ハイローオーストラリア

もうやらない!?日本国内のバイナリーオプション業者で大失敗する原因と対策

日本国内ではバイナリーオプション業者が様々なタイプのサービスを提供しています。代表的な業者だけでも以下のようにたくさんあり、日々トレードに取り組んでいる人も多くなってきています。

・GMOクリック証券:外為オプション

・YJFX!:オプトレ

・楽天証券:らくオプ

・FXプライムbyGMO:選べる外為オプション

・トレイダーズ証券:みんなのオプション

・ヒロセ通商:LION BO

・IG証券:バイナリーオプション

・外為ドットコム:外貨ネクストバイナリー

FXトレード・フィナンシャルのバイトレのようにバイナリーオプションサービスを撤退したFX業者もありますが、依然として人気が高い投資として着目されているのがバイナリーオプションです。

ところが、実際にやってみると大失敗してもうこりごりだと言っているトレーダーもいます。投資初心者だけでなく、FXで成功してきた人も大失敗をしてFXに戻ったという事例も知られています。

バイナリーオプションは簡単そうに見えて難しいとよく言われていて、日本ではテストに合格しないとトレードを始められません。ようやく合格してトレードをした途端に大失敗したのではもう2度とやらないと考えるのももっともなことでしょう。

ただ、バイナリーオプションについての知識を付けたのが無駄になってしまうのが不満ではないでしょうか。

こんなオレ

せっかくの知識だから最大限に生かして投資に成功したいですよね!

この記事ではなぜ大失敗してしまうのかを具体的な事例を挙げて紹介します。そして、対策として何がベストなのかをわかりやすく解説するのでぜひ最後までご覧下さい。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

バイナリーオプションでの大失敗例

早速、バイナリーオプションで大失敗している事例を研究してみましょう。ここでは5つのよくある例を紹介して、その原因を詳しく掘り下げていきます。大失敗をしてしまった人もきっと類似例があるので見てみて下さい。

目標レートをつい上げてしまった

目標レートをつい上げてしまった

バイナリーオプションでは目標レートを設定する自由があります。ラダーオプションならどのレートにするか、レンジオプションならどの幅にするかを選んでトレードをします。

大失敗につながるのは目標レートをつい厳しい方向に上げてしまったというパターンです。

現時点に比べて目標レートが離れていると少額でポジションを購入することができます。固定ペイアウトなので少しでも安くポジションを取りたいと思うのがもっともです。このくらいかなと思った目標レートよりも、つい少し外側のレートを選んでしまって失敗するのはよくある失敗です。

こんなオレ

単発での失敗なら致命傷ではありません。

しかし、外れて失ったお金を次のトレードで取り戻したいという気持ちが生まれます。

目標レートを上げてポジションを取ってしまい、また外れるということになりがちです。さらには金額も増やして何とかして挽回しようと思い、大失敗の道を歩んでしまう事例が頻発しています。

購入の決断ができずに掛け金が上がり過ぎた

購入の決断ができずに掛け金が上がり過ぎた

大失敗が続く事例として購入の決断ができずにいるうちに、掛け金が上がってしまってチャンスを逃したり、利益がほとんど出なかったりするケースも知られています。

バイナリーオプションでは回号が始まったらいつ取引を始めても構いません。始めた段階のレートと目標レートを基準にして購入価格が決まる仕組みなのが基本です。

判定時刻は固定なので、今すぐに開始すべきか、もう少し待ってからの方が良いかと悩んでしまいます。今の方が稼げる条件でトレードできるのか、数秒後や数分後の方が確実性の高いトレードになるのかはわかりません。しかし、悩んでいると時間は過ぎていき、相場の状況も変化します。

急に相場の状況が変わってしまい、数秒前までなら大丈夫だったのにもうポジションを取るのはリスクが高いという状況になる場合もよくあります。

判定時刻が近づくほど掛け金が上がる仕組みの業者がほとんどです。そのため、待ち過ぎたために利益が少なくなるという小さな失敗もしばしばあります。

より致命的なのは掛け金が上がった段階でトレードを始めて、さらに失敗したときです。もっと前にポジションを取った場合に比べて損失額が大きくなります。

つまり、待てば待つほど勝ったときの利益が減り、負けたときの損失が大きくなる仕組みなのです。

これを理解できた頃には大失敗をしてもう取り返しがつかなくなっていることも珍しくありません。

資金を早く使いすぎてチャンスを逃した

資金を早く使いすぎてチャンスを逃した

日本のバイナリーオプション業者の大半では1日あたり、1回号あたりの取引金額の上限が定められています。

資金を早い段階で使いすぎてしまい、後になって出てきたチャンスを逃したというのもよくある大失敗例の典型です。

1日に10,000枚や500万円まで、1回号で1,000枚まで、1取引で200枚までなどといった形で決まっていて、上限に達するとそれ以上取引ができません。これは勝てそうだと思ったならまとまった金額の取引は朝のうちから始めていくのは合理的でしょう。しかし、100%勝てるわけではないので、全部敗退する場合もあります。

