ハイローオーストラリア

【2021年最新版】ハイローオーストラリア(Highlow.com)の日本撤退の噂と事実を網羅的に調査・検証

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は日本中のトレーダーからおすすめされている海外バイナリーオプション(BO)業者です。

業界屈指の高いペイアウト率や多数の通貨ペアの導入、シンプルなハイロー取引の採用など、魅力的なバイナリーオプションサービスを徹底して提供していることから人気があります。

ハイローオーストラリア日本撤退は2013年頃からずっと話題になっていて、2021年になった今でも噂が絶えることがありません。撤退されてしまうとハイローオーストラリアで取引ができなくなるだけでなく、取引口座から出金できなくなるのではないかという不安があるでしょう。

こんなオレ

この記事では2021年の最新版の撤退情報をお送りします!

ハイローオーストラリアの撤退は運営側が考えているのか、なぜ今までハイローオーストラリアが撤退すると言われてきているのかをわかりやすく徹底解説します。

この記事を読み終えた頃にはきっとハイローオーストラリアで口座開設をしたい、今後もバイナリーオプション取引をしたいと考えるでしょう。

まだ口座を持っていない人は以下の記事を参考にして、ぜひ新規口座開設をしてください。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
【スマホ対応】ハイローオーストラリアのスムーズな口座開設方法を解説ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

【2021年最新】ハイローオーストラリア(Highlow.com)が日本を撤退することはない

【2021年最新】ハイローオーストラリア(Highlow.com)が日本を撤退することはない

結論としては、ハイローオーストラリアは日本を撤退することはありません。ハイローオーストラリアは日本での運営を続けていく意志を明らかに示しているからです。

ハイローオーストラリアが撤退するという噂が流れたとしても動じることなく、継続してバイナリーオプションサービスを提供してくれます。

なぜハイローオーストラリアが日本を撤退しないと考えられるのでしょうか。

ここでは初心者でもわかりやすい理由を簡単に紹介します。

ルール変更をしてサービスの向上を図っている

ルール変更をしてサービスの向上を図っている

ハイローオーストラリアはユーザーにもっと満足してもらえるサービスを提供するためにルールの変更を2021年に入ってからも繰り返し行ってきています。

特に大きいのはビットコインのルール変更で、ターボ取引が導入されました。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の仮想通貨に再変更!ビットコインなどの通貨ペアと取引時間の詳細はこちらハイローオーストラリアでは仮想通貨関連のルールを変更しました。ビットコインとイーサリアムの二つに候補が絞り込まれ、取引方法もターボ取引と1時間取引だけになっています。自分が得意な戦略を見つけ出して仮想通貨を攻略していきましょう。...

取引方法としてスプレッド取引ももちろん選択可能で、価格の変動が大きい仮想通貨のメリットを生かしたターボ取引ができます。

ペイアウト率はやや低めではあるものの、世界的に注目されている仮想通貨のバイナリーオプション取引を強化して、ユーザーがより魅力を感じてくれるように努力をしています

こんなオレ

このような取引ルールの変更は今後もサービスを継続する意志がなければ行うはずがありません!

ユーザーから選んでもらえるようにしたい、今後も利用を続けて欲しいというハイローオーストラリアの意志が示されているので、撤退することがないと言えるのです。

スマホのアプリをアップデートしている

スマホのアプリをアップデートしている

ハイローオーストラリアが撤退する気は全くないことを示す取り組みとして、スマホのウェブアプリがアップデートされたことも挙げられます。

ハイローオーストラリア2.0だったスマホのウェブアプリは2020年11月にハイローオーストラリア3.0にアップデートされました。

公式サイトでは大々的にアップデートがアナウンスされませんでしたが、インターフェースの変更など、細かな変更が行われています。このようなシステムのアップデートは手間もコストもかかるのは明らかでしょう。

撤退せずに継続してサービスを提供する意志がなければ絶対にやらないことです

日本はハイローオーストラリアにとって貴重な市場になっている

日本はハイローオーストラリアにとって貴重な市場になっている

ハイローオーストラリアが日本市場から撤退することがないのは、日本が運営をする上で貴重な市場だからです。

後で詳しくは説明しますが、世界的にバイナリーオプション禁止の動きがあるため、どの国のバイナリーオプション業者も事業継続を検討しなければならない状況に陥っています。

後述のように日本でもバイナリーオプション規制が行われました。しかし、日本の投資や金融商取引の管理や規制をしている金融庁も、バイナリーオプション取引を禁止していません。

こんなオレ

むしろ、ガイドラインに則ってバイナリーオプションサービスを提供するように促しています!

