ハイローオーストラリア

バイナリーオプションのペイアウト倍率【国内と海外業者の違い】

バイナリーオプション取引の流れと準備

バイナリーオプションはペイアウト倍率が高い方が良いとよく言われています。ハイローオーストラリア(Highlow.com)が海外バイナリーオプション業者の中でも人気がある理由の一つとしてよく引き合いに出されているのは、ペイアウト倍率が高い水準になっていることです。

バイナリーオプションに取り組む上ではペイアウト倍率の仕組みを詳しく理解することが大切です。バイナリーオプションについてよく調べた経験がないと、ペイアウト倍率とは何かがイメージしづらいのではないでしょうか。

国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者でも違いがあると言われていますが、何が違うのかが見えてこないかもしれません。

この記事ではバイナリーオプションのペイアウト倍率について意味やタイプ、計算方法について詳細に解説します。
正しい理解を持つと海外業者の中でもペイアウト倍率が高いハイローオーストラリアの魅力がさらによく見えてくるでしょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

バイナリーオプションのペイアウト倍率とは

バイナリーオプションのペイアウト倍率とは

バイナリーオプションのペイアウト倍率とは取引金額に対して何倍のペイアウトを受け取れるかを示す指標です。ペイアウトは払い戻し金とも言われていて、バイナリーオプションの予想が当たったときに受け取れるお金を指します。

例えば、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションのルールではハイロー取引が取り入れられています。対象としている通貨ペアのレートや株価指数、商品指数などについて、現在の数値よりも判定時刻において高くなるか低くなるかを予想するのがハイロー取引です。

USD/JPYのレートが112.5円のときに15分後にはレートが上がると予想してエントリーし、112.7円になったら当たりでペイアウトを受け取れます。このときのレートが112.6円でも113.2円でも関係なく、当たったときには同じ金額のペイアウトが払われるのがバイナリーオプションの特徴です。

ハイロー取引

この際に10000円の取引金額でエントリーし、18500円のペイアウトを受け取ったらペイアウト倍率は1.85倍です。15000円の払い戻しだったときには1.50倍、20000円を手に入れたら2.00倍のペイアウト倍率になります。

ペイアウト倍率 取引金額 ペイアウト
1.50倍 10000円 15000円
1.85倍 18500円
2.00倍 20000円
ペイアウト倍率:1.50倍
取引金額 10000円
ペイアウト 15000円
ペイアウト倍率:1.85倍
取引金額 10000円
ペイアウト 18500円
ペイアウト倍率:2.00倍
取引金額 10000円
ペイアウト 20000円

ペイアウト倍率が高いほど良いと言われているのは、バイナリーオプションで予想が当たったときの払い戻し金が大きくなるからです。一回の取引で稼げる金額が大きくなるので、ペイアウト倍率が高いほどバイナリーオプションの魅力が高くなります。

バイナリーオプションのペイアウト倍率のタイプ

バイナリーオプションのペイアウト倍率のタイプ

バイナリーオプションではペイアウト倍率に2つのタイプがあります。固定制と変動制と呼ばれている仕組みで、バイナリーオプション業者はどちらか一方を採用しているのが一般的です。

ペイアウト倍率固定制の場合とペイアウト倍率変動制の場合ではどのような違いがあるのでしょうか。

ペイアウト倍率固定制

ペイアウト倍率固定制

ペイアウト倍率固定制のバイナリーオプションでは取引金額とペイアウトが比例関係になるのが特徴です。エントリーするタイミングでペイアウト倍率が決まるルールになっています。

ペイアウト倍率が固定されている代わりにペイアウトが取引金額によって変わるので、ペイアウト変動制と呼ぶこともあるシステムです。海外業者ではペイアウト倍率固定制がスタンダードで、ハイローオーストラリアでも典型的な固定制にしています。

