ハイローオーストラリア

転売のススメ!ハイローオーストラリアで稼ぐための転売の重要性とは?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)には転売システムがあるのが特色です。

バイナリーオプションは昔からエントリーしたら放っておくだけで損益が確定する仕組みでした。

判定時刻においてエントリーした時点で選んだ条件を満たしているかいないかによって損益が決まるのが原則だからです。

しかし、ハイローオーストラリアでは転売によって途中売却をするシステムがあります。

こんなオレ

エントリーによって買ったポジションを途中で転売するとペイアウトを受け取ることが可能です。

日本でもバイナリーオプションの規制に伴ってルールを定め、途中売却ができるようになりました。

この動きの背景についても確認しつつ、途中売却を生かすメリットとハイローオーストラリアでの重要性を考えてみましょう。

転売を利用して勝率UP
【稼げるの?】ハイローオーストラリアで転売を利用して勝率UP!ハイローオーストラリアでは転売が公式に認められていて簡単に活用できます。転売は取引を中断して利益確定や損切りを行える機能で、ペイアウト倍率もペイアウト額がはっきりとわかるので上手に活用すれば勝率を上げることも、稼ぎやすくすることもできます。...

日本のバイナリーオプションにおける途中売却

2通りの方式

2013年に施行されたバイナリーオプションに関する規制によって、バイナリーオプション業者は取引のルールやシステムを作る際に様々な条件が課されています。

規制以前は途中売却できない業者が多かったですが、規制実施後はどの業者も途中売却ができるようになりました。

これは2WAY方式による価格提示が求められ、それに基づいた取引方法の提供が求められたからです。

2way方式

2WAY方式とはオファー価格とビット価格を両方とも利用者に対して提示する方式です。

海外で主流の従来型のバイナリーオプションにはなかったシステムで、購入金額と売却金額が示されていることになります。

こんなオレ

これによって利用者はオファー価格を払ってエントリーし、途中でやめたいと思ったときにはビット価格で売却することができるのです。

あるいはコールオプションとプットオプションによる仕組みの場合には提示するのがオファー価格のみになりますが、コールとプットを選べるので売買の両方の取引が可能です。

このような仕組みになっているため、日本のバイナリーオプションではエントリーした後、いくらのオファー価格で買ったか、現在はいくらのビット価格かを見て判定時刻前に利益確定をすることも可能です。

業者によってエントリーした際に購入した数のカウント方法は違いますが、例えば3口買ってエントリーし、3口売って利益確定するといったことができます。

こんなオレ

価格がわかるので利益になるタイミングで注文を出し、着実に稼いでいくこともできるでしょう。

オファー価格とビット価格を提示するシステムはFXに類似しています。

取引の仕方を根本的に考え直す必要があるのではないかと考える人もいるほど違いが大きいので、途中売却の使い方をよく考える必要が生じているのです。

途中売却の世界事情

世界事情

国内業者では途中売却が可能な2WAY方式が採用されていますが、海外業者では途中売却はしやすいのでしょうか。

海外でも規制を行う方針を立てている国が出てきているため、状況が変わりつつあります。

しかし、途中売却を自由に行えるバイナリーオプション業者はあまりありません

こんなオレ

現状としては途中売却ができないシステムが良くないという指摘が一般的になったわけではないからです。

昔からバイナリーオプションはエントリーしたら放置しておけるのが良いという考え方もあります。

また、途中売却ができると戦略が多様化することになり、業者としてはペイアウト率をどのくらいに再設定したら良いかを慎重に考えなければなりません。

ルールを変更すると利用者にも動揺が走ることから、あえてルール変更をして途中売却をできるようにしようと考えないのです。

ハイローオーストラリアは例外的に途中売却が公認されています

ハイローオーストラリアの転売では、その瞬間の転売ペイアウトがいくらになるかを確認してから注文を出せます。

転売ペイアウト

そのため、国内業者の途中売却と同様に、うまく使えば取引時間が終わる前に利益確定をして稼げる可能性を秘めています。

取引の戦略を増やして稼げるようにするにはハイローオーストラリアの魅力が大きいと言えるでしょう。

こんなオレ

デモ取引では転売の方法や転売ペイアウトが確認できるのでやってみてください。

特に登録などは不要で、すぐに始められます。

ハイローオーストラリア公式ページ

途中売却は利用者を守るシステム?

