ハイローオーストラリア

ペイアウトとは?ペイアウト率が高いハイローオーストラリア(Highlow.com)の詳細を徹底解説!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)はペイアウト率が高い海外バイナリーオプション業者として高い人気を誇っています。

ペイアウト率の水準が業界でもトップクラスになっているのは事実で、多くのトレーダーからハイローオーストラリアが選ばれる理由になっています。

こんなオレ

バイナリーオプションに取り組んできた人や、興味を持ってルールを十分に学んだ人はペイアウト率が高いことの魅力がよくわかると思います!

しかし、これからバイナリーオプションを始めたいと思っている人にとってはメリットがあまりわからないかもしれません。バイナリーオプションの経験がない人はペイアウトとは何かもわからないことが良くあります。

この記事ではペイアウトとは、ペイアウト率とはそもそも何かということからわかりやすく解説します

国内バイナリーオプション業者での事情や、ハイローオーストラリアのペイアウト率の最新情報についても紹介するので初心者も中級者以上もぜひ参考にして下さい。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

2021年のペイアウト率変更の最新情報

ハイローオーストラリアでは2021年にペイアウト率変更を実施しました。ハイローオーストラリアの以前からのユーザーのために最新の変更点をまずまとめました。

仮想通貨の再編とペイアウト率の変更

仮想通貨の再編とペイアウト率の変更

ハイローオーストラリアでは仮想通貨としてビットコイン、イーサリアム、ライトコインが利用できました。それ以前にはリップルも使えましたが、ビットコインとイーサリアムの二つに絞り込まれています。

そして、仮想通貨ではなく通貨ペアとして取り入れ、日本円と米ドルとのペアでの取引が可能になりました。ペイアウト率は以下のようになっています。

BTC/JPY、BTC/USD、ETH/JPY、ETH/USD共通
1日取引 1.85倍

他の変更点

2020年3月30日には大々的なペイアウト率変更がありました。しかし、2021年の最新情報としては、大きな変更があったのは仮想通貨関連だけです。

それ以外で突出している変更点はUSD/JPYのターボ取引の30秒取引における優遇です。

USD/JPYの30秒取引 2.00倍

USD/JPY以外の30秒取引 1.95倍

USD/JPY以外はペイアウト率が据え置きになっていますが、USD/JPYは2.00倍ものペイアウト率になっています。取引金額と同じペイアウトを受け取れるのはスプレッド取引と同等なので、USD/JPYの30秒取引に大きなメリットが生まれました

以上で速報は終わります。あらためてペイアウトとは何かから詳しく見ていきましょう。

ペイアウトとは

ペイアウトとは

バイナリーオプション取引をしたときに受け取れるリターンの金額のことです。バイナリーオプションでは取引が終了した時点でペイアウトを受け取ることができます。

バイナリーオプションでは判定時刻になった時点で取引が終了します。判定時刻におけるレートの予想が当たっていたときには投入した資金よりも大きな金額のペイアウトを受け取れるので利益を得ることが可能です

しかし、予想が外れていたときにはペイアウトがないのが一般的で、損失になるというのが基本的な仕組みです。

バイナリーオプションのルールによっては途中で売却をして取引を終了することもできます。この場合にもペイアウトを受け取ることが可能で、そのときのレートなどを加味して計算されるのが通例です。

ハイローオーストラリアでは転売というシステムがあるので、取引を途中で終了してペイアウトを受け取ることができます。国内バイナリーオプション業者ではどこでも途中売却が可能で、他の海外業者でも売却できる場合があります。

ペイアウト率とは

ペイアウト率とは

バイナリーオプションにおけるペイアウト率とは、取引で予想が当たったときに受け取れる金額が、取引金額に対してどのくらいの割合かを示す指標です。

バイナリーオプションでは予想が当たったらペイアウトを受け取ることができ、予想が外れたらペイアウトはないというルールになっています。

こんなオレ

ペイアウト率が高い場合には投じた資金に対して利益が大きくなるため、効率の良い投資を行えたと考えられます!

例えば

1万円の取引金額とした場合に、予想が当たって19000円のペイアウトを受け取れたらペイアウト率は1.90倍です。

ペイアウトが17000円だった場合にはペイアウト率が1.70倍になります。

ペイアウト率やペイアウトはバイナリーオプション業者がいくつにするかを決めているため、業者によって1回の取引でどのくらいの利益を見込めるかが異なります。

取引方法の種類や取引時のレートの動き方によっても違いが生じることもあるため、業者ごとにどのようなルールで決まっているかを詳しく理解することが大切です。

ハイローオーストラリアが国内業者、海外業者を合わせて考えても多くのトレーダーから選ばれているのは、安定して高いペイアウト率でバイナリーオプション取引ができるからです。

ペイアウトを十分に得られれば稼げるのは明らかでしょう。だからこそハイローオーストラリアは人気があります。その詳細を以下で読み解いていきますが、この時点で納得できた方は、すぐに口座開設の手続きを進めましょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ペイアウト率の種類

ハイローオーストラリアのペイアウト率が「安定して高い」という意味を理解するには、ペイアウトとは何かを知るだけでなく、ペイアウトの仕組みについてもう少し詳しくなることが必要です。

こんなオレ

ペイアウト率がどのように定められているかをここで理解しておきましょう!

