攻略

チャネルラインの引き方は?ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方のコツ

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではラインを使ってトレードをする方法が人気です。

初心者から上級者までラインを活用している人が多いのは分析をスムーズに進められるからです。

典型的なラインの引き方を覚えるだけでもトレードの成功率は向上します

インジケーターを使うのに比べるとラインを引くだけなら簡単そうだと思う初心者も多いでしょう。

結果としてハイローオーストラリアで取引を始めた頃から学び始め、いつまでも重要な分析方法として活用しているのが一般的です。

ただ、ライントレードに慣れてきた人でもチャネルラインを使ったことがないのではないでしょうか。

こんなオレ

チャネルラインはライントレードの応用的なラインなので、聞いたことがあっても避けてきた人もいるかもしれません。

しかし、チャネルラインを使いこなせるとライントレードのレベルアップを図れます。

ハイローオーストラリアでの勝利を目指すために、使い方のコツを学んでおきましょう。

チャネルラインとは?

チャネルラインは「Channel Line」の日本語訳で、「Channel」はもともと「水路」を意味している言葉です。

両側に壁があって水が示された流路しか通れないようになっているのが水路です。

こんなオレ

このイメージで引くのがチャネルラインで、二本のラインが壁に相当し、水は価格のたとえです。

一対のラインによって示されている路の中で価格が推移していくと考えられるように引くのがチャネルラインです。

広い意味ではチャネルラインは価格が流れていく道のことなので無数の引き方があります。

二本のラインでできている枠内にうまく価格が入るようにする考え方はいくらでも考え得るからです。

そのため、トレーダーの間ではチャネルラインはもっと狭い意味で理解されている傾向があります。

広い意味でのチャネルラインの具体例として最もわかりやすいのは、レンジ相場で使用するレジスタンスラインとサポートラインです。

レンジ相場

レジスタンスラインはレンジ相場の高値圏で反発を受けるライン、サポートラインはレンジ相場の底値圏で反発を受けるラインを指します。

レジスタンスラインとサポートラインは水平ラインで引かれることが多く、二本のラインによって路ができあがります。

この一対のラインは反発を受けるラインと想定して引いているので、トレーダーとしてはこの路から価格が出ていくことはないと考えるでしょう。

こんなオレ

つまり、レンジ相場におけるレジスタンスラインとサポートラインはチャネルラインの一種なのです。

ただ、狭い意味ではレジスタンスラインとサポートラインをチャネルラインに含みません。

あまりにもレジスタンスラインとサポートラインが一般化しているため、別枠として解釈する傾向があるからです。

狭義のチャネルラインではトレンド相場において価格が動く路を指します。トレンド相場では価格が反発を受けるラインとしてトレンドラインを一本引きます。

そのトレンドラインと平行なラインであるアウトラインとの対によりチャネルラインが形成されます

ここでは狭義のチャネルラインの引き方や使い方を解説しますが、実際にはレジスタンスラインとサポートラインも類似性があると頭に入れておきましょう。

チャネルラインの引き方

チャネルラインはトレンドラインを引いた上で、アウトラインを適切に配置すれば引くことができます。

トレンドラインは上昇トレンドのときには代表的な低値を通るようにして引くラインです。

上昇トレンドの中で極小値となっている低値をいくつか選び、トレンドの方向性がわかるようにその低値を通るようにラインを引きます。

チャネルライン トレンドライン引き方

一方、チャネルラインを作るときのアウトラインの引き方は代表的な高値を通るように引くのが原則です。

そのアウトラインよりもさらに高値になるような価格の動きがないように引けば、チャネルラインの意味通りに路を作ることができます。

ただ、実際にアウトラインを引こうとしてみるとどの極大値を選んだら良いかが悩みになります。

こんなオレ

トレンドラインの場合には代表的な低値を二つ選んで結ぶように直線を引けば良いだけなので簡単です。

アウトラインの場合にはラインの傾きが最初から決まってしまっているので、代表的な複数の高値を通るように引くのが難しいのです。

引き方のポイントはアウトラインを一本に限定しないことです。

最も外側になるラインと内側になるラインを引いてみるのがおすすめの方法です。

チャネルライン引き方

トレーダーによってチャネルラインの引き方には流儀がありますが、まだラインの引き方に慣れていない初級者の場合には複数のアウトラインを引く習慣を作って、どれを使ったら良いかを見極められるようになることを目指すのが良いでしょう。

