仮想通貨

仮想通貨で詐欺や犯罪が急増!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の仮想通貨バイナリーなら安心!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)では仮想通貨バイナリーを楽しむことができます。ビットコインを筆頭として人気が高まる仮想通貨(暗号資産)を使うとバイナリーオプションも奥深いことがわかるでしょう。

仮想通貨投資も人気が急騰していますが、リスクが高いことを知っているでしょうか。仮想通貨の相場の変動がまだ予測しづらいのも理由です。

しかし、より深刻なのは仮想通貨詐欺が多発していることです。仮想通貨入門サイトのクリプト・ヘッドがおこなった調査によると、アメリカでは仮想通貨に絡んだ犯罪が2020年に8万2135件報告されています。

2016年には仮想通貨関連の犯罪は年間360件でした。4年でこれほど増加している事実からいかに仮想通貨が狙われているかが想像できます。

この記事では仮想通貨詐欺の実情を紹介し、現在ビットコインを持っている人も、これからビットコイン投資をしようとしている人も何に気をつけるべきかを明らかにします。

その現状を踏まえてハイローオーストラリアで仮想通貨バイナリーをする魅力を解説するので、まだ口座開設をしていない人はぜひ手続きをしましょう。

アメリカで多い仮想通貨詐欺とは

クリプト・ヘッドではただ仮想通貨に関連する犯罪の件数を調査しただけではなく、犯罪の内容についても確認しています。

仮想通貨詐欺や関連犯罪の被害に遭う人たちを減らすための取り組みの一環ということができます。アメリカではどのような犯罪が横行しているのでしょうか。

ICO詐欺とは

ICO詐欺とは

最も典型的なのがICO詐欺です。ICOとはInitial Coin Offeringの略称で、日本語では新規仮想通貨公開と呼ばれています。

新しい仮想通貨は次々に登場していて、だんだんと知名度を上げてきているものもあります。

こんなオレ

新しい仮想通貨を作るだけなら少し技術がある人なら簡単です!

その仮想通貨を「今後価値が上がる」と言ってオファーかけて買わせます。実際にはその仮想通貨を上場させようとも価値を上げようともしていないのがICO詐欺です。

仮想通貨は株式や債券などと同じで仮想通貨取引所に上場されれば自由に売買が可能になります。一般的な傾向としては上場によって仮想通貨の価格は何倍や何十倍にもなるので、大きな資産形成につながるのが魅力です。

ICO詐欺ではそれらしい宣伝文句を付けて巧妙にオファーをかけたり、新しい仮想通貨のプロジェクトに関するサイトを用意したりして「それらしさ」を装っています。

そのため、偶然、ICOのタイミングに出会えて期待を抱いた人が騙されてしまっているのです。

ICO詐欺のフロー

新しい仮想通貨を買って間もなくすると、オファーをくれた人と連絡が取れなくなったり、サイトが消えてしまったりするのがよくある手口です。

ICOは本当に上場する仮想通貨だったら非常に大きな魅力があるのは確かです。しかし、稼ぎたいという心理を付け狙っている犯罪が横行しているので、安易に手を出さない方が良いと言えます。

パンプ・アンド・ダンプ

パンプ・アンド・ダンプ

パンプ・アンド・ダンプは仮想通貨だけでなく証券でもしばしば問題になっている犯罪行為です。パンプ・アンド・ダンプとは価格の人為的なつり上げ(パンプ)をした後で、価格が上がった仮想通貨を売り払ってしまう(ダンプ)方法です。

例えば

例えば、この仮想通貨の価値が高騰するという噂をSNSで拡散させていき、有名な投資家が目を付けて自身のSNSでもコメントしたとします。

すると、その投資家がインフルエンサーとなってさらに多くの投資家がその仮想通貨を買おうと考えるでしょう。

その結果、需要が高騰して本当に価格が伸びていきます。このようにしてパンプを実施したところで売り払ってしまえば大儲けです。

パンプ・アンド・ダンプのフロー

パンプを狙っていた人は多額の仮想通貨を抱えています。それを一気に売り払うと価格は大暴落を起こすでしょう。すると、価格が高騰するという噂で資産を投入した投資家は大損し、手に入れた仮想通貨の価値は紙切れ同然になります。

