ハイローオーストラリア

ビットコインは投機?金の採掘企業の指摘から考えるべきハイローオーストラリア(Highlow.com)での投資

バイナリーオプション投資には投機性があるとよく言われています。ハイローオーストラリア(Highlow.com)のバイナリーオプションのルールも投機的な側面があるのは紛れもない事実です。

資産運用の世界では投機は避けるべきだという意見があります。ハイリスクハイリターンの資産運用になる可能性が高いからです。ローリスクローリターンの投資の方が安心だから投機性がある投資はやめようと考える人もいるでしょう。

こんなオレ

ただ、近年人気のビットコインへの投資すら投機性が高いという指摘があるのを知っているでしょうか?

金と同じくらいビットコインは安定資産だという意見もある一方で、大手の金の採掘企業のCEOが仮想通貨が投機性が高いことを指摘して話題になっています。

安定資産と言われていたビットコインへの投資も投機的となると、金くらいしか安定資産への投資はできないのではないでしょうか。ここではビットコインと金に関する投資の議論や、投機と投資に対する考え方を初心者向けに解説します

ハイローオーストラリアは投機なのか投資なのかを理解しましょう!

その上でハイローオーストラリア初心者が覚えておくと良いポイントを説明するのでぜひ参考にして下さい。

ビットコインの投機性の指摘

ビットコインの投機性の指摘

金採掘企業のエボリューション・マイニング(オーストラリア)のCEOであるジェイク・クラインはアメリカのニュース番組CNBC(Consumer News and Business Channel、コンシューマー・ニュース・アンド・ビジネス・チャンネル)に出演して仮想通貨のリスクを指摘しました。

ビットコインはリスクヘッジの投資先としては現状として不安があり、仮想通貨よりも金の方が魅力的だというのが概要です。

金の採掘をする企業のトップとしては金を支持するのはもっともかもしれません。しかし、ニュースメディアに出るくらいなので客観性のある論理で話を展開していました。ビットコインを代表とする仮想通貨の相場はボラティリティが高くて、投機性の高さを否定できないという議論をしています。

リスクヘッジ先としてビットコインを選ぶ投資家が世界的に増えていますが、投機としての側面が強い事実を認識した投資家は資産を金に戻していくだろうとコメントしていました。

法定通貨のリスクヘッジになる資産を保有するのは投資家にとって重要です。日本円や米ドルなどの価値が低下したときにも保有資産が目減りしないようにするには、法定通貨の価値が下がったときに価値が上がる資産を持つのが効果的です。

安定資産と言われる金は古くから選ばれてきました。仮想通貨も法定通貨とは価値のあり方が違うため、ヘッジ資産になるという議論が展開されてきました。

ビットコインと金はテーパリングに対処する上で一段と有利な状況に
ビットコインと金はテーパリングに対処する上で一段と有利な状況に

ヘッジファンドのスカイブリッジ・キャピタルでは2021年6月に通貨の代替投資先としてビットコインに注目すべきだと指摘し、世界市場でデジタル・ゴールドのような存在になるという見解を示しています。また、世界的に有名な証券会社のゴールドマン・サックスもビットコインは金の代替ではなくとも銅の代替になると述べていました。

ビットコインの投機性について要人が発言したのは今回が初めてで、今まではずっと金のようなリスクヘッジ資産になるという意見が主流でした。

こんなオレ

この発言によって資産として保有するビットコインの価値が再考されるようになっています。

投機と投資の取引としての違い

投機と投資の取引としての違い

ビットコインの売買による取引は投資として注目されています。しかし、今回の指摘はビットコインの投機性が高いという内容でした。この意味を正しく理解し、ハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引について考察するには投機と投資について確認する必要があります。

投資は良いもので投機は悪いものというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、投資にも投機にも良い、悪いといった意味はありません。

Oxford Languagesの定義では投資とは以下のようになっています。

投資とは

利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。比喩的に、将来の利益のために多額の金銭を投入すること。

