攻略

ダウ理論とは?ハイローオーストラリア攻略にも使える?

もっと正確に予想を立てられるようになって、ハイローオーストラリアで稼げるようになりたいと思っている人は多いでしょう。
相場の動きを正確に予測できるようになれば、バイナリーオプションは勝ち続けられるので億万長者になれる可能性があります。

しかし、様々な要因によって相場が動くので、完璧な予測をするのは困難です。
それができたらハイローオーストラリアも商売にならないでしょう。

ただ、相場理論を学ぶことによって予想の正確性を高めることは可能です。

相場理論の1つとして有名なものにダウ理論があります。
株式投資やFXをやっている本気の投資家なら誰でも知っている理論です。

ダウ理論を学べばハイローオーストラリアも攻略できるのでしょうか。
この記事を通してダウ理論の基本原則を理解し、バイナリーオプションに応用できるようになりましょう。

ダウ理論の基本原則

ダウ理論はアメリカのチャールズ・ダウが打ち立てた株式市場相場の理論です。

チャールズ・ダウは米国の株価指数として有名なダウ・ジョーンズ工業株平均株価を生み出した人で、19世紀後半に投資家兼アナリスト兼ジャーナリストとして活躍していました。

チャールズ・ダウ

ダウ理論はもう100年以上の歴史を持っている古い理論ですが、市場相場の動きをよく説明していることから経済学の教科書にも載っています。

テクニカル分析の基礎理論なので、バイナリーオプションにおける予測にも使えるのは明らかでしょう。

ダウ理論は以下の6つの基本原則から構成されています。

基本原則の意味

これらの詳細を読み解くのはダウ理論を理解するには欠かせません。
ただ、全貌を先に理解しておいた方が個々の原則の意味がわかりやすくなります。

ダウ理論は「相場に規則性・周期性があること」を原則としているのが特徴です。
それと同時に「テクニカル分析が有効だと根拠づけている」理論にもなっています。
このような観点から基本原則を大まかに解読していきましょう。

1. 市場(平均)は全ての事象を織り込む「The Market Discounts Everything」

この原則は平たく言えば市場価格を見ていれば全ての現象の結果が反映されているから十分だという意味です。
テクニカル分析で価格の推移を予測できる根拠となる原則と言えます。

市場の価格は色々な要因が複合的に重なった結果を示しています。
ダウが研究をしていた株式市場の価格の場合には、対象としている企業の活動や実績だけが株価を決めているわけではありません。
競合他社の状況、事業に関連する法規制などの政治的な動き、世界的なニーズの変化、経済情勢の変動などが全て平均化されて価格が決まっています。

為替レートの場合にも注目している通貨ペアの二国の情勢だけが影響するわけではありません。
その通貨を持っている企業や投資家の思惑や都合、政治や経済などの世界的な動きを反映しています。
そのため、市場価格は世の中で起こっている全ての結果が一つの数字として示されたものだと考えられるのです。
世界中の様々な現象を読み解くよりも、相場を分析していけば単純化できるという理論になっています。

バイナリーオプションでもテクニカル分析でエントリーのタイミングを決めるのが定石です。
例えば、米ドル円で取引をしようとするときにユーロ円やユーロドルのチャートまで分析しなくて良いのは、ユーロの影響も米ドル円のチャートに反映されているからだと考えられます。

テクニカル分析には「MT4」が必須!ハイローオーストラリア(Highlow.com)で勝とうと思って色々調べてみたら「MT4」という言葉が出てきたことはありませんか?バイナリーオプションの攻略にはこの「MT4」が必須です!ここではテクニカル分析とはそもそも何か、ハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引に必須のMT4とは何かを幅広く解説します。...

