ハイローオーストラリア

なぜハイローオーストラリア?国内業者と徹底比較!

バイナリーオプションで稼ぎたいと思ったときに、ハイローオーストラリアを選ぶトレーダーが大勢います。

バイナリーオプションでは国内業者と海外業者があり、トレーダーは自由に選んで取り組むことができます。当初から海外業者は詐欺まがいのケースがあったり、倒産リスクがあったりすることが懸念されていました。国内業者は金融庁にライセンスを受けているので安心感があるため、国内業者を選んでいるトレーダーも多いのは確かです。

ただ、国内でオプション取引に関わるガイドラインが定められた影響で状況が変わってきました。やはり安全性を重視して国内業者で取引を続けるトレーダーもいる一方で、海外業者に切り替えた人もいます。ハイローオーストラリアはその際によく選ばれている業者です。新たにバイナリーオプションを始める人もハイローオーストラリアを検討する傾向があります。

なぜハイローオーストラリアが選ばれているのでしょうか。国内業者との比較を通して、どの業者で取引をすべきかを考えてみましょう。

【結論】国内業者は初心者向きの複雑なトレード

なぜ安心感がある国内業者が選ばれないのかは、結論としてはとてもシンプルです。国内業者のバイナリーオプションは初心者向きに見えながらも複雑なトレードになっていて、どのレベルのトレーダーにも合わないデザインになってしまっているからです。

日本で打ち立てられた規制とも呼ばれているガイドラインは、トレーダーが大きなリスクを負わないようにするのを主な目的として作り上げられました。初心者がむやみに資金を投入していって大損をするケースが相次いだからです。トレーダーと業者を平等な立場にしつつ、トレーダーが瞬く間に資金を全額失ってしまうようなことがないようにルールが定められています。
つまり、初心者向けになったと考えられるでしょう。

バイナリーオプション業者の国内と海外の違いバイナリーオプション取引(binary option)をするときにはどの業者にするかで悩みがちです。国内業者と海外業者では大きな違いがあることから、どちらにするかをまず決めようと考える場合が多いでしょう。この記事ではバイナリーオプション業者(binary option)が国内と海外でどのように違うのかを深く掘り下げていきます。...

国内業者はガイドラインに直接明記されていない点も配慮して大きな失敗をしにくいルールを定めていることもあります。例えば、通貨ペアの数が少なくて、米ドル円やユーロ円、米ドルユーロなどの値動きのパターンがよく知られているものばかり採用されています。通貨ペア以外の株価指数や商品、仮想通貨などを取り入れている証券会社も少数派です。また、1エントリーや1日あたりの上限額を厳しく定めているケースも少なくありません。

このように初心者にとっては無理のないトレードをしやすいのが国内業者の魅力です。しかし、ガイドラインに定められたルールによって、バイナリーオプションは複雑化しています。

海外業者では主流の取引方式であるハイローオプションは国内ではできなくなりました。価格が上がるか下がるかを判定するだけはガイドラインに則ったものにならず、複数のオプションを与えるラダーオプションやレンジオプションが取り入れられています。

また、買うだけでなく売ることもできる2WAY方式が定められ、FXと同じように利益確定や損切りについても考慮しながら取引をすることが求められるようになっています。この他にもルールを難しくする要因がたくさんあるため、初心者にとって始めにくいバイナリーオプションになっているのが国内業者です。

結果として今までハイローオプションに取り組んできたトレーダーは新しいルールに慣れるよりも海外業者を選ぼうと考える傾向があります。今まで培ってきたノウハウを使える業者で取引をしたいと考えるのは当然とも言えるでしょう。

また、これからバイナリーオプションを始めたい初心者も、ルールがシンプルでわかりやすいのが魅力のはずだったのに、国内業者は複雑でよくわからないという印象を持ってしまいがちです。そのため、シンプルなハイローオプションを選べる海外業者で始めようという動きが強まっています。

国内業者の事情

バイナリーオプションの国内業者で人気がある5社についてもう少し詳しい実態を見てみましょう。

外為オプション(GMOクリック証券)

