合には他の通貨ペアを探して銘柄を変えて分析することも可能です。

ただ、先述のように罠にはまるリスクを減らすには、同じ銘柄を異なる時間足で分析する習慣を作った方が正確性の高い分析ができるでしょう。

【攻略】マルチタイムフレーム分析(MTF分析)はハイローオーストラリアの攻略に有効!ハイローオーストラリアをテクニカル分析によって攻略するにはマルチタイムフレーム分析が効果的です。ハイローオーストラリアが提供している複数の取引時間を有効活用することにも直結するので、積極的にMTF分析を取り入れるのがおすすめです。...

この視点でチャート分析をする際には、エントリーする取引時間の変法も知っておくと便利です。

定石に従うと15分足のチャートで分析をしていたときには15分の取引にエントリーします。
変法では15分足のチャートで分析した結果に基づいて、5分や1時間の取引にエントリーします。

どのようなケースで取引時間を変えてエントリーを判断できるのでしょうか。

こんなオレ

最も典型的なのは木を見て森も見たとき、あるいは森を見て木も見た結果として取引時間を長く、あるいは短くした方が良いと考えられたケースです!

上昇トレンドでの順張りエントリーをしようとしたときに、長い時間足のチャートを見たら下降トレンドだったというケースがあります。

この際には価格の上昇が長く続かないリスクが高いことを考えて、短い時間足でエントリーするのが効果的な選択肢です。

一方、インジケーターの性質によって取引時間を変える手法もあります。

ACオシレーターのように、価格の動く方向性に関するサインが出てから価格の動きに反映されるまでに時間がかかるケースが多いインジケーターもあります。

ACオシレーターで値動きの先を読むテクニカル分析に用いるインジゲーターは様々あります。その中で初心者向け情報を見るとほとんどがRSIや移動平均線だったりします。ここでは、ACオシレーターの基本情報や取引にどう活用できるかなど紹介します。ハイローオーストラリア(Highlo.com)でのバイナリーオプション取引での使い道も挙げてみるので参考にしてみてください。...

この際には15分足のチャートで見ていたときに1時間取引でエントリーすると想定された値動きを起こした時点で判定時刻を迎える可能性が高いと考えられます。

変法を使うときには時間的に余裕があるなら新たにエントリーを検討する時間足のチャートも分析し直すのが無難です。

トレンドの順張りをするケースでは、新たに表示したチャートでも順張りのサインがあるかどうかを見てからエントリーすれば確度が高まります。

こんなオレ

インジケーターの性質に基づいて取引時間を変える場合には、新しいチャートでは違うインジケーターを使うのが適切です!

過去に同じインジケーターでサインが出ていたかどうかを見ても今すぐにエントリーすべきかを判断できないことがよくあります。

それよりもエントリーのタイミングを見極めるのに適しているインジケーターを使用して、あらためてチャート分析をした方がスムーズにエントリーできます。

まとめ

ハイローオーストラリアでチャートを分析するときには設定した時間足によって見えているものが違うことを意識しましょう。

定石は「時間足は取引時間に一致するように選ぶこと」です。

ただ、木を見て森を見ず、森を見て木を見ずの状況になるとエントリーを決断できなかったり、リスクが高い状況でエントリーしてしまったりすることが多くなります。

メインにする時間足を決めて、それよりも長い時間足と短い時間足のチャートも分析する習慣を作るのが大切です。

時間足の違うチャートを読みこなせるようになると定石に従わないエントリーの仕方もできるようになります。

ここで挙げた変法は典型例なので、取引時間とチャートの時間足、使用するインジケーターの関係性を意識してハイローオーストラリアの攻略の仕方を考えていきましょう。

自分なりのノウハウを培うことで時間足の使い方をマスターすることがハイローオーストラリアで成功することにつながります。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。