攻略

ダマシの悩みを克服せよ!ハイローオーストラリア(Highlow.com)をやめる前にインジケーターの設定方法を変えよう

ハイローオーストラリア(Highlow.com)でテクニカル分析に基づく取引を始めてみるとダマシに悩まされてしまいがちです。テクニカル指標を使って根拠のあるエントリーをしているのに予想通りの値動きが起こらずに負けてしまうのが典型的なダマシの悩みです。

ハイローオーストラリアで使えることがよく知られている条件に従ってエントリーしたのに、集計してみたら勝率は五分五分ということもあるでしょう。そのうちにだんだんとテクニカル分析をしても意味がないのではないかと思うようになるケースもあります。

こんなオレ

よくあるテクニカル分析の解説では「ダマシが起こることがあるので注意」と記載されています。

エントリーサインが出ているときでもダマシに引っかかってしまうと失敗するというのが典型的な説明です。しかし、同じような形でエントリーしているのに取引に成功している人たちもいるのは確かです。

成功している人とダマシに悩まされている人では何が違うのでしょうか。

ここではダマシがつらいからもう諦めようと思っている人のために、インジケーターの使い方の共通理論を紹介します。設定方法を変えることで自分に合ったトレードができるようになり、ハイローオーストラリアでの成功につながります。この記事を通してインジケーターの設定方法いついて基本的な考え方と実践方法を身につけましょう。

ダマシはなぜ起こるのか

ダマシはなぜ起こるのか

ハイローオーストラリアで成功するにはテクニカル分析をマスターするのが重要ですが、テクニカル分析をしようと努力するほどダマシに悩まされます。

テクニカル分析ではダマシがつきものとよく言われていますが、ダマシはなぜ起こるのでしょうか。

ダマシとは、各種テクニカル指標を使ってこのように値動きすると予測したときに、予想とは違う値動きを起こす現象を一般的に指します。

テクニカル分析を通して予測を立て、エントリーして失敗したときにはダマシに遭ったと言うのが通例です。ダマシが起こるのは、テクニカル分析に限界があるからに他なりません。

インジケーターに基づいて将来の値動きを予測するのは、あくまで過去の値動きのみを根拠にしています。

ずっと価格が上がってきていて、昔はこのくらい上がると下がったことが多かった今回も下がるはずだという予測をしても、例外的に上がり続けることもあるでしょう。

例えば、RSIは買われすぎ、売られすぎを見極めるオシレーター系インジケーターで、レンジ相場で70%以上なら買われすぎだから価格が下がり始めるとよく言われています。しかし、70%以上になってもいつまでも値上がりを続けていることも稀ではありません。

RSIとRVIでハイローオーストラリア(Highlow.com)初心者も勝てるようになろうRSIとRVIはどちらもオシレーター系インジケーターで、買われすぎか売られすぎかという観点から価格の動きの転換点を見極めるための指標です。価格の動きの見極めはハイローオーストラリアで欠かせません。どちらもエントリーを判断する条件の1つとしてはわかりやすい指標なので有効活用可能です。この二つからまず習得して慣れましょう。...

テクニカル分析は過去に起こっていた値動きのパターンに基づいて条件を決めています。そのため、RSIが70%以上になるとレンジ相場では価格が下がり始めることが多かっただけで、今後も70%以上で価格が下がるとは限りません。

こんなオレ

通貨ペアや取引の時間帯などによって違いが生じることもあります。

そのため、テクニカル分析は万能ではなく、ダマシはテクニカル分析につきものだから仕方ないと考えるのが一般的になっています。

なお、市場の原理に基づく取引以外の要因によって価格の変動が起こったために予測外の値動きが起こったという場合にはダマシと言う人もいれば、ダマシではないと言う人もいます。

例えば、日本のGDPの発表があったり、アメリカで金融政策が定められたりしたタイミングで為替レートが激動を起こすことがあります。また、企業が実需の決済のために大量のドル買いをしたためにアメリカドルが一時的に上がるというケースも少なくありません。戦争の勃発や大きな自然災害の発生なども為替レートを動かす原因になります。

このようなチャート上に表示されている数字以外の要因によって値動きが引き起こされるとテクニカル分析の結果は当たらなくなる場合が多いでしょう。

たまたま予測と同じ方向の値動きが起こればバイナリーオプションでは成功できますが、逆向きの動きが起こったら予測が外れて取引に失敗します。これもダマシと考えると社会情勢を加味した分析がダマシの回避には必須になります。

ここでは社会的要因を除いて考え、純粋にテクニカル分析で予測通りに値動きをしなかったケースへの対応策を紹介します。社会的要因による値動きへの対応はファンダメンタルズ分析が必要になるので別途習得しておきましょう。