このようにして二対のチャネルラインを引くと価格の流れを読みやすくなり、トレードの幅も広がります。

一対の最適なチャネルラインを引けるようになるまでは、少なくとも外側と内側の二本のアウトラインを引くようにしましょう。

チャネルラインの分析のポイント

チャネルラインの分析のポイント

ハイローオーストラリアでの使い方を考えるための基礎となるチャネルラインの分析のポイントをまずはまとめておきましょう。

こんなオレ

チャネルラインを引くと価格がこれからどのような範囲で推移していくかを予想できます。

トレンド相場におけるチャネルラインは、売買によって生じているトレンドの方向性と、トレンドの中での売買による価格変動の幅が一目でわかるのが特徴です。

トレンドラインを引いたことでどのくらいの角度で価格が上昇あるいは下降しているかが明確になります。

そして、その平行線のアウトラインでチャネルを作ると、その幅によって値動きがどのくらい広く起こっているかを見積もることが可能です。

チャネルラインを使う分析ではこの二点を押さえておくのがポイントです。

トレンドラインの角度で価格が上昇あるいは下降しているかが明確

アウトラインを作り、その幅で値動きがどのくらい広く起こっているかを確認

トレンド相場で引いたチャネルラインは、レンジ相場のレジスタンスラインとサポートラインと同じような分析ができます。

上昇トレンドならトレンドラインがサポートライン、アウトラインがレジスタンスラインです。

下降トレンドならトレンドラインがレジスタンスライン、アウトラインがサポートラインになります。

チャネルライン サポートラインレジスタンスライン

上昇トレンドのときでも価格が上がった際に、そのまま天井なしに上がり続けることはまずありません。

買いポジションで為替取引をしていたトレーダーが利益確定のために売ったときには価格が下がります。

その影響による値下がりを受けて、また買いポジションを取るトレーダーが出てくるので再度値上がりが始まるというのが一般的です。

このような上昇トレンドで値下がりを始めるポイントや、値下がりをした後にまた値上がりを始めるポイントがどこかをチャネルラインで判断できます。

下降トレンドの場合にも同様で、値動きの折り返しが起こるポイントを見極めるための分析ツールとなるのがチャネルラインです。

「トレンド」が攻略の鍵!順張りが有利な理由
「トレンド」が攻略の鍵!順張りが有利な理由ハイローオーストラリア(Highlow.com)で勝つためには「トレンド」が重要です。トレンドを見極めることによって勝率を上げやすくなります。トレンドを把握するのは正しい予想を立てられるようにするための基本になります。ここでは、トレンドについて詳しく解説し、トレンドを生かした順張りによるハイローオーストラリアの攻略のヒントを紹介します。...

チャネルラインを引くとバイナリーオプションの順張りエントリー、逆張りエントリーの有効性を評価できます。

チャネルライン 逆張り順張り

チャネルラインに触れそうになっているときには反発を受ける可能性が高いので、逆張りエントリーなら可能性が高いと考えられます。

「逆張り」は難しい?狙うタイミングが超重要!
「逆張り」は難しい?狙うタイミングが超重要!バイナリーオプションでエントリーポイントを見極める手法として逆張りがあります。難しい手法ですが覚えられれば順張りだけで勝負するよりハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率を上げることも可能です。ここでは逆張りの手法について基本的なところから解説します。逆張りの狙い方の基本的なコツや失敗しないためのポイントも紹介するので、自分なりのトレードスタイルに組み込んでみましょう。...