国としてバイナリーオプション取引を支持する立場を取っている日本からハイローオーストラリアが撤退する可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

経済的に余力がある富裕層が多い先進国では全面禁止になっている場合がほとんどです。アメリカやオーストラリアなどの一部の例外を除くと先進国のバイナリーオプション市場がないのが現状です。

日本ではハイローオーストラリアが海外業者のランキングでもよくトップに君臨しています。人気の海外バイナリーオプション業者として注目されている日本から撤退するのは、ハイローオーストラリアにとって損失でしかありません

この現状の動きを見るとハイローオーストラリアが撤退するという噂が流れたとしても、何も理由がないと言わざるを得ないのです。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ハイローオーストラリアの日本撤退が噂になった理由

ハイローオーストラリアが撤退すると何度も聞いたことがある人もいるでしょう。トレーダーの間でもまことしやかに言われていたことですが、公式サイトで公言されていたわけでもありません。

ハイローオーストラリアの撤退は噂から生まれていますが、どうして撤退すると噂されるようになったのでしょうか。

日本のバイナリーオプション規制の強化と撤退の動き

ハイローオーストラリアの撤退は噂から生まれていますが、どうして撤退すると噂されるようになったのでしょうか。

ハイローオーストラリアの撤退の噂が出てきたのは2013年のことでした。2013年は日本のバイナリーオプションの激動期です。2013年に金融庁はバイナリーオプション規制を敷いたからです。

2000年後半から2013年頃には投資としてFXとバイナリーオプションが大きな注目を浴びていました。

為替レートを活用する点はFXもバイナリーオプションも共通しています。日本では比較的新しい取引方法だったことに加え、投資に成功するトレーダーが大勢出てきたので脚光を浴びるようになりました。

しかし、FXで自己破産をする人も出てきて大きな問題だという認識が広まりました

バイナリーオプションと違って、FXではレバレッジをかけて取引できるのが特徴で、失敗すると取引資金以上の損失が出るリスクがありました。

海外業者では数百倍ものレバレッジをかけられたため、些細な失敗で大きな損失を出したトレーダーも多かったのです。そのため、金融庁はFX規制を進めていき、国内業者では20倍までしかレバレッジをかけられなくしました

為替レートを使う点で類似性が高いバイナリーオプションにも焦点が当てられました。

海外バイナリーオプションで借金をして滞納する事例もあったことから、ガイドラインを設けて規制を敷くことと決定したのです。これが2013年のことで、海外バイナリーオプション業者が日本を撤退していきました

こんなオレ

この動きによってハイローオーストラリアも撤退するという噂が流れたのです...

世界的なバイナリーオプションの規制・禁止

世界的なバイナリーオプションの規制・禁止

日本では規制が敷かれたとはいっても全面禁止にはなりませんでした。

国内バイナリーオプションもルールを変更して行われるようになり、2021年になっても安定してバイナリーオプションサービスを提供している業者がたくさんあります。

こんなオレ

このような状況があっても未だにハイローオーストラリアの撤退が噂されているのは世界的な動きの影響があるからでしょう...

日本の金融庁が規制を開始した2013年にはイタリアでもバイナリーオプションが全面禁止されました。2016年にはフランスとベルギーでも禁止され、2017にはカナダでもバイナリーオプションが廃止されています。

この動きを受けてEU(ヨーロッパ連合)でも2018年に完全禁止を決めました

2018年からはEU加盟国ではバイナリーオプションサービスを提供できなくなったのです。この大きな発表を受けた他国でも規制が進み、自由にバイナリーオプション取引ができる国は少なくなりました。

ハイローオーストラリアの関連では2019年8月にオーストラリアのオーストラリア証券投資委員会(ASIC)が「バイナリーオプションの禁止及びCFDの取引制限に関する規制策案」を打ち出しています。

この世界的な動きを受けてハイローオーストラリアも日本どころか世界を撤退しなければならなくなるという噂が出てきたのでしょう。

ハイローオーストラリアの移転

ハイローオーストラリアの移転

2019年6月に行われたハイローオーストラリアの運営会社や運営拠点の変更も撤退の噂を拡散させることにつながりました。運営する会社が変わったら元の会社が倒産することになって経営が赤字なのではないかと不安になるのはもっともなことでしょう。