ペイアウト率は大まかに二種類に分けるとわかりやすくなります。固定型変動型の仕組みがあるので、それぞれについてペイアウト率の概要を解説します。

固定型

固定型

固定型の場合にはペイアウト率は取引ごとにペイアウト率が決まっていて変動しないのが特徴です。

ハイローオーストラリアなどの海外業者では標準的な仕組みです

固定型では取引に使用する通貨ペアや取引時間、取引方法などによってペイアウト率がいくつになるかがルールとして定められているのが一般的です。

こんなオレ

取引をするときにはペイアウト率を見て納得してから資金を投入できます。

予想が当たったときにいくらの利益になるかを想定できるので、計画的な取引をしやすく、バイナリーオプションを通して安定した利益を得やすいのがメリットです。わかりやすい仕組みなので、ハイローオーストラリアがよく選ばれている理由でもあります。

変動型

変動型

変動型の場合にはペイアウト率が時々刻々と変化していくのが特徴です。

国内業者では変動型が取り入れられていて、ペイアウトが固定される仕組みになっています

国内業者のルールを例にすると、ペイアウトが一定額でポジションの購入金額が変動するのが一般的です。

例えば

1口あたりのペイアウトが1000円と定められていて、取引が開始されてから終了近くなるまでいつでもポジションを売買できるようになっています。

ポジションの購入金額が500円のときならペイアウト率は2.00倍ですが、100円だったら10.0倍にもなります。

しかし、900円で購入すると1.11倍にしかなりません。

このような形でペイアウト率が変動すると利益が安定しにくいデメリットがありますが、高いペイアウト率になるタイミングを狙って取引できるのはメリットです

こんなオレ

ただ、ペイアウト率が高いときは予想が当たる可能性が低いと想定される状況になっているのが一般的です。

ハイリスクハイリターンの投資になることには注意が必要でしょう。

この他にも海外業者と国内業者には色々な違いがあります。ハイローオーストラリアが選ばれている理由もよくわかるので以下の記事も参考にして下さい。

バイナリーオプション業者の国内と海外の違い
バイナリーオプション業者の国内と海外の違いバイナリーオプション取引(binary option)をするときにはどの業者にするかで悩みがちです。国内業者と海外業者では大きな違いがあることから、どちらにするかをまず決めようと考える場合が多いでしょう。この記事ではバイナリーオプション業者(binary option)が国内と海外でどのように違うのかを深く掘り下げていきます。...

ペイアウトとは違いがあるので注意

ペイアウトとは違いがあるので注意

ペイアウト率の固定型、変動型という表現がありますが、ペイアウトとは違いがあるので気を付けましょう

ペイアウト率が固定型の場合

ペイアウトは投入した資金の金額に応じて変動します。
投資資金が1万円10万円で比較すると、ペイアウト率が1.90倍なら1.9万円19万円なのでペイアウトの金額は変わるのです。

そのため、ペイアウト率が固定型の場合には勝てそうなときには大きな金額を使うことで利益を増大させることができます。

ペイアウト率が変動型の場合

一般的にはペイアウトが固定です。1口800円で買ったときも、500円で買ったときもペイアウトは1000円という形で決まっているのが通例です。1口800円ならペイアウト率は1.25倍、500円なら2.00倍でペイアウト率は違いますが、口数あたりのペイアウトは同じなのです。

国内業者では1日あたり、1回号あたりの上限口数が決まっていることがよくあります。そのため、ペイアウト率が変動型の場合には、勝率が高いと見込むことができてもあまりまとまった利益を得るのが簡単ではありません

ハイローオーストラリアのペイアウト率とペイアウトとは

ハイローオーストラリアのペイアウト率

ハイローオーストラリアでは固定型のペイアウト率でルールが策定されています。高いペイアウト率で有名なハイローオーストラリアではどのくらいになっているのでしょうか。

取引方法や取引時間、原資産によってペイアウト率が異なるので、取引方法ごとに最新の数値を確認していきましょう。

ハイローオーストラリアで選べる4種類の取引方法については以下の記事で解説しているので、不明なところがある際には参照して下さい。

4種類の取引方法を詳しく解説!
4種類の取引方法を詳しく解説!ハイローオーストラリア(Highlow.com)にはHighlow,Highlowスプレッド,Turbo,Turboスプレッドの4種類の取引方法があります。それぞれ取引判定時間やペイアウト倍率が違ったりと特徴があるので、それらを解説します。また、スプレッド取引のメリット・デメリットについても解説します。...