GMO

外為オプションはGMOクリック証券が提供する人気の高いバイナリーオプションサービスです。

GMOクリック証券では日米の主要な株価指数によるトレードに対応する株価指数バイナリーオプションのサービスもあり、どちらも基本ルールは同じです。

使いやすい取引プラットフォームが人気の理由で、インジケーターも使える仕様になっています。ただ、ラダーオプション限定で取引時間も3時間と長めに設定されているので、大きな利益を上げにくいのが悩みになる点です。

特徴

通貨ペア:5種類

取引方式:ラダーオプション

取引上限:200枚/エントリー、10,000枚/日

IG証券

IG証券

IG証券はイギリスに拠点を置いている外資系の証券会社です。
国内のガイドラインに則りつつ、自由度の高いバイナリーオプション取引を実現する動きを見せています。

通貨ペアは7種類ですが、金などの商品や株価指数も合わせると20種類以上の選択肢があるのが魅力です。取引方式も三種類あり、取引上限額も定められていないので大きな資金を動かしやすいでしょう。しかし、ルールが複雑で取引プラットフォームも操作に訓練を必要とするなどの課題点も持っています。

特徴

通貨ペア:7種類

取引方式:ラダーオプション、レンジオプション、タッチオプション

取引上限:無制限

オプトレ!(YJFX!)

オプトレ

オプトレ!は国内業者でもトップの通貨ペアの数がありますが、それでも8種類だけです。ラダーオプションだけでなくレンジオプションも選べることに加え、一日あたり500万円まで取引可能なのはメリットが大きい点です。

ただ、ラダーオプションの選択肢が広く、レンジオプションと両方で同時エントリーもできるのでどのような形でエントリーすべきかを判断するのが悩みになりがちです。

特徴

通貨ペア:8種類

取引方式:ラダーオプション、レンジオプション

取引上限:ラダーオプション500口・レンジオプション100口(合計600口)、500万円/日

LION BO(ヒロセ通商)

LIONBO

LION BOはFXで有名なヒロセ通商が提供するバイナリーオプションです。
ラダーオプション限定で通貨ペアの選択肢も三つしかないのが悩みになりがちです。

ただ、ラダーオプションの選択肢が7つもあるので大きな値動きを期待できるときにペイアウト倍率を上げやすい魅力があります。FXと似ている考え方で取引をしたい人には向いていますが、その分だけ取引にかかる負担が大きくなるので注意が必要です。

特徴

通貨ペア:3種類

取引方式:ラダーオプション

取引上限:50ロット/エントリー、50ロット/回号

みんなのオプション(トレイダーズ証券)

みんなのオプション

みんなのオプションは日本に初めてFXを導入したトレイダーズ証券のバイナリーオプションサービスです。ラダーオプションとレンジオプションを選べますが、主要な4通貨ペアしか選べないので自由度が低いのが問題になりがちです。実績が豊富なので安心や信頼を重視するトレーダーから人気があります。

特徴

通貨ペア:4種類

取引方式:ラダーオプション、レンジオプション

取引上限:50ロット/エントリー、300ロット/回号

ハイローオーストラリアのルールと特徴

国内業者と比べてハイローオーストラリアはどのような魅力があって選ばれているのでしょうか。

ハイローオーストラリアでは通貨ペアの数は17で、さらに金や石油などの商品、各国の株価指数、ビットコインなどの仮想通貨を利用できます。

取引方式はシンプルなハイローオプションが基本になっていますが、高いペイアウト率を得られるスプレッドオプションも選択可能です。取引上限も緩くて複数のエントリーを並行して行いやすい仕組みになっています。

また、取引時間も自由に選択できるのがハイローオーストラリアの魅力です。1日、1時間、15分の他に、ターボ取引とされる5分、3分、1分、30秒の取引を選べます。値動きの状況に応じて取引時間を選べるのは利益を上げやすくすることに直結します。

特徴

通貨ペア:17種類

取引方式:ハイローオプション、スプレッドオプション

取引上限:200,000円/エントリー、500万円/回号

ハイローオーストラリアはペイアウト率が明示されているので、ここでエントリーしたらいくらになるかがはっきりとわかります。

また、ハイローオーストラリアでは2WAY方式に近い選択肢をトレーダーに与えています。転売と呼ばれるポジションの売却機能があるからです。必ずしも利用しなくても問題はありませんが、相場の急変が起こってこのまま全額を失いたくないというときに、低めのペイアウト率で損切りをするといった戦略を立てることも可能です。海外業者では転売に対応していないことも多いですが、資金を無駄にしないための保険として転売を使えるのは安心感があります。

転売を利用して勝率UP
【稼げるの?】転売を利用して勝率UP!ハイローオーストラリア(Highlow.com)で転売というボタンを見たことがありませんか?実はこれ、うまく活用できれば勝率を上げることができます!転売は使い方次第では資産形成をスムーズに進めることにもつながる魅力的な機能なのです。ここではそもそも転売とは何かを概説した上で、転売を使うとなぜ稼げるのかをわかりやすく解説します。...