例えば、ハイローオーストラリアの15分取引では1.85倍のペイアウト倍率で固定されています。10000円で取引をしたら18500円のペイアウトですが、同じタイミングにおいて20000円で取引をしたら37000円のペイアウトになるのが特徴です。

ペイアウト倍率 取引金額 ペイアウト
1.85倍(固定) 10000円 18500円
1.85倍(固定) 20000円 37000円
ペイアウト倍率:1.85倍(固定)
取引金額 10000円
ペイアウト 18500円
ペイアウト倍率:1.85倍(固定)
取引金額 20000円
ペイアウト 37000円

別のタイミングでエントリーしても15分取引をする限りはペイアウト倍率が同じで、10000円の取引金額なら1.85倍の18500円が手に入ります。

このように取引金額を増やすほど大きな利益を生み出せるのがペイアウト倍率固定制のバイナリーオプションです。

ペイアウト倍率変動制

ペイアウト倍率変動制

ペイアウト倍率変動制のバイナリーオプションでは通常はペイアウトが固定されていて、エントリーするタイミングによって取引金額が変動するのが特徴です。

エントリーするときの1口あたりの価格が変動していて、1口ごとに定額のペイアウトを受け取れるルールになっています。国内バイナリーオプション業者ではスタンダードになっているシステムです。

例えば、国内業者では1000円のペイアウトに固定されているケースが多くなっています。

エントリーする時点で取引金額として業者に提示されているのが500円だったとしましょう。予想が当たったら1000円のペイアウトがあるのでペイアウト倍率は2倍です。

しかし、エントリーする時点で800円の取引金額が提示されていたとしてもペイアウトは固定なので1000円だけです。ペイアウト倍率は1.25倍になります。

ペイアウト倍率 取引金額 ペイアウト
2.00倍(変動) 500円 1000円(固定)
1.25倍(変動) 800円 1000円(固定)
ペイアウト倍率:2.00倍(変動)
取引金額 500円
ペイアウト 1000円(固定)
ペイアウト倍率:1.25倍(変動)
取引金額 800円
ペイアウト 1000円(固定)

このようにペイアウト率が刻々と変わっていくのがペイアウト倍率変動制のバイナリーオプションです。1口あたりのペイアウトが明確ですが、予想が当たりやすいときほどペイアウト倍率が低くなる傾向があって稼ぎにくいルールになっています。

バイナリーオプションペイアウト倍率比較

バイナリーオプションペイアウト倍率比較

海外業者代表のハイローオーストラリアと、国内業者として有名で利用者が多いGMOクリック証券・FXプライムbyGMOの選べる外為オプションを例に取って、ペイアウト倍率が固定制のときと変動制のときでどのような違いが生じるかを比較してみました。

ペイアウト倍率が高いバイナリーオプションが魅力なら、ハイローオーストラリアとGMOクリック証券ではどちらの方が優れているかを知りたいでしょう。

この比較結果を通して違いをチェックしてみてください。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアではペイアウト倍率が固定制です。1.75倍~2.30倍のペイアウト倍率になっています。

リスクの高いスプレッド取引では基本的には2倍以上のペイアウト倍率ですが、一般的なハイロー取引では1.80倍~1.95倍です。

Highlow 1.80倍~1.95倍
Highlowスプレッド 2.00倍
Turbo 1.75倍~2.00倍
Turboスプレッド 1.95倍~2.30倍

固定制なので予想が当たりやすいタイミングか、予想が難しいタイミングかは関係なく同じペイアウト倍率になります。誰がどう見ても予想が当たるチャンスを狙えば勝率も高くて稼ぎやすいでしょう。

