ハイローオーストラリア

RVIはハイローオーストラリア(Highlow.com)で本当に使える?知っておきたいRVIの役割と使い方のコツ

相対活力指数のRVIはハイローオーストラリア(Highlow.com)でも使えるオシレーター系インジケーターとして知られています。

ただ、バイナリーオプションでの応用例を探してみるとあまり見かけないという印象を持っている人もいるでしょう。

RVIはハイローオーストラリアでも実は使えないのではないかと不安になるかもしれません。

RVIインジケーター
こんなオレ

バイナリーオプション系のブログでの話題を見てみると確かにRVIの利用者が少ないと感じるでしょう。

オシレーター系インジケーターとしてよく話題になっているのはRSIやMACD、ストキャスティクスなどで、RVIを使うエントリー手法を紹介しているケースはあまりありません。

ではRVIははハイローオーストラリアでは使う意味がないインジケーターなのでしょうか。

この記事ではRVIがなぜあまり使われていないのかを解説し、ハイローオーストラリアで使えるようになるために知っておきたい役割や使い方のコツを紹介します。

RVIには似ているインジケーターが多い

RVIに似ているインジケーター

バイナリーオプションでRVIが使われていない理由はもともと利用者が少ないことに加え、類似性があるインジケーターが多いからです。

為替レートの変化は投資家による通貨の売買によって引き起こされています。

買い注文や売り注文を出すタイミングを見計らうために投資家はチャートを分析しています。

その際に注文を出す決め手となっているインジケーターを使い、同じ判断基準でエントリーを検討すると値動きの予測で有利になると考えられるでしょう。

そのため、似ているインジケーターが多いRVIは除外されてしまいやすいのです。

こんなオレ

RVIに似ているインジケーターとしてRSI、ストキャスティクス、William%Rがあります。

計算式を比較してみるとほんの少ししか違いがないのがわかるでしょう。

RVI=(終値-始値)/(高値―安値)×100=値上がり幅/値動きの幅×100

RSI=(値上がり幅の平均)/(値動き幅の平均)×100

%K=(終値-最安値)/(最高値―最安値)×100

%R=(最高値-終値)/(最高値―最安値)×100

RVIとRSIを比較すると、RVIは直近の値動きを見ているのに対して、RSIは一定期間の平均を使って表現しています。

ストキャスティクスとWilliam%Rも同様に一定期間の最高値と最安値の中で終値の位置を見ていますが、RVIは1期間の中で値動きの大きさを見ています。

これらは見ている部分が違うとはいえ、相場の価格を示す終値、始値、高値、安値に着目して、値動きの仕方が大きいかどうかを評価するインジケーターです。

そのため、見ている相場の側面が似ていると考え、一つか二つを使うトレーダーが多いのです。

古くから用いられているRSIとストキャスティクスがよく選ばれているため、RVIは日の目を浴びることがない状況になっています。

ストキャスティクスでハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率アップができる!ストキャスティクスはオシレーター系インジケーターとして名前はよく知られていますが、意味がよくわからないので手を出せずにいる人も多いでしょう。ストキャスティクスはテクニカル分析で比較的よく用いられているインジケーターです。この記事ではストキャスティクスの基本から実戦的な攻略法まで紹介します。バイナリーオプションでも使えるインジケーターなので、効果的な使い方を身につけましょう。...
Williams%Rで短時間取引を攻略可能という噂は本当かWilliams%Rは価格が最高値に比べてどのくらいの位置にあるかを評価するためのオシレーター系インジケーターで、ストキャスティクスと表裏一体の関係にあります。値動きに対するレスポンスの早さが強く求められる短時間取引を攻略するのにうってつけのインジケーターでしょう。慣れないと難しいため、デモトレードで練習を積んでから活用していきましょう。...

RVIの意味を深く掘り下げよう

ハイローオーストラリアで使って意味があるかどうかを考える上ではRVIについてもう少し詳しくなる必要があります。

表面的に見るとRVIはRSIやストキャスティクスなどと似ています。

しかし、意味を正しく理解すると違う視点で活用できるようになります。

RVIの意味

まず、RVIを実際にテクニカル分析で使うときには移動平均線、その四対称加重移動平均のシグナルラインを使って分析します。

RVIラインの見方

これは相場の動きを予測するためには過去の値動きと合わせた統計処理をする必要があるからです。

RSIやストキャスティクスなどは計算するときに一定期間の平均値を使用することで過去の値動きを反映するようにしています。

RVIは1期間だけに着目して終値、始値、高値、低値を使って数値を計算しているので、他の期間の情報は含まれていないのです。

こんなオレ

RVIは移動平均を取らずに見れば1期間の取引に関する情報だけを反映した数値になっているので、1期間の動向を細かく分析できます。

ただ、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションでは過去の1期間における取引の動向ではなく、これから相場がどうなるかを知りたいのが本音でしょう。
そのため、1期間の動向がわかることはあまり大きなメリットにはなりません。

