ハイローオーストラリア

レンジオプションはハイローオーストラリア(Highlow.com)に実はある!他と違うのは何?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではハイロー取引ができることはよく知られていますが、レンジオプションもできると知っているでしょうか。

ハイローオーストラリアはハイロー取引専門で、他の種類のバイナリーオプションには対応していないとよく言われています。

世界的には最も人気があるハイロー取引に対応しているなら十分という考え方もありますが、取引に慣れてくるとだんだんと他の取引方法も試してみたいという気持ちに駆られることもあるでしょう。

レンジオプションはハイロー取引とは様相が違う取引方法なので興味を持っている人もいるはずです。ここではレンジオプションについて基本的なルールから解説します

ハイロー取引しかないと言われるハイローオーストラリアにも実はあると言える理由も説明するので、他の業者との違いも含めて知っておきましょう。

レンジオプションとは

まずはレンジオプションがどのようなルールのバイナリーオプションなのかを紹介します。

特徴に分けて全体像がわかりやすいようにまとめたので、順を追ってルールを詳しく理解していきましょう。

目標レンジ(ボックス)があるインアウト取引

国内業者が取り入れているレンジオプションは目標レンジを設定するインアウト取引です。

レートが今よりも高くなるか低くなるかを予想するのがハイロー取引なのに対して、インアウト取引はレンジに入るか入らないかを予想します

レンジとは

範囲のことで、目標レンジは2本の目標ラインによって構成されています。判定時刻の瞬間にレートが2本のラインに挟まれているボックス上の領域に入るならイン、入らないならアウトと予想するのが基本ルールです。

インアウト取引:基本ルール
インアウト取引:基本ルール

国内業者のルールではアウトと予想した場合には目標レンジよりも高いレートであっても、低いレートであっても取引成功になります。

目標レンジは選択型・可動型・固定型がある

目標レンジは選択型・可動型・固定型がある

レンジオプションの目標レンジはユーザーが選べる場合と、固定されていて選べない場合があります。国内業者のレンジオプションはユーザーが選べる仕組みになっていますが、レンジ選び方には選択型と可動型があります。

選択型の場合には目標レンジがいくつか提示されているので、その中から希望するレンジを選んでインかアウトかを予想する仕組みです。可動型の場合には2本の目標ラインをユーザーが自分で決められます。

目標レンジの種類

選択型…提示された目標レンジから選択する

可動型…ユーザーが2本の目標ラインを設定する

固定型…業者が目標レンジを提示する

このボックスの選び方や決め方によってペイアウト率が変わるルールになっているのが一般的です。

なお、海外業者の場合にはレンジオプションは固定型が主流になっています。固定型の場合には業者が目標レンジを定めて提示しているので、その条件でエントリーするかどうかを判断します。

レンジオプションがハイローオーストラリアにある

ハイローオーストラリアはハイロー取引専門のバイナリーオプション業者だと思われがちです。

しかし、レンジオプションもハイローオーストラリアにはあります。何がレンジオプションに相当するのでしょうか。

スプレッド取引は変則的なレンジオプション

スプレッド幅

ハイローオーストラリアのスプレッド取引は実はレンジオプションの一種です。国内業者のルールと比較すると変則的なレンジオプションと言えるでしょう。

スプレッド取引はスプレッド幅が定められているのが特徴で、現在のレートからスプレッド幅を足したラインと、スプレッド幅を引いたラインが表示されます。

このスプレッド幅を越えてハイになるかローになるかを予測するのがスプレッド取引です。もし判定レートが2本のラインの間に入ってしまったら、ハイとローのどちらを選んでいたとしても取引失敗です。

Highlow.comのスプレッド取引:変則的なレンジオプション
Highlow.comのスプレッド取引:変則的なレンジオプション

見方を変えると国内業者はインアウト取引なのに対して、スプレッド取引ではインが存在しません。そして、アウトの場合には目標レンジよりも高いか、低いかを区別してエントリーする必要があります。

このようなルールのレンジオプションはハイローオーストラリア限定というわけではありません。

こんなオレ

レンジオプション自体は海外業者が取り入れていることが時々あります。

トレード200ではRETURN200、ソニックオプションではレンジアウトという名前でスプレッド取引とほぼ同じルールのレンジオプションが提供されています。つまり、スプレッド取引のルールは海外ではレンジオプションの標準なのです。

トレード200ではRETURN200 ソニックオプションではレンジアウト
ハイローオーストラリア(Highlow.com)のスプレッド取引の攻略は稼ぐのに適している?ハイローオーストラリアでは通常のハイロー取引に加えて、スプレッド幅が設定されている高ペイアウト率の取引方法を選べます。ただ、高いペイアウト率にできるのは取引に成功できる確率が低くなっているからなので注意しなければならないでしょう。この記事ではスプレッド取引を使って稼ぐためのポイントを具体的に解説します。...