投機は同様に次のように定義されています。

投機とは

1.不確実だが当たれば利益の大きい事をねらってする行為。

2.市価の短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引。

ビットコインなどによる個人の取引は、投資では「将来の利益のために多額の金銭を投入すること」に該当します。投機は1と2のどちらも該当し得るでしょう。

不確実でも利益を狙うハイリスクハイリターンの投資は投機性が高いとよく言われていて、短期間の変動の差益を狙うFXや株式投資は投機的だと指摘されていることがあるからです。

短期間の市場変動は予測が難しく、ノイズの発生も起こります。Oxford Languagesの定義では投機は2つに分けられていますが、結局は不確実性が高い方法で主に短期間での利益を狙う取引が投機だとまとめられるでしょう。

それに対して投資は将来の利益のための取引を一般的に指します。狭義ではローリスクローリターンの方法で資金を投じ、長期的に運用することでリターンを大きくする方法を指すこともあるのが投資の特徴です。

投機と投資の取引としての違い

資産運用をするときにはリスク許容度によってどのくらい高いリターンを求められるかが異なります。資産運用ではリスクとリターンが背中合わせになっているので、リスクを許容できる人は投機的でハイリスクハイリターンの方法を選ぶことが可能です。しかし、リスク挙動が低い場合にはローリスクローリターンの投資を選ばざるを得ません。

一般的にリスクに対する不安や懸念が大きく、リスク許容度が低い傾向があります。そのため、ハイリスクハイリターンの投機は悪いというイメージがあり、ローリターンでもローリスクの投資が良いと考えられているのです。

実際にはリスク許容度が人によって違います。投機的な運用の方が良いという人ももちろんいるのです。投資できるほど気長ではないという人も投機を好む傾向があります。それでも正しいやり方をすれば資産形成はできるので、一概に投機が悪い、投資が良いとは言えません。

こんなオレ

自分が納得できる方法を選んで資産運用をするのが重要だと言えるでしょう。

ビットコインは投機か投資か

ビットコインは投機か投資か

ビットコインは投機的だという指摘について考察してみましょう。

ビットコインの相場は激動を起こしているため、投機的な側面があるのは事実でしょう。2021年5月に6万ドルを超える最高値を記録したビットコインは、瞬く間に3万ドル程度にまで暴落しました。そして、2021年8月には5万ドルにまで復帰しています。

わずか3ヶ月の間に50%程度の下落をした後、さらに40%以上の上昇を起こしたのです。

わずか3ヶ月の間に50%程度の下落をした後、さらに40%以上の上昇

2021年以前を見てみると1万ドル前後を推移していることがわかります。チャートの縮尺を変えると、いかにボラティリティが大きいかが見て取れるでしょう。2万ドルから4000ドルの間を推移していて、12000ドルが中心だとすると66%程度の値幅で相場が動いていることがわかります。

BTC:2021年以前は1万ドル前後を推移
BTC:2021年以前は1万ドル前後を推移

法定通貨ペアの米ドルと日本円を考えてみると109円前後を推移していて上下動の幅は6%程度です。

こんなオレ

いかにビットコインの相場の振れ幅が大きいかがわかるでしょう。

安定性や安全性という視点で考えるとリスクがあるのは確かです。短期的な取引で利益を得る方法として魅力があるのも事実なので、投機性があるハイリスクハイリターンの資産だと言えます。

米ドルと日本円を考えてみると109円前後を推移
米ドルと日本円は109円前後を推移

金は投機か投資か

金は投機か投資か

ビットコインと比較されている金は資産として投資になるか投機になるかも気になるでしょう。金の相場も日々刻々と変動していますが、長期的に見ると安定している傾向があります。

社会や経済の不安に伴って上がり、景気の回復によって下がるのは金の特徴で、2020年以降は大きな上昇を起こしました。しかし、2020年以前は1300ドル、2020年以降は1800ドル前後で、プラスマイナス8%程度で推移しています。

つまり、相場のボラティリティは法定通貨と同程度なのでリスクが比較的低いと判断できます。

金の価格推移

2020年にはコロナ禍やビットコインの激動があったため、比較的ボラティリティが高くなりました。これはUSDの価値変化による影響も受けているので仕方のない部分です。ただ、全体としてみるとボラティリティは低く、投資としての性質が強いことが理解できます

