ハイローオーストラリア

海外赴任がある人はハイローオーストラリア(Highlow.com)が向いていないって本当?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は日本向けのサービスを充実させているバイナリーオプション業者です。

国内向けのサービスしか提供していない業者もある中で、日本人の利用者に満足してもらうために日本語完全対応のサービスを提供している点でよく選ばれています。

ただ、日本人だから利用できるのか、日本に住んでいるから利用できるのかと悩んだことはないでしょうか。

こんなオレ

海外赴任が予定されているときには、日本にいる間しか利用できないのではないかと不安になる場合もあります。

国内業者では国内に在住していないと利用できないことも多いからです。

このような観点からハイローオーストラリアは海外赴任がある人には向いていないという噂があります。

海外赴任がある人がハイローオーストラリアを利用しやすいかどうかを徹底研究したので、本当の状況を理解して下さい

ハイローオーストラリアの口座開設は可能?

ハイローオーストラリアを利用できるかどうかを判断するには口座開設ができる可能性を見てみるのがわかりやすいでしょう。

海外赴任がある人の場合には赴任前に口座開設をする方法と、赴任が始まって海外在住のときに口座開設をする方法が考えられます。

それぞれについて審査を通れるかを確認しておきましょう。

海外赴任前の場合

海外赴任前の場合

海外赴任前の場合には日本在住なので申し込み手続きに特に不備がない限りはハイローオーストラリアの口座を開設できます。

特に将来的な住所の予定などを記載する必要はないので何も不安なく手続きを進められるでしょう。

口座開設の流れは以下のページで紹介しています。どのような流れになるかが不安な人は全体像を確認してみて下さい。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法バイナリーオプション取引に興味を持っている人にとってハイローオーストラリア(Highlow.com)は人気が高い海外業者です。評判を聞いて取引をしてみたいと思ったものの、口座の開設の仕方がわからなくて困ってしまう人もいます。以前ハイローオーストラリア(Highlow.com)を利用して一度解約してしまった人も、口座開設の方法が変更されているので注意しましょう。この記事ではハイローオーストラリア(Highlow.com)の口座開設方法に関する最新の情報を紹介します。口座開設に必要な準備や注意点についても詳しく説明するので、スムーズに手続きを進められるようによく読んでみて下さい。...

海外赴任中の場合

海外赴任中の場合

海外赴任をしているときには、結論としてはほとんどの場合には海外に赴任している間はハイローオーストラリアの口座を開設できません。

海外赴任中の場合には海外に住所を置くことになるのが一般的です。すると日本人ではあっても日本の居住者ではなくなります。

こんなオレ

ハイローオーストラリアでは利用条件として日本に住んでいることを挙げているのが問題になる点です...

ハイローオーストラリアでは口座開設のときに住所や電話番号を入力しなければなりません。

ここで日本の住所ではなかった時点で審査が通らないでしょう

海外赴任をするときに自宅を国内に残してくる場合もあります。

単身赴任なら家族がいる住所も存在しているでしょう。

このようなときには国内の住所や電話番号を入力すれば良いのではないかと思うかもしれません。

こんなオレ

次に本人確認書類の提出をする段階になると、運転免許証やマイナンバーカードは有効ではないので使用できません。

本人確認書類としてはパスポートを使わざるを得ません。

パスポートの住所を記入してある欄をアップロードすることになりますが、この住所も自署する仕組みなので日本の住所を書けば問題ないと考えられます。

実際にはこれで審査が通り、口座開設の案内を受け取れる可能性はあります。

ハイローオーストラリアの口座開設では自宅への郵送物もないからです。

ただ、実際には海外にいる間はハイローオーストラリアを使えないので気を付けましょう

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。必要情報を入力し、本人確認書類を提出して審査が終わったらもうユーザーIDが手に入ります。ログインをして入金を済ませれば利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...

海外でハイローオーストラリアを使えない理由

海外赴任前に手続きをしておくか、海外赴任中に国内の住所を使えばハイローオーストラリアを使えそうだと思った人も、実は使えないことは理解しておかなければなりません。

バレなければ良いと思っていると大変なことになりかねないからです。

契約条件に違反してしまう

契約条件に違反してしまう

海外赴任中にハイローオーストラリアを利用すると契約条件に違反してしまうのが問題点です

上述のようにハイローオーストラリアでは日本在住の人を契約対象として日本語のサービスを提供しています。

そのため、海外在住の場合には条件を満たしていなくて違反になります。

こんなオレ

赴任中に口座開設をした場合には虚偽の情報で申請をしたことになるため、禁止行為に該当します!

