攻略

CCIの実力をビットコインで検証!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の取引時間で選ぶべきなのはこれ!

ビットコイン相場は2021年の下半期に入ってから急変とも言える短いトレンドの発生が相次いでいます。

全体としてはレンジ相場が多いので、逆張りを狙ってコツコツと稼ぐのがハイローオーストラリア(Highlow.com)では合理的な時期です。

ハイローオーストラリアではターボ取引を中心としてビットコインのバイナリーオプションをやりやすいサービスが整えられています。ターボ取引はペイアウト率が高いのでうまく活用して勝ちたいと思っている人も多いでしょう。

こんなオレ

ターボ取引では取引時間を何分にするかがまず大きな悩みになります。

ここではCCIによる逆張りで、どの取引時間を選んだら良いかを検討してみました。CCIがビットコイン相場でも通用するかどうかも同時に検証したので、ぜひハイローオーストラリアのビットコイン取引に活用してください

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

CCIによる取引手法

CCIによる取引手法

CCIは商品取引で用いられてきたテクニカル指標です。詳細は以下の記事にまとめてありますが、一般性の高い考え方に基づいて作り上げられているテクニカル指標なので、為替相場でも有用なことがわかっています。

CCIはハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率向上につながる指標バイナリーオプションでは勝率を上げる戦略を考えるのが重要なポイントですが、CCIは総合的に見ると優秀な指標として勝率アップに活用できます。また、初心者からプロまで幅広く簡単に使える重要なインジケーターです。エントリー判断をCCIだけで行うのはリスクが高いので、他のインジケーターと組み合わせて勝ちパターン作りましょう。ほとんどのインジケーターと相性が良いので、補助的に利用すると確度の高いエントリーができます。...

ほとんどの通貨ペアで有効と言われているので、仮想通貨(暗号資産)でも使えると考えられるでしょう。

CCIはオシレーター系なのでレンジ相場で逆張りをするときに有効です

トレンド相場ではあまり予想が当たらないので、レンジ相場かどうかを確認してから利用するのが重要になります。

なお、CCIを使うときの基本的な取引条件として知られているのが以下の2つです。

 CCIが100を超えたらローエントリー

 CCIが-100を下回ったらハイエントリー

CCIが100を超えたときには買われすぎの相場なので、反発が起こって売られて価格が下がると予想できます。逆にCCIが-100を下回ったら売られすぎの相場で、反発によって価格が上がると考えるのが定石です。

ビットコインのターボ取引×CCI

ビットコインのターボ取引×CCI

基本の取引手法を使ってCCIによるターボ取引がどの取引時間で有効なのかをビットコイン相場で見てみましょう。

取引時間としては1分、3分、5分を用いてみます。

ハイローオーストラリアでは30秒取引もできますが、急変が起こりやすくてリスクが高く、検証結果の信憑性も低いことからここでは割愛します。

ビットコイン相場としては7月の激変が収束しつつあった7月30日の1時間に着目してみます。参考として逆張りによく用いられているRSIも表示したチャートを載せているのでCCIの有効性をRSIと比較しながら見ていきましょう。

1分のターボ取引×CCI

1分のターボ取引についてまずは検証してみましょう。

以下の1分足チャートではCCIに基づく取引タイミングが3回あったことがわかります。この間にRSIの基本的な取引手法である70%以上、30%以下のタイミングはありませんでした。

1分のターボ取引×CCI

最初にCCIが-100を下回った後は陰線で、反発が起こったのはさらに次の足でした。次にCCIが100を超えた後も陽線で、二つ後になってから反発が起こっています。その次に-100を下回った直後は陽線だったのでようやく予測が当たりました。

こんなオレ

この結果を見るとCCIによる予測はビットコインの1分取引では失敗しやすいことがわかります...

