攻略

3分取引でビットコインのトレンド相場を攻略!ハイローオーストラリア(Highlow.com)でADXと三兵を使ってみよう!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)では3分のターボ取引ができます。主要通貨ペアに加えてビットコインとイーサリアムでも3分取引を活用できますが、試してみたことがない人も多いでしょう。

テクニカル分析ツールとして高性能で有名なMT4では3分足チャートに対応していないので、テクニカル分析をしづらいからです。MT5なら3分足チャートの分析もできるため、だんだんと3分のターボ取引も選ばれるようになってきたのが現状と言えます。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではMT4とMT5はどちらが良いの?MT4とMT5はどちらも高度なチャート分析を行える有用なツールです。MT4が人気ですが、ハイローオーストラリアでは使う価値があまりないので気にする必要がほとんどありません。ハイローオーストラリアで勝っていきたいならMT5がおすすめです。...

ハイローオーストラリアの3分取引は1分取引と同じ1.90倍のペイアウト率なのが魅力です。時間的に余裕を持って分析をしやすいため、初心者におすすめの取引時間です。

こんなオレ

ただ、やはり3分という特異な時間で取引をするのに不安がある人もいるでしょう...

ADXと酒田五法の三兵を使うのが3分取引では効果的です。この手法はビットコインも攻略できるのでしょうか。

この記事ではビットコインの3分取引でADXと三兵の効果を見てみます。最近のレンジ相場からトレンド相場に移ったタイミングを使って、どのような相場に強い方法なのかを見極めましょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

チャートからわかるレンジ相場からトレンド相場の発生

チャートからわかるレンジ相場からトレンド相場の発生

ビットコイン相場を見ていると目まぐるしく相場が変わっていくのがわかります。ビットコイン規制や関連企業CEOの要人発言によって急変が起こっているタイミングも多く、荒れ相場が続いている時間帯もあります。

しかし、チャートをよく見ているとはっきりとしたレンジ相場やトレンド相場を発見できることもあります。

以下のように7月30日にはレンジ相場が続いていた状況から上昇トレンド相場が発生したタイミングがありました。このタイミングではトレンドの発生を狙って順張りをすることも、トレンド相場で安定した順張りをすることもできたでしょう。レンジ相場の間には転換点を狙って逆張りするのに成功したかもしれません。

相場の動きとしては典型例が揃っているので、このチャートを使ってADXと三兵の効果を見てみましょう。

レンジ相場が続いていた状況から上昇トレンド相場が発生したタイミング

ADXからわかるトレンド相場の始まりと終わり

3分足チャートの下に表示してあるのがADXです。ADXはトレンドの強さを示すインジケーターで、25%以上になったらトレンドが生まれたと判断します。

DMIとADXで相場を把握すればハイローオーストラリア(Highlow.com)で稼げるワイルダーが開発したADXとDMIは相場の把握に適しているインジケーターです。ADXを使えばレンジ相場かトレンド相場かを見極めることができ、DMまたはDIを使えば相場が動く勢いを方向性と共に理解できます。性質が異なるインジケーターをADX+DMIによる相場分析に組み合わせることで、自分にとって使いやすいエントリー基準を作り出すのが大切です。...

このチャートを見てみると、相場が大きく上昇する少し前にADXが25%を越えてトレンドが発生したことを示しています。それまではレンジ相場が続いていたことも価格がほとんど動いていなかったことから理解できるでしょう。

ADXは25%以上ならずっとトレンドがあると解釈する人もいます。

しかし、多くの場合にはADXが減少を始めた時点でトレンドが終わります。

このチャートでもADXが下がり始めた頃にはレンジ相場が始まっているのを見て取ることが可能です。

ADXが下がり始めた頃にはレンジ相場が始まっている

このようにADXを使えば3分足チャートでトレンド相場の始まりと終わりを判断できます。この期間を狙ってトレンド系インジケーターを使った取引をすればきっと予測が当たると考えられます。

ボリンジャーバンドで相場予測

ボリンジャーバンドで相場予測

ボリンジャーバンドはトレンド相場での取引をするときに人気があるインジケーターです。

 1σのライン上を価格が推移するバンドウォークに合わせて相場を読む。

 2σのラインにローソク足がタッチしたときに起こる反発を狙う。

このような形でハイローオーストラリアでもよく用いられているインジケーターです。このトレンド相場でボリンジャーバンドが有効だったかどうかを見てみましょう。

ボリンジャーバンドの基礎!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方は?
ボリンジャーバンドの基礎!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方は?ハイローオーストラリアのトレーダーから人気のボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差を組み合わせトレンド系インジケーターです。バンド状のパターンを見るだけで価格のばらつき具合が一目でわかるのが魅力です。ボリンジャーバンドをマスターすればハイローオーストラリアの攻略は夢ではありません。テクニカル分析の登竜門となります。...
バンドウォークでどこまで勝てる?ボリンジャーバンドを極めよう!ボリンジャーバンドのバンドウォークをマスターすればハイローオーストラリアで勝てるようになるのは夢ではありません。トレンド発生中の取引で合計して勝てていれば良いというスタンスでバンドウォークを使っていくと必勝戦略を生み出せます。ハイローオーストラリアで勝てる方法をたくさん作れるのはバンドウォークの魅力です。...