逆にチャネルラインから十分に離れているなら値動きの方向性に沿った順張りエントリーは成功率が高いと判断可能です。

チャネルラインを引く際に、最も狭いチャネルを作るアウトラインと、最も広いチャネルを作るアウトラインを両方使うとさらに有用な情報を得られます。

この二本のアウトラインの幅が広いときほど、値動きが逆方向に向かうタイミングを見計らうのが難しい相場だと考えられるのです。

二本のアウトラインの幅が狭いときには反発が起こるときには毎回同じようなところになると考えられます。

チャネルラインで予測しやすい相場

反発のタイミングを見計らいやすい相場だと言えるでしょう。しかし、幅が広いときには毎回反発のタイミングが違うので予測が困難です。

このようなトレンド相場のときにはトレンドラインも引きにくく、数通りの可能性が考えられることも少なくありません。

トレンドがあるのは確かでもエントリーのリスクが高い相場だと考えられます。

チャネルラインでよくある問題と解決策

チャネルラインでよくある問題と解決策

チャネルラインを使ってハイローオーストラリアで取引をしようとしたときに、うまく引けなくて困ってしまうことがあります。

ここでチャネルラインを使う際によくある二つの問題と解決策を知っておきましょう。

トレンド相場でチャネルラインを引くときには一義的に決まらないのが問題点です

トレンドラインを引く時点でどの高値や低値を選ぶのか、どのような具合に高値や低値を通るように引くのかによって位置も角度も変わります。

さらにアウトラインを引くときにどの高値や低値を通るように引くかで幅も変わってしまいます。

トレンドラインの傾きが違うとアウトラインの引き方もまるで変わることが多いので、引き直してみると全然違う形のチャネルができることも珍しくありません。

こんなオレ

チャネルラインの引き方はセンスで決まるとも言われていて、ベテランのトレーダー数人に引かせても一致することはあまりありません。

複雑な値動きをしているトレンド相場では10人いたら10通りのチャネルラインができるでしょう。

重要なのは自分の引き方を確立して、そのチャネルラインに基づいた戦略の立て方をすることです。

例えば

例えば、上昇トレンドのトレンドラインは気になっている期間の全ての安値よりも下に引き、アウトラインは全ての高値よりも上に引くというルールを作ります。

するとほとんどの場合にはこのトレンドラインに触れることなく反発を起こすでしょう。

逆に最少の幅のチャネルラインになるように引くと、反発が起こるのはほぼ間違いなくチャネルラインをクロスした後になります。

この二通りのトレンドラインとアウトラインの間を取った形で位置と確度を選んでチャネルラインを引くこともできます。

するとそのライン付近で反発するケースが比較的多くなるでしょう。

二通りのチャネルライン

このように引き方の特性に応じた使い方をすれば価格の動き方を読めるようになります。

引き方のルールを決めて、そのルールでチャネルラインを引いたらどう解釈するのかを検討していきましょう。

もう一つの問題はブレイクです。チャネルラインを越えてそのまま上昇や下降を続けてしまうケースはしばしば発生します。

レンジ相場のレジスタンスラインとサポートラインでもレンジブレイクを起こしてトレンドが発生するときによくある問題です。

レンジ相場ブレイク

チャネルラインは過去の値動きに基づいて、どの水準で反発が起こりやすいかを予測するためのツールです。

そのため、確実に反発が起こるわけではないという認識をした上でチャネルラインを使うしか解決策はありません。

ブレイクをするかどうかはチャネルラインだけを見ていても判断が難しいので、別の指標を使って解釈すると良いでしょう。

上昇トレンドでアウトライン近くまで値動きを起こしたのに、ACオシレーターを見るとまだ値上がり傾向が強まっているというのであればブレイクを起こすと考えられるでしょう。

チャネルラインでのブレイクをACオシレーターで判断

同じような状況でローソク足を見たときに実体だけでひげがないという場合にも、反発が起こり始めていないのでまだ上昇する可能性が高いと解釈できます。

ACオシレーターで値動きの先を読むテクニカル分析に用いるインジゲーターは様々あります。その中で初心者向け情報を見るとほとんどがRSIや移動平均線だったりします。ここでは、ACオシレーターの基本情報や取引にどう活用できるかなど紹介します。ハイローオーストラリア(Highlo.com)でのバイナリーオプション取引での使い道も挙げてみるので参考にしてみてください。...

逆に価格の動きが転換するサインを複数の指標から見てみるのも良い方法です。

酒田五法に基づいて三空叩き込みになっていないかを見たり、ストキャスティクスの数値がどの領域に入っているかを確認したりすると示唆が得られます。

このように他の指標を駆使することでチャネルラインを越えるかどうかの予測が当たりやすくなります。

ストキャスティクスでハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率アップができる!ストキャスティクスはオシレーター系インジケーターとして名前はよく知られていますが、意味がよくわからないので手を出せずにいる人も多いでしょう。ストキャスティクスはテクニカル分析で比較的よく用いられているインジケーターです。この記事ではストキャスティクスの基本から実戦的な攻略法まで紹介します。バイナリーオプションでも使えるインジケーターなので、効果的な使い方を身につけましょう。...

応用例:チャネルラインと三山

ハイローオーストラリアでの応用例として広義のチャネルラインを酒田五法の三山と組み合わせる方法を見ておきましょう。

三山は天井圏で価格が三つの山のような形を形成しているのが特徴です。

三山

この後には下降トレンドが起こりやすいことが知られていますが、四山目ができることもあるのでエントリーするタイミングをいつにするかが悩みになりがちです。

ここでチャネルラインを引くと最適なタイミングを見つけられます。

三山の頂点を通るラインと平行に二つの谷を通るようなラインを引いてチャネルラインを作ります。

このままレンジ相場のような状況が続くならこのチャネルラインの中で価格が推移するでしょう。

そのため、三山ができた後、チャネルラインを越えて価格が下がったらブレイクがあったと考えてエントリーするのが効果的な手法です。

三山 レンジブレイク エントリー

レンジブレイクを狙う手法としてハイローオーストラリアでは汎用性があるので覚えておきましょう。

ローソク足だけでもできる
【応用編】ローソク足だけでもできるバイナリーオプションローソク足のパターンを見極めることができると相場を追うのが比較的簡単になります。実はバイナリーオプションはローソク足だけでも攻略できる可能性があります。簡単なローソク足のパターンだけではダマシに遭ってしまいがちですが、複雑なパターンを使うと高い勝率でのエントリーが可能です。この記事ではローソク足だけに着目したエントリー方法の基本を解説します。...

まとめ

ハイローオーストラリアではラインを使ったトレードをマスターすると効率良くトレードを進められるようになります。

チャネルラインは応用編とも言えるラインで、引く人によって違いが出ると言われるほどに、引き方の自由度が高いラインです。

チャネルラインは価格が推移する範囲を示す一対のラインで、レンジ相場のレジスタンスラインとサポートラインもチャネルラインの一種です。

こんなオレ

チャネルラインを引くと価格の動く方向性と幅がわかり、反発しやすいポイントも分析できます。

チャネルラインを自在に引けるようになれば価格の動きが手に取るようにわかるでしょう。

ハイローオーストラリアでの勝利に直結する武器なので、積極的に活用していくのがおすすめです。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。