ハイローオーストラリア

ハイとローに両方エントリー!?両建てをするメリットとデメリット

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の採用しているハイロー取引はバイナリーオプションの中でも最も古い歴史があります。

判定時刻になったときになったときに価格が上がっているか下がっているかを予測するハイ、ローを選べば良いだけの二者択一のルールなのがハイロー取引の特徴です。

HIGHかLOWかポジションをとるだけ

ハイローオーストラリアでハイかローかで迷ったときには、リスクが高いと考えてエントリーを見送るのが一般的です。

ただ、迷ったときにハイにもローにもエントリーしたいと思った人もいるのではないでしょうか。

こんなオレ

この手法は両建てと呼ばれていて、バイナリーオプションだけでなくFXなどでも話題に上ることがあります。

この記事ではハイローオーストラリアのバイナリーオプションで両建てをするメリットやデメリットを、複数のケーススタディをしながら解説します。

ハイローオーストラリアでの両建ては負けるのが原則

両建て

結論から言えば、ハイローオーストラリアでハイとローの両建てをする取引手法は原則として負けます。

こんなオレ

負けるというのは損失になるという意味で、普通に両建てをすると確実に負け続けるのでやめましょう。

これはハイローオーストラリアに限らず、バイナリーオプション全般に共通する注意点です。

バイナリーオプションのハイロー取引は海外で使われている最もポピュラーなルールです。

特徴的なのはエントリーする時点でペイアウト率が決まっていることで、予想が当たればそのペイアウト率に購入した金額を掛けた金額が戻ってきます。

予想が外れた場合には全額が没収されるだけでペイアウトは一切ありません。

このペイアウト率は業界最高水準とも言われるハイローオーストラリアでも1.85倍~1.95倍です。1万円でエントリーしたとしたら、予想が当たったときに返ってくるのが18500円~19500円ということになります。

両建て
こんなオレ

他の業者では1.5倍くらいしかない場合もあるので注意しましょう。

この状況を考えると両建てでは負けるだけになるとわかります。

ハイとローに1万円ずつ同時にエントリーしたとしましょう。結果としてハイとローの両方が当たることはないので、ハイになったとしてもローになったとしても当たった方のエントリーからペイアウトを受け取れます。

そして、外れた方のエントリーからは何も受け取れません。ペイアウト率は2倍に満たないので、ペイアウトがエントリーに使った2万円に到達することがありません。

そのため、両建てをすればするほど資金を減らすだけになります。

また、ハイロー取引では引き分けが問題になることもあります

引き分けとは基準のレートと判定時刻のレートが一致したケースです。レートが一致した場合にはハイでもローでもない状況なので、業者の総取りというのが業界スタンダードになっています。

以前は引き分けのときにユーザーが勝ちと判断されているケースもありましたが、今ではハイローオーストラリアでも引き分けは負け判定とされています。

両建て 引き分け

両建てをして引き分けになると両方とも予想が外れたと見なされるため大損をしてしまいます

ハイローオーストラリアでできる特殊な両建て

単純な両建てのケースを見るとバイナリーオプションでは損失しか生み出さないことがわかりました。

しかし、特殊な両建てをすると稼げる可能性もないわけではありません。

同じタイミングでハイとローの両方にエントリーする手法を生かして稼ぐことは本当にできるのでしょうか。

ここでは三つのケーススタディを通してバイナリーオプションで両建てを生かせる可能性を考察してみましょう。

転売を利用するケース

転売

両建ての特徴を生かして稼ぐ方法として、ハイローオーストラリアが提供している転売の機能の利用が考えられます。

転売とはエントリーして購入したポジションについて判定時刻を待たずに売ってしまう方法です

転売を利用して勝率UP
【稼げるの?】ハイローオーストラリアで転売を利用して勝率UP!ハイローオーストラリアでは転売が公式に認められていて簡単に活用できます。転売は取引を中断して利益確定や損切りを行える機能で、ペイアウト倍率もペイアウト額がはっきりとわかるので上手に活用すれば勝率を上げることも、稼ぎやすくすることもできます。...

