攻略

トレンドの強さは何で見る?ADXと移動平均線とACオシレーターの違いを知ってハイローオーストラリア(Highlow.com)で活用しよう

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではトレンド相場の攻略がよく注目されます。

こんなオレ

初心者でもはっきりとしたトレンド相場なら、値動きの方向性に沿った順張りエントリーで稼ぎやすいからです!

トレンド相場は直感的にわかりやすく、自信を持ってエントリーしやすい点でも優れています。

ただ、本当にトレンドがあるのかどうかで迷ってしまうことはないでしょうか。トレンドが発生したと思ったら、ダマシで一気に相場が逆転したという苦い経験がある人もいるでしょう。

トレンドの強さがどの程度あるのかを見てエントリーするのが良いことはよく知られていますが、指標として用いられるインジケーターもたくさんあって迷ってしまいがちです。

一体何を指標にしてトレンドの強さを考えたら良いのでしょうか?

この記事ではトレンドの強さを見るのによく用いられているADX、移動平均線、ACオシレーターの三つに着目して違いを解説します。比較を通してインジケーターによる差異の見極め方も身につけましょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ADXと移動平均線とACオシレーターの概要

まだインジケーターの取り扱いに慣れていない人のために、まずは三つのインジケーターについて概要を説明します。簡単にどのような特徴があるインジケーターなのかをまずは確認しておきましょう。

三つのインジケーターの概要

ADX

移動平均線

ACオシレーター

ADX

ADXはDMIの一部としても用いられているインジケーターです。DMIとは方向性指数を意味していて、+DIと-DIを用いて値動きの方向性や勢力の大きさを見るのに用いられています。±DIから計算されているのがADXです。

ADX

+DIと-DIの差の絶対値を+DIと-DIの合計で割ったものの移動平均です。つまり、高値も安値も同じ方向に大きくなっている日が続いているときにはADXが大きくなります。このような観点からADXが大きければトレンドが強いと評価しています。

DIの計算にはTRが使用されているのが特徴で、前日の終値と当日の高値、当日の安値を見たときに最も大きい幅がTRです。

こんなオレ

一日の間に起こった最大の値動きの幅を表しています。

+DIは高値の当日と前日との差、-DIは安値の前日と当日の差とTRに基づいて算出されているので、基本的に高値が上がろうとしているときには+DIが大きくなり、安値が上がろうとしているときには-DIが小さくなります。逆に高値が下がっていると+DIが小さくなり、安値が下がっていると-DIが大きくなります。

一般的にはADXが25%以上になっているならトレンドが強く、数値が大きくなっている際にはトレンドが強まっていると考えられています。

DMIとADXで相場を把握すればハイローオーストラリア(Highlow.com)で稼げるワイルダーが開発したADXとDMIは相場の把握に適しているインジケーターです。ADXを使えばレンジ相場かトレンド相場かを見極めることができ、DMまたはDIを使えば相場が動く勢いを方向性と共に理解できます。性質が異なるインジケーターをADX+DMIによる相場分析に組み合わせることで、自分にとって使いやすいエントリー基準を作り出すのが大切です。...

移動平均線

移動平均線

移動平均線は終値の平均値を図示したもので、インジケーターの中でも最もよく知られています。移動平均線でトレンドの強さを測るときによく用いられているのが、期間が異なる複数の移動平均線を同時に表示して位置関係を見る方法です。

こんなオレ

パーフェクトオーダーを見る方法やGMMAを使用する方法が主流ですが、他にも色々な手法があります。

わかりやすいのはパーフェクトオーダーなので、ここではパーフェクトオーダーによるトレンド相場の強さの見方を簡単に説明します。

パーフェクトオーダーは移動平均線の短期線、中期線、長期線を同時に表示したときに、期間が長い方から順番に上下に並んでいる状況を指します。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダー

例えば、短期線として9日、中期線として25日、長期線として90日を設定します。

上から順に長期線、中期線、短期線という順番で並んでいたら下降トレンドのパーフェクトオーダー

下から順に長期線、中期線、短期線と並んでいたら上昇トレンドのパーフェクトオーダー

移動平均線は期間設定が長いほど過去の価格も考慮した平均値になり、直近の価格の高さや低さの割合が薄まります。古い時期の価格を移動平均線に盛り込んだ長期線よりも中期線が低いということは、全体として価格が下がる傾向があることを示しています。同様に中期線よりも短期が低いなら最近の状況を見ても価格が下がっているとわかります。
このような解釈によって下降トレンドが発生していると考えるのがパーフェクトオーダーです。