法定通貨と仮想通貨

法定通貨と仮想通貨

ハイローオーストラリアのペイアウト率の詳細を簡単理解するには法定通貨と仮想通貨について知っておくと役に立ちます。

日本円や米ドルなどの国が通貨として定めているのが法定通貨です。仮想通貨はビットコインやイーサリアムが代表例で、日本では暗号資産と呼ばれるようになっています。

ブロックチェーン上で管理されているのが特徴で、一部の例外を除くと国によって通貨として認められて管理されているわけではありません。

ハイローオーストラリアでは8種類の法定通貨と2種類の仮想通貨からなる20種類の通貨ペアでバイナリーオプション取引が可能です。

ハイローオーストラリアでは以下のような法定通貨ペア、法定通貨と仮想通貨のペアが利用できます。

【法定通貨の通貨ペア】

・AUD/JPY(豪ドル/日本円)

・AUD/USD(豪ドル/米ドル)


・EUR/JPY(ユーロ/日本円)


・EUR/USD(ユーロ/米ドル)


・GBP/JPY(英ポンド/日本円)


・USD/JPY(米ドル/日本円)


・CAD/JPY(カナダドル/日本円)


・CHF/JPY(スイスフラン/日本円)


・EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)


・EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)


・GBP/AUD(英ポンド/ 豪ドル)


・GBP/USD(英ポンド/米ドル)


・NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)


・NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)


・USD/CAD(米ドル/カナダドル)


・USD/CHF(米ドル/スイスフラン)

【法定通貨と仮想通貨の通貨ペア】

・BTC/USD(ビットコイン/米ドル)

・BTC/JPY(ビットコイン/日本円)


・ETH/USD(イーサリアム/米ドル)


・ETH/JPY(イーサリアム/日本円)

ハイロー取引

ハイロー取引

通常のハイロー取引の場合には原資産と取引時間によってペイアウト率が違います。ハイローオーストラリアでは通貨ペア以外にも原資産として商品指数と株価指数を得亜r部ことが可能です。原資産の種類と取引時間ごとのペイアウト率は以下の通りです。

【法定通貨の通貨ペア】
15分 1.85倍
1時間 1.90倍
1日取引 1.95倍
【法定通貨と仮想通貨の通貨ペア】
1日取引 1.85倍

商品指数

1日取引 1.95倍
USOIL
1日取引 1.80倍
UKOIL
1日取引 1.80倍

株価指数

AUS200、JPN225、HKG33、GER30、UK100、US30、FRA40
1日取引 1.88倍
NAS100、SPX500
1日取引 1.80倍

ターボ取引

ターボ取引

ターボ取引では主要な9種類の通貨ペアのみが利用可能です。仮想通貨とのペアも利用できますが、商品指数や株価指数は利用できません。以下のようにペイアウト率が取引時間ごとに定められています。USD/JPYの30秒取引が優遇されているのが現状です。

【USD/JPY】
30秒取引 2.00倍
1分取引 1.90倍
3分取引 1.90倍
5分取引 1.85倍
【USD/JPY以外の法定通貨の通貨ペア】
30秒取引 1.95倍
1分取引 1.90倍
3分取引 1.90倍
5分取引 1.85倍
【法定通貨と仮想通貨の通貨ペア】
30秒取引 1.90倍
1分取引 1.85倍
3分取引 1.85倍
5分取引 1.75倍

スプレッド取引

スプレッド取引

スプレッド取引ではどの原資産、取引時間を選んでも一律で2.00倍のペイアウト率になっています。

シンプルでわかりやすいペイアウト率のルールですが、スプレッド幅があるのでリスクも高い取引方法なので気を付けましょう。

以下の記事ではスプレッド取引についてのポイントを紹介しているので参考にして下さい。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のスプレッド取引の攻略は稼ぐのに適している?ハイローオーストラリアでは通常のハイロー取引に加えて、スプレッド幅が設定されている高ペイアウト率の取引方法を選べます。ただ、高いペイアウト率にできるのは取引に成功できる確率が低くなっているからなので注意しなければならないでしょう。この記事ではスプレッド取引を使って稼ぐためのポイントを具体的に解説します。...