利益を予測しやすくて損切りもできることから、ハイローオーストラリアでは資金管理の問題が起こりにくいメリットもあると言えます。

勝ち方のノウハウが多いハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアを国内業者と比較してみると、ハイローオーストラリアは初心者向きではないという印象を持つ場合もあります。取引をするために選ばなければならないものが多くあるからです。

確かに通貨ペアだけでも数が多く、選べる銘柄の数は国内業者とは雲泥の差です。取引スケジュールも2時間おきや3時間おきに固定されているわけではないので、いつどの取引時間でエントリーすべきかを考えると複雑だと思われがちです。しかし、このような選択肢の広さは自由度と捉えることもでき、得られた自由を簡単に有効活用できればメリットになります。

ハイローオーストラリアが持っているバイナリーオプションの自由度はあまりデメリットになりません。国内業者のルールはまだできてから新しく、日本のトレーダーしか使っていないのでノウハウがほとんど流通していません。ガイドラインができてルールを変更してから、さらに変更を重ねてきている証券会社もあります。

そのため、自由に色々なテクニックを考えて取り組める魅力がある反面、早くノウハウを学んで勝てるようになりたい人にとっては情報が少ないのです。自分でルールを正しく理解し、ルールの枠内で自分なりに試行錯誤をして勝ち方を見出さなければなりません。それが好きな人にとってはメリットがありますが、すぐにでも勝って稼げるようになりたい人には敷居が高いでしょう。

ハイローオーストラリアの場合には世界中のトレーダーが取り組んできた歴史があり、ルールの変更もそれほど大きなものは行われていません。ハイローオプションだけでなくスプレッドオプションの勝ち方や、通常の取引期間を選ぶよりもペイアウト率が高いターボ取引のノウハウも大勢のトレーダーが公開しています。何から始めたら良いかわからないという人も、成功しているトレーダーからの情報を得て試してみるのが簡単です。

国内業者でもデモトレードを利用可能なところが増えていますが、ハイローオーストラリアでもデモトレードが提供されています。会員登録すらせずにすぐにウェブ上でデモを行えるのがハイローオーストラリアの魅力で、少し海外業者のバイナリーオプションをやってみたいと思った人も気軽にチャレンジできます。

デモトレードで成功しているトレーダーのノウハウに基づいた取引をしてみると、本当に勝てるかどうかがわかるでしょう。叩き台となる情報がたくさんあるので、自分なりの勝ち方も比較的簡単に作れます。デモトレードなら一切費用がかからず、様々な勝ち方のノウハウを実際に試せます。

デモトレード

ハイローオーストラリアは特に日本で人気があるので、情報を得るときにも日本語で問題がありません。ハイローオーストラリアの運営も日本語サポートを行っているという点でも安心です。このような下地があるからこそ自由度の高さが初心者にもメリットになると考えられ、多くの人がハイローオーストラリアを選ぶようになっています。

まとめ

バイナリーオプションでは国内業者が海外業者に比べると詐欺などのリスクが低く、安心して利用できる傾向があります。

しかし、実際にはバイナリーオプションのトレーダーは国内業者だけでなくハイローオーストラリアをよく選んでいます。初心者でも取り組みやすいシンプルなルールに加え、多くのトレーダーが培ってきたノウハウが手に入りやすいからです。

代表的な国内業者のルールと比較してみると自由度が高く、選択肢と情報の豊富さを生かせば大きな利益を上げられるでしょう。その期待を胸に抱いてハイローオーストラリアに転向するトレーダーも多くなっています。

今まで国内でトレードをしてきた人も、これからバイナリ―オプションをやっていたい人も、まずはハイローオーストラリアのデモトレードから始めてみましょう。