攻略

仮想通貨はバイナリーに向いている?

ビットコインを代表とする仮想通貨の売買による資産形成が活発に行われるようになりました。
円やドルなどの通貨を使って為替取引をするのと全く同じ原理で、ビットコインやイーサリアム、ジーキャッシュやリップルなどの仮想通貨を売買することにより利益を得られます。
その取引の際には為替レートと同じように取引レートが決められていて、仮想通貨の売買に応じて変動しています。
近年になって、このレートを使ってバイナリーオプションでも仮想通貨トレードができるようになりました。まだどのバイナリーオプション業者でも仮想通貨に対応しているわけではありませんが、国内外の有名業者がサービスを提供するようになってきています。
トレーダーとしては仮想通貨がバイナリーオプションに向いているのかどうかが気になるでしょう。この記事ではその真相をわかりやすく解説します。

仮想通貨=暗号資産とは

まずは仮想通貨とは何かを簡単におさらいしておきましょう。仮想通貨は日本では暗号資産というのが法的に正式な名称です。日本円やアメリカドルなどのような法定通貨とは異なり、インターネットを通じて取引できる仮想的な通貨のことを暗号資産と呼びます。日本では資金決済に関する法律で暗号資産を定義していて、以下の3つの条件を満たすものとされています。

1.不特定の相手に対して代金の支払いなどに使用できる。また、法定通貨と相互交換可能である。
2.電子的に記録されていて移転できる。
3.法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカー ド等)ではない。

一般的にはブロックチェーンを利用することで複数の場所に同時記録されるようになっていて、偽造や改ざんなどができない仕組みが作り上げられています。
法定通貨とは違って国によって価値が定められていないのが特徴で、国による介入によって価値が変動することがありません。
流通や利用の状況に応じて通貨価値が変わっていくシンプルなシステムになっているのが暗号資産です。
仮想通貨は世界的にどのような仕組みで行うのかを法的に取り決められる前から流通が始まりました。法整備が後手に回った影響で通貨価値の激動期が何度も訪れましたが、現在では主要国で仮想通貨に関わる法律が定められて比較的安定した運用ができる状況になっています。
ただ、日本でも2017年4月の改正資金決済法でようやく定義付けられたものなので、今後の運用や取引の動向によって規制の強化や緩和が行われていく可能性もあります。
さらに、新しいブロックチェーンシステムの開発も活発に進められていて、次々に新しい仮想通貨が生み出されてきています。
このような状況を鑑みると、バイナリーオプションで仮想通貨を使う上では今後の動向を窺う必要性は高いと言えます。

ハイローオーストラリアの仮想通貨取引の特徴

世界的に高い人気があるバイナリーオプション業者として知られているハイローオーストラリアでは仮想通貨取引を導入しています。
ハイローオーストラリアは海外業者でありながら、日本語に完全対応していて、口座開設のときにも日本の運転免許証やマイナンバーカードを本人確認書類として使えます。
そのため、日本人からも高い人気がある海外バイナリーオプション業者です。


ハイローオーストラリアではビットコインイーサリアムライトコインリップルの四種類の仮想通貨取引に対応しています。
ビットコインは仮想通貨として最も知名度が高く、歴史も古いことからトレードの際にはよく選ばれています。
ハイローオーストラリア以外のバイナリーオプション業者もビットコインにだけは対応しているケースが増えてきているのが現状です。
イーサリアムはビットコインに次ぐ知名度があり、時価総額も高くなっています。
ライトコインはビットコインから生まれてきたスピード承認システムを導入している仮想通貨です。
リップルは取引量が多くてビットコインに次ぐとも言われているのが特徴です。
このように有名どころの仮想通貨を一通り利用できるようになっているのがハイローオーストラリアの特徴です。なお、仮想通貨取引では全てアメリカドルとの通貨ペアでレートが決まっています。