分析

インジケーターの感度とダマシの関係

インジケーターの感度とダマシの関係

インジケーターを使うときには感度を意識することによってダマシのリスクを低減できます。

インジケーターの感度とは
相場が動くサインを速やかに察知し、大きなインジケーターの値の動きによって見えるようにできる程度を指します。

インジケーターの感度が高いと今後の値動きに関するわずかな予兆も察知して、視覚的にわかりやすい形で表現してくれます。

感度が低い場合には値動きが起こりそうな感じがあってもすぐに見て取ることはできず、値動きが起こった頃になってから視覚的に判断できるようになるのが一般的です。

このようにして見ると感度が高い方が速やかにエントリーポイントを見定められるのではないかと思うかもしれません。

こんなオレ

しかし、感度の高さとダマシの多さには相関関係があります

感度が高いと一時的な値動きを相場が動くサインだと判定してしまうことが多くなるからです。それが結局はダマシになって、エントリーをしても予測通りの値動きをせずに悩む結果につながってしまいます。

感度が低いと相場の動きに関する過去の情報が十分に集まった時点ではっきりとサインが見えるようになります。直近の一時的な値動きではサインが見えないのでエントリーせずに済み、ダマシに遭うリスクが低くなるのです。

しかし、感度が低すぎるとなかなかエントリーのサインが出てこなくなります。

もう少し感度が高ければ見落とさずに済んだエントリーポイントがたくさんあったのに、全くエントリーできずに終わってしまうということもあるのです。

感度はダマシに悩まされない程度に低くしつつ、予測が当たる可能性が高いポイントを逃さないようにするくらいに高く保つことが必要になります。

トレードスタイルによって感度をどのくらいにすべきかは異なるので自分に合った設定をすることが大切です。

感度をコントロールする設定方法

感度をコントロールする設定方法

ハイローオーストラリアでインジケーターを駆使して取引し、ダマシに悩まされないためには感度をコントロールするのが必須です。インジケーターの感度をコントロールするには二つのポイントを押さえて設定する必要があります。

①感度の高さがインジケーターの種類によって大きく左右される

インジケーターの計算方法は種類によって異なり、使用しているパラメーターにも違いがあります。

例えば、Williams%Rストキャスティクスを比較すると、どちらも%R、%Kの計算に一定期間の最高値と最安値を用いています。平均化などを一切行っていないので、そのまま使用すると高い感度を持ちます。

ただ、ストキャスティクスでは移動平均を使って%D、S%Dを計算して用いるのが一般的です。

これは移動平均を取ることによって過去数日間の価格で数値を均し、感度を低下させる代わりに過去からの値動きの傾向を強く反映させてエントリーサインとしての信頼性を高めています。

ストキャスティクス

%Kと%Dを使うファストストキャスティクスと、
%DとS%Dを用いるスローストキャスティクスがあります。

ファストストキャスティクスは平均化の回数が少ないので感度が高いですが、その分だけダマシに遭うリスクが高くなります。

スローストキャスティクスは感度が低くなっていてダマシのリスクは低い代わりに、直近の値動きによって示唆される相場の動きを読みにくくなっています。

ストキャスティクスの感度

このように平均化の計算はインジケーターの感度を低下させる代わりに過去の値動きに基づく将来予測の信頼性を高める力があります。

Williams%Rはハイローオーストラリア(Highlow.com)のターボ取引に有効?Williams%Rは価格が最高値に比べてどのくらいの位置にあるかを評価するためのオシレーター系インジケーターで、ストキャスティクスと表裏一体の関係にあります。値動きに対するレスポンスの早さが強く求められる短時間取引を攻略するのにうってつけのインジケーターでしょう。慣れないと難しいため、デモトレードで練習を積んでから活用していきましょう。...
ストキャスティクスでハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率アップができる!ストキャスティクスはオシレーター系インジケーターとして名前はよく知られていますが、意味がよくわからないので手を出せずにいる人も多いでしょう。ストキャスティクスはテクニカル分析で比較的よく用いられているインジケーターです。この記事ではストキャスティクスの基本から実戦的な攻略法まで紹介します。バイナリーオプションでも使えるインジケーターなので、効果的な使い方を身につけましょう。...