しかし、RVIから何がわかるのかを理解できると、その後の平均化によって生み出された二つの曲線がどういう意味を持つのかが見えてきます。

RVIを解析

RVIは分子と分母に分けて解析すると理解しやすくなります

分子:ローソク足の実体の長さ

分母:ローソク足の上ひげの頂点と下ひげの頂点の距離

分子は終値から始値を引いたものなのでローソク足の実体の長さに相当します。

ローソク足の実体

大きな値上がりをしようとするときほど正の方向に大きくなり、値下がりが大きいと負の方向に大きくなります。

値動きが小さかった場合には絶対値が小さくなるという仕組みです。

分母は高値から低値を引いたものなので、ローソク足の上ひげの頂点と下ひげの頂点の距離に相当します。

ローソク足のひげ

ひげが延びていて高値が大きく、あるいは低値が小さくなるとRVIは小さくなりますが、ひげがないときにはRVIは大きくなります。

こんなオレ

このようにして見るとRVIは価格が始値から終値に向かって一直線に向かう力の大きさを示す指標だと解釈できます。

その期間の取引で一時的にであってもローソク足の実体から価格が離れるとRVIは小さくなるからです。

始値からまっすぐ終値に向かうとRVIは相対的に大きくなります。

一度値下がりしてから反発を受けてから値上がりをしたようなケースでは分母が大きくなるのでRVIは小さくなるのです。

このように相対活力係数を見てみると、どのくらい値動きに対して忠実な相場になっているかを推し測る指標になっているとも言えるでしょう。

0に近づいたときにはローソク足の実体がなく、ひげが長い状態です。

RVIが0に近いとき

買いたい、売りたいという意向が相殺される形になっていて市場は荒れていると考えられます。

逆に100に近いときにはひげがない陽線、-100に近いときにはひげがない陰線になっています。

RVIが±100に近いとき

価格があるべき方向に純粋に進もうという力が働いている状況です。

RVIの移動平均線であるRVIラインは始値から終値に向かう力の大きさを過去に遡って平均化し、その力が現在に向かって強くなってきているかどうかを見る指標になります。

さらにその四対称加重移動平均を取ったシグナルラインは、RVIラインの経時変化を加味したラインです。

RVIラインの示す数値やシグナルラインとの位置関係に着目すると、これからの値動きが本来あるべき終値にまっすぐに向かう傾向があるかどうかを判断できます。

RVIをハイローオーストラリアで使うときの考え方

RVIはよくオシレーター系インジケーターの一つとして、相場が転換するタイミングを見るのに使うのが良いと言われています。

ハイローオーストラリアのハイロー取引では以下の二つのパターンが典型的なエントリー基準です。

・RVIラインとシグナルラインがマイナスの領域でゴールデンクロスをしたときには値上がりするからハイエントリー

・RVIラインとシグナルラインがプラスの領域でデッドクロスをしたときには値下がりするからローエントリー

RVIラインがシグナルラインをマイナスの領域で上に抜けるゴールデンクロスが起こったときには、RVIラインの方が0に近くなるので上ひげや下ひげが長くなって相場が乱れる傾向が強まり、実体も短くなってきたことを示唆しています。

RVIマイナス領域からのゴールデンクロス

この際にRVIラインがプラスに向かっているので価格は上昇する方向に向かうと考えられます。

同様にデッドクロスのときにもRVIラインがシグナルラインよりも0に近づいているので、相場が乱れながらも始値と終値の間は狭まっていることが示唆されます。

RVIデッドクロス

RVIラインがマイナスに向かっているので価格が下がり始める状況になったと判断できるのです。

ただ、あくまでRVIは相場があるべき方向に直線的に進む力が相対的に強いかどうかを見ているだけなので、ゴールデンクロスやデッドクロスが起こったからといって次の足で必ずハイ、ローという結果が出るとは限りません。

もう少し遅れて市場が反応することもあり得ます。

こんなオレ

RVIを使うときのコツは長めの取引時間でエントリーすることです。

遅れが起こりやすいものの、相場の方向性に対して素直な値動きをするときほど敏感にRVIのシグナルが現れます。

そのため、5分足で見ているなら15分、15分足で見ているなら1時間でエントリーしてみると成功しやすくなります

初動が遅くても値動きの方向性が確かなので、割安なときにハイエントリー、あるいは割高なときにローエントリーしやすいのがRVIの特徴です。

また、買いたい人も売りたい人も少数で価格が動かないときにもRVIは小さくなります。

そのため、あまりにも取引量が少ないときにはRVIがあまりあてになりません

こんなオレ

取引量が多い通貨ペアと時間帯を選んで使用しましょう。

米ドルとユーロの通貨ペアを選んで、欧米両方の市場が開いている夜に取引をするのが典型的な方法です。

RVIはトレンド相場にも使える?