ターボスプレッド取引

ターボスプレッド取引

ターボスプレッド取引では取引時間によってペイアウト率が異なります。ターボ取引で利用可能な通貨ペアなら全てターボスプレッド取引も可能です。

ターボ取引よりは必ずペイアウト率が高くなっています。最大で2.30倍ものペイアウト率になり、業界最高のペイアウトを手に入れられるのが魅力です。

【法定通貨の通貨ペア】
30秒 2.30倍
1分 2.20倍
3分 2.05倍
5分 2.00倍
【法定通貨と仮想通貨の通貨ペア】
30秒 2.15倍
1分 2.15倍
3分 2.00倍
5分 1.95倍

ハイローオーストラリアとペイアウト率を他社と比較

ハイローオーストラリアとペイアウト率を他社と比較

ハイローオーストラリアは大きなペイアウトを受け取れるのがメリットで、国内業者や海外業者と比較しても大きな魅力だと言われています。本当にペイアウト率が高く、ハイローオーストラリアを選んだ方が良いと言えるのでしょうか。

こんなオレ

国内業者や他の海外業者と比較してどんな違いがあるかを見てみましょう!

ハイローオーストラリアと国内業者の比較

ハイローオーストラリアと国内業者の比較

バイナリーオプション取引をするときには安心だから国内業者にしようという人が大勢います。

まずはハイローオーストラリアと国内業者のペイアウト率を比較して、どちらの方が魅力があるのかを考えてみましょう。

ハイローオーストラリアは国内業者とペイアウト率で比較が難しい

ハイローオーストラリアと国内業者ではペイアウト率が変動型か固定型かが異なるので簡単には比較できません。

国内業者では1口あたり1000円のペイアウトで固定されていて、1口の購入金額が刻々と変化する仕組みになっています。1000円に近いこともあれば50円くらいのこともあるので、ペイアウト率は1倍弱から20倍前後に広がっているのが国内業者です。

20倍ものペイアウト率になるのなら国内業者が良いと思うかもしれません。しかし、購入金額が小さいときには相場が目標金額から大きく離れていて、勝率がかなり低い場合がほとんどです。

業者によってどのようなアルゴリズムで購入金額が決まるかは異なり、詳細も公表されていないので完全なブラックボックスになっています。

ただ、基本的には現在のレートと目標レートの差が大きいときには購入金額がペイアウトとは大きく離れていてペイアウト率が高くなっています。現在のレートと目標レートが近くて勝てる可能性が高そうなときには購入金額がペイアウトとはかなり近く、ペイアウト率が低いのが一般的です。

国内業者はハイリスクハイリターンかローリスクローリターン

国内業者はハイリスクハイリターンかローリスクローリターン

ハイローオーストラリアとは単純に比較することができませんが、国内業者の場合にはハイリスクハイリターンか、ローリスクローリターンかを選んで取引することが必要です

ペイアウト率が高いタイミングを選ぶと勝てる可能性が低い代わりに、ペイアウト率はハイローオーストラリアを越える可能性があります。しかし、無難に勝率が高いときを狙ってペイアウトを受け取ろうとするとペイアウト率が低くなるのです

ペイアウト率の高さと勝率が表裏一体の関係にあるのがデメリットでしょう。

国内業者ではスプレッド取引はできない仕組みになっています。しかし、ハイローオーストラリアではスプレッドがない取引ルールでも1.70倍~2.00倍のペイアウト率です。勝てそうなタイミングでもペイアウト率が低くなることはありません。

バイナリーオプションで勝率が高くなるタイミングを見極めて取引をするのが基本です。相場を読んで勝つ力が付くほどハイローオーストラリアの方が稼ぎやすくなることは明らかなので、ハイローオーストラリアに軍配が上がります。

こんなオレ

リスクは同じで稼ぎやすい業者を選びたいなら、国内業者よりもハイローオーストラリアを選びましょう!

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ハイローオーストラリアと他の海外業者の比較

ハイローオーストラリアと他の海外業者の比較

海外バイナリーオプション業者ではペイアウト率が固定型のことが多くなっています。そのため、ペイアウト率を比較するのは簡単ですが、取引ルールにはやや違いがあるので注意は必要でしょう。