赴任前に口座開設をした場合には住所が変更になるので、速やかに届出をして登録住所を変更することが必要です。

しかし、その義務を意図的に怠っていたとなると違反と見なされる可能性が高いでしょう。

日本語版のサイトが表示されない

日本語版のサイトが表示されない

違反行為だとバレないうちにハイローオーストラリアを海外で使おうとしてみると、やはりできないことに気づくでしょう。

海外からハイローオーストラリアの公式サイトにアクセスしようとすると、日本語のサイトが表示されない場合が多いからです。

どの国からアクセスしているかはウェブ上で確認可能なので、その情報に基づいて日本語版を表示したり、英語版を表示したりしています。

そのため、海外からアクセスすると英語版が表示されてしまい、ハイローオーストラリアを海外から使うのは困難なのです。

こんなオレ

この状況で日本のアカウントを使ってログインしようとしたら事実を伝えてしまうことに直結します。

なお、ハイローオーストラリアではVPN接続をすることを禁止しています。

VPNとは?

「Virtual Private Network」の略式名称で「仮想専用回線」という意味で第三者による通信の盗聴を防ぐ為のシステムです。

日本のVPNを使えば良いのではないかと思った人もバレてしまうと大変なのでやめておきましょう。

居住地の法律で違法になる場合もある

居住地の法律で違法になる場合もある

ハイローオーストラリアが使えない理由にはハイローオーストラリアの規約によるもの以外にもあります。

こんなオレ

世界的に見るとバイナリーオプションが禁止されている国や地域もあるのが現状です。

もし赴任先の居住者となったときに、その国や地域でバイナリーオプションが禁止されていたらハイローオーストラリアを利用すると違法行為になります。

ハイローオーストラリアも処罰対象となるリスクがあることから、オフィシャルサイトのトップページで以下のように注意喚起しています。

「地方条例においてオプション取引が規制されているアメリカやカナダを含む国や地域の居住者におきましては、当ウェブサイト上の商品・サービスはご利用いただくことが出来ません。」

このため、赴任先によってはハイローオーストラリアでなかったとしても、バイナリーオプションそのものが違法でできないことがあるので注意が必要です。

他人名義でも違反になる

他人名義でも違反になる

他人名義で作った口座で取引をすれば、海外にいても関係ないから大丈夫ではないかと思うかもしれません。

抜け道になる妙案に見えますが、契約違反になるのでやめましょう

こんなオレ

ハイローオーストラリアでは本人名義の口座しか保有できないことを定めています。

さらに他人に口座を利用させることも禁止しているため、他人名義で利用するのは違反行為です。

このような契約条件が定められているのはハイローオーストラリアに限ったことではありません。

銀行口座の開設でも同様のルールがあるので気を付けましょう。

家族の口座だから大丈夫などと考えてしまい、違反行為として発覚してしまうと大変なトラブルになります。

海外赴任中も使っているのが発覚するとどうなる?

海外赴任中にハイローオーストラリアを使ったのが発覚するとどうなってしまうのでしょうか。

バレなければ大丈夫だと思っていても、何かの拍子で見つかったときのリスクは甚大です。

口座凍結から強制解約になる

口座凍結から強制解約になる

ハイローオーストラリアでは禁止行為に触れたと運営会社が判断すると口座凍結の対応を取ります

口座凍結になると出金できなくなるので、どれだけハイローオーストラリアで利益を生み出してきたとしてもこの時点で無駄になってしまいます。

口座凍結されたら?
口座凍結されたら?ハイローオーストラリアは口座凍結するのか?みなさんは疑問に思ったことはありませんか?この記事ではハイローオーストラリアの口座凍結の概説と条件を解説します。結論から言うと当然ハイローオーストラリアでは完全凍結と限定凍結という形で口座凍結を行っています。その条件は?転売は口座凍結される?といった疑問もこの記事に書いてあるので初心者の方こそお読みください。...

口座凍結をしている期間にハイローオーストラリアは調査を行っています。

本当に海外に在住しているのかをIPアドレスなどから確認していると考えられるでしょう。

口座凍結になってもすぐに強制解約になるとは限りません。

しかし、海外赴任中にハイローオーストラリアをずっと使っていたなら事実と認められて、残高ごと完全凍結になってしまうでしょう

こんなオレ

禁止行為に触れて強制解約になるともう二度とハイローオーストラリアで口座を開設できなくなります。

他にも禁止行為はいくつも定められているので確認しておくのがおすすめです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の禁止行為を総まとめ!ハイローオーストラリアでは安定したサービスを提供できるようにするために禁止行為を定めています。ここでは禁止行為を網羅的にまとめたのできちんと頭に入れて疑わしい行為をしないように心がけてください。良識を持ってハイローオーストラリアを利用し、自分の考えで取引をするようにしていれば禁止行為に触れるようなことはまずありません。...