②期間の設定

ほとんどのインジケーターは期間を設定して移動平均を取ったり、その期間の最高値や最安値などを用いたりして算出されます。期間を長く設定するとずっと前の価格についても考慮して計算された結果が表示されます。

直近の価格の影響も薄まるので感度は低下しますが、過去の値動きに基づいた相場の流れを考慮した値が示されることになります。

つまり、一般的に期間設定が可能なインジケーターの場合には
期間を短くすれば感度が上がる代わりにダマシが起こりやすくなり
期間を長くすると感度が下がる代わりに相場の流れを反映するようになるのです。

そのため、今までダマシで苦労してきた人は期間の設定を変更してみると状況が一転する可能性があります。

ただし、期間を長くし過ぎるとエントリーできるポイントがなくなってしまったり、レスポンスが遅すぎてエントリーのタイミングが遅れてしまったりすることもあります。エントリー判断の仕方に応じて適切な期間を決めるのが取引の成功率を上げるのにつながります。

デモトレードで設定の良し悪しを見極めよう

デモトレードで設定の良し悪しを見極めよう

ハイローオーストラリアで取引の成功率が高い期間設定を見つけ出すためには、設定を変更して実際にエントリーして試していくのが効果的です。ただ、どのように設定したとしても成功率が100%になるわけではありません。イレギュラーは起こり得るものなので、成功率が高い期間設定を探し出すのが大切です。

$稼げる勝率とは

ハイローオーストラリアではデモトレードを使って成功率の高さを見極められます。

こんなオレ

デモトレードは完全に無料で利用できる、取引のお試しサービスです!

口座開設前に使ってみて、取引プラットフォームの使いやすさを確認するのによく用いられています。

ハイローオーストラリアのデモ取引「クイックデモ」の特徴と始め方ハイローオーストラリアでは登録してログインする必要もなく気軽にデモトレードを利用できます。ハイローオーストラリアでの取引に慣れるのに最適です。中級者以上もデモ取引しているので上手に活用していきましょう。ただしデモ取引では利益は得られません。...

デモトレードは口座開設後も利用できるため、自分のトレード方法が有効かどうかを見極めるのに活用可能です。インジケーターの期間設定を変更して実際にエントリーし、失敗したとしても資金が減ることはありません。

仮想資金がどのように推移したかは集計できるため、有効なトレード方法なのかどうかを分析するのは簡単です。

もっと勝率が上がる期間設定にしたいと思ったら、デモトレードを使って有効性を比較検討してみましょう。
[demo]

ダマシを回避しつつトレードに成功するには

ダマシを回避しつつトレードに成功するには

期間の設定を変更してみると突然勝てるようになり、ダマシにあまり遭わなくなることもよくあります。しかし、その改善が一時的なもので、またいつもダマシにつらい思いをさせられるようになってしまうケースも少なくありません。ダマシを回避しようとして期間を長くしたらエントリーできるポイントがなくなってしまうこともあります。

このようなケースでありがちな失敗として、取引する時間帯が変わったり、使用する通貨ペアを変更したりした場合が典型的です。

相場の動き方は時間帯や通貨ペアによって癖があります。

時間帯によって開いている市場が違うので、取引量の多さや参加している投資家が異なります。通貨ペアによって為替レートに影響を及ぼす社会影響も異なり、取引をしている投資家もやはり違っているのが一般的です。値動きに対する敏感さや取引の仕方などにも考え方の違いがあります。そのため、同じ期間設定でトレードしようとしても通用しないことが多いのです。

このようなトラブルを防ぐには、通貨ペアごと、時間帯ごとに期間設定を決めるのが重要です。

トレードスタイルによってどの通貨ペア使うことが多いか、いつトレードをするかは異なるでしょう。スタイルを変更するときにはもう一度デモトレードに戻って、ダマシを回避できる期間設定の仕方を見極めるのが重要です。朝昼夜のどれが自分に合っているかを考えてトレードスタイルを決めるのがおすすめです。

朝活するならハイローオーストラリア(Highlow.com)!おすすめトレードスタイルをご紹介!ここではバイナリーオプションに取り組む朝活を紹介します。朝のわずかな時間を使ってハイローオーストラリアでバイナリーオプションをすれば、コツコツと資金形成をしていくことができます。...
昼間の隙間時間を使いたい!おすすめのハイローオーストラリア(Highlow.com)取引スタイルを大公開!この記事では日中の隙間時間にバイナリーオプションをするメリットと、ハイローオーストラリアで取引をする際のポイントを解説します。おすすめの取引スタイルも公開するので今後の生活に取り入れていきましょう。...
夜を攻略!サラリーマンもできるハイローオーストラリア(Highlow.com)の投資スタイルとは?
夜を攻略!サラリーマンもできるハイローオーストラリア(Highlow.com)の投資スタイルとは?日本の夜の時間帯はハイローオーストラリアでバイナリーオプションをするのに適しています。取引量が多いロンドン市場とニューヨーク市場の時間なので、相場の方向性がはっきりとしやすいからです。ただし、それぞれの市場がオープンした直後は相場が荒れるリスクがあるため、取引に使える時間は決して長くはありません。...

また、いつもと違う時間帯に取引をするときや、普段使っている通貨ペアではエントリーポイントが見つからなくて他の通貨ペアを使うときには慎重に分析をしましょう。この際にもすぐにエントリーをするのは避け、デモトレードで予想が