2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される「There Are Three Primary Kinds of Market Trends」

ダウ理論ではトレンドを以下の3つに分類していて、他の原則と組み合わせると市場はトレンドによってコントロールされていると考える理論になっています。

トレンド

短期トレンド:1時間~1ヶ月

中期トレンド:数週間~数ヶ月

長期トレンド:1年~数年

このようなタイムフレームごとに異なるトレンドが発生している可能性があるため、自分が分析したい期間の設定に注意が必要だということを示しているのがこの原則です。

例えば、アメリカの株価指数の1つとして知られるS&P500は10年くらいの長期で見ると右肩上がりです。
しかし、2020年の動きを見ると、当初は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って中期的な下降トレンドがありました。
その状況から新たなトレンドが生じて、2020年の後半には中期の上昇トレンドが発生しています。
ただ、もっと短い期間で見ると大統領選や米国雇用統計の発表の影響を受けて下降トレンドも上昇トレンドも短期的に起こっていました。

このようにトレンドを期間ごとに考えることで、正確な相場分析ができるというのがダウ理論です。

バイナリーオプションでは専ら短期トレンドを追うことになります。
数週間や数年といったタイムフレームでの動向は気にすることなく、注目している期間でのテクニカル分析に注力して良いと考えることが可能です。

3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される「Primary Trends Have Three Phases」

ダウ理論におけるトレンドの定義を明確にしているのがこの原則です。

トレンドには3つの段階があって、先行期、追随期、利食期の順に進んでいくと考えています。
簡単に言えば、トレンドが発生するきっかけがあり、そのトレンドを加速させる動きが生まれ、最後には決済によるトレンドの収束が起こるという原則です。

先行期

株式投資では株価が上がると予想された株式を購入し、株価が上がった時点で売却して利益を得るのが基本です。
先行期はこの株を買ったら良いのではないかという株式に大口の投資家が着目して買ったときに瞬間的に生じる値上がりです。

追随期

それを見て、買おうかどうしようかと悩んでいた投資家も決断をして同じ株式を購入し、追随期に入ります。
これによって明確な上昇トレンドが発生し、次々に買われることで価格は急騰します。

利食期

そして、十分に上がったと判断した投資家が株式の売却を始めて利益の確定をすると、株価が上がらなくなっていきます。
その様子を見て他の投資家も利益を確定し、利食期が訪れてトレンドが終わります。


通貨の取引でも割安な通貨を買って割高なときに売って利益を得るのが基本です。
そのため、ダウ理論と同じトレンドの3段階という考え方が通用します。
この原則が成り立っているからこそ、トレンド発生を見てエントリーするバイナリーオプションの順張りが有効と考えられるのです。

4. 価格は相互に確認される必要がある「Indices Must Confirm Each Other」

市場では価格にも色々なものがあります。
株式市場なら企業ごとの株価があり、為替市場ならあらゆる通貨ペアごとにレートが決まります。
これらは相互に関連しているので、一貫した変化を起こしているというのがこの原則です。

株価なら工業平均株価と鉄道平均株価のトレンドには相関があります。
工業が発展すると製品を運ぶ鉄道業が儲かり、鉄道の技術が向上して運送コストが下がると工業も調達や増産が容易になるからです。

為替レートなら例えば円高になったらクロス円の価格はどれも同じ影響受けるでしょう。
全ての通貨が互いに関連しているので、一つの通貨ペアだけ突然値動きを起こしたとしたら、それは転換のシグナルではないと考えるのが適切だと考えられます。

この他にも日経225/米ドルがクロス円の相場とは相関関係があることが知られています。
通貨ペアだけでなく他の経済指数との関連性も知っていると、さらに正確な予測を立てられるようになります。

5. トレンドは出来高でも確認されなければならない「Volume Must Confirm the Trend」

価格の上昇や下落は売買によって起こっています。
そのため、トレンドが発生しているときには、売買の傾向も同じ方向性を持っている必要があるというのがこの原則の言っていることです。
出来高は「Volume」で、取引の成立量を指しています。

上昇トレンドが起こっているときには株式市場なら株式が買われているのが通常の状況です。
為替市場ならドル円の相場であればドルが買われています。
このような売買が行われていないのにトレンドができているかに見えたときには、偽物のトレンドだと判断するのが妥当だと考えられます。

トレンドが発生しなかったというダマシのケースはしばしばテクニカル分析をしていると起こります。
実はわずかな投資家が資金を動かしただけで、全体としてみるとトレンドを発生させるような取引の成立数は増えていないのが原因だと考えるのがダウ理論です。