ハイローオーストラリアで使える仮想通貨

ハイローオーストラリアの仮想通貨取引は全て1日取引になっていて、取引スケジュールは朝7時~翌朝6時です。
ペイアウト率がハイロー取引なら1.85倍、スプレッド取引なら2.00倍という高い水準になっています。
このペイアウト率の高さは仮想通貨に限ったことではありませんが、ハイローオーストラリアで取引をする魅力と言えるでしょう。
また、ハイローオーストラリアでは海外業者の中では珍しく転売のシステムを取り入れています。
バイナリーオプションではエントリーしたら判定時刻まで何もできないのが一般的です。転売は途中売却のシステムで、判定時刻になる前にポジションを売却して利確または損切りができます。
その時点での転売ペイアウト率が適用されるので、利益になるかどうかはケースバイケースですが、大損をしないうちに損切りをすることができるのはメリットです。
特に仮想通貨取引では23時間後の価格を予想しなければならないので、考えていたのとは違う値動きをしたときに有効活用できます。

ビットコインと他の仮想通貨は違う

バイナリーオプションで仮想通貨取引をするときにはどんな考え方でトレードをしたら良いのでしょうか。実はビットコインと他の仮想通貨には大きな違いがあります。トレードの仕方も変える必要があるので、何が違うのかを詳しく理解しておきましょう。

ビットコインは安定資産

ビットコインは世界で初めて使われるようになった仮想通貨で、安定的な信頼を獲得しています。
もはや失われることがない安定資産という認識をしている投資家も多いので、多額のビットコインを保有しているケースも少なくありません。
法定通貨とは違って国家が倒れたとしてもビットコインは失われることはありません。
そのため、有事にはドル買いや日本円買いがよく行われていましたが、ビットコイン買いも起こるようになってきています。
システムとして安定して使われてきたことからビットコインは信用度が高く、他の仮想通貨と比べて優先して選ばれているのが現状です。
世界的な情勢不安や景気低迷が起こると金が買われることもよくありますが、その代わりにビットコインが選ばれることも増えてきました。
このような投資家の認識を理解していると、社会情勢に応じたビットコインの値動きが予測しやすくなります。
世界的なパンデミックが起こったときなどにはビットコインが上がると考えられるのです。しかし、同じような現象がイーサリアムやリップルでは起こりにくいので注意しましょう。

他の仮想通貨は取引量が少ない

信頼性の影響もあってビットコインと他の仮想通貨では取引量にも雲泥の差があります。
リップルやイーサリアムは比較的取引量が多い仮想通貨なのは確かですが、ビットコインには及びません。
取引量は相場のボラティリティに大きな影響があるので、バイナリーオプションでは重要なポイントです。
取引量が多い場合には値動きは多数の売買によって相殺されて平均化されます。
しかし、取引量が少ないと大口の取引があったときに急な値上がりを一瞬だけ起こすようなケースがよく起こるようになります。
そのため、相場が慢性的に不安定になる場合が多く、バイナリーオプションでは予測が難しいのが問題になりがちです。
仮想通貨を売買する場合には買うタイミングも売るタイミングも自由に決められますが、バイナリーオプションでは原則として判定時刻は自分で選べません。
そのため、取引量があまりにも少ないと判定時刻の直前に大口の売買があって予想が外れるといった事態も起こり得るのです。
世界中で取引されていて取引量が一日中多いビットコインは、他の仮想通貨に比べてリスクが低いと考えられます。

仮想通貨をバイナリーオプションで生かす方法

仮想通貨は結局、バイナリーオプションに向いているのでしょうか。結論としてはどのようなトレードスタイルにするかによって違いはあるものの、稼ぎやすい取引の仕方は選べます。
法定通貨の通貨ペアとは違う考え方でエントリーの判断をする必要があるので、通貨ペアで予想が当たっていた人が仮想通貨取引をしても当たるとは限りません。
この点も考慮して、仮想通貨をバイナリーオプションで生かすにはどうしたら良いかを解説します。