途中売却は利用者を守るシステム

ハイローオーストラリアではもともと転売できるシステムになっていましたが、国内のバイナリーオプション規制で途中売却が可能なシステムを導入しなければならなくなったのはなぜなのでしょうか。

この目的は利用者と業者の平等性を保ちつつ、利用者を大きな損失から守ることです

もともとバイナリーオプション規制は投資を始めた人たちが大金を使ってしまって生活に苦しくなってしまったり、借金をするほどになったりした事例が多発したからです。

FXなどの他の投資による影響もありましたが、バイナリーオプションも原因の一つとして矛先が向けられました。

そのため、バイナリーオプションのガイドラインが策定された際には利用者が不利益を被っていると考えられる部分を是正し、損失から自分を守ることが可能なルールを作ることが目指されていたのです。

こんなオレ

2WAY方式の導入によって購入だけでなく売却もいつでもできるようにしたのは利用者と業者を平等性に関する直接的な施策です。

利用者は買うことしか許されていなかったものの、売っても良いという状況が生まれました。

転売

エントリーした途端に市場で急変が起こってしまい、どう考えても判定時刻までに戻ってくるような可能性もないという状況に立たされる場合もあるでしょう。

この際に以前は泣く泣く判定時刻まで待ち続けなければなりませんでした。

しかし、この時点で無理だと判断して資金を速やかに回収できるようになったのです。

こんなオレ

もちろんこのようなケースの途中売却では損切りになるのが一般的です。

それでも資金の全額を失うのではなく、一部を手元に戻せるので次のエントリーをしやすくなります。

損切り

このようにして利用者は損失を回避できる選択権を与えられ、業者との平等性が高い立場を手に入れることができたと考えられています。

見方を変えると、ハイローオーストラリアは当初から利用者を守るための平等なシステムを取り入れていたとわかります。

このような利用者への配慮があるからこそ、今も全世界で人気があるバイナリーオプション業者となっています。

途中売却は逃げの選択?

途中売却は逃げの選択?

途中売却はもともと予想が当たると思ってエントリーしたときに、予想が外れるとわかったから行うものだと考えられます。

すると逃げの選択だと解釈できるでしょう。

しかし、途中売却は良い言い方をすればリスク回避のための選択になります。

途中売却をできるようにした背景を考えると大きな損失を生むリスクを回避できるように買う権利だけでなく売る権利も利用者に与えたという解釈になります。

しかし、エントリーが募集されている取引期間中は、買値も売値も動き続けているのが基本です。

こんなオレ

その動きを見て途中売却をすることにより利益確定をした方が、判定時刻まで待っているよりも利益が大きくなる場合もあります。

例えば、ある価格よりも上がると予測してエントリーしたときに、その価格よりも今は大幅に上がっているとしましょう。

そのままの傾向なら予想が当たると思って最後まで待ってみたら、最後に価格が暴落してしまって予想が外れるということもあります。

途中の高値のときにはエントリーしたときの買値よりも高い売値になっていて、差額分だけ利益を手に入れられる場合もあります。

高値で転売

日本のバイナリーオプション業者ではスプレッド幅を設けていて、その幅以上に値動きが起きているなら売っても利益を得られるようになっています。

そのため、相場が激しく動いているときであれば、利益を出すつもりで途中売却を狙った取引も可能です。

日本の業者で途中売却を攻めの姿勢で使うには

日本の業者

日本のバイナリーオプションで途中売却を攻めの姿勢で使って稼ぐためには工夫が必要です。

まず、ペイアウト幅は業者ごとに設定しているため、少しでもスプレッド幅が小さい業者を使うことが重要になります。

スプレッドがどのくらいかは実測値を計測している統計結果を比較サイトで見てみるとわかりやすいでしょう。

たとえば、価格.comにおける集計ではヒロセ通商のLION BOYJFX!のオプトレではスプレッドが50円になっていて、他の国内業者に比べて低い水準になっています。

