攻略

【応用編】ローソク足だけでもできるバイナリーオプション

ローソク足だけでもできる

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で取引を始めたばかりの人はローソク足を使って勝てるようになろうと考えるでしょう。

ローソク足チャートを読みこなせるようになれば相場を追うことができるため、ハイローオーストラリアで勝てるようになります。

ローソク足チャート

ただ、ローソク足だけを使って分析するだけで、ハイローオーストラリアではどのくらい勝てるのかが疑問になったことはないでしょうか。

実際にローソク足だけでやってみるとあまり勝てなくて困ってしまうケースもあります。

ローソク足だけに着目して勝つには応用力が必要です。

こんなオレ

インジケーターはよくわからないけれど、ローソク足なら読める気がするという人は、まずはローソク足から極めてみましょう。

簡単なローソク足のパターンだけではなかなか勝てるようにならず、損失ばかりになる可能性があります。

この記事ではハイロー取引のバイナリーオプションに特化して、ローソク足によって勝てる戦略を紹介します。

酒田五法

ハイローオーストラリアでローソク足による取引をしていくのなら酒田五法はまず覚えておくべき方法です。

酒田五法はローソク足チャートによる相場の予測手段として昔から注目されています。

酒田五法は日本で生まれたローソク足の読み方で、本間宗久が江戸時代に開発したと言われています。

酒田五法

三山

三川

三空

三兵

三法

三山、三川、三空、三兵、三法という五つのパターンを特筆して取り上げているのが特徴で、これらのローソク足のパターンが生じたときにはこれから起こる相場の動きを読むことが可能です。

それぞれについて変法もいくつも知られているので、その例も見ながら何を示しているパターンなのかを理解していきましょう。

酒田五法図

三山

三山は世界的にはトリプルトップと呼ばれています。

ローソク足の動きを見たときに値上がり、値下がりというパターンによる山が三つ連続で形成されていて、その三つの山頂が全部同じ高さにあるのが特徴です。

その三点を通るレジスタンスラインによって反発を受けていると解釈できますが、三回連続でレジスタンスラインに触れた場合には売りの勢いが強まって下降トレンドが生じるというのが三山です。

三山解説図

三尊

三山の変法として知られているパターンが三尊です。

三尊は海外ではヘッド&ショルダーと呼ばれていて、三つの山の中央がヘッドで上に飛び出し、両脇の二つの山がショルダーを示していてやや低いのが特徴です。

三尊解説図

この場合にも下降トレンドが生じると考えますが、ダマシも多いので注意しなければなりません。

下降トレンドの発生と判断するときにはショルダーラインとネックラインも利用するのが一般的です。

ショルダーの山の頂点を結んだラインが右肩上がりの場合にはまだ上昇トレンドが続く可能性があるのでエントリーは見送り、右肩下がりのときのエントリーを考えます。

さらに山に挟まれた二つの谷を結んだネックラインを三つ目の山を越えた後に下回った場合には下降トレンドに入ったと判断するのが典型的な方法です。

三尊ローソク足チャート

三川

三川は三山を上下反転させたもので、海外ではトリプルボトムと呼ばれています。

サポートラインによる三回連続の同値反発を受けているのが特徴で、上昇トレンドの発生を示唆するサインです。

三川解説図

三尊の反対になる逆三尊も逆ヘッド&ショルダーとして世界的に知られています。

この場合にも上昇トレンドが発生すると考えられるため、ショルダーラインとネックラインに基づく分析を経てエントリーできます。

三川ローソク足チャート

三空

三空はローソク足を見たときに三回連続で「」ができているパターンを指します。

その中でも「三空踏み込み」と「三空叩き込み」がトレンドの発生または転換を強く示すパターンとして活用されています。

三空解説図

三空踏み込み

三空踏み込みは四本の連続するローソク足の間に窓ができているのが特徴で、次のローソク足が必ず前のローソク足よりも上に位置しているパターンです。

相場が上昇する勢いが強いように見えます。
しかし、相場が急騰した反発が起こりやすい状況でもあるため、三回も窓が開いてなお上昇した後には下落トレンドが生じるというのが通説です。