パーフェクトオーダーはトレンドがあることを示すだけですが、詳細に見てみるとトレンドの強さもわかります。

移動平均線の間隔が広いときほどトレンドが強く、間隔が狭いほどトレンドが弱いと判断することが可能です。

中期線と短期線の間隔の方が長期線と中期線の間隔よりも狭くなっている

間隔が広いなら近い時期にトレンド方向の大きな値動きが起こっていることがわかるからです。長期線と中期線の間に比べて、中期線と短期線の間が広がっている場合にはトレンドが強まっていると解釈できます。逆に中期線と短期線の間隔の方が長期線と中期線の間隔よりも狭くなっているときにはトレンドが弱まっているとわかります。

移動平均線を使ってハイローオーストラリア(Highlow.com)でトレードしよう移動平均線は自分で設定した一定期間の価格を平均化して表示するインジケーターです。多くのトレーダーがハイローオーストラリアで標準設定の移動平均線を使ってテクニカル分析をしています。視覚的にわかりやすくて応用性もあるので、インジケーターを使うテクニカル分析を始めるときにはまず移動平均線のマスターを目指しましょう。...

ACオシレーター

ACオシレーター
ACオシレーター

価格が動くときの駆動力を見るためのインジケーターです。高値と安値の中間値を使ってどのように動く傾向が生じているかについて移動平均を活用して評価しています。

高値と安値の中間値が大きく上がろうとする傾向があるときにはACオシレーターはプラスの方向に大きくなり、逆に中間値が大きく下がろうとする傾向が発生するとACオシレーターがマイナスの方向に大きくなります。

ACオシレーターは価格の動きがどのように変化するかを見る仕組みになっています。プラスのときには上昇傾向、マイナスのときには下降傾向があるのは確かですが、実際に重要になるのはACオシレーターの数値の前日比です。

前日に比べてACオシレーターが上がっているときには上昇傾向が強まっていることを意味します。

上昇トレンド相場なら、トレンドの強さが上がっていると考えることが可能です。逆に下降トレンド相場でACオシレーターが上がっているときには下降トレンドの強さにブレーキがかかっていると言えます。

ACオシレーターでは上昇トレンドが強まっているときには緑のヒストグラムになります。下降トレンドが強まっているときには赤のヒストグラムになります。一般的にはACオシレーターは上昇トレンド中にプラスになり、下降トレンド中にマイナスです。

つまり、ACオシレーターがプラスで緑色、あるいはマイナスで赤色ならトレンドが強まっていると考えます。

プラスで緑色、マイナスで赤色
ACオシレーターで値動きの先を読むテクニカル分析に用いるインジゲーターは様々あります。その中で初心者向け情報を見るとほとんどがRSIや移動平均線だったりします。ここでは、ACオシレーターの基本情報や取引にどう活用できるかなど紹介します。ハイローオーストラリア(Highlo.com)でのバイナリーオプション取引での使い道も挙げてみるので参考にしてみてください。...

トレンドの強さの評価軸

トレンドの強さの評価軸

ハイローオーストラリアでトレンド相場の攻略を目指すためには、三つのインジケーターの違いをどのようにして考えると良いのでしょうか。重要な考え方として「トレンドの強さ」を考えることが挙げられます。

トレンドの強さには評価軸が三つあるので気を付けましょう。値動きについて以下の三点が評価ポイントとして重要になります。

3つの評価軸

1.値動きの方向性の持続しやすさ

2.値動きの幅の大きさ

3.値動きの幅の上昇率

値動きの方向性の持続しやすさ

値動きの方向性が持続するとは、上昇トレンドになっていたらそのまま価格が上がり続けることを意味します。

価格が長い期間にわたって上昇しやすいとなれば上昇トレンドが強いと解釈できるでしょう。

値動きの幅の大きさ

値動きの幅が大きいのもトレンドが強いと考える評価軸です。

短い期間しか上昇が続かなかったとしても、普段は見られないような大きな幅で価格が上昇していると、強い上昇トレンドだと言えます。

値動きの幅の上昇率

値動きの幅の上昇率が高いこともトレンドの強さを測る指標になります。

値上がり幅が今は小さいけれどだんだんと幅が広がっているとなると強いトレンドが発生していると考えられるでしょう。

この三つの評価軸は完全に独立しているわけではありません。

値動きの幅の上昇率が高い相場なら、間もなく値動きの幅の大きなトレンドになるでしょう。

しかし、値動きの幅が大きい状況が続くと、価格が割高あるいは割安になってしまいます。値動きの幅が大きい上昇トレンドが発生していたなら、割高になったと考えて売られてしまい、下降トレンドに向かってしまう可能性があるでしょう。

このように三つの評価軸は互いに関連性を持っていますが、どれが満たされていてもトレンドが強いと考えることが可能です。

トレンドの強さの評価軸とインジケーターの評価観点

ADXと移動平均線とACオシレーターは、この三つのどれを重視してトレンドの強さを評価しているかが異なります。それぞれの評価軸について、どのインジケーターを使うと最も効果的に評価できるのかを理解すると、どんなトレンドなのかを簡単に見極められるようになります。