LION BO YJFX

それに続いているのがGMOクリック証券の外為オプションで、スプレッドは68円です。

GMOクリック証券

そのように低い水準のスプレッドになっている業者を選べば、途中売却を逃げではなく攻めの戦略をして活用していくことができるでしょう。

こんなオレ

この戦略は取引時間を短縮することにつながるのがメリットです。

国内業者では取引スケジュールが2時間または3時間に固定されているのが一般的で、規制上は2時間以上の取引時間を設けなければならないと定められています。

そのため、利益が出るか出ないかを二時間も待つ必要がある場合もありますが、売却してしまえばその時点で取引は終了します。

ある程度の利益が出るとわかったらそこで切り上げ、次の取引の開始に取り掛かるといった戦略を立てられます。

一方、途中売却を使う方法は投入できる金額が問題になりがちです。

国内業者では一日や一回号ごとに取引できる金額の上限を定めていることがよくあります

国内業者の取引上限

途中売却をすると一回号の間に何度もエントリーできるチャンスがありますが、金額によっては瞬く間にエントリーできなくなってしまうでしょう

そのため、取引上限額がいくらかを確認してから業者を選ぶのも重要です。

IG証券のように上限が全くない業者もありますが、やや他の業者とシステムが異なるので注意しましょう。

他の業者の場合にも回号ごと、一日ごとに比較してみると、取引の仕方によっては問題にならない場合もあるので比較検討してみるのが大切です。

国内バイナリーオプション業者の利用者必見!ハイローオーストラリア(Highlow.com)に転向すべき理由国内業者と同じようにしてバイナリーオプションに取り組めるサービスが整っていて、さらに取引の幅を広げられるのがハイローオーストラリアを選ぶべき理由です。もっと稼げるようになりたい人は国内業者からハイローオーストラリアへの転向を進めましょう。口座開設が容易で、オンラインの手続きだけで3分ほどで済ませられます。...

ハイローオーストラリアでも転売で稼げる?

ハイローオーストラリアでも転売で稼げる?

ハイローオーストラリアでも途中売却に当たる転売を使って攻略できる可能性はあります。

しかし、ハイローオーストラリアでは逃げの戦略に使うことはできても、攻めの姿勢で使って稼ぐのは難しいのが実態です。

こんなオレ

ハイローオーストラリアの転売を使ってみるとわかりますが、転売ペイアウトがエントリーした金額よりも高くなるときはあまりありません。

転売ペイアウトの計算方法が公開されているわけではないので局面によっては大きく上がる可能性もあるでしょう。

しかし、実際にやってみるとわかるのが、ハイエントリーをして価格が上がっているときに転売ペイアウト率を見ても1倍を切っていることがほとんどだという事実です。

転売のペイアウト率

タイミングによっては1倍を超えることもありますが、高くても1.3倍程度にしかならないのが普通です。

そのため、転売で稼いでいこうとしてもなかなかエントリーしても利益が出ずに悩むことになります。

そのため、ハイローオーストラリアでは攻めではなく逃げのときに転売を使うのが合理的です。

こんなオレ

もうこれは勝てないというシーンですぐに転売をすると資金のかなりの割合を回収できます。

例えば、順張りをしたのに価格が下がってしまった、逆張りをしたのに転換点が登場しなかったというときにはもう勝てないと思うでしょう。

この際には最後まで待つよりも確実に損失を減らせます。
転売ペイアウトは0未満になることはないからです。

実際には転売ペイアウトは幅広く動くので、どのタイミングで転売すべきかを見極めるのも重要になります。

その判断が難しいなら自己ルールを作って、いつでもリスクが高いときには速やかに損切りできるようにしておくのがおすすめです。

速やかに損切り

国内のバイナリーオプション業者のように二時間以上の取引時間という制限がある場合には、早めに利益を確定して別の取引で使うための資金を手元に戻すのは合理的な方法でしょう。

しかし、ハイローオーストラリアでは数分単位の取引ができるので、資金回収を早くするために転売を使ってもあまり意味がありません。

仮想通貨やCFDを使いたい場合には1日取引しかできない場合もあるので転売による資金回収は有効でしょう。

しかし、通貨ペアや金などのように短時間で取引できる場合には、より短時間での取引をした方がよほど稼げるようになります。

まとめ

途中売却はハイローオーストラリアでは転売として当初から導入していましたが、バイナリーオプション業界全体で見ると一般的だとは言えませんでした。

日本ではバイナリーオプション規制の影響で標準化されています。

国内業者の場合には攻めの姿勢で途中売却を使い、FXと同じようにして利益が出るタイミングで売却して次々にエントリーしていく取引手法を使えます。

スプレッド幅が狭くて、エントリーできる金額の制限が厳しくない業者を選ぶ必要がありますが、短時間取引をする戦略として検討してみましょう。

ハイローオーストラリアでは転売を使って途中売却をすれば負けると分かっている取引から逃げることができます。

こんなオレ

リスクの高い取引は転売していくようにすると資金の損失を抑えられるので、もっとバイナリーオプションで稼げるようになります。

ハイローオーストラリアでも上手に途中売却をして利益を増やしていきましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。