攻略

MACDのヒストグラムを完全活用!ハイローオーストラリア(Highlow.com)のエントリーに使える!?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のエントリーに使えるインジケーターとしてMACDには人気があります。

普段からMACDで分析してエントリーしている人もいるでしょう。ただ、ヒストグラムをきちんと見たことがある人はいるでしょうか。

こんなオレ

MACDが人気なのはMACDラインとシグナルラインのクロスを使ってトレードできるからです!

ゴールデンクロスとデッドクロスを使うトレード手法はテクニカル分析では頻繁に出てきます。最も初歩的と言われるローソク足と移動平均線、あるいは短期移動平均線と長期移動平均線のクロスはテクニカル分析を学び始めた頃から目にしてきた人も多いでしょう。

MACDでも同じ考え方でエントリーできるので、抵抗感なく使い始められる人も多いインジケーターです。ただ、MACDのヒストグラムが表示されているのにはわけがあります。

ここではヒストグラムを完全活用してハイローオーストラリアでエントリーできるようになる手法を紹介します

MACDのヒストグラムとは

ハイローオーストラリアでMACDを使うときにはMACDラインとシグナルラインばかり見ていて、一緒に表示されている棒グラフを無視している人もいるのではないでしょうか。

分析ツールによってはこの棒グラフを非表示にできるので、使わないからと言って消してしまって忘却の彼方になってるかもしれませんが、この棒グラフがMACDのヒストグラムです。

MACDのヒストグラム
MACDのヒストグラム

ヒストグラムとはMACDラインとシグナルラインの差として計算されるインジケーターです。

こんなオレ

MACDラインとシグナルラインの間にどれだけの距離があるかを視覚的に表現した棒グラフだと考えると良いでしょう。

MACDライン短期指数平滑移動平均長期指数平滑移動平均の差です。

シグナルラインMACDラインの単純移動平均として計算されます。

つまり、ヒストグラムMACDラインからその単純移動平均を引いたものです。

MACDラインの一定期間の平均値に比べて現在のMACDラインの値がどのくらいになっているかを示したものだと言えます。

現在のMACDが大きくなっているならヒストグラムは正の方向に大きくなり、現在のMACDが小さくなっているとヒストグラムは負の方向に大きくなります。

MACDヒストグラムの見方
MACDラインとヒストグラム

MACDライン自体が長期の平均を短期の平均から引いたもので、最近に向けて価格が上がっている傾向が強いときほど値が大きくなる指標です。その変化がプラスマイナスを考慮してどちらの方向に大きくなっているかを示しているのがヒストグラムです。

ヒストグラムの重要なエントリーサイン

ヒストグラムをハイローオーストラリアのエントリーに使うときにはどのようなサインを見たら良いのでしょうか。

MACDラインとシグナルラインのように二つの曲線のクロスをサインとして見ることはできません

しかし、計算方法からわかるように、ヒストグラムはMACDラインとシグナルラインのゴールデンクロス、デッドクロスと同等のサインを出します。

この二つのラインの引き算で計算されているので、ヒストグラムが0になったときにはゴールデンクロスかデッドクロスが起こっているのです

MACDラインがシグナルラインを下から上に抜けるゴールデンクロスのときには、ヒストグラムはマイナスから0を通ってプラスになります。

逆にMACDラインがシグナルラインを上から下に抜けるデッドクロスのときには、ヒストグラムはプラスから0を通ってマイナスになります。

ヒストグラム0のサイン
ゴールデンクロス・デッドクロス

現象としては全く等価なので、ヒストグラムがマイナスからプラスになったら価格が上昇すると予測できるのでハイエントリーが有効です。逆にプラスからマイナスに転じたら価格が下降すると考えてローエントリーを行えます。

ヒストグラムのピークを見る手法

ヒストグラムはMACDラインとシグナルラインのクロスを見るのと同じように使えるだけでなく、ピークを見てバイナリーオプションに活用することも可能です。

ヒストグラムはプラスの値を取った後、0をクロスしてマイナスの値を取り、また0を超えてプラスの値になるといった波形を示します。

プラスのときには極大値、マイナスのときには極小値を取り、それから間もなくして0になるのが一般的です

このピークが確認されたのをサインとして捉えると相場の動きがよく見えるようになります

ヒストグラムは0を超えた後、プラスマイナスのどちらの方向であっても絶対値が大きくなってグラフが伸びている間は価格が同じ方向に動き続ける傾向があります。

ヒストグラムの動き
ヒストグラムの動き

つまり、明確なトレンドが生じているサインになるのです。しかし、ピークが観測された時点でトレンドが弱まり、いつ相場が切り替わってしまうかがわからない状況になります。