もともとハイローオーストラリアを運営していた「HighLow Markets Pty. Ltd」から「HLMI LTD」にサービスが移管され、運営拠点もオーストラリアからマーシャル諸島共和国に移りました。

この移転に伴ってサーバーの移転が必要になり、現在のHighlow.comにURLが変わっています。

運営会社が変われば口座も変更が必要になるのは当然です。口座移行もユーザーが対応をしなければならず、運営からの指示に従って手続きをする必要がありました。

URLの変更や口座移行の手続きはユーザーの不安を煽った点です。ハイローオーストラリアが撤退するのではないかという噂の信憑性が高いと言われるようになっただけでなく、詐欺の被害に遭うのではないかという不安が広がりました。

偽サイトに誘導されたり、虚偽の口座への移行を促されたりしてお金を騙し取られるのではないかと思われたのです。このような詐欺は海外では横行していたので余計に不安が募ったのでしょう。

こんなオレ

実際には特にトラブルもなく、あくまで移転のために必要だった手続きでした。

503エラー・504エラーの多発

503エラー・504エラーの多発

ハイローオーストラリアが撤退すると噂された理由としてサイトにアクセスできないエラーが多発したことも挙げられます

2020年には503エラーや504エラーによって公式サイトにアクセスやログインができない問題がありました。

アクセス過多などが原因で起こるエラーなので時間が経つと改善されたというのが実情です。

こんなオレ

しかし、公式サイトが消えて撤退したのではないかと不安になるユーザーもいました...

アプリでもログインできないトラブルがあるなど、アクセスやログインでの問題の発生が続出したのはハイローオーストラリアが撤退する懸念を大きくしたと考えられます。

アプリの消失やSNS・ネット掲示板での噂も原因

アプリの消失やSNS・ネット掲示板での噂も原因

この他にもハイローオーストラリアが撤退する噂の原因になった事件があります。

有名なのはiPhone対応のハイローオーストラリア公式アプリの消失です。

アプリの公開が停止されて、段階的に撤退に向けてサービスを縮小するのではないかと噂されました。iTunes Storeによる規制などの問題によって公開を停止せざるを得なかったのが実情です

SNSやネット掲示板でもハイローオーストラリアは長続きしない、撤退する、といった噂が流れています。匿名性があるので自由に情報を発信できるネット掲示板の信憑性は低いと思っていた人も、TwitterなどのSNSでつぶやかれると不安が生じるでしょう。

こんなオレ

ただ、SNSでの発言も個人の見解なので根拠があるとは限りません...

バイナリーオプション業界では詐欺のツールを買わされて悲惨な目に遭ったという事例もあります。感情的な取引をして大損をした、デモ取引と同じつもりで取引したら思ったようには勝てなかったというケースも少なくありません。

こんなオレ

損をするとサービスを提供している業者を非難したくなるのは確かでしょう。

ハイローオーストラリアは日本でユーザーが多いので取引で失敗した人からの批判も受けることがよくあります。その批判の形としてこんなサービスをしている業者は撤退するという口コミをするのは十分にあり得るものです。

口コミを見て撤退の話題が拡散し、伝言ゲームのようにしてハイローオーストラリアが撤退するとまことしやかに噂されるようになったと言えるでしょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

まとめ

ハイローオーストラリアが撤退すると言う噂は根強く存在しています。しかし、ハイローオーストラリアはサービスの向上に努めていて、ルールの変更やアプリのアップデートなどにも精力的に取り組んでいます。

日本向けのサービスをより良いものにしてユーザーから選んでもらおうと努力を続けているのがハイローオーストラリアです。

バイナリーオプションの規制や禁止によって世界的には市場が狭くなっています。しかし、日本やアメリカのように規制はあってもバイナリーオプションが金融商取引として認められている先進国もあるのが現状です。

こんなオレ

日本市場はハイローオーストラリアにとって貴重なので撤退することはあり得ません!

ハイローオーストラリアは今後もずっと安心して利用できるバイナリーオプションサービスを提供してくれます。撤退の噂の口コミに流されず、信頼できるバイナリーオプション業者としてハイローオーストラリアを利用していきましょう

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。