パンプを起こす手口はたくさんありますが、ネット上で犯人グループが示し合わせて吊り上げをしている事例もよく知られています。

証券でのパンプ・アンド・ダンプでは常套手段として毎年摘発されている方法です。仮想通貨でも同様の手口があるので、詐欺でないかどうかを慎重に見極める必要があります。

アカウントハッキング

アカウントハッキング

仮想通貨の口座を盗み取るアカウントハッキングは仮想通貨が世の中に登場した頃から広がっている典型的な犯罪です。

仮想通貨取引所が直接狙われるケースが多いですが、個人のアカウントを狙ってハッキングする事例もあります。

むしろ、近年では仮想通貨の人気と仮想通貨取引所のセキュリティ強化の影響で、個人へのハッキングが目立つようになってきています。個人投資家を狙うアカウントハッキングの手口としては典型的なのが以下の3つです。

フィッシングサイト

フィッシングサイト

フィッシングサイトは仮想通貨取引所のように見せかけたサイトにユーザーを誘導し、ログインIDとパスワードを盗み取るものです。検索エンジンの広告部分や上位に表示された中に紛れ込んでいることが多いので注意が必要でしょう。

フィッシングメール

フィッシングメール

フィッシングメールは仮想通貨取引所を装ってメールを配信し、アカウントに不正アクセスがあったから確認して欲しいと通達するのが典型例です。

そのメールに記載されているリンクをクリックすると、通常のログインと同じように見えるページに遷移します。しかし、そのページがフィッシングサイトなので、IDとパスワードを盗み取られてしまうのです。

フィッシングメールの被害は仮想通貨だけでなく、証券会社やクレジットカードのアカウントなどでもよくあります。金融関連だけに限定されず、ゲームアカウントなどの乗っ取りにも使われているので注意しましょう。

Eメールハッキング

Eメールハッキング

Eメールハッキングはメールアカウントのパスワードを盗み取ってアカウントを乗っ取る犯罪です。

仮想通貨取引所のIDはメールで送られていることが多いので、検索をかければ見つけられてしまいます。登録に使用したメールアドレスがあるとパスワードの再設定ができるので、仮想通貨取引所のアカウントを乗っ取ることができてしまいます。

フィッシングメールなどが送られてくるようになったメールアドレスはハッキングを受けるリスクが高くなっています。早めにメールアドレスを変更しておいた方が安心でしょう。

日本でも仮想通貨詐欺はある

仮想通貨に関連する詐欺や犯罪はアメリカで起きていることであって、日本では大丈夫ではないかと楽観視する人もいるかもしれません。しかし、日本でも仮想通貨詐欺は多発しています。

ICO詐欺もパンプ・アンド・ダンプもある

ICO詐欺もパンプ・アンド・ダンプもある

ICO詐欺やパンプ・アンド・ダンプは日本人もターゲットになっています。ICOの仮想通貨も、パンプ・アンド・ダンプが引き起こされる仮想通貨も、オンラインで取引することが可能です。

こんなオレ

国を問わずに取引できることから日本も当然矛先を向けられています。

金融庁でも仮想通貨に関するトラブルが発生していることを説明して注意喚起をしています。特にICOに関しては厳しく指摘されていて、被害が多いことが推察されます。

ホワイトペーパーなどを読み、プロジェクトの今後を理解して価値があるかどうかを見出すことがICOに手を出すべきかを判断する重要なポイントです。

仮想通貨の犯罪被害に遭わないためにはICO詐欺やパンプ・アンド・ダンプのリスクがあることに留意する必要があります。甘い声には耳を貸さずに堅実な取引の仕方を選ぶのが安全策でしょう。

アカウントハッキングは多い

アカウントハッキングは多い

警察庁による日本初めての仮想通貨詐欺によるアカウントハッキング事例の調査では、2017年の1年間で149件と報告されています。被害総額にして6億6240万円にも上っていた大きな犯罪分野です。

2016年のアメリカで360件だったことを考慮すると、現在では数万件にまで増えている可能性もあります。

フィッシングは金融関係では頻発していて被害が拡大しています。それらしいメールやサイトを作る技術は発達してきているので、今後ますます紛らわしくなっていくでしょう。

いかにしてアカウントを守るかを考えなければならない状況なのです。

ビットコインでの支払いを求める脅迫メールも

脅迫メール

日本ではアメリカとは違う仮想通貨関連詐欺があります。近年の例では脅迫メールを送り付けてくるケースが見られ、警察や大学などで注意喚起をしています。

「アダルトサイトにアクセスした姿を撮影した」などといった話をして、ビットコインを支払えばデータは削除するという取引を持ちかけているのが典型例です。自分と同じメールアドレスからの送信に見えるようにしてメールアカウントもハッキングしたかのように装っていることもあります。