失敗をしたから取り戻したいと思っても取引がもうできないのでつらい思いをします。すると翌日にまた焦って資金を早めに使いすぎてしまい、同じ問題を何度も繰り返すことは少なくありません。

こんなオレ

この失敗は逆のパターンもあるので大失敗につながります。

後になってまだチャンスがあるかもしれないと思い、今回はこの程度にしておこうとセーブしたらその後にもうチャンスはなかったというケースです。

資金を使い過ぎると翌日はセーブし、セーブして余ってしまうとその翌日はまた使い過ぎます。このようなことを繰り返しているうちに損失が蓄積していき、大失敗になることが多々あります。

取引時間中に急変が発生した

取引時間中に急変が発生した

相場の推移から考えるとほぼ間違いないと思えたとしても、1時間後、2時間後に急変が起こることはあり得ます。

この回号ならきっとこのポジションなら大丈夫だと思ってトレードを始めた後、しばらくして急変が起こって相場の状況が変わって大失敗したというのは多い事例です。

為替レートは政治、経済、金融などの動きによって急激に変わることがあります。予想できるタイミングもありますが、財務大臣が記者会見で失言をしたり、大統領がツイッターでつぶやいたのが拡散したりするケースでは予想不可能でしょう。

ここ一番のタイミングで足元をすくわれてしまって立ち直れなくなるケースは決して少なくありません。長い時間の取引ほどリスクが高いので、終わり間際になってトレードする習慣ができる人もいます。

しかし、判定時刻が近づくと利益が少なく、外れたときの損失も大きいので失敗の道を歩みがちです。

テクニカル分析が当たらない

テクニカル分析が当たらない

バイナリーオプションはテクニカル分析をしてトレードすべきというのは業者側もよく説明しています。

実際にやってみるとテクニカル分析をしても当たらず、全然違う結果になってばかりで大失敗をする事例も頻発しています。

テクニカル分析が当たらないから使わないと考えてしまうと、ポジションを選ぶ際に何に頼ったら良いかで迷うでしょう。為替ニュースを重視すべきか、直感に頼るくらいしかないと思うべきかと悩みがちです。サインツールを買ってサイン通りにトレードをする人もいます。

ただ、ニュースによるレートの予測はかなり高度なもので、プロでもなかなか当たりません。直感は当たったり外れたりを繰り返しやすく、サインツールも意外に当たらないことが多いのが実情です。

あれこれと試行錯誤をしているうちに資金がどんどん減ってしまい、結局勝てなくて大失敗だったと嘆いているケースも目立っています。

日本の業者はリスクが多い

日本の業者はリスクが多い

このようにバイナリーオプションは大失敗する原因をたくさん秘めていることがわかります。投資にはリスクがあるとはいえ、詳細を見てみるとあまりにも失敗しやすい仕掛けがあると思った人もいるのではないでしょうか。だからバイナリーオプションはもうやらないと考える人もいるわけですが、その前にもう一つ検討しておきたいことがあります。

ここで挙げた大失敗事例のほとんどは日本のバイナリーオプション業者を利用しているのが原因です。

海外では日本国内とはルールが違うので、海外業者にするだけで大失敗の対策ができます。

海外業者は心配と思う人も多いですが、ハイローオーストラリア(Highlow.com)なら安心です。日本人トレーダーが大勢利用していることが知られていて、10年以上もの歴史もあります。さらにハイローオーストラリアのサービスを考慮すると、日本国内のバイナリーオプション業者で大失敗してきた人も業者を変更するだけで問題がほとんどなくなります。

ハイローオーストラリアのサービスについては本サイトの様々な記事で解説しています。ここではその中でも日本国内のバイナリーオプション業者で大失敗している人も対策にできる理由がわかるように、要点をかいつまんで紹介します。

目標レートの設定がないから心配なし

目標レートの設定がないから心配なし

ハイローオーストラリアでは目標レートを設定する必要がありません。取引開始時点のレートが自動的に目標レートになるので、迷うことなるトレードを開始できます。

目標レートを厳しくしてしまうリスクもなく、純粋に今のレートより高くなるかどうかを考えれば良いだけなので心配なくトレードを進められます。

ペイアウト率が一定だから安心

ペイアウト率が一定だから安心

ハイローオーストラリアではペイアウトが固定ではなく、ペイアウト率が固定されています。

どのタイミングでトレードを始めたとしても、取引に使った資金に対して何倍という形でペイアウトを受け取る仕組みです。

回号の終了間際になったからといってペイアウト率が下がるわけではないので、購入の決断ができなくて迷ったとしても損益に大きな影響がありません。落ち着いてトレードするかどうかを考えられるので安心です。

ペイアウトとは?ペイアウト率が高いハイローオーストラリア(Highlow.com)の詳細を徹底解説!ハイローオーストラリアはペイアウト率が高くて優良なバイナリーオプション業者です。しかしペイアウト率が何なのかわからないとピンと来ないかもしれません。この記事ではペイアウ・ペイアウト率とはそもそも何かということからわかりやすく解説します。...

