攻略

モンテカルロ法とウィナーズ法の違いは?ハイローオーストラリア(Highlow.com)での活用比較をご紹介!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)でギャンブルの手法を使ったらどうなるのかというのは興味深い点ですよね。

マーチンゲール法のようにカジノで必勝法と呼ばれている手法を使ってバイナリーオプションをやってみたら、大損をしてしまって取り返しがつかなくなったという事例もあります。

しかし、ギャンブルの必勝法は多数存在するので、1つくらいハイローオーストラリアで有効な手法があるのではないかと思う人も多いでしょう。

こんなオレ

モンテカルロ法はカジノでの必勝法あるいは負けない戦略として知られています。

ギャンブルに本気で取り組んだ経験がある人なら誰でも知っていると言われるほど有名な手法ですが、バイナリーオプションでも通用するのでしょうか。

この記事ではモンテカルロ法に類似しているウィナーズ法についても紹介します

両方の手法についてハイローオーストラリアで活用するとどうなるかを検証しました。

その結果を比較して、今後使っていくべき手法なのかどうかを見極められるようになりましょう。

モンテカルロ法のルール

モンテカルロ法のルール

モンテカルロ法はギャンブルにおける投入資金の管理をするためのルールです。

こんなオレ

次の掛け金をいくらにするかを考えるのはギャンブルの勝敗に大きく影響します。

その判断を誤ったために失敗してしまわないようにする目的で生み出された手法の一つがモンテカルロ法です。

バイナリーオプションでもいくら資金を投入するかによって利益も損失も変化します。

見極めを誤ってしまうと大損をするので、モンテカルロ法は参考になる可能性があります。

モンテカルロ法は以下のルールで取引金額を決めます。

ルール

1.基本数列「123」を準備する。

2.数列の両端を足した数に応じた資金で取引する。

3.取引に成功したら数列の両端の数字を消す。取引に失敗したら数列の右端の数に1を加えた数字を数列の右端に追加する。

4.数列がなくなるか、1文字になったら終わりにする。

具体的に見てみるとモンテカルロ法のルールを理解しやすくなります。

1回目の取引では「123」の両端にある「1」と「3」を足した「4」を資金とします。例えば1000倍の4000円を使うというルールにします。

モンテカルロ法

2000倍の8000円としても構いませんが、倍率を一定にして取引を進めるのがモンテカルロ法の原則です。

4000円で取引をして成功したら、数列の両端を消すので「2」になって取引は終了です。

モンテカルロ法

取引で失敗した場合には右端の数字の「3」に1を加えた「4」を数列の右端に追加して「1234」にします。

次の取引では「1234」の両端の「1」と「4」を足して「5」を資金とするので5000円で取引をします。

モンテカルロ法

取引で成功した場合には数列の両端を消して「23」とし、次の取引も「2」と「3」を足した「5」の資金を使います。

モンテカルロ法

失敗した場合には右端に新しく数字を加えて「12345」とします。

モンテカルロ法では失敗するとだんだんと数列が長くなっていき、成功すると二倍のペースで数列が短くなります。

また、失敗すると取引金額が増えますが、成功しても取引金額は変わりません。

こんなオレ

失敗が増えると長期戦になるのが問題ですが、最後までやり通せれば利益になると言われている手法です。

ウィナーズ法のルール

ウィナーズ法も取引資金をいくらにするかを決めるためのルールを定めている手法です。ウィナーズ法の取引ルールは以下のようになっています。

ルール

0.基本は同じ金額の資金で取引を行い、2連敗をしたらウィナーズ法を始める。

1.基本数列「11」を準備する。

2.数列の両端を足した数に応じた資金で取引する。

3.取引に成功したら数列の左橋の数字を2つ消す。取引に失敗したら数列の右端の数に1を加えた数字を数列の右端に追加する。

4.数列がなくなるか、1文字になったら終わりにする。

ウィナーズ法も具体的にどのような流れになるかを確認して理解を深めましょう。

連敗した時点で準備する「11」の「1」は連敗の際に用いていた資金を意味します。4000円で取引をしていたなら「1」は4000円です。

1回目は最初の両端にある「1」と「1」を足した「2」を資金とします。

4000円で取引をしていたなら8000円です。

ウィナーズ法のルール

この取引で成功した場合には「11」の左から2つの数字を消すので全てなくなって取引は終わりです。

ウィナーズ法のルール

失敗した場合には数列の右端にある「1」に1を加えた「2」を右端に追加するので、「112」になります。

点はモンテカルロ法と同じです。
2回目の取引では両端の「1」と「2」を加えた「3」の資金を使います。

ウィナーズ法のルール

取引に成功すると「112」のうちの「11」を消すので「2」となって終了ですが、さらに失敗すると「1123」となります。

ウィナーズ法のルール

失敗したら次の資金は「4」になり、その成功すると数列は「23」でさらに次の資金は「5」、失敗すると数列は「11234」で取引資金は「5」です。

ウィナーズ法では失敗すると1ずつ資金が増えていくのはモンテカルロ法と似ています。

数列の足し方と資金の計算方法が同じだから当然と言えるでしょう。

ただ、数字の消し方が違うので、連敗して数列が長くなった後に取引に成功すると、次の取引金額は増えることがわかります

この点がモンテカルロ法とは違い、連勝しやすい取引では有利と考えられます。

モンテカルロ法をハイローオーストラリアで使ってみよう

モンテカルロ法はハイローオーストラリアで使うとどのような結果になるのでしょうか。

取引の勝敗はケースバイケースなので、典型例をいくつか確認してみましょう。

ここではペイアウト率1.9倍の1分取引か3分取引を使ったケースを取り上げ、資金単位を1000円としてわかりやすくした結果を紹介します。