一般的には機械翻訳のような少し違和感のある日本語ですが、焦りや不安があると本当に撮影やハッキングをされたと信じてしまいがちです。

だんだんと翻訳の精度が上がっているので、普通の日本語メールになっていく可能性もあり、気を付けなければならない状況があります。

ハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーなら安心で快適

仮想通貨の詐欺や犯罪が増えているのを知ると、仮想通貨投資に手を出すのに不安を感じたのではないでしょうか。しかし、ハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーなら心配することはありません

ビットコインやイーサリアムなどに興味を持っているなら、ハイローオーストラリアで仮想通貨バイナリーを始めましょう。

仮想通貨詐欺とは関連なし

仮想通貨詐欺とは関連なし

ハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーは仮想通貨自体を取引することはありません。ICO詐欺やパンプ・アンド・ダンプの被害に遭うリスクがないので安心して取引できます。

仮想通貨を持つ必要がないので、仮想通貨取引所のアカウントをハッキングされる不安もありません。

今後、さらに巧妙な手口の犯罪が出てきたとしてもハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーなら被害に遭うことはないのです。

アカウントハッキングを受けても心配なし

アカウントハッキングを受けても心配なし

ハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーでもアカウントをハッキングされたらお金を失うのではないかと思うかもしれません。しかし、ハイローオーストラリアならたとえアカウントハッキングを受けたとしてもお金がなくなることはありません。

ハイローオーストラリアでは出金条件として本人名義の銀行口座のみ指定できることを挙げているからです。他人名義の口座への出勤を依頼しても拒否されます。

運転免許証などの本人確認書類との照合をしているので、自分以外には出金できない仕組みです。

アカウントハッキングを受けるとパスワードを変更されてしまってログインできなくなるでしょう。

それでもサポートに連絡をすれば対応してくれます。ハイローオーストラリアでは日本語での電話対応をしているので安心です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の問い合わせ方法
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の問い合わせ方法ハイローオーストラリア(Highlow.com)の問い合わせ方法は電話とメールの2種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。この記事ではHighlow.comの問い合わせ方法を解説するので問い合わせをしたいと思っている人だけでなく、今後も安心してHighlow.comを使いたい人も詳細を確認しておきましょう。...

出金条件が厳しくない

出金条件が厳しくない

仮想通貨投資を考えている人は、仮想通貨の人気が低迷する頃には他の資産に換えたいと思っているでしょう。

ハイローオーストラリアで稼いだ資金は出金するのが簡単なのもメリットです。

出金条件は本人名義の銀行口座への振り込みでなければならないことと、口座残高が1万円以上あることだけです。出金の申し込みをした翌営業日か翌々営業日には振り込まれるので、スピード感のある資金移動ができます。

ハイローオーストラリアの出金方法・手数料・反映時間を解説
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の出金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアではログインして振込先の銀行口座を登録すればいつでも簡単に手数料無料で出金手続きができます。必要なタイミングに出金対応をしてもらえるように手続きをしましょう。出金をするための条件があるのでよく確認してください。...

少しお金が必要になったというときにも気軽に引き出せます。出金条件の緩いハイローオーストラリアは資産管理に活用するメリットが大きいでしょう。

仮想通貨バイナリーに使いたい資金だけ入れておくだけでも構わないので、活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

仮想通貨は稼げるというイメージが広がった影響を受けて、詐欺や犯罪が横行しています。アメリカでの被害は年間8万件を超えていて、日本でもICO詐欺やメール詐欺などが増えてきているのが現状です。

アカウントハッキングをされてはどんなに大きな資産を形成したとしても一瞬にして失ってしまいます。仮想通貨投資に魅力があるのは紛れもない事実ですが、もう少し安全性のある取引を選んだ方が良いのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーは仮想通貨の価値相場の変動を利用する取引です。人気があって相場がわかりやすい今だからこそ資産形成に使いやすい魅力があります。

こんなオレ

仮想通貨を持つことはないので犯罪の被害に遭うこともなく安心して取引をすることが可能です!

出金も簡単で安全性が高い仕組みになっているので、仮想通貨投資に興味を持っているならハイローオーストラリアで仮想通貨バイナリーを始めましょう。

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。