取引手法に従って見計らったタイミングよりも遅れて反発が起こっている傾向があります。1分取引ではCCIの感度が合っていないと考えられるでしょう。

ここで留意しておくと良いのがCCIがピークを形成した後は逆張りが成功するタイミングになっていることです。どの場合にも反発が起こっているので、±100ではなく、+160や-200といった基準を設けていれば取引に成功できたとわかります。

相場によってCCIは基準を変えることが重要です。取引時間を厳選することで解決できることも多いですが、同じ取引時間にこだわりたいならCCIの基準をいくつにするかを考えてみるのも良い方法です。

3分のターボ取引×CCI

3分のターボ取引の場合にはどうなったのかを、同じ1時間のチャートからチェックしてみましょう。以下のように3分足チャートでは2回のチャンスがあったことがわかります。

3分のターボ取引×CCI

3分足チャートを見るとCCIが100を超えた後は陰線、-100を下回った後は2回とも陽線でした。どちらも逆張りをすることで成功できたことがわかります。

ビットコインの3分取引とCCIは相性が良さそうだと言えるでしょう。

ただ、このチャートでは1分足チャートの場合と違い、CCIがピークになった後に必ず反発する結果になっているわけではありません。最後に-100を下回ったときのピークの後は陰線だからです。

単純にピークを検出できるように基準を設ければ良いわけではないこともこの結果からわかります
なお、この期間にRSIでの取引チャンスは一回もありませんでした。

5分のターボ取引×CCI

5分のターボ取引は1時間では12回しかチャンスがないので取引のチャンスがあまりありません。今回選んだ1時間にはCCIが100を超える、-100を下回るといったタイミングはありませんでした

ただ、チャートの始めの部分が-100を下回っているので、少しだけ遡って結果がどうなっていたかを見てみます。

5分のターボ取引×CCI

-100を下回った次足は陽線なので反発が起こったことがわかりました。1例しかないのでCCIが本当に有効かどうかを判断することはできません。さらに先を見てビットコインの5分取引でCCIが使えるかを見てみましょう。

5分のターボ取引×CCI

CCIが100を超えた次足は陽線でした。その後、一時的に100を下回り、次足でまた100を超えています。このようなタイミングではCCIによる予想は外れる場合が多いですが、結果としてはやはり陽線になっていました。

ただ、どちらのケースも少し遅れて陰線が出ています

こんなオレ

5分取引ではCCIの感度と反発の動きにずれがあったと考えることができるでしょう。

念のため、その次まで見てみると以下のようになっています。

5分のターボ取引×CCI

CCIは100を3回超え、-100を1回下回りました。その全てで反発が起こっているので、この期間に取引をしていたら全勝だったことになります。

通算すると5勝2敗で勝率71.4%です。長い目で見て取引をすれば5分のターボ取引で稼げる可能性があることがわかります。

なお、ここまでずっとRSIは30%~70%に入っていました。一度も取引できる機会がなかったのに対して、CCIではたくさんチャンスがあったのです。

3分取引×CCIの有効性を徹底検証

3戦3勝から始まった3分のターボ取引の場合には、その後を追跡していくとどのような結果になったのかが気になっている人も多いでしょう。

ハイローオーストラリアでは3分取引ならペイアウト率が1.9倍、5分取引ならペイアウト率が1.85倍です。どちらにも有効なのだとしたら3分取引の方が利益も大きくなるから良いと考えられるでしょう。

ビットコインの3分足チャートで先を見ていくと以下のようになっています。

3分取引×CCIの有効性を徹底検証

最初の-100を下回ったタイミングは上で確認したものです。この期間にはCCIが100を2回超えましたが、どちらも次足は陽線で反発が起こっていませんでした。2戦2敗、通算すると5戦3勝2敗です。

3分取引×CCIの有効性を徹底検証

次の1時間を見てみると1度だけ-100を下回りました。この後は反発が起こって陽線になったので勝ちです。通算結果は6戦4勝2敗になりました。
ここではRSIが一度70%を越えていました。次足では反発があって陰線になったので予想が当たったと言えます。

3分取引×CCIの有効性を徹底検証

さらにもう1時間を見てみると、CCIが100を4回超えています。その全てで次足が陰線になっているので4選4勝でした。結果を集計すると10戦8勝2敗です。

3分取引×CCIの有効性を徹底検証

もう1時間だけ取引を続けたとすると、-100を下回る機会が2回、100を超える機会が1回ありました。

見事にどのケースも反発が起こっていたので3連勝です。通算では13戦11勝2敗になっています。ここまで取引を続けた場合にはCCIでの3分取引の勝率は84.6%です。

これまでにRSIは合計で1回しか取引条件を満たすことがありませんでした。

こんなオレ

負けなかったという点では優れていますが、チャンスがあまりにも少ないと言わざるを得ないでしょう。

実はこの後も3分取引の成績はよく、この日にCCIで取引をしていたとしたら大勝になっていました。
12時から16時半までの結果について3分取引と5分取引を比較すると以下のようになりました。