転売をするときにはエントリーに使った資金が全額返ってくるわけではありません。

そのときの相場に基づいて算出された転売ペイアウト率に基づいて転売ペイアウトが計算される仕組みになっています。

ハイローオーストラリアではその金額を確認してから転売するかどうかを判断することが可能です

一般的には予想が当たっているのが明らかなときには転売ペイアウト倍率が1以上になり、予想から外れているときには1未満になります。

転売時のペイアウト率

両建てをして転売するケースについてどのような結果になるかを確認してみましょう。

ハイとローの両方にエントリーした後、レートの推移を見ていき、ハイとローのどちらの予想が当たりそうかを考えます。

ハイとローにエントリー

そして、この状況ではハイになることはないと思ったら、ハイだけは転売してローはそのままにするのがこの手法です。

ハイエントリーだけ転売

ハイとローの両方に1万円でエントリーした後、しばらく見ていたら価格が大きく下落して下降トレンドが生じたとしましょう。

この時点でハイのポジションを転売すると転売ペイアウトを受け取れます。そして、判定時刻になるとローの予想が当たり、もともと設定されていたペイアウト率に基づいて利益を得られます。

ハイローオーストラリアでは転売ペイアウトの計算方法を公開していませんが、負けそうになっているときには1未満です。

状況によって違いはあるものの、仮に0.5だったとすると5000円が返ってきます。

転売ペイアウト

もともとのペイアウト率が1.9だったとすれば19000円がローのポジションを選んでいたことによって手に入ります。

すると2万円のエントリーをして24000円のペイアウトを受け取り、4000円の利益を手にしたということになります。

もし転売ペイアウト率が0.7だったら7000円のペイアウトになるのでペイアウト総額は26000円です。

転売ペイアウト率が高いタイミングで判断できればさらに高い利益率にできるのです

ただし、ハイエントリーをしなかった場合には1万円の資金から18000円を手に入れられるので、8000円の利益になります。

両建て利益

そのため、利益率はかなり低くなってしまうことには注意が必要です。

ペイアウト率が2倍以上のケース

ハイとローの同時エントリーをするときにもしペイアウト率が2倍以上だったらどうなるでしょうか。

ペイアウト率が2倍以上なら、同時エントリーによって得られるペイアウトが投入した資金以上になります。

そのため、引き分けがないと仮定すれば確実に利益を得られる方法です。

当然ながら業者としてはこのような両建てをされてしまうと損失を生むだけなので、サービスとして提供していません。

ただ、総取りの範囲を広げてペイアウト率を2倍以上に上げている業者もあります。ハイローオーストラリアではスプレッド取引が該当します

スプレッド幅に入ってしまったときには業者の総取りになりますが、その幅を越えられたなら確実に利益を得られる取引が可能です。

ハイローオーストラリアではハイロースプレッド取引はペイアウト率が2倍ですが、ターボスプレッド取引の場合には最大で2.3倍のペイアウト率になっています。

ターボスプレッド

つまり、ターボスプレッド取引であれば両建てをしてどちらか一方が当たると利益にできるのです。

https://www.andscene.jp/%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e5%8f%96%e5%bc%95%e3%81%af%e6%94%bb%e7%95%a5%e5%8f%af%e8%83%bd%ef%bc%9f%e7%a8%bc%e3%81%90%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88.html