スプレッド取引の最大の魅力

スプレッド取引は国内業者のレンジオプションに比べて難易度が高そうだと感じた人も多いでしょう。スプレッド幅で定められたレンジが無条件で取引失敗の領域になるからです。

ただ、スプレッド取引は魅力があるので着目している人も多い取引方法です。

こんなオレ

ハイローオーストラリアのスプレッド取引の魅力は高いペイアウト率に他なりません!

ハイローオーストラリアのペイアウト率

通常取引なら2.00倍、ターボ取引なら最大2.30倍ものペイアウト率を誇っています。1回の取引で稼げる金額が大きく、基本的にハイロー取引とエントリーの判断の仕方も同じです。

そのため、レートが大きく動くと気を狙ってスプレッド取引をしているトレーダーも大勢います。ハイローオーストラリアで稼ぎを上げる重要な方法なので活用を検討してみましょう。

レンジオプションの人気がない理由

レンジオプションはハイロー取引に比べると人気がありません。ハイローオーストラリアでもスプレッド取引よりハイロー取引を選ぶトレーダーが多いですが、なぜ人気がないのでしょうか。

国内業者と海外業者で事情が少し異なるので個々に見てみましょう。

【国内】レンジの選択が難しい

【国内】レンジの選択が難しい

国内業者のレンジオプションの人気がないのはレンジの選択が難しいのが最も大きな理由です

どのレンジに入るかという視点で考えるか、どのレンジの外に出ているかという着眼点にするかの時点でかなり難しいのは想像できるでしょう。

こんなオレ

判定時刻にいくらくらいになるかを見積もることができないとレンジを選択するのは困難です!

天井なしに上がる、底なしに下がると予想される場合には比較的簡単ですが、少し上がるだろう、下がるだろうという程度の予想しかできない相場では選択が難しくなりがちです。

レンジの選択ができなければ取引はできません。ただチャートを見ているだけで利益も損失も生まれない状況が続いてしまいやすいのがレンジオプションの難点です。

【国内】トレードのノウハウが少ない

【国内】トレードのノウハウが少ない

レンジオプションを敬遠する人が多いのは国内業者のルールについてトレードのノウハウがあまり知られていないのも原因です

ハイロー取引ではテクニカル分析によって相場の方向性を読むノウハウがよく知られています。

しかし、特定のレンジに入る、あるいは特定のレンジから抜けるのを予測するための相場分析手法は少ないのが現状です。

国内のバイナリーオプション規制が敷かれるまでは一般的な取引ルールではなかったため、効果的な方法論がまだ確立されていない状況なのです。

こんなオレ

初心者にとってはどうやったらレンジオプションで予想できるのかがわからず、手を付けられません!

ハイロー取引に取り組んできたトレーダーでも予想がしづらく、あえて手を付けたくないという判断が一般的になっています。

【海外】値動きが大きい相場でしか使えない

【海外】値動きが大きい相場でしか使えない

ハイローオーストラリアのスプレッド取引のような海外業者のレンジオプションの人気がないのは使える相場が限られてしまうからです

目標レンジの外に出ないと利益にならないので、値動きが大きいときにしかスプレッド取引は有効ではありません。このロジックがわかっているからこそ、普段は通常のハイロー取引を利用し、ここぞというチャンスのときにだけスプレッド取引などのレンジオプションが活用されています。

こんなオレ

ここぞというチャンスを見つけるのも初心者には難しいですよね!