日本で利用できる海外バイナリーオプション業者は数が少なくなってきています。最近まで利用できた業者もいつの間にかサービスをやめてしまっている状況があります。

ここでは今でもハイローオーストラリアと同じようにバイナリーオプションサービスを提供している主要な海外業者とペイアウト率を比較してみましょう。

海外業者の取引ルールとペイアウト率

ハイローオーストラリアザプションファイブスターズマーケッツゼン・トレーダーはいずれも日本語に対応していて利用しやすい海外業者として知られています。

海外業者の取引ルールとペイアウト率

これらの海外業者について取引ルールごとにペイアウト率をまとめた結果は以下の通りです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)
HighLow 1.70倍~1.90倍
HighLowスプレッド 2.00倍
Turbo 1.75倍~2.00倍
Turboスプレッド 1.95倍~2.30倍
ザオプション
HIGH/LOW 1.77倍〜1.80倍
短期 1.82倍〜1.83倍
スプレッドHIGH/LOW 2.00倍
スプレッド短期 2.00倍
ファイブスターズマーケッツ
HIGH/LOW 1.60倍~1.84倍
WowFX 変動型
ゼン・トレーダー
クラシック取引 1.60倍
オンデマンド取引 1.95倍

ハイローオーストラリアには他の海外業者のペイアウトとは差がある

ハイローオーストラリアには他の海外業者のペイアウトとは差がある

ハイローオーストラリアと他の業者の固定型ペイアウト率を比較してみると大きな違いがあることがわかります。単純にペイアウト率の最大値と最小値を見てみても、ハイローオーストラリアよりも高いところはありません。

取引によって得られる金額は他の業者のペイアウトとは大きな違いがあるのは明らかでしょう。

ここでは各業者の取引ルールの詳細は割愛しますが、基本的にはハイローオーストラリアの提供しているハイロー取引、ターボ取引、ハイロースプレッド取引、ターボスプレッド取引のどれかに対応しています。

例外的なのはファイブスターズマーケッツのWowFXで、国内業者とFXの中道を取ったようなルールです。変動型のペイアウト率なので場合によってはハイローオーストラリアよりも高いペイアウト率になることもありますが、極めて低いペイアウト率になることもあるのが問題点です

他の取引ルールについてはハイローオーストラリアを凌駕する海外業者はありません。大きなペイアウトを手に入れるにはハイローオーストラリアを選ぶのがベストなのが現状です。

国内業者が取り入れている変動型のペイアウト率の問題点を理解して海外バイナリーオプション業者に目を向けた人も、稼ぎやすい業者を選ぶならハイローオーストラリアです。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ハイローオーストラリアの転売のペイアウトとは

ハイローオーストラリアで取引をするときには転売のペイアウトについても知っておくのが大切です。

ここでは転売のペイアウトとは何かを、転売機能の概要について触れた上で詳しく解説します。転売については以下の記事で詳しく紹介していますので、もっと詳しく知りたい方はご参照ください。

転売を利用して勝率UP
【稼げるの?】ハイローオーストラリアで転売を利用して勝率UP!ハイローオーストラリアでは転売が公式に認められていて簡単に活用できます。転売は取引を中断して利益確定や損切りを行える機能で、ペイアウト倍率もペイアウト額がはっきりとわかるので上手に活用すれば勝率を上げることも、稼ぎやすくすることもできます。...

転売ペイアウトとは転売機能で途中売却したときの受取金額

転売ペイアウトとは転売機能で途中売却したときの受取金額

バイナリーオプション取引では判定時刻になった時点でレートが予想通りになったかどうかでペイアウトを受け取れるかが決まるのが原則のルールです。

こんなオレ

ただ、判定時刻になる前に負けるとわかったときや、勝っているから勝ち逃げしたいというときもあります...

ハイローオーストラリアでは転売をバイナリーオプションの取引ルールに導入することでこのようなユーザーの希望に応えています。
転売機能を使うと判定時刻を待たずに途中売却が可能です。購入したポジションを売却するので、返金を求められるのが当然でしょう。

転売ペイアウトとは転売機能を使ったときに受け取れるペイアウトのことです。

国内業者でも転売と同じ仕組みがある

国内業者ではハイローオーストラリアの転売とほとんど同じことができます。国内バイナリーオプションについては国による規制を受けているため、2WAY方式のルールにしなければなりません。

2WAY方式とは購入金額と売却金額を提示しなければならないルールです。トレーダーは提示されている購入金額で1口ずつ買い、売却金額で1口から売ることができます。

2WAY方式とは

購入金額と売却金額を提示しなければならないルールです。トレーダーは提示されている購入金額で1口ずつ買い、売却金額で1口から売ることができます。

2WAY方式とは

この売却のシステムはハイローオーストラリアの転売と同じです。ハイローオーストラリアで転売をしてペイアウトを受け取るときにも、転売ペイアウトや転売ペイアウト率が提示されます。

納得した上でポジションを手放し、ペイアウトを受け取れるのです。

転売によるペイアウトの受け取りは海外バイナリーオプションでは一般的ではありませんでしたが、だんだんとルールに入れる業者が増えてきています。ハイローオーストラリアはトレーダーとの公平性を保つためのルールとして、途中売却のシステムを生み出した先駆者のバイナリーオプション業者です