バイナリーオプションは解釈によって投資でも投機でもある

バイナリーオプションは解釈によって投資でも投機でもある

ハイローオーストラリアの提供しているバイナリーオプション取引は解釈次第で投資でも投機でもあります。

まず、バイナリーオプションは将来の利益のために資金を投入する取引なので投資です。ハイローオーストラリアのサービスも金融商取引として認められています。

ただ、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは長期的な投資ではなく、市場の短期間の変動を狙っておこなう取引です。短期的な市場の値動きには不確実性があります。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションではペイアウト率が高いので、取引金額の1.75倍~2.30倍のペイアウトを受け取ることが可能です。利益の幅が大きいことも考慮すると投機的な投資だと解釈できるでしょう。

バイナリーオプションは投資と投機の二面性を持っていますが、上記のように投機が悪い、投資が良いというわけではありません。両方のメリットを生かすように利用していくことが大切だと言えます。

ハイローオーストラリアはビットコインも金も生かせる

ハイローオーストラリアはビットコインも金も生かせる

リスク許容度が低く、安定資産で運用したい人にとってビットコインは注目の的でした。しかし、今回の指摘によってビットコインのボラティリティの高さがあらためて世界中に知られるようになりました。

こんなオレ

安定資産を選んでリスクヘッジをするなら金が良いという考え方はチャートを見ても明らかだったでしょう!

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは日本円を口座に入れて保有し続けるのが特徴で、法定通貨や仮想通貨、金などの売買を伴いません。リスクヘッジ資産という考え方では利用できませんが、資産運用のもう一つのオプションとしてハイローオーストラリアを活用できます。

ビットコインを選ぶリスク許容度の高い人も、金を選ぶリスク許容度が低い人もハイローオーストラリアのバイナリーオプションで資金を運用しましょう。

ビットコインのメリット

ビットコインのメリット

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションではビットコインのターボ取引ができます。

ボラティリティが高い相場ではターボ取引で勝てるチャンスが多いのが魅力です。ボラティリティの高さが今回指摘されたビットコインはターボ取引をするのに適している資産なので、ターボ取引で稼ぐのにうってつけと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアのターボ(Turbo)取引を攻略しよう!ハイローオーストラリアのターボ(Turbo)取引は高ペイアウト率で短時間の取引ができるので上手に活用すれば効率的に稼げます。ターボ取引で稼げるようになるために、それぞれに特化している勝率の高いエントリー条件を見出せるようになりましょう!...

金のメリット

金のメリット

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションでは金は1日取引にのみ対応しています。安定資産の金は長期的には安定した価格を示していますが、1日に着目すると大きな価格変動を起こしているのが特徴です。

金は商品としての注目度が高く、ロンドン市場を中心とする売買が活発に行われているからです。

市場取引が落ち着いた後でないと実需による予想できない急変がいつ起こるかわからないのが金の性質です。そのため、1日取引に適していて、その日の金相場の動きを見ながら取引をすると投機性の低い投資もできます。

こんなオレ

ハイローオーストラリアで1日1回の取引をして着実に稼ぎたい人には最適な原資産です!

まとめ

ビットコインの投機性がニュースで指摘され、安定資産やリスクヘッジ資産なのかを再考すべきだと投資家が認識するようになりました。ハイローオーストラリアは投機か投資かという議論がよくありますが、ビットコインと金の関係を見ながら考えてみるとどちらであっても自分なりに納得できる資産運用方法として活用できれば良いというイメージができてきたのではないでしょうか。

投機的なビットコインと投資的な金の両方に魅力もリスクもあります。同じように投機と投資の二面性を持つハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引にも魅力とリスクがあるので、リスクを理解し、魅力を生かした取引をしていくのが大切です

ハイローオーストラリアではビットコインも金も原資産として利用可能です。

取引方法がビットコインでも金でもうってつけのものだけを選べるようになっています。

今後、ビットコインや金に目を向けたいと思っているなら、ハイローオーストラリアでの運用にも資金を投入しましょう。

ビットコインや金の資産価値が上がるときでも下がるときでもハイローオーストラリアなら利益を生み出せます。運用利益を生み出すもう一つのオプションとして魅力が大きいので、ハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引を始めましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設の方法や手順と必要なものや注意点ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。