三空踏み込み

三空叩き込み

三空叩き込みは三空踏み込みの逆パターンで、相場が下がっている状況で四本の連続するローソク足の間に三つの窓ができています。

次のローソク足が窓を開けた下側に発生して終値を付けるまで下側で推移を続けるパターンが三回連続で起こると三空他叩き込みが成立します。

三空踏み込みと逆方向の考え方で上昇トレンドが発生する確率が高いローソク足のパターンです。

三空叩き込み

三兵

三兵は同じ色のローソク足が三本連続で発生するパターンです。

陽線三本の場合には赤三兵、陰線三本の場合には青三兵と呼びます。

三兵解説図

陽線を赤、陰線を青とすることが多いために今はこの名称が主流です。

ただ、青三兵は黒三兵や三羽烏などとも呼ばれているので覚えておくと良いでしょう。

三兵はどちらの場合にも相場の勢いが強いことを示しているもので、トレンドの方向性がはっきりとわかるのが特徴です。

赤三兵の場合には上昇トレンドが発生している最中か、これから上昇トレンドに転換することを示唆しています。

赤三兵

青三兵の場合には逆に下降トレンドが発生しているときか、これから下降トレンドに転換すると期待されます。

青三兵

赤三兵も青三兵もひげが短くて実体が長いときに成功しやすいのが特徴です。

赤三兵の場合には上ひげが長い場合には売りの傾向も強いので上昇トレンドが止まることもあります。

特に高値圏で上ひげが出ているときには上昇トレンドが終わる方向に向かう場合もあるので注意が必要です。

一般的には上ひげの長さが三本の連続するローソク足でだんだん短くなっている場合にはトレンドが上昇になりやすいですが、三本目に向かって長くなっているときには上昇トレンドにならない傾向があります。

青三兵の場合にも同様に下ひげが長い場合には下降トレンドにならない場合がしばしばあるので注意が必要です。

三法

三法はトレンドの一休憩とも言えるもので、トレンドが一旦停止した後に再開するパターンです。

上昇トレンドのときには上げ三法、下降トレンドのときには下げ三法と呼びます。

三法解説図

上げ三法の場合にはパターンとしては大陽線の後に三本連続で実体もひげも短いローソク足が続き、そして再び大陽線が現れます。

間に入る三本のローソク足は陰線のことが多いですが、陽線が混じることもあるので実態もひげも短いことが重要です。

上げ三法

逆に下降トレンドのときに発生した下げ三法は、大陰線の後に短いローソク足が三本続いてまた大陰線が現れます。

この場合には下降トレンドが再開して価格が下がると予想できます。

下げ三法

ただ三法は市場が荒れる前触れという考え方もできるため、安易にエントリーしないのが得策という解釈も可能です。

三法でエントリーを決定するのはリスクが高いので、ローソク足のみで取引するときには避けた方が良いでしょう。

他の分析手法を併用するのなら、トレンドが続く根拠として三法を有効活用できます。

トレンド継続となるとトレンド系のインジケーターと相性が良いので、移動平均線やボリンジャーバンドなどを活用して根拠を集めましょう。

ボリンジャーバンドの基礎!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方は?
ボリンジャーバンドの基礎!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方は?ハイローオーストラリアのトレーダーから人気のボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差を組み合わせトレンド系インジケーターです。バンド状のパターンを見るだけで価格のばらつき具合が一目でわかるのが魅力です。ボリンジャーバンドをマスターすればハイローオーストラリアの攻略は夢ではありません。テクニカル分析の登竜門となります。...

ハイロー取引での酒田五法の取捨選択

酒田五法はローソク足による相場分析に活用されてきた手法ですが、バイナリーオプションでも三山、三川、三空、三兵、三法はエントリーに使えるのでしょうか。

実はバイナリーオプションのハイロー取引では有効活用しやすいものとそうでないものがあります。

有効活用できるもの・できないもの

有効活用できる:三山、三川

有効活用できない:三法(単独だと不可)、三空・三兵(使い方次第)

既に三法は単独で使うのにはリスクが高いことを解説しましたが、他についても信用度や相性に違いがあります。

結論としては、バイナリーオプションでは三山、三川は有効、三空、三兵は使い方次第なので、以下で工夫の仕方を紹介します。

三山と三川についてはかなり信頼性が高いので狙って問題はありません。

こんなオレ

まずは、三山・三川を見極められるよう練習していくといいと思います。

トリプルトップ、トリプルボトム、ヘッド&ショルダーなどといった名称があることからわかるように、世界中で通用するサインなので多くの投資家が三山と三川で売買の方針を決めます。