海外赴任をする人はハイローオーストラリアは無理?

このような状況を考えると海外赴任をする機会がある人はハイローオーストラリアを使うのが無理なのでしょうか。

こんなオレ

実は対策方法もあるので諦めてはなりません。

海外赴任の期間が短い場合には利用を続けられる可能性もあるので、どういう方策なのかを確認してみて下さい。

海外赴任が短い場合の対策

海外赴任が短い場合の対策

ハイローオーストラリアは日本国内に在住している人なら海外にいても使ってはならないわけではありません。

例えば

国内に住んでいる人が海外旅行に出かけて、滞在先でハイローオーストラリアを利用しても契約違反や禁止行為にならないので大丈夫です。

海外出張の場合も同様です。
海外赴任の場合には日本から海外に転居をしてしまうので住所変更をすることになるのが問題です。

ただ、住所を変更せずに海外に滞在して仕事ができるのであれば、ハイローオーストラリアの規約上は何も問題が発生しません

海外赴任か海外出張かを分けるのは日数ではありません。

こんなオレ

税法上、どちらの居住者として納税をする必要があるかによって赴任か出張かで分けるのが一般的になっています。

転勤をする場合には異動先の国で給料を受け取ることになるので赴任です。

一年や二年にもわたって海外オフィスで働いていたとしても、所属先が国内の会社のままなら出張として位置づけられます。

しかし、このような分け方は必ずしも厳密にルール化されているわけではないため、期間が長いから海外赴任としていたり、家族連れで行く際には出張ではなく赴任という扱いにしたりする場合があります。

こんなオレ

期間短くて税法上は日本の居住者であって問題がないケースなら住所は国内に残しておきましょう。

するとハイローオーストラリアを利用し続けることができます。

なお、居住者か非共重釈迦の判定は出張先の国がどこかによって左右されます。

一般的には1年間で183日以上海外にいると日本の非居住者になるということが言われていますが、一概にそう言い切れるわけではありません。

行先の国に応じて両国の協定を確認し、住所を移さずに済むかどうかを判断する必要があります。

海外赴任中は諦める

海外赴任中は諦める

海外に住所を移さなければならない人の場合には、正しいやり方をするなら赴任する時点で口座を解約しなければなりません。

日本の住所がなくなる日まではハイローオーストラリアを堂々と利用できます。

そして、赴任するタイミングで口座解約をしましょう

こんなオレ

口座解約をすると残高は全て出金できるので、お金が減ってしまうこともありません。

残高が少なくて出金できない状況でも対応してもらえるメリットもあります。

ハイローオーストラリアでは口座解約をすると一年間、口座開設をすることができなくなります。

ただ、裏を返せば1年後になったらまたハイローオーストラリアを利用できるという意味です。

ハイローオーストラリアでは口座解約をすると一年間、口座開設をすることができなくなります

ただ、裏を返せば1年後になったらまたハイローオーストラリアを利用できるという意味です。

海外赴任のときには1年以上になるケースが多いでしょう。

海外での仕事を終えて日本に戻ってきたら、ハイローオーストラリアの利用を再開できます。

こんなオレ

一度、口座の残高を引き上げる必要がありますが、ハイローオーストラリアを国内からはずっと使い続けられます。

期間が1年以内の場合には少しの間はハイローオーストラリアを利用できないというデメリットはあります。

しかし、その間もデモトレードをすることは可能です

特訓機関として位置付けてデモトレードを繰り返し、もっと稼げるようになってから再開しようと考えるのも良い方法です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のデモトレード!メリットやデメリットは?ハイローオーストラリアのデモトレードは完全無料で登録不要なのに、本番と同じプラットフォームを使って、実際のレートを使った取引ができます。だいぶ勝てるようになってきたという印象を受けた時点で口座を開設し、本番もやりながらさらに練習に励んでいきましょう。勝てるような取引の仕方が身についたら、同じように本番で取り組めばきっと同じくらいの利益を出せるので頑張ってみましょう。...

まとめ

ハイローオーストラリアの日本語サイトから口座開設をする際には日本在住であることが求められるため、海外赴任中は利用できないのが原則です。

海外赴任がある人は無理に海外にいる間も口座を維持しよう、日本語のサイトで口座開設をしようと考えると、契約条件に違反するリスクが高いので注意しましょう。

ただ、ハイローオーストラリアではいつでも口座解約が可能で、1年間を置いたらまた開設できます。

海外赴任前に口座を一旦閉じて資金を回収し、帰国後にまた取引を再開するという方法を選べます

こんなオレ

このような方針で利用していけることを考慮すると、海外赴任がある人もハイローオーストラリアを上手に利用できます。

海外に行く機会が多い人もハイローオーストラリアの利用を前向きに検討してみて下さい。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。