回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 4000円 失敗 -4000円 -4000円 123→1234
2回目 5000円 成功 4500円 500円 1234→23
3回目 5000円 成功 4500円 5000円 23→
例1
1回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-4000円
数列:123→1234
2回目 資金:5000円
結果:成功
損益:4500円
通算損益:500円
数列:1234→23
3回目 資金:5000円
結果:成功
損益:4500円
通算損益:5000円
数列:23→
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 4000円 失敗 -4000円 -4000円 123→1234
2回目 5000円 成功 4500円 500円 1234→23
3回目 5000円 失敗 -5000円 -4500円 23→234
4回目 6000円 成功 5400円 900円 23→3
例2
1回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-4000円
数列:123→1234
2回目 資金:5000円
結果:成功
損益:4500円
通算損益:500円
数列:1234→23
3回目 資金:5000円
結果:失敗
損益:-5000円
通算損益:-4500円
数列:23→234
4回目 資金:6000円
結果:成功
損益:5400円
通算損益:900円
数列:23→3
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 4000円 失敗 -4000円 -4000円 123→1234
2回目 5000円 失敗 -5000円 -9000円 1234→12345
3回目 6000円 成功 5400円 -3600円 12345→234
4回目 6000円 成功 5400円 1800円 234→3
例3
1回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-4000円
数列:123→1234
2回目 資金:5000円
結果:失敗
損益:-5000円
通算損益:-9000円
数列:1234→12345
3回目 資金:6000円
結果:成功
損益:5400円
通算損益:-3600円
数列:12345→234
4回目 資金:6000円
結果:成功
損益:5400円
通算損益:1800円
数列:234→3
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 4000円 失敗 -4000円 -4000円 123→1234
2回目 5000円 失敗 -5000円 -9000円 1234→12345
3回目 6000円 成功 5400円 -3600円 12345→234
4回目 6000円 失敗 -6000円 -9600円 234→2345
5回目 7000円 失敗 -7000円 -16600円 2345→23456
6回目 8000円 成功 7200円 -9400円 2345→345
7回目 8000円 成功 7200円 -2200円 345→4
(8回目) 4000円 成功 3600円 1400円 4→
例4
1回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-4000円
数列:123→1234
2回目 資金:5000円
結果:失敗
損益:-5000円
通算損益:-9000円
数列:1234→12345
3回目 資金:6000円
結果:成功
損益:5400円
通算損益:-3600円
数列:12345→234
4回目 資金:6000円
結果:失敗
損益:-6000円
通算損益:-9600円
数列:234→2345
5回目 資金:7000円
結果:失敗
損益:-7000円
通算損益:-16600円
数列:2345→23456
6回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:-9400円
数列:23456→345
7回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:-2200円
数列:345→4
(8回目) 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:1400円
数列:4→
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 4000円 失敗 -4000円 -4000円 123→1234
2回目 5000円 失敗 -5000円 -9000円 1234→12345
3回目 6000円 失敗 -6000円 -15000円 12345→123456
4回目 7000円 成功 6300円 -8700円 123456→2345
5回目 7000円 成功 6300円 -2400円 2345→34
6回目 7000円 成功 6300円 3900円 34→
例5
1回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-4000円
数列:123→1234
2回目 資金:5000円
結果:失敗
損益:-5000円
通算損益:-9000円
数列:1234→12345
3回目 資金:6000円
結果:失敗
損益:-6000円
通算損益:-15000円
数列:12345→123456
4回目 資金:7000円
結果:成功
損益:6300円
通算損益:-8700円
数列:123456→2345
5回目 資金:7000円
結果:成功
損益:6300円
通算損益:-2400円
数列:2345→34
6回目 資金:7000円
結果:成功
損益:6300円
通算損益:3900円
数列:34→