6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する「Trends Persist Until a Clear Reversal Occurs」

ダウ理論の6番目の原則はテクニカル分析との関わりがもっとも深いです。

トレンドの継続性と転換点の存在が示されています。
テクニカル分析でトレンドが発生したら順張りをするのと同様に、トレンドの転換シグナルが見つかったら逆張りをします。
この二つが成立する根拠となっているのがこの原則です。
トレンド転換の際には必ずシグナルが出てくるので、チャートで価格を見ていればこれから起こることを予測できると言えるわけです。

バイナリーオプションでの逆張りが通用するのはこの原則が成り立っているからに他なりません。
また、シグナルが出なければトレンドが継続するので、そのタイミングまでは順張りが可能だと考える根拠になります。

ハイローオーストラリアのハイロー取引ではトレンドが3つのどの段階にあったとしても、同じ方向に動いている限りは予想が当たります。
シグナルが出ない限りは順張り、シグナルが出たら逆張りというやり方で稼げることが想像できるでしょう。

ダウ理論でハイローオーストラリアを攻略?

ダウ理論はテクニカル分析の基盤となっている重要な理論なので、ハイローオーストラリア攻略にも使えると期待する人も多いでしょう。

ただ、ダウ理論はあまりに基本になり過ぎています。
世の中で宣伝されている攻略法の根拠をたどってみると、結局はダウ理論に基づいていたということが多いのです。
そのため、ダウ理論でハイローオーストラリアを攻略できるのは確かですが、ダウ理論を学んだだけで全勝になるわけではありません。

ただ、ここでダウ理論を学んだことによって、自分で勝てる戦略を考えられるようになったでしょう。
その知識を生かして自分なりの勝ち方を生み出していくのが大切です。

その理由がわかるようによく知られている「三尊天井」をダウ理論から分析してみましょう。

一般に上昇トレンドが発生しているときには終値が一様に上がっていくわけではありません。
大小の上下動を起こしながら高値と安値が両方とも高い方に更新されていきます。

追随期

これがダウ理論の追随期です。

そして、あるときに高値が更新されないときがやってくる場合があります。
これが明確なトレンドの転換シグナルで、下降トレンドが発生すると考えるのが基本です。
利食期に入って売りに出る投資家が全体として増えて優位になったと判断できます。
それまでは価格が下がっていても出来高が十分ではなかったので上昇トレンドが続いていました。
このシグナルによって売りが優勢になり、新しい下降トレンドが発生したと解釈できるのです。

そのため、上昇トレンドで高値の更新が見られなかったときには下降トレンドが発生すると見越してLOWエントリーをすると当たる可能性が高いでしょう。
このようなチャートの形状を三尊天井と呼んでいて、特に最後の高値が二つ前の高値よりも低かったときにはシグナルとして強いと判断し、エントリーポイントとするのが一般的です。

三尊天井

ダウ理論に基づいてよく知られているハイローオーストラリアやバイナリーオプションの攻略法を分析してみると内容をよく理解できます。
この例に倣って自分が知っている攻略法やエントリールールを分析して体得していきましょう。
それが自分の理論に基づく攻略法を構築する基礎になります。

まとめ

ダウ理論があるからこそテクニカル分析が通用すると考えて取引をする投資家が大勢います。
市場にはこの投資家の動きも織り込まれているので、ダウ理論によって、ダウ理論に記述された原則に基づく市場価格の動きがもたらされているとも言えるでしょう。
だからこそダウ理論は市場取引をする人たちにとって学ばなければならない基礎的な相場理論となっています。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションで相場のテクニカル分析によって予測をして取引するのが常識になっているのも同じ理由です。
ダウ理論を正しく理解してトレンドを読み、転換シグナルを見出せるようになればきっと正確性の高い予測を立てられるようになります。

これからハイローオーストラリアで稼げるようになるためには欠かせない基礎だと認識して、世の中で知られているエントリーの仕方をダウ理論に基づいて分析していきましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。