ローソク足を見るとボリンジャーバンドの1σラインをバンドウォークしていることがわかります。ADXが減ってトレンドの終わりを告げたタイミングで1σから離れて中心線にローソク足が近づいています。

ローソク足を見るとボリンジャーバンドの1σラインをバンドウォークしている

ADXとボリンジャーバンドの示す内容は一貫性が高いことがわかるでしょう。

ボリンジャーバンドの2σにタッチしたところで逆張りをする手法が通用するかどうかを見てみます
バンドが広がってきて最初に2σにタッチしたときにはそのまま突き抜けてしまいました。その後すぐに反発が起こって陰線を付けています。次に陽線が2σにタッチしたときも5本連続で陽線になってしまっています。

これでは全然予想が当たらないと思うかもしれませんが、急激に大きなトレンドが起きた直後は2σをバンドウォークすることがあります。陽線が2σを越えた後、陰線が2σを下回りませんでした。このようなときにはしばらくは2σでバンドウォークをすると考えるのが適切です。

ボリンジャーバンドの2σにタッチしたところで逆張りをする手法が通用するか

5連続の陽線が出た後は1σに戻ってきてバンドウォークを始めました。この状況で大陽線が登場して2σにタッチしています。このような形がボリンジャーバンドによるトレンド相場の反発狙いが成功するパターンです。確かに次に陰線が出てきています。

その後、しばらく1σと2σの間をウロウロとしていますが、また5本連続の陽線が出たときに2σにタッチしました。この場合にも1σでバンドウォークしてから2σにタッチしに行っているので理想的な形です。確かに次足は陰線で反発が起こっています。

ボリンジャーバンドによるトレンド相場の反発狙いが成功するパターン

そして、この時点でADXは減少を始めました。ボリンジャーバンドも狭くなっていき、ローソク足は1σよりも内側に入っています。トレンド相場が終息に向かったことをどちらのインジケーターも示しています。

このように3分取引のビットコインではADXでトレンドを読み、ボリンジャーバンドの反発を使えば2勝できたことがわかります。慣れていないと最初の2つも逆張りしてしまって2勝2敗になってしまいますが、ボリンジャーバンドを使い慣れると前の二つはダマシだと考えられるでしょう。

三兵で予測する3分取引

ADXによってトレンド相場があるのを確認して試みたビットコインの3分ターボ取引は効果的なことがわかりました。

同じ期間で酒田三法の三兵を使って予測するとどのような結果になるのでしょうか。上の3分足チャートを拡大して三つに分けて細かく見てみましょう。以下のように三つの赤三兵を中心にして分析を進めます。

酒田三法の三兵

赤三兵:長い陽線が三本連続していて始値が上がっている
赤三兵先詰まり:赤三兵の三本目の上ひげが優勢で終値が上がっていない
赤三兵思案星:赤三兵の三本目の実体が急激に短くて上ひげも下ひげも出ている

上昇トレンドが発生するタイミングなので陽線がたくさん並んでいます。
赤三兵による予測に加えて、赤三兵先詰まり・赤三兵思案星にも注意して様子を順次見てみましょう

最初は星でほとんど実体がなく、三本目もコマです。次足からようやく実体がある陽線が2本連続で並びましたが、その次足は星になっています。赤三兵思案星なので次は陰線になると予測できるタイミングです。ほとんど実体がないですが、陰線になって赤三兵思案星が成立したと言えます。

赤三兵思案星が

その後、実体が小さい陽線が三本連続で並び、三本目の下ひげが長くなっています。この赤三兵はビットコイン価格が上がる勢いがあることを示しています。確かに次にやや大きな陽線が出ました。

この陽線には上ひげがあるので反発が起こり始めたことを示唆しています。赤三兵先詰まりにも見えますが、高値が更新されているのでまだ赤三兵と読むことが可能です。次も長い陽線になり、さらにまた陽線が出ました。しかし、その次足は陰線になっていて、赤三兵が成立しなかったことになります。この価格上昇のタイミングで3勝1敗、勝率75%を記録しました