このように最初に一回だけ失敗、二連敗、三連敗のケースを見てみると、最終的には利益を得るのに成功していることがわかります。

奇数回で終わってしまうときには赤字になるリスクがありますが、最後にもう一回やって成功すれば黒字に転じることが可能です。

ウィナーズ法をハイローオーストラリアで使ってみよう

ウィナーズ法をハイローオーストラリアで使ったケースもシミュレーションをしてみましょう。

モンテカルロ法と同じようにペイアウト率が1.9倍、資金単位を1000円としたときにどのような結果になるかを見てみましょう。

回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 2000円 失敗 -2000円 -2000円 11→112
2回目 3000円 成功 2700円 700円 112→1
(3回目) 1000円 成功 900円 1600円 1→
例1
1回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-2000円
数列:11→112
2回目 資金:3000円
結果:成功
損益:2700円
通算損益:700円
数列:112→1
(3回目) 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:1600円
数列:1→
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 2000円 失敗 -2000円 -2000円 11→112
2回目 3000円 失敗 -3000円 -5000円 112→1123
3回目 4000円 成功 3600円 -1400円 1123→23
4回目 5000円 成功 4500円 3100円 23→
例2
1回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-2000円
数列:11→112
2回目 資金:3000円
結果:失敗
損益:-3000円
通算損益:-5000円
数列:112→1123
3回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:-1400円
数列:1123→23
4回目 資金:5000円
結果:成功
損益:4500円
通算損益:3100円
数列:23→
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 2000円 失敗 -2000円 -2000円 11→112
2回目 3000円 失敗 -3000円 -5000円 112→1123
3回目 4000円 成功 3600円 -1400円 1123→23
4回目 5000円 失敗 -5000円 -6400円 23→234
5回目 6000円 成功 5400円 -1000円 234→4
(6回目) 4000円 成功 3600円 2600円 4→
例3
1回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-2000円
数列:11→112
2回目 資金:3000円
結果:失敗
損益:-3000円
通算損益:-5000円
数列:112→1123
3回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:-1400円
数列:1123→23
4回目 資金:5000円
結果:失敗
損益:-5000円
通算損益:-6400円
数列:23→234
5回目 資金:6000円
結果:成功
損益:5400円
通算損益:-1000円
数列:234→4
(6回目) 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:2600円
数列:4→
回数 資金 結果 損益 通算損益 数列
1回目 2000円 失敗 -2000円 -2000円 11→112
2回目 3000円 失敗 -3000円 -5000円 112→1123
3回目 4000円 成功 3600円 -1400円 1123→23
4回目 5000円 失敗 -5000円 -6400円 23→234
5回目 6000円 失敗 -6000円 -12400円 234→2345
6回目 7000円 成功 6300円 -6100円 2345→45
7回目 9000円 成功 8100円 2000円 45→
例4
1回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-2000円
数列:11→112
2回目 資金:3000円
結果:失敗
損益:-3000円
通算損益:-5000円
数列:112→1123
3回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:-1400円
数列:1123→23
4回目 資金:5000円
結果:失敗
損益:-5000円
通算損益:-6400円
数列:23→234
5回目 資金:6000円
結果:失敗
損益:-6000円
通算損益:-12400円
数列:234→2345
6回目 資金:7000円
結果:成功
損益:6300円
通算損益:-6100円
数列:2345→45
7回目 資金:9000円
結果:成功
損益:8100円
通算損益:2000円
数列:45→