通常のペイアウトとは違って一定ではない

通常のペイアウトとは違って一定ではない

転売ペイアウトは通常のペイアウトとは違い、固定型ではないので注意しましょう。ハイローオーストラリアに限らず、他の業者でも転売ペイアウトや転売ペイアウト率が一定ということはありません。

転売ペイアウト率が仮に固定されていたとしましょう。1.1倍だったとしたら、取引を始めてすぐに転売すればいくらでもトレーダーが稼げてしまいます。すると転売ペイアウト率は1倍未満にしなければなりません。それではトレーダーが転売をして利益確定をする旨味がなくなってしまいます。

こんなオレ

0.5倍で固定されていたとしたら、本当に負けると思ったときにしか使わないでしょう...

ハイローオーストラリアでは転売ペイアウトを相場に応じて調整しています。転売機能を利用するときにもハイローオーストラリアとトレーダーの間で痛み分けをするトレードシステムを取り入れることで平等性を保ち、公正な取引をできるようにしているのです。

転売ペイアウトは何で決まる?

転売ペイアウトは何で決まる?

ハイローオーストラリアの転売ペイアウトは、国内バイナリーオプション業者の購入金額と売却金額の設定と同じようにアルゴリズムが明確に示されているわけではありません。

しかし、基本的には相場や取引時間を加味して勝ちやすいときにはペイアウト率が高くなり、負けるリスクが高いときにはペイアウト率が低くなっています。

転売のときのペイアウトとは何かを明確にして計算式を提示してしまうと、巧妙な戦略を生み出すトレーダーもいるでしょう。公平性を保つためのルールなので、あまり情報開示をしてしまうのは好ましくないのです

国内業者でも開示が求められていないということを考えても、転売ペイアウトが何で決まるかはブラックボックスのままの方が良いと言えます。

転売ペイアウトとは何かを実験で検証した結果

転売ペイアウトとは何かを実験で検証した結果

ハイローオーストラリアの転売のペイアウトとは何かを詳しく知るには、実際にハイローオーストラリアで実験による検証をした結果を見るのがわかりやすいでしょう。

転売のペイアウトとは何かがよくわからなかった人も、きっとなるほどと納得できます。ペイアウトの決定のアルゴリズムが明示されていなくても、この結果を見てみると概ねイメージはつかめるでしょう。

ここではモデルケースとしてハイローオーストラリアでUSD/JPYの1日取引を選びました。1日取引では時間が長いので、予想通りにいかなそうなときや、もう利益確定をしたいと思ったときに転売してペイアウトを受け取るのが合理的な戦略です。

1ドル110.779円の状況で、ハイローオーストラリアの1日取引を1万円で「ロー」の取引を始め。最後まで取引をしたらペイアウト率は1.95倍で、19500円のペイアウトを受け取れます。

すると、USD/JPYの相場が少しずつ上がっていきました。予想からは外れる方向に価格が動き、110.797円になっています。ここで転売ペイアウトを確認すると8116円で、2割近く損をすることになります。

予想からは外れる方向に価格が動き、110.797円になっています

しかし、1日取引は長いのでしばらく経過を追ってみるとUSD/JPYは下がってきました。当初の1ドル110.779円より低い110.758円になりましたが、転売ペイアウトは9530円です。

つまり、ハイローオーストラリアの転売ペイアウトの計算では、単純に取引開始時点のレートより高いか低いかで考えているわけではないことがわかります。

転売ペイアウトは9530円

しかし、さらにUSD/JPYが下がっていき、時間も経過すると転売ペイアウトが11236円になりました。1236円の利益を得られる状況になったのです。

転売ペイアウトが11236円になりました

さらに時間が経過してUSD/JPYが下がると転売ペイアウトが12895円になりました。USD/JPYは1ドル110.634円なので、当初の1ドル110.779円よりもだいぶ下がっています。このくらいになると2895円の利益を得られるようになるのです。

ここでは1万円を取引に使ったので12895円のペイアウトですが、10万円を使っていたら128950円のペイアウトです。利益では28950円なので、この時点で転売して利益確定をしたいと考える人もいるでしょう

こんなオレ

人によってはこの前段階の転売ペイアウト率が1.1236倍のときに利益確定しようと思ったかもしれません。

転売ペイアウトが12895円

ハイローオーストラリアで転売ペイアウトが変動していく様子がわかったでしょうか。

勝てそうな状況に向かっていくとペイアウト率は上がります。ただ、単純に取引開始時点の金額よりも現時点での価格が高いか、差が大きいかだけで転売ペイアウトが決まるわけではありません。