GMOクリック証券・FXプライムbyGMO

GMOクリック証券・FXプライムbyGMO

GMOクリック証券・FXプライムbyGMOではペイアウト倍率が変動制です。1枚1000円という固定ペイアウトになっていて、購入価格が刻々と変動していきます。

50円でオプションを買えたら20倍のペイアウト倍率になりますが、950円だったとしたら1.05倍です。

購入価格はGMOクリック証券・FXプライムbyGMOの運営側によってリアルタイムの相場事情によって変更されているため、高い場合もあれば低い場合もあります。

例えば記事を書いている時の購入価格とペイアウト倍率は以下となります。

GMOクリック証券・取引画面
取引価格 円高(下がる) 円安(上がる)
131.490 1.08倍 5.81倍
131.420 1.37倍 2.69倍
現在価格:131.368
131.360 1.97倍 1.78倍
131.300 3.43倍 1.23倍
131.240 6.71倍 1.06倍
131.180 12.64倍 1.00倍
131.110 21.27倍 1.00倍
取引価格:131.490
円高(下がる) 1.08倍
円安(上がる) 5.81倍
取引価格:131.420
円高(下がる) 1.37倍
円安(上がる) 2.69倍
取引価格:131.360
円高(下がる) 1.97倍
円安(上がる) 1.78倍
取引価格:131.300
円高(下がる) 3.43倍
円安(上がる) 1.23倍
取引価格:131.240
円高(下がる) 6.71倍
円安(上がる) 1.06倍
取引価格:131.180
円高(下がる) 12.64倍
円安(上がる) 1.00倍
取引価格:131.110
円高(下がる) 21.27倍
円安(上がる) 1.00倍

オプション取引でよく用いられているブラック・ショールズモデルを用いて購入価格が決められているので、運営側が恣意的に価格を調整しているわけではありません。

公正なモデルに基づいて購入価格が決まっているため、一般的な傾向としては予想を当てやすい相場ではペイアウト倍率が低く、予想しづらい相場ではペイアウト倍率が高くなります。
大まかには1.05倍~10倍に入りますが、相場の状況によっては1倍になることも20倍になることもあり得ます。

バイナリーオプションのペイアウト倍率の計算方法

バイナリーオプションのペイアウト倍率の計算方法

バイナリーオプションのペイアウト倍率を計算する方法はとても簡単で、以下の計算式で算出できます。

ペイアウト倍率=ペイアウト/購入金額(取引金額)

ペイアウト倍率固定制の場合には業者からペイアウト倍率が明示されています。計算が必要なのはペイアウト倍率が変動制のときです。

以下のように購入金額に応じてペイアウト倍率が変わります。

購入金額 ペイアウト倍率
1000円 1倍
556円 1.8倍
500円 2倍
200円 5倍
100円 10倍

バイナリ―オプションのペイアウト倍率ごとに必要な勝率計算

ペイアウト倍率によって、バイナリーオプションでは求められる勝率が異なります。損益分岐点を計算すると、利益を出していける勝率を導き出すことが可能です。

必要な勝率=1/ペイアウト倍率

ペイアウト倍率が変動すると以下のように必要な勝率も変わります。固定制なら一定の勝率を維持すれば稼げると判断できますが、ペイアウト倍率が変動してしまうと一定の勝率では稼げません。

エントリーするときに必要な勝率を計算し、それ以上の勝率と期待できるかどうかによってエントリーを判断しなければなりません。

バイナリーオプションはペイアウト倍率が変動制だと稼ぐのが難しい、エントリーしづらいと言われる理由になっています。

ペイアウト倍率 必要な勝率
1倍 100%
1.8倍 55.6%
2倍 50%
5倍 20%
10倍 10%

国内バイナリーオプションの仕組み

国内バイナリーオプションの仕組み

国内バイナリーオプションではペイアウト倍率変動制のシステムを取り入れています。また、バイナリーオプションの取引ルールとしてラダー取引が主流です。

ラダー取引とは権利行使価格=目標レートを選び、目標レートよりも判定時刻のレートが高くなるか低くなるかを予想するバイナリーオプションの取引ルールです。

例えば、GMOクリック証券では7本の目標レートを定めています。

GMOクリック証券の7本の目標レート

基準価格から一定間隔でレートが高い方に3本、低い方に3本が引かれてラダーのようになっていて、その中から希望の目標レートを選んだ上でさらにそのレートより高くなるか低くなるかを予想しなければなりません。