3分取引:10勝2敗 勝率83.3% ※上の検証結果の最後1回は16時半を過ぎていた。

5分取引:5勝2敗 勝率71.4%

仮に毎回1万円ずつ取引をしていたとすると、それぞれで得られた利益は以下のようにして計算できます。

3分取引:10×10000円×1.90-12×10000=70000円

5分取引:5×10000円×1.85-7×10000=22500円

ターボ取引の取引時間を変えただけでこれだけ大きな違いが生じたことがわかります。

必ずしもいつも3分取引が優れていると言えるわけではありません。しかし、ビットコインでは3分のターボ取引でCCIを使うのが有効なシーンがあるということはわかりました。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

CCIの3分取引と5分取引で負けた時間帯を考察

CCIの3分取引と5分取引で負けた時間帯を考察

ビットコインの3分取引と5分取引でCCIを使って比較した結果として、どちらもかなり高い確率で勝てていたことがわかりました。どちらの場合にも2敗していましたが、同じ時間帯に負けていたのに気付いた人もいるのではないでしょうか。

13:30~14:30頃に3分取引と5分取引の両方で2敗しています。この時間帯はCCIが苦手とする相場状況だったのでしょうか。

冒頭で紹介したようにCCIはレンジ相場での逆張りに強いのが特徴です。トレンド相場では外れやすいのは確かですが、以下のように13:30~14:30頃にはADXの値が15%付近になっていました。

ADXはトレンド相場の有無を判断するのに用いられるテクニカル指標です。25%以上ならトレンドがあると判断するのが基本になっています。つまり、この時間帯はレンジ相場なのでCCIが通用するはずだったと言えます。

DMIとADXで相場を把握すればハイローオーストラリア(Highlow.com)で稼げるワイルダーが開発したADXとDMIは相場の把握に適しているインジケーターです。ADXを使えばレンジ相場かトレンド相場かを見極めることができ、DMまたはDIを使えば相場が動く勢いを方向性と共に理解できます。性質が異なるインジケーターをADX+DMIによる相場分析に組み合わせることで、自分にとって使いやすいエントリー基準を作り出すのが大切です。...
CCIの3分取引と5分取引で負けた時間帯を考察

ただ、よく見てみるとレンジ相場のレジスタンスラインとサポートラインの位置が14時頃に変わっています。14時頃の上げ相場のタイミングはCCIによる予測が外れたタイミングでもありました

このようなレンジ相場の移動が起こるときにはCCIが外れるリスクがあると考えることができるでしょう。計算式を詳しく解析してみるとわかりますが、CCIは高値と安値が安定しているときに意味を持つテクニカル指標です。

CCIで取引をするときにはレンジ相場のレジスタンスラインとサポートラインを引くようにしましょう。

そのレンジから外れそうな様子があるときや、レンジから外れたときには一旦取引を注意するのが安全策です。ビットコインが安定したレンジ相場に入っているときなら3分取引でも5分取引でもCCIを使えると期待できます。レンジ相場をきちんと分析してから取引を始めるようにしましょう。

まとめ

ハイローオーストラリアのターボ取引をするときには取引時間の選定が重要だということが実例からもわかったでしょうか。ビットコイン相場でCCIを使ってみると、1分取引では予想がずれてしまうのに対して、3分取引と5分取引では高い確率で的中していました

レンジ相場で強いCCIを利用したので勝ちやすい条件だったのは確かでしょう。しかし、取引時間の選び方によってはレンジ相場でもCCIがまるで役に立たないことがあることもわかりました。

安定して勝てているようなシーンでも、レンジ相場が動くと外れる時期があることもわかります。

ただ、CCIは実力があるテクニカル指標だということは確かでしょう。わずか4時間半で勝率80%以上、原資1万円で7万円もの利益を出すことができていたからです

CCIで取引をしていればいつでもビットコインの3分取引で勝てるわけではありません。しかし、ここで紹介したADXも使ってレンジ相場を狙い、レジスタンスラインとサポートラインを使って分析をしながら取引をすればきっと高い勝率で稼げるでしょう。

こんなオレ

CCIはわかりやすいテクニカル指標です!
初心者でも使いこなして取引できるので、ぜひハイローオーストラリアで活用してみてください。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。