ハイローオーストラリアでは複雑なアルゴリズムを取り入れていることが検証の結果からわかりました。

転売ペイアウトの注意点

転売ペイアウトの注意点

ハイローオーストラリアでは転売を使ってペイアウトを得る戦略を考えられるのはメリットです。利益確定だけでなく損切りにも使えるので、うまく活用していけば利益を増やしながら損失を抑えていくことができます。

ただ、転売ペイアウトはペイアウト率が一定ではない点にあらためて注意しておきましょう。バイナリーオプション取引では攻略できる手法を考えて、エントリー条件を整えていくのが一般的です。

テクニカル分析をして勝率が高いタイミングでエントリーをする取引方法は、安定して利益を得るのに適しています。プロトレーダーになるとテクニカル分析をするのが常識で、最近ではハイローオーストラリア初心者でもテクニカル分析に取り組んでいます。

テクニカル分析をして自分で決めたエントリー条件に従ってバイナリーオプション取引をするシステムトレードでは、一定以上の勝率がある条件を選ぶのが肝心です。その勝率とペイアウト率を考えたときに利益になるかどうかでエントリーの判断をします。ペイアウト率が固定型だからこそできるのがシステムトレードです。

転売を使うとペイアウト率が安定しなくなり、エントリー条件を確定するのが難しくなります。

システムトレードをしていき、生計を立てられるくらいにハイローオーストラリアで安定して稼いでいきたいなら、転売を日常的に使うのはやめておいた方が良いでしょう。絶対勝てないようなときにリスク回避のために用いる程度にするのが適切です

ペイアウト率が高くて損はある?

ペイアウト率が高くて損はある?

ペイアウト率が高いと同じ資金からより大きなペイアウトを得られるので魅力があるのは明らかでしょう。

ハイローオーストラリアが選ばれる理由も理解できた人も多いのではないでしょうか。ただ、ペイアウト率が高いと損をする部分もあるのではないかと不安になる人もいるかもしれません。

ほとんど同じルールのバイナリーオプションでも、業者によってペイアウト率が異なるのには理由があるはずだと思うのももっともなことでしょう。

ペイアウト率が高いこと自体には決して損はありません

こんなオレ

取引をしたときにいくらのペイアウトを受けられるかを決めているものなので、高ければ高いほど利益が増えます。

同じ取引方法を選択できて、ペイアウト率の高い業者と低い業者があったなら、高い業者を選ぶに越したことはありません。

ただ、ペイアウト率を高くするために他の部分で損をする箇所が見つかる場合もあります

以下の3点については確実に覚えておいた方が良いでしょう。

手数料に気を付けよう

手数料に気を付けよう

業者によっては手数料がかかる場合があります。取引手数料がかからないのがバイナリーオプションでは標準的です。

しかし、入金や出金のときに手数料がかかることはしばしばあるので注意しましょう

ペイアウト率を高くすると業者が利益を得にくいので、別のところから利益を得ようと工夫をしているのです。

手数料がかかるとペイアウト率が高くても実質的に利益が少なくなります。

特に少額取引をしているときには手数料が大きな負担になる場合もあるので気を付けましょう。

出金ルールを確認しよう

出金ルールを確認しよう

業者によっては出金ルールが複雑になっていて、資金を出そうと思ったら拒否されるというケースもあります。

こんなオレ

入金した金額や取引に使った金額などによって出金制限がある場合も多いので気を付けましょう。

基準を満たすまでは全額出金することができず、利益を現金にできなくなってしまいます。

ペイアウト率が高かったとしても、業者の口座に残高が入ったまま出せないのでは意味がありません。

出金ルールがわかりにくい業者も避けて通り、特に制限を設けていない業者で取引をするのが安心です

偽物業者に注意しよう

偽物業者に注意しよう

バイナリーオプション業界では偽物業者が暗躍しています

高いペイアウト率などの魅力を謡って勧誘し、登録して取引をしても出金できない、個人情報を悪用されてしまうなどといった被害に遭うリスクがあるのです。

ペイアウトが高いと良いというのはとてもわかりやすいポイントなので、初心者でも高ペイアウト率の業者にしたいと思って当然です。

それを付け狙っている偽物業者に申し込んでしまうと被害に遭う可能性が高いので気を付けましょう。

こんなオレ

既に多くのユーザーがいる有名業者ならこのようなリスクはありません。

新しく登場した業者の場合には少し様子を見てから利用するかどうかを検討するのが無難でしょう。

ハイローオーストラリアには損はない?