トレンド相場はハイローオーストラリア初心者にとってトレードしやすい相場なので、RVIを使えるならうれしいと思う人多いでしょう。

RVIの本質がわかるとトレンド相場でのエントリーにも使えることに気付きます。

RVIラインがプラスの領域にあるときに値が上昇している際には値上がり傾向があり、かつ値上がり幅が大きくて上ひげや下ひげがない状況を指します。

そのため、上昇トレンドの判断にも使えるのではないかと考えられるのです。

こんなオレ

この分析自体は正しいですが、バイナリーオプションではあまり使えないので注意しましょう。

明らかな上昇トレンドではRVIラインがプラスの領域で上昇を見せます。

しかし、RVIラインが極大値になって下がり始めるよりも前に、明確なトレンドが終わって陽線と陰線が混ざり始めることがほとんどです。

RVIトレンド相場

このような停滞時期のRVIを加味して平均化したRVIラインが引かれてようやくトレンドによる安定した価格の上昇や下降が止まったことがわかります。

このような遅延が起こる性質があるため、逆張りをする場合でも取引時間を長めにして保険をかけるのが重要になっています。

RVIでハイローオーストラリア攻略

RVIの意味と考え方がわかると、ハイローオーストラリアでもやはり使えるのではないかと思い始めたのではないでしょうか。

ここではRVIの本領を発揮させるハイローオーストラリアの攻略の仕方を紹介します。

RVIラインが100に近いところでシグナルラインをデッドクロスするシーンを考えてみましょう。

ここからRVIラインは下降していき、0を通ってマイナスに向かう局面になったと予想されます。

ただ、この際にすぐにエントリーするとまだ価格が下がらずに悩むこともあります。

RVIデッドクロス後なかなか下がらない

そのリスクを回避するために別のオシレーター系インジケーターを併用するのが効果的です。

MACDをRVIと組み合わせる方法を見てみましょう。

こんなオレ

MACDは指数平滑移動平均を使って計算されているインジケーターで、純粋に終値から導き出されています。

そのため、始値や高値、低値を加味するRVIとは性質が異なるインジケーターです。

MACDラインとシグナルライン、その差として計算されたヒストグラムはどれも組み合わせが可能です。

一般的にMACDはMACDラインとシグナルラインのデッドクロスが起きたときにトレンドが発生していると考えて順張りのローエントリーをします

また、ヒストグラムがピークを越えたときには値動きが反転するので逆張りのエントリーが可能です。

実際にはヒストグラムのピークが先行して、後からクロスが起こります。この間に転換点が発生すると考えられるのです。

MACDデッドクロス

そのため、RVIのデッドクロスが見られたときにMACDを確認し、ヒストグラムが同時にピークを超えたらローエントリーです。

もしヒストグラムがまだピークを超えていないなら次足の様子を見ます。

ヒストグラムがピークを超えた時点でRVIラインがシグナルラインよりも下にあるならエントリーしましょう。

RVIエントリーのタイミング

この時点でもう一度クロスしてしまっているようであれば相場が乱れているのでエントリーを控えるのが適切です。

ヒストグラムが既にピークを超えている場合にもエントリーが可能ですが、MACDのデッドクロスがもう起きてしまっているのならやめておきましょう。

その後にトレンドが発生するかどうかはこれだけでは判断が難しいからです。

MACDがあればハイローオーストラリア(Highlow.com)の取引が有利になる!逆張りも順張りもできる!MACDをトレードに取り入れようFXや株式投資でよく用いられるMACDはバイナリーオプションでも汎用性が高く有用です。順張りにも逆張りにも使えるので、バイナリーオプションの成功率を上げたい人にとって魅力的なインジケーターです。エントリーのときにはMACDを使用し予想の確度を高め、ハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率をあげましょう。...

まとめ

RVIの意味を理解できるとハイローオーストラリア攻略にも使えることがイメージで来たでしょうか。

オシレーター系インジケーターとして有名なRSIやストキャスティクスなどと類似性が高いことから、RVIも同じようなものだと考えて、ないがしろにしてしまう人も大勢います。

バイナリーオプションで使われる様子があまりないのは、バイナリーオプションに取り組んでいる人にはRVIの本質が見えていない人が多いのかもしれません。

RVIは始値から終値にまっすぐに向かう力の大きさを相対的に評価したものです。

ローソク足の実体が大きく、ひげが短いほどRVIは大きくなり、実体が小さくなるかひげが長くなるとRVIは小さくなります。

こんなオレ

このようなローソク足との対応付けをしておくとイメージが湧きやすく、RVIの持ち味を生かした分析が可能です。

RVIを使えるようになると転換点の予測を早い段階で行えるようになります。

ハイローオーストラリアを攻略するには転換点を見極めるのが重要なポイントです。
RVIの力を最大限に生かして攻略法を導き出していきましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。