赤三兵

次の赤三兵も成立していますが、その後に出てきた陽線は下ひげが圧倒的に優勢なコマです。赤三兵思案星と解釈できるものの、下ひげがかなり長いので上げ相場でもあると解釈できます。

このように条件が拮抗しているときにはエントリーしないのが無難です。

赤三兵わかりにくい相場

結果としては上げ相場の傾向が若干優勢ではあったものの、コマになりました。ここで手を引かなかったら1勝1敗でしたが、リスクを回避していれば1勝のみの勝ち越しです。

この上昇トレンドの最中では三兵による取引成績は5勝1敗、最後の回避ができなかったとしても5勝2敗です。勝率にすると83.3%または71.4%で優秀な結果が得られたとわかります。

ハイローオーストラリアでは3分のターボ取引のペイアウト率が1.9倍なので、52.7%以上の勝率なら利益になります。この1時間半ほどの取引で大きな利益につながったことは明らかでしょう。

この後の結果

上昇トレンドはまだ続いていたので、この後の結果がどうなるかも見てみましょう。

まずは赤三兵先詰まりが発生し、次足が上ひげの長い陰線になって成功しています。
さらに5足後になって赤三兵思案星が発生し、次足が陰線なのでまた取引に成功できています。

赤三兵先詰まり、赤三兵思案星

その後を見ると陰線が三つ連続でならんで黒三兵になっていました。三本目の陰線では上ひげが優位なのでまだ下げ相場になることを示しています。結果としてコマになりましたが、確かに陰線になりました。そして、これを黒三兵思案星とみると、次足が陽線になってさらに取引に成功できたことがわかります。

黒三兵思案星

この陽線を起点にして赤三兵が成立しましたが、次足は下ひげが圧倒的に優勢なコマです。どちらに動くか不明なので取引をしないのが無難だったタイミングです。

そして、次に陽線が発生していますが、上ひげが長いことから赤三兵先詰まりと読めます。ただ、2本目がコマなのでリスク回避をして取引しないのが得策でしょう。赤三兵先詰まりと見てローで取引をしていれば勝てましたが、運が悪いと失敗するので避けておくべきタイミングです

このように三兵を賢く使いこなすことができていれば、この期間はリスク回避を重視すると3勝0敗、思い切って取引をすると4勝1敗でした。勝率は100%または80%で非常に良い成績だったと言えます。

上昇トレンドが発生する前に三兵で取引をしていたら

もし上昇トレンドが発生する前の期間から三兵で取引をしていたらどうなったのでしょうか。今回分析した前の期間も三兵で取引をした場合の結果を見てみましょう

赤三兵思案星が発生して当たり、しばらく三兵がない状況が続きます。そして、相場が上昇した後、黒三兵ができていますが、下ひげが長いので反発が起きると予想されます。陽線が生じたので確かに予想通りになりました。

その陽線を起点にして赤三兵思案星ができて、次足は陰線になりました。その次も黒三兵思案星が成立しています。

上昇トレンドが発生する前に三兵で取引をしていたら

しかし、その後の赤三兵では下ひげが長くて上げ相場の傾向があるにもかかわらず失敗になりました。これはコマだと思った人は赤三兵思案星と見て成功したかもしれません。しかし、ここまで連続で成功してきていると、心情としては赤三兵だと思ってハイで取引してしまうでしょう。

次の三連続の陰線では下ひげが優勢なので反発が起こると予想されます。陽線が出現したのでここでも三兵による予想が当たりました。

上昇トレンドが発生する前に三兵で取引をしていたら

結果を集計すると5勝1敗で勝率83.3%です。つまり、三兵はトレンド相場になっていないタイミングでも有効性が高く、勝ち越せると期待できる手法なのです。

まとめ

ハイローオーストラリアでないがしろにされがちな3分取引ですが、ビットコインで使ってみると意外に勝てるとわかったのではないでしょうか。

こんなオレ

MT4では3分足チャートに対応していないのでやめていた人も、MT5を使ってみるとハイローオーストラリアでもっと勝てるターボ取引ができるかもしれません!

ここではADXによってトレンド相場を見つけ出し、ボリンジャーバンドで丁寧に取引をすると勝率が極めて高いことを示しました。ただ、トレンド相場でもボリンジャーバンドが100%機能するわけではないので、あくまで高い勝率を期待できるだけだと考えましょう。

三兵についてはトレンド相場の前にあるレンジ相場の終わり頃にも効果的なことがわかりました。冷静にリスクを回避する取引を心がけると高い勝率にできることが理解できたでしょう。

3分取引はリズム感が良くて取り組みやすいのが魅力です。ハイローオーストラリアではペイアウト率も高いので、ビットコインの3分取引にトライしてみましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。