高いペイアウト率の業者には注意しなければならない面もあるとわかると、業界最高水準を誇っているハイローオーストラリアは損をするところがあるのではないかと不安になる人もいるでしょう。

実績は十分にある業者なので心配ないというのはわかっても、細かなルールを見ていくと損をする部分があるかもしれないと思う人もいるでしょう。

手数料も出金ルールも安心

手数料も出金ルールも安心

手数料、出金ルールというありがちな問題点についてはハイローオーストラリアでは心配する必要はありません。

取引手数料だけでなく、入金手数料や出金手数料も無料になっています

口座開設時などに事務手数料などを請求されることもないので、ハイローオーストラリアを使うときに余計な費用負担はありません。

こんなオレ

入出金や取引手続きで手数料がかかるとすれば、銀行振込で入金するときの振込手数料だけです。

ただ、ハイローオーストラリアの口座はイオン銀行なので、イオン銀行の口座や振込手数料無料の特典があるネット銀行の口座などから振り込めば無料になります。

ハイローオーストラリアでの入金については以下で詳しく解説しているので、不安がある方はぜひご覧ください。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の入金方法・手数料・反映時間を解説
Highlow.com(ハイローオーストラリア)の入金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアの入金では三種類の入金方法を選ぶことができ、銀行振込、クレジットカード決済、ビットコイン入金があります。入金手数料は基本無料で、一部の入金方法が自己負担することになります。入金反映時間に差があるので注意してください。...

ハイローオーストラリアでは出金ルールもとてもシンプルなので安心です。出金制限がないわけではありませんが、口座残高が1万円以上あれば出金できます。

ハイローオーストラリアの利用特典として得られるキャッシュバックについてはこの中に含められませんが取引の際にはキャッシュバック残高から先に利用されるので出金できない原因になることはないでしょう。

出金方法については以下の記事で説明していますが、出金スケジュールまでしっかりと整っているので安心です。

ハイローオーストラリアの出金方法・手数料・反映時間を解説
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の出金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアではログインして振込先の銀行口座を登録すればいつでも簡単に手数料無料で出金手続きができます。必要なタイミングに出金対応をしてもらえるように手続きをしましょう。出金をするための条件があるのでよく確認してください。...

ペイアウト率変更には注意

ペイアウト率変更には注意

冒頭で紹介したようにハイローオーストラリアではペイアウト率変更をするときがあるのは注意点です。今までよりも稼ぎやすくなる場合もありますが、稼ぎにくくなる場合もあります。

ペイアウト率を下げるとトレーダーが得る利益は少なくなりますが、ハイローオーストラリアは損失を減らすことが可能です。ハイローオーストラリアは安定してトレーダーにバイナリーオプションサービスを提供し続ける必要があるため、利益を生み出していかなければなりません。

こんなオレ

そのためにはペイアウト率を調整してギリギリのラインで維持しなければならないというのが実情です。

他の海外バイナリーオプション業者よりも固定型で高いペイアウト率を設定しているため、経営コストをいかに削減したとしても、状況によってはペイアウト率を下げなければならないこともあるのは確かです。日本語完全対応のサポート体制を整えたり、サーバーを強化して安定したサービスを提供したりするのにもコストがかかるので理解を示すことが大切です

ただ、他の業者もペイアウト率を上げる傾向があるわけではありません。むしろ、ハイローオーストラリアは2021年にUSD/JPYの30秒取引のペイアウト率を2.00倍に引き上げ、トレーダーのメリットを高めようとする努力もしています。

今後もペイアウト率変更には注意が必要ですが、ハイローオーストラリアはユーザー想いのサービスを構築しようとしているのできっとより良いルールが整っていくでしょう。

まとめ

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高くて優良なバイナリーオプション業者だと理解できたでしょうか。

こんなオレ

ハイローオーストラリアはペイアウト率で大半の業者を凌駕しています。

迷ったならハイローオーストラリアと言われるのは、固定型のペイアウト率を高い水準で維持し続けているからなのです

変動型に比べて固定型のペイアウト率はいくらの利益になるかがわかりやすいのが特徴です。

利益額を考えて取引するかどうかを判断したい人も、バイナリーオプションを通して安定して利益を上げられるようにしたいと考えている人も固定型が適しています。

国内では変動型を取り入れざるを得ない状況があるため、バイナリーオプションで計画的に利益を得たいなら海外業者を選ぶのが重要な時代になっています。

ハイローオーストラリアではただ高いペイアウト率にするだけでなく、手数料負担がなくて出金ルールもシンプルになっています。

初心者でも安心して選べる業者なので、ぜひハイローオーストラリアで取引を始めてみて下さい。

口座開設の手続きもとても簡単なので、スムーズに進めば今日から取引を開始できます。

高いペイアウト率で効率的に利益を生み出せるハイローオーストラリアで成功を目指しましょう。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
【スマホ対応】ハイローオーストラリアのスムーズな口座開設方法を解説ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。