例えば、30秒のターボスプレッド取引で1万円ずつハイとローで両建てをしたとしましょう。

すると、為替レートがスプレッド幅を超えて大きくなるか、小さくなったときには23000円のペイアウトを得られます。

差し引きで考えると3000円の利益が得られたということになります。

ただ、スプレッド幅の中に入ってしまった場合には総取りになるので2万円の損失です。

スプレッド幅

レンジ取引をイメージして外に出ると予想してエントリーしたいときには適している方法でしょう。

しかし、値動きが上か下かがわからないような相場はそもそも取引のリスクが高いので注意が必要です。

予想通りに高値になっていたと思ったら急変して価格が下がり、スプレッド幅の中に入るリスクもあります。

そのため、この方法はあまり高い勝率を期待できず、失敗しやすいと言えます。

ハイとローの金額を変えたケース

HIGH LOW

ハイローオーストラリアでできるもう少し複雑な両建ての仕方について考えてみましょう。

両建てでは基本的にハイとローのエントリー価格を同じにしますが、価格は変えてしまっても問題はありません。

こんなオレ

例えば、きっと高値になると思うけれど、安値になるかもしれないから保険を掛けたいという場合もあるでしょう。

この際にハイに高額エントリーをして、ローに少額エントリーをするのには意味があるのでしょうか。

リスクヘッジという意味では効果があるかもしれませんが、どうなるかを考察してみましょう。

値上がりする相場だという予測でハイに高額エントリー、ローに少額エントリーをするケースを考えてみます。

ハイに1万円、ローに5000円として、ペイアウト率が1.9倍だったとしましょう。

この傾斜付き両建てエントリーでハイになったとしたら、15000円から19000円を得られるので利益は4000円です。

ローだったとしたら15000円を使って9500円になったので5500円の損失になります。

ハイとローの金額を変えたケース

この際にもしローエントリーをしていなかったとしたら、ハイなら9000円の利益、ローだったら10000円の損失です。

差を計算すると傾斜付き両建てエントリーをしたことで、ハイのときの利益が5000円減り、ローのときの損失が4500円減ったことになります。

ここで5500円の資金でハイエントリーだけを行い、ローエントリーをしていなかったケースを考えてみましょう。

この場合にはハイなら4950円の利益、ローのときには5500円の損失です。

つまり、ローになってしまった場合に傾斜付きの両建てをしたときと同様の損卒額で、ハイになって当たったときにはもっと利益が大きくなるエントリーの仕方があるのです。

このようにして考えるとハイとローで金額を変えてエントリーするのは損をするだけということになります

ケーススタディからわかるメリットとデメリット

特殊な事例も含めてケーススタディをした結果から、両建てをするメリットとデメリットがわかってきたでしょうか。

バイナリーオプションでの両建ては、最後まで待ったら失敗する道を歩むことになるのが最大のデメリットです。

色々なパターンを見てきましたが、ペイアウト率が2倍を超えていて、かつ勝率も高くなるようなケースがない限りは両建てをする意味がありません

しかし、ハイローオーストラリアでは両建てのメリットを生み出せます。ハイローオーストラリアでは転売ができるからです。

両建てをするとエントリーした時点では価格の推移がどちらに転ぶかがよくわからないけれど、相場を見るとエントリーのチャンスだという場合には両建てが有効と言えます。

その後でどちらになるかが決まった時点で一方だけ転売すれば、他方は予想が当たって正規のペイアウトを受け取れます。

こんなオレ

転売ペイアウト率が1未満になる可能性が高いとはいえ、転売した方からも一部の資金が変換されます。

最初から一方のみにエントリーしていたのに比べると利益率は低くなります。

しかし、ハイローオーストラリアを利用するからには戦略の一つとして使いこなしていくのが大切です。

両建てと転売を駆使すれば利益額を増やしていけるでしょう。

このような考えが使えるシーンとして、上昇トレンドで天井に触れたときが挙げられます。

そのまま高値を更新し続けるのか、転換点になって値下がりをするのかを判断するのが難しいときがあるでしょう。

その際に両建てをしておいて値動きを追い、下がる様子を見せたらハイのポジションを転売し、上がり続ける様子ならローのポジションを転売するという方法で取引が可能です。

上昇トレンドで天井に触れた時に両建てする

また、1日取引のように長時間の取引で使えばメリットを生み出せます。

例えば、朝から始まる取引スケジュールで翌早朝までというのはハイローオーストラリアではよくあるパターンです。

この最初の段階でとりあえず両建てエントリーしておき、一日の推移を見てあり得ないと思った方を転売するという戦略を考えられます。

途中で値動きをしてしまってからエントリーするよりも予想を当てやすいケースが多いのがメリットです。

このように使い方次第では両建てを活用する戦略を生み出せます。メリットを生み出せるように工夫すると、今までとは違う稼ぎ方ができるかもしれません。

まとめ

ハイローオーストラリアで取引をしているとハイとローのどちらにするかで迷うことはよくあります。

その際にハイとローに同時にエントリーしたらどうなるのかというのは発想としては良いかもしれません。

しかし、それだけではバイナリーオプションでは損失を生むばかりになることがわかったでしょうか。

両建てはペイアウト率が2倍を超えていないと利益にならないので原則として稼げる手法ではありません。

ただ、ハイローオーストラリアなら転売をすれば話は別です。転売するタイミング次第では十分な利益を出せます。

こんなオレ

転売がない業者では両建てでメリットを生み出すのは困難です。

ハイローオーストラリアでは転売が可能なので、両建てでのバイナリーオプション攻略も検討し、今まで以上に稼げるトレーダーになりましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。