そのため、ヒストグラムがピークを形成した時点で順張りエントリーは控えるべきというサインになるのです。

一方、ピークが記録されると0に向かっていくのでクロスのタイミングがやってきます。それがサインとなって今までとは逆方向に順張りエントリーができるようになります。

ヒストグラム・ピーク・順張り
ヒストグラム・順張り
こんなオレ

タイミングを正しく見極められれば逆張りをした後、次足からは順張りという形でエントリーできるでしょう。

そして、ヒストグラムがピークに達したら順張りをやめるといった形で、ピークを境にしてトレードすることができます。ヒストグラムを有効活用してエントリーできるチャンスを増やすのに有効な戦略です。

ヒストグラムのピークとゼロと移動平均線

ここでゴールデンクロスやデッドクロスをバイナリーオプションで活用してきた人のために、ヒストグラムを使った重要な手法を紹介します

ヒストグラムのピークができると、次に0になるときがやってくるのは説明しました。

こんなオレ

これは解釈を変えると、ヒストグラムのピークの後にMACDラインとシグナルラインのクロスがやってくることを意味します。

実はさらに指数平滑移動平均線のクロスがこの後にやってきます。この点も計算の仕方を見てみればすぐに解釈可能です。

MACDラインは短期指数平滑移動平均から長期指数平滑移動平均を引いたものなので、0になるタイミングが指数平滑移動平均のクロスするポイントです。

MACDラインがゴールデンクロスをするときにはMACDラインはマイナスの領域にあり、上昇して0をクロスしてプラスの値になります。そのため、ゴールデンクロスをした後で短期指数平滑移動平均が長期指数平滑移動平均よりも大きくなり、ゴールデンクロスを起こすのです。

MACDと移動平均線のゴールデンクロス
MACDと移動平均線のゴールデンクロス

このような経時的変化がわかっているとエントリーするタイミングをいつにするかを相場に応じて最適化可能です。

MACDのゴールデンクロスでエントリーして早すぎたり、移動平均線のゴールデンクロスでエントリーしたら遅すぎたりすることはよくあります。

相場によってはMACDのゴールデンクロスのタイミングではもう値上がりが起こっていて、次の足ではエントリーが遅いということすらあります。

しかし、ヒストグラムのピーク、MACDのゴールデンクロス、移動平均線のゴールデンクロスという順番で起こることがわかっていると、全体の流れを予測できるでしょう

ヒストグラムのピークが出たらゴールデンクロスが起こりそうなタイミングで少し前からエントリーをすることも可能です。

MACDのゴールデンクロスは事前サインと見なして、指数平滑移動平均のゴールデンクロスが起こる直前にエントリーする手法も考えられます。

このような流れをイメージしたトレードをすると相場の癖に合わせて勝率が高いタイミングを狙ってエントリーできます。

ヒストグラムの重大なリスク

ヒストグラムの重大なリスク

MACDのヒストグラムはハイローオーストラリアで使うときには重大なリスクがあります。

ヒストグラムが0になるところはMACDラインとシグナルラインのゴールデンクロスやデッドクロスと同じなので、MACDとは使用上の注意が共通しています。しかし、ピークを使って解釈をするときにはシビアな問題が生じるので気を付けましょう

こんなオレ

実際に使おうと思ってみるとわかりますが、ヒストグラムのピークは過ぎた時点で見つかるものです!