そもそもリスクが高いからレンジオプションには手を付けないという人もいます。ハイローオーストラリアでもリスクの不安が大きい人は通常取引にこだわっている傾向があります。

人気が低いというよりはリスクがあるので敬遠している人が多く、全体としての利用数が少ないだけだとも言えるでしょう。

【国内・海外】業者の選択肢が少ない

【国内・海外】業者の選択肢が少ない

国内でも海外でも同様の事情として、レンジオプションを選べる業者の選択肢が少ないのも人気が低い理由です

より良いサービスを受けられて、安心して利用できる業者を選びたいというのはもっともなことで、ハイローオーストラリアが選ばれる理由としてもよく挙げられています。

レンジオプションを利用しようとすると国内ではYJ!FXのオプトレ!、IG証券、トレイダーズ証券のみんなのオプションが対応しています。

レンジオプションが使える国内業者
レンジオプションが使える国内業者

人気があるGMOクリック証券や楽天証券などではレンジオプションに対応せず、ラダーオプションのみとなっています。

ラダー取引:基本ルール
ラダー取引:基本ルール

海外業者でもハイローオーストラリア以外には上述の二社程度で、レンジオプションの導入はあまり進んでいません。

バイナリーオプション業界全体を考えると、レンジオプションを使える業者はほんの一部です。そのため、レンジオプションを選べないトレーダーが多いという実態があります。

レンジオプションが着目される理由

レンジオプションに着目してバイナリーオプション取引をしているトレーダーもいます

かなり多くのデメリットがあるようにも見えますが、何が理由でレンジオプションを活用しているのでしょうか。

ハイローオーストラリアでスプレッド取引を使うメリットを理解するためにも実態を把握しておきましょう。ここでも国内業者と海外業者での事情が違うので分けて解説します。

【国内】値動きが小さい相場でも取引しやすい

【国内】値動きが小さい相場でも取引しやすい

国内業者でレンジオプションを選ぶ理由としてよく挙げられているのが、値動きが小さい相場でも取引成功率を上げやすいことです。

国内業者ではレンジオプションでインという選択肢があります。そのレンジに入っていれば取引成功になるので、レンジが広めになっていれば高い取引成功率にできるでしょう。

値動きが小さい相場のときには判定時刻にいくらになるかを予測するのは難しいことが多いのは確かです。

こんなオレ

レンジインを狙って取引をすれば値動きが小さければ小さいほど成功率が上がります。

ただ、予想が当たりやすい相場ではペイアウト率が低くなる傾向もあるので、取引を通して稼げる金額は少なくなりがちです。少しずつでもコツコツと稼げれば良いという人にとっては魅力がある点でしょう。

【海外】2倍以上のペイアウト率を狙える

【海外】2倍以上のペイアウト率を狙える

海外業者でレンジオプションを利用している人からの声としては、やはり高いペイアウト率が魅力だからというものがほとんどです。

ペイアウト率が2倍以上というのが一般的になっていて、ハイローオーストラリアでは業界屈指の最大2.30倍のペイアウト率になっています。50%の確率で取引成功になれば十分に利益を生み出せます。

稼ぐ効率を上げられるのは海外業者のレンジオプションを選ぶメリットです。ハイローオーストラリアが他社と違うのはペイアウト率の水準が概して高いことだけです。

他社では2.00倍~2.02倍が標準的なので、2.00倍~2.30倍という特色を持っているハイローオーストラリアは有利と言えます。

スプレッド取引が他社のレンジオプションに劣っているところは特にありません。海外業者のレンジオプションを活用していきたいならハイローオーストラリア一択と考えられます。

まとめ

レンジオプションはハイローオーストラリアにもスプレッド取引という形で存在していて、多くのトレーダーが活用しています。

スプレッド幅による目標レンジが定められている分だけ通常のハイロー取引よりもハイリスクですが、リターンも最大2.30倍のペイアウト率なので大きな魅力がある取引方法です

レンジオプションのルールは国内業者と海外業者で大きな違いがあります。国内業者では値動きが小さい即場で使いやすいのに対して、海外業者では値動きが大きい相場で稼ぎやすいのが特徴です。

取り扱い業者が少ない影響で全体として見るとレンジオプションには人気がありません。しかし、ハイローオーストラリアではレンジオプションを使って稼ぐ効率を上げられます。

こんなオレ

今までスプレッド取引に触れていなかった人も相場に応じて使う習慣を作りましょう!

他社で取引をしていた人もハイローオーストラリアなら高ペイアウト率を狙えるレンジオプションが利用可能です。魅力を感じたならハイローオーストラリアでの取引を始めてみましょう。

口座開設は5分で終わる簡単なものなので、思い立ったが吉日と考えて申し込むのがおすすめです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
【スマホ対応】ハイローオーストラリアのスムーズな口座開設方法を解説ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式
ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。