国内バイナリーオプションの取引方法

どの目標レートにするか、高くなると予想するか、低くなると予想するかによってペイアウト倍率も変動します。かなり複雑で高度な知識と判断力が求められるバイナリーオプションです。

海外バイナリーオプションの仕組み

海外バイナリーオプションの仕組み

海外バイナリーオプションではペイアウト倍率固定制にしているのが主流で、取引ルールとしてはハイロー取引を取り入れています。ハイロー取引はエントリーする時点のレートに比べて、判定時刻のレートが高くなるか低くなるかを予想するのが特徴です。

ハイローオーストラリアの例を見てみましょう。ハイローオーストラリアのハイロー取引ではラダー取引と違って目標レートがエントリー時点のレートとして決まっています。

目標レートがエントリー時点のレートとして決まっている

エントリー時点のレートよりも上がるか下がるかを予想するだけで良く、いつエントリーしてもペイアウト倍率は変わりません。

少しレートが下がってチャンスだからレートが上がると予想するといった取引の仕方もできます。とてもシンプルなので誰でも気軽に取り組めるバイナリーオプションです。

自由度の高い海外バイナリーオプションがおすすめ

自由度の高い海外バイナリーオプションがおすすめ

国内業者と海外業者のバイナリーオプションのルールを比較してみると、大きな違いがあるのは明らかでしょう。

なぜハイローオーストラリア?国内業者と徹底比較!バイナリーオプション業者は国内と海外共にありますが、特に海外業者のハイローオーストラリア(Highlow.com)が人気があります。なぜハイローオーストラリアが選ばれているのでしょうか。国内業者との比較を通して、どの業者で取引をすべきかを考えてみましょう。...

国内バイナリーオプションではペイアウト倍率を変動制にすることや、ラダー取引のように多数の選択を与えることを義務付けています。選択肢が多いのは魅力的とも言えますが、自由が少なくて取引も複雑なのが問題点です。

海外バイナリーオプションはペイアウト倍率を固定制にすることができ、目標レートが決まっているハイロー取引にすることができます。このような自由度があるため、利用者にとって気軽にできるバイナリーオプションを提供できるのが特徴です。

海外バイナリーオプションの方が始めやすく、稼ぎやすいのでおすすめです。なかでも特にハイローオーストラリアがペイアウト率が高くおすすめです。

以下の記事で海外業者の比較を行ってみたので参考にしてみてください。

バイナリーオプション海外業者ランキング!メリット・デメリットも徹底比較した結果この記事ではどの業者が結局ベストなのか悩んでいる人のために海外業者を徹底比較しました。先に結論を言えばハイローオーストラリアが断然おすすめですが、どの業者にもメリット・デメリットがあるのは事実です。分け隔てなく客観的に見たメリット・デメリットも5つずつ厳選したのでランキングと合わせて業者選びの参考にして下さい。...

まとめ

ペイアウト倍率はバイナリーオプションで予想が当たったときに受け取れるペイアウトが、取引金額(購入金額)の何倍になるかを示したものです。

バイナリーオプションで稼いでいくにはペイアウト倍率に基づいて、稼ぐのに必要な勝率を計算し、その勝率以上に保つのを目指すのが効率的です。安心してバイナリーオプションを続けていくためにも重要なポイントになります。

バイナリーオプションのペイアウト倍率や取引ルールは以下のように国内業者と海外業者で異なっています。

国内業者:ペイアウト倍率固定制+ラダー取引

海外業者:ペイアウト倍率変動制+ハイロー取引

海外業者はバイナリーオプションの取引環境が優れているのでおすすめです。

ハイローオーストラリアは海外業者の中でもペイアウト倍率が高くて魅力が高い海外業者です。完全日本語対応で口座開設もしやすいハイローオーストラリアを活用していきましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。