MACDのヒストグラムには最大値がないのでピークになった瞬間に、それがピークだと判定することはできません。まだヒストグラムが大きくなる可能性もあります

ただ、仮にピークの瞬間にそれがピークだと判定する方法があったとしても、バイナリーオプションのエントリーサインになるとは言えないのが問題点です。

上昇トレンドでヒストグラムが正の値を取っていてピークになったとしましょう。通常はその後も少しの間は上昇トレンドが続きます。ただ、ローソク足で見るとピークの前よりは陰線の割合が多くなってくるのが一般的です。

こんなオレ

そのため、順張りエントリーの勝率が下がるからエントリーを控えた方が良いという意味にしかならないのです。

その後にヒストグラムが0を下回るまでは一般的には下降トレンドも明確にならないため、エントリーが難しいのが通例です。

MACD リスク

そのため、ここぞというタイミングでエントリーして稼ぎたい人には向かないインジケーターと言えます。

また、ピークの後には0に向かうというのもあくまで一般論です。ピークができた後、0に触れる前にもう一度反転するケースも決して少なくありません。その間は値動きが不安定なことは同じなのでリスク回避にはなります。

しかし、これからデッドクロスがやってくるはずだと思って待っていたら、肩透かしを食らってしまうことはあるので注意しましょう。同じようにMACDラインとシグナルラインのクロスの後に指数平滑移動平均のクロスが起こらないこともあります。

MACDラインとシグナルラインのクロスの後に指数平滑移動平均のクロスが起こらない

つまり、ヒストグラムを使うとMACDラインとシグナルラインのクロス以外にも相場の情報を得られますが、どれもエントリーのチャンスを増やすものではありません。

エントリーのリスクが高いかどうかを見極めて、エントリーを控えるべきと判断する材料を手に入れられるのがヒストグラムの特徴です。

単純に考えるとヒストグラムが0を超えてピークに向かう間はエントリーできますが、ピークを超えてから0に到達するまではリスクが高いという解釈になります

つまり、ヒストグラムを信用すると全体の半分くらいはエントリーできない時間になってしまうのです。そのため、絶対的な信用をしてしまうと全くエントリーできずに一日が終わってしまうリスクもあるので気を付けましょう。

ハイローオーストラリアでヒストグラムは使うべき?

ヒストグラムはMACDラインとシグナルラインを使うのと同じ相場予測ができることに加え、ヒストグラムのピークを使った分析もできます。

ただ、ピークを使う分析ではリスク回避がメインになってしまうのは事実です。このような兼ね合いを考えると、ヒストグラムはハイローオーストラリアで使うべきなのか、不要なのかと迷う人もいるでしょう。

今までのトレード成績を振り返ってみると、ヒストグラムを使った方が良いかどうかは見極められます。

成績を振り返ったときに、エントリーの回数があまりにも少ないという印象を受けたなら無理にヒストグラムを使う必要はありません。

MACDラインとシグナルラインを使ってエントリーできる機会を探す方に力を注ぐのが合理的です。

全般的に勝率が低いという場合にはハイローオーストラリアでヒストグラムを積極的に使いましょう

こんなオレ

ヒストグラムを使ってエントリーリスクが高いタイミングを回避するだけで勝率が上がることはよくあります!

エントリーできる回数が減ってしまう点は問題になる場合がありますが、トータルで勝てるようになったら金額を増やして取引すれば良いと考えられるでしょう。過去の成績をさらに詳細に振り返ってみて、ヒストグラムを使っていたら勝率がどのくらいだったかを比較してみると有効性が明確になります。

このようなバックテストは土日もできるので、バイナリーオプションができないタイミングで分析してヒストグラムを使うかどうかを考えてみましょう。

土日の攻略が重要!バイナリーオプションの土日の使い方とは?バイナリーオプションは土日にはできないのが原則でした。しかし、仮想通貨は市場が動いているので業者によってはバイナリーオプションの指標として使って取引ができます。ただ、仮想通貨を指標とする取引で学んだことをそのまま生かすのは困難なので注意しましょう。...

まとめ

ハイローオーストラリアではMACDを使っているトレーダーが大勢いますが、MACDと言えばMACDラインとシグナルラインのクロスと思い込みがちです。

この記事を通してヒストグラムもMACDを活用する上では重要な意味があるとわかったでしょうか

ヒストグラムはゴールデンクロスもデッドクロスもわかるインジケーターで、トレンド相場がどんな動向になっているかをいち早く知ることができるのが魅力です。

こんなオレ

エントリーするリスクが高い相場を見抜けるようになるとバイナリーオプションの勝率は飛躍的に向上します。

MACDを使うときにはヒストグラムも表示して気に掛ける習慣を作るだけで、本当にリスクのあるタイミングを回避できるようになります。

バイナリーオプションで勝てなくて困っているときにはヒストグラムを使い、勝てるタイミングを選んでトレードしてはいかがでしょうか。

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。