ウィナーズ法の場合にも最後までやり通すことができれば連敗でスタートしても最後には勝ち越せるように見えます。

モンテカルロ法の場合と同様に数列が1つで終わる奇数回のときには追加で一回取引をして成功すれば問題ないとわかるでしょう。

ただ、ウィナーズ法の場合には最初に二連敗してから始めているので、実際には-2000円からスタートします

すると、最初のケースでは赤字、最後のケースでは収支ゼロです。

連敗分をカバーするという意味では必ずしも効果的ではないことがわかります。

モンテカルロ法とウィナーズ法を徹底比較!

モンテカルロ法とウィナーズ法を徹底比較!

ハイローオーストラリアでモンテカルロ法、ウィナーズ法を使ったケースをシミュレーションしてみると、同じようなパターンならモンテカルロ法の方が通算損益は大きくなりやすいことがわかります。

ウィナーズ法は取引に成功し続けているときや、連敗をせずに成功と失敗を交互に繰り返しているときには使えません。

その間に大きな利益を上げられる可能性もありますが、バイナリーオプションでは成功と失敗を交互に繰り返していると損失になります。

こんなオレ

負け越している状況でさらに連敗し、ウィナーズ法で少々しか稼げないという可能性もあります!

ただ、ウィナーズ法でも結果次第では大きな利益を生み出せます。

失敗→失敗→成功→成功という流れになった場合には、モンテカルロ法では1800円、ウィナーズ法では3100円の通算損益です。

取引の癖や相場の状況によってはウィナーズ法の方が利益を生み出せる可能性も持っています。

このように多角的に両者を見てみると、優劣をつけるのは困難だとわかります。

こんなオレ

ハイローオーストラリアでもうまく使えれば稼げるという認識で、試してみるのがおすすめです!

今までハイローオーストラリアで取引金額をいくらにするかで悩んでいた人は、モンテカルロ法もウィナーズ法も試してみましょう。

まとめ

ハイローオーストラリアはモンテカルロ法とウィナーズ法のどちらでも使い方によっては攻略できる可能性があるとわかりました。

ギャンブルの世界で必勝法とされてきたこのような手法は投資の世界でも有効な場合があるという結論になります。

ただ、バイナリーオプションではペイアウト率が2倍ではないので、どちらの手法も必勝法になりません。

ハイローオーストラリアは高ペイアウト率ということもあってうまく利益を生み出せる結果が見られました

しかし、あまりペイアウト率が高くない業者ではどちらもほとんど通用しない場合が多いでしょう。

こんなオレ

ハイローオーストラリアで試してみるときには、マーチンゲール法のように禁止行為に触れてしまう手法もある点に注意が必要です。

ルールを守って取引をすれば問題はないので、モンテカルロ法やウィナーズ法を試してみるのも一興です。

マーチンゲール法も逆マーチンゲール法もハイローオーストラリア(Highlow.com)では危険!?マーチンゲール法や逆マーチンゲール法はハイローオーストラリアで使うと損をするばかりです。稼げずに苦労するばかりか、やり方によっては口座凍結になって強制解約をさせられてしまうリスクすらあります。これからハイローオーストラリアで成功したいと思っているなら、テクニカル分析を学んで勝てる取引の仕方を身につけていきましょう。...

モンテカルロ法やウィナーズ法を使う際にはデモトレードを通して自分に合う取引手法なのかを確認してみるのがおすすめです。

いくら失敗しても資金が減ることはないため、気軽に試してみることができます。

ハイローオーストラリアの口座を持っていない人もすぐに利用できるので、デモトレードに挑戦してみて下さい。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のデモ取引を紹介
ハイローオーストラリアのデモ取引を徹底解説!うまく活用して戦略を広げよう!ハイローオーストラリアでは登録してログインする必要もなく気軽にデモトレードを利用できます。ハイローオーストラリアでの取引に慣れるのに最適です。中級者以上もデモ取引しているので上手に活用していきましょう。ただしデモ取引では利益は得られません。...

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。