テクニカル分析を重視する

仮想通貨でバイナリーオプション取引をするときにはテクニカル分析が必須です。
通貨ペアの場合にもテクニカル分析が重要なのは確かですが、仮想通貨の方がダマシは比較的少ないのでテクニカル分析の効果が上がりやすい傾向があります。
法定通貨の場合には実需によって企業が大量の通貨買いをすることがあります。
しかし、仮想通貨は決済手段としてはまだ本格的に使われていないため、実需による大口の売買はあまり行われていません。そのため、イレギュラーが起こりにくく、テクニカル分析による予測が当たりやすいのです。
また、FXや為替取引から仮想通貨取引へ移ったり、並行して行うようになったりした投資家も大勢います。
するとテクニカル分析に基づく取引をする人が多いので、定石に従って分析すれば予想通りに値動きを起こす傾向が強いと容易に想像できるでしょう。
必ずしも通貨ペアよりも当たりやすいというわけではありませんが、テクニカル分析に頼るだけでも利益を上げやすいのは魅力です。

テクニカル分析

仮想通貨規制に注意する

仮想通貨を使うときには新たな規制に注意しましょう。各国の社会情勢や経済動向の影響は法定通貨に比べると受けにくいですが、仮想通貨やブロックチェーンに関わる法律が改正されたり、新たに規制が設けられたりすると市場が動揺します。
内容によって価格が上がるか下がるかはケースバイケースですが、規制の具体的な内容が示される前に逃げておこうと判断する人も多いので一般的には初期に下落が起こります。
その後に規制の内容が理解されていくにつれて持ち返す場合もあれば、そのまま下落を続ける場合もあります。内容をよく理解して、安心して保有し続けられる仮想通貨なのかどうかを見極めることが大切です。
リスクを取らないという観点では、仮想通貨規制について話題になったときには仮想通貨取引は避けるのが良いでしょう。
ただ、明らかな価格の下落や上昇が期待される場合にはチャンスなので、仮想通貨に興味を持っているなら詳しく確認してエントリーの可否を判断しましょう。
基本的には規制が厳しくなる傾向があるので、売られて価格が下がるケースが多いと考えられます。

ビットコインを選ぶ

仮想通貨にも多数の候補があります。その中からバイナリーオプションで予想が当たりやすいものを厳選するのが大切です。
結論から言えば、現状としてはビットコインを選びましょう。
先述のようにビットコインは別格で、取引量が圧倒的に多いことから想定外の値動きを起こすリスクが低くなっています。
主要国の法定通貨ほどではないにしても取引量が多いので、テクニカル分析も最も通用しやすい仮想通貨です。
今後も同じようにビットコインが中心的な役割を果たしていくかどうかは定かではないのも事実です。
イーサリアムやリップルなどの取引量が増えていき、ビットコインと同様に安定した取引ができるようになる可能性もあります。
当面はビットコインを使ってバイナリーオプションに取り組み、仮想通貨の全体的な傾向を追って、より良い通貨が登場してきたときには積極的に活用していきましょう。

まとめ

仮想通貨取引は歴史的にはまだ浅いですが、トレードをしている投資家は為替取引を行ってきた経験が豊富なことが多く、テクニカル分析をしながら取引をしているのが一般的です。
そのため、仮想通貨でのバイナリーオプションでもテクニカル分析を使った予測が通用します。
仮想通貨に関連する法整備がようやくできてきた段階なので、今後にどのような動きがあるかを予想するのは困難です。
規制が敷かれると価格が下がる可能性が高いことから、仮想通貨関連のニュースには注意しましょう。
基本的には取引量の多いビットコインを選ぶとテクニカル分析による予測がよく的中します。他の通貨の動向も確認して、取引量が多い仮想通貨を選んでバイナリーオプションに使うのが成功率を高めるためのポイントです。
ハイローオーストラリアではビットコインを代表とする4つの仮想通貨に対応しているので、興味を持った人は口座開設をして取引を始めてみましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。