この点が酒田五法の他の三種類と違うところで、為替を使うバイナリーオプションでは世界中の投資家の動きを見なければなりません。

国内株式市場を見ると金は三空、三兵、三法も通用しやすいですが、世界に目を向けると投資家の常識となっていないので予想通りのトレンドが起こらない可能性が高いのです。

三山の場合には三つ目のトップが見られた時点でLOWエントリー、三川の場合には三つ目のボトムが見られたところでHIGHエントリーしましょう。

Lowエントリー

三尊や逆三尊の場合にはネックラインを引き、ネックラインをローソク足の実体が超えた時点でエントリーと考えるのが安全策です。

三つ目の山や谷ができた時点でエントリーしてしまうと、ネックラインの手前で反発を受けて逆方向のトレンドが生まれたり、レンジ相場に入ったりするので注意が必要です。

ローソク足のパターンをまだ見慣れていないうちは三山、三川にこだわってエントリーしていくと失敗が少ないでしょう。

三空はトレンドの転換と判断して逆張り、三兵はトレンドの継続と見て順張りというエントリーも可能ですが、先述のように為替市場の場合には正確性に欠けます。

こんなオレ

三空は踏み上げの場合にも叩き込みの場合にも定法から少し外れるのがコツです。

三空と三兵のハイロー取引での応用

酒田五法の三空、三兵についてもハイロー取引で応用する方法を紹介します。

三空の応用

窓が発生する三空はローソク足チャートを見ていると目立つので投資家が見落とすことはまずありません。

三空

ただ、実際にエントリー判断をしようとしたときには、本当に窓が三つあればトレンドが転換するのかどうかが不安にならないでしょうか。

三空踏み上げが成立した時点では陽線が並んでいるので、LOWエントリーをするのには不安があって当然です。

実際にはトレンドが継続することも少なくありません。

三空は踏み上げの場合にも叩き込みの場合にも定法から少し外れるのがコツです。

三空踏み上げの基本は陽線が四回連続で発生し、間に窓があることです。

この原則を覆して四つ目のローソク足が陰線になったときにLOWエントリーしましょう。

四つ目のローソク足が陰線になったときにLOWエントリー

四つ目のローソク足が同じ方向で確定するのを待てずに売り始めている投資家が多いことがわかります。

そのため、急激なトレンド転換が起こる場合が多く、上昇トレンドが継続することはあまりありません。

三空踏み上げが成立した後の五本目が陰線になった場合にも有効ですが、窓を開けていなかった場合にはレンジ相場になる可能性があります。

時間足を短くしても同じ傾向が見られているなら、短時間取引で利益を取りに行くことを考えるのが妥当です。

三空叩き込みの場合にも同様で、三本目までは陰線が続き、四本目が陽線になったならその時点でHIGHエントリーをすると確率がかなり高くなります。

四本目が陽線になったならその時点でHIGHエントリー

三兵の応用

三兵はひげに着目してエントリーするかどうかを見極めるのが賢明です。

三本目の上ひげがなく、下ひげがあるようならまだトレンドが継続する傾向が続いています。

しかし、三本目に下ひげがない、あるいは上ひげがあるという場合にはリスクが高いのでエントリーを避けるのが安全です。

ただ、ここで終わりにしてしまうのではなく四本目も見てみましょう。

四本目も同じ色のローソク足で上ひげがなく、下ひげがあるなら、最初の一本を無視すると三兵が成立します。

ローソク足の色が変わるまでは見続けて確率が高いときにエントリーするのが大切です。

こんなオレ

同じ色のローソク足を追跡している過程でトレンドの転換を見極めることができる場合があることも覚えておきましょう!

赤三兵の場合には三本連続で上ひげがある陽線が生じ、さらに実体の長さがだんだん短くなっているようならトレンド転換のサインです。

ただ、価格が下落に転じる赤三兵のときに比べると、上昇に移る青三兵では投資家が買う方向に動きにくいので注意しましょう。

リスク回避のために売るのは判断が早くても、新規に買って参入するのは敷居が高いのです。

そのため、この応用パターンは赤三兵では通用しやすいですが、青三兵ではあまり成立しません。

投資家の心理を考えると必ずしも上下を反転させた原理がそのまま通用するわけではないことは肝に銘じておきましょう。

三兵応用図

まとめ

ローソク足だけを見ていてもバイナリーオプションでのは難しいと思われがちです。

しかし、ここで紹介した酒田五法やその変法をうまく利用していけばバイナリーオプションで勝てる可能性が高まります。

田五法だけで取引をしている人はあまりいませんが、三山、三川のように世界的にられている常識的なパターンもあるので、確度の高いエントリーが可能です。

こんなオレ

ローソク足で勝つと考えて、ローソク足を細かく読み解く習慣を作ると多くの情報を引き出せます。

そして、自分なりのルールを策定することでバイナリーオプションで勝てるようになれるでしょう。

インジケーターを駆使できるようにならなければバイナリーオプションで勝てるようにはならないと誤解する人もいます。

しかし、まずはチャート分析における基礎であるローソク足を極めるのが勝つための秘訣です。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。