トレンドの強さを正確に把握してハイローオーストラリアを攻略できるようになるために、三つのインジケーターの違いを見ていきましょう。

値動きの方向性の持続しやすさ:移動平均線

値動きの方向性の持続しやすさ:移動平均線

移動平均線のパーフェクトオーダーは値動きの方向性の持続しやすさを評価するのに最も適しているインジケーターです。中長期の終値に基づいてトレンドがあるかどうかを評価する指標だからです。ずっと持続してきたからこそまだ続くと考えることができます。

移動平均線の間隔が広がっているならトレンドがさらに強く持続しようとしていることを示しています。

間隔が狭まってきたら価格が反対方向に動く傾向が強まっているとわかり、方向性が変わるリスクが高いことが示唆されます。

値動きの幅の大きさ:ADX

値動きの幅の大きさ:ADX

ADXは値動きの幅の大きさを評価してトレンドの強さを見るのに適しています。ADXは方向性指数を使用しているので値動きの幅の大きさによる影響を大きく受けるからです。

ADXの上昇が見られるときには値動きの幅が広がっているのでトレンドが強いとわかります。しかし、ADXが小さくなっているときには値動きの幅が減少していて、トレンドが変わる可能性があると推察可能です。

値動きの幅の変化にどのような傾向があるかを見て、トレンドの強さの変化を想像するのにADXは有用だと言えます。

値動きの幅の上昇率:ACオシレーター

値動きの幅の上昇率:ACオシレーター

ACオシレーターは値動きの幅の上昇率を見てトレンドの強さを考えることができます。ACオシレーターは価格の動きの加速度を評価するインジケーターだからです。まだ明確なトレンドがないような段階でもトレンドの発生を予測できます。トレンド中の場合には値動きの幅が大きくなるから持続性がある、小さくなるからそろそろ終わる可能性があるといった評価が可能です。

ACオシレーターが緑色か赤色かに着目すると、これからの値動きがどの方向に進むかが読めるでしょう。

評価軸の選び方のポイント

評価軸の選び方のポイント

トレンドの強さを把握するのにどのインジケーターがベストかで悩んだら、ハイローオーストラリアでどの評価軸が重要かを考えるのが肝心です。ただ、どのような取引をしようとしているかによって選び方のポイントが異なります。

長い取引時間でエントリーしたいと考えているとき

値動きの方向性が持続しやすいことが重要です。時間経過によってトレンドが失われることが損失に直結するからです。

取引時間が長ければ値動きの幅は小さくても大きな問題はなく、トレンドに沿った順張りエントリーで成功できるでしょう。

移動平均線のパーフェクトオーダーを見てトレンドの強さを見るのが最適です。

短い取引時間でエントリーしたいとき

長期的に値動きが同じ方向でなくても問題ありません。きちんと値上がりまたは値下がりをすれば良いと考えられるでしょう。

値動きの幅の上昇率が高い状況なら当面は同じ方向性で価格が動くと判断できます。今までは値動きの幅が大きかったけれど、今は小さくなる傾向が生まれているというときにはトレンドが転換するかもしれません。

上昇率を重視してACオシレーターを使うのが合理的です。

スプレッド取引をしたいとき

たった今から大きな値動きが起こる必要があります。この際には直近の値動きの幅が大きいことが重要です。

値動きが大きくなったとしても、十分に価格が動く前に判定時刻になってしまったらスプレッド取引では利益を得られません。すぐに大きな幅で値動きを起こすことを前提にしてエントリーするのが無難です。

ADXが十分に大きくてトレンドが強いとわかったらスプレッド取引が有効と考えられます。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のスプレッド取引の攻略は稼ぐのに適している?ハイローオーストラリアでは通常のハイロー取引に加えて、スプレッド幅が設定されている高ペイアウト率の取引方法を選べます。ただ、高いペイアウト率にできるのは取引に成功できる確率が低くなっているからなので注意しなければならないでしょう。この記事ではスプレッド取引を使って稼ぐためのポイントを具体的に解説します。...

まとめ

トレンド相場で順張りエントリーをするのはハイローオーストラリアで人気の取引方法です。トレンド相場が強いと安心してエントリーできるので、どのような取引方法にするかに応じて適切なインジケーターで評価しましょう。

トレンドが強いというのは曖昧な言葉で、持続性があるのか、値動きの幅が大きいのか、値動きの幅が広がっているのかといった評価軸があります。

取引の仕方によってどの軸で評価するのが重要かは異なるため、インジケーターの性質の違いを考慮した使い分けをするのが重要です。

ここで紹介したようにADXと移動平均線とACオシレーターを使い分ければどの状況でもトレンドの強さを正しく評価できます。

ハイローオーストラリアで稼げるようになるために、三つのインジケーターをトレードスタイルに合わせて使っていきましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。