取引回数も保有ポジション数も無制限

取引回数も保有ポジション数も無制限

取引回数の制限がないので、残りはどのくらい取引で着るのかを考えながら取引する必要がありません。

同時に保有できるポジション数も無制限で、資金の使い方の自由度が高いのがハイローオーストラリアのサービスです。

勝てそうな度合いに応じて金額を変えても良し、いつも一定の金額でチャンスがあったら次々にトレードしても良しという感じで、回数や金額の束縛がない分、気軽にトレードできます。

取引は何回がベスト?ハイローオーストラリア(Highlow.com)での取引回数を徹底解剖ハイローオーストラリアで稼ぐには取引回数を何回にするのが良いかはよくある悩みですが、少なすぎなければ何回でも稼げると考えましょう。あまりにも少なすぎると想定していなかった急変で資金を失うリスクもあります。何回くらいが自分に合っているのかを知りたい場合には、ハイローオーストラリアのデモ取引を使ってみましょう。...

短い時間のトレードも選べる

短い時間のトレードも選べる

ハイローオーストラリアでは2時間や3時間といった長くて急変のリスクが高いトレードはできません。

通常取引は15分、1時間、1日の3種類だけで、
ターボ取引という短時間取引なら30秒、1分、3分、5分から選べます。

長時間待つよりもわずかな時間でトレードできた方が急変のリスクは低くて済みます。

ハイローオーストラリアなら5分から15分くらいの手頃な時間でトレードできるので大失敗の危険が少なくなります。

ハイローオーストラリアのターボ(Turbo)取引を攻略しよう!ハイローオーストラリアのターボ(Turbo)取引は高ペイアウト率で短時間の取引ができるので上手に活用すれば効率的に稼げます。ターボ取引で稼げるようになるために、それぞれに特化している勝率の高いエントリー条件を見出せるようになりましょう!...

32種類の原資産から選べる

32種類の原資産から選べる

テクニカル分析が当たらない問題もハイローオーストラリアで対策可能です。テクニカル分析をしても予想通りにならないのは、インジケーターをうまく相場に合わせて使えていないのが主な原因です。ダマシが多い通貨ペアを選んでしまっている場合もあるでしょう。

ハイローオーストラリアなら32種類の原資産から自由に取引指標を選べます。

米ドル円では予想が全然当たらない人も、スイスフラン円を選んだら大成功するという場合もよくあります。テクニカル分析には癖があるので、人によって得意とする相場が違います。

こんなオレ

選択肢がたくさんあれば正しく予想できる相場をきっと見つけられるでしょう!

ハイローオーストラリアではトレード時間も選べるので、さらにテクニカル分析が有効な条件を探せます。同じ原資産でも時間が違うと当たりやすくなることがあるので、ハイローオーストラリアならきっとテクニカル分析を使って成功できるようになります。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のおすすめ通貨ペアランキングハイローオーストラリアでは通貨ペアを選ぶことが重要です。16種類の通貨ペアがあるため、全て試すには手間がかかってしまいます。ここでは、ハイローオーストラリアのおすすめの通貨ペアランキングを作成したので、参考にしてみてください。...
テクニカル分析はハイローオーストラリア(Highlow.com)に必須の手法テクニカル分析は短期投資に最適な相場分析の手法なので、ハイローオーストラリアでは必須と言っても過言ではないほど重要です。テクニカル分析にも様々な種類があり、組み合わせ方次第で多様な戦略を考えられます。勝てるトレーダーになりたいという願望を叶えるためには外せないことなので、少しずつ勉強して体得することをおすすめします。...

まとめ

日本国内のバイナリーオプション業者は安心とよく言われますが、大失敗してもうやらないと思ってしまう人も多いのは事実です。ルールを詳細に見てみると実は失敗しやすい仕掛けが施されているということがわかったでしょうか。

バイナリーオプションについて学んで得た知識を無駄にしないためには、海外バイナリーオプション業者に移るのがおすすめです。

日本とはルールが少し違いますが、簡略化されたルールなのできっとすぐに学び取れます。ハイローオーストラリアはその中でも日本のバイナリーオプションでよくある大失敗に対策するのに最適な業者です。大失敗をしてやめると心に決めていた人も、最後のチャンスとしてぜひハイローオーストラリアを使ってみて下さい。きっと今までの努力が生きて、大きな成功を勝ち取れます。

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。口座開設後、入金を済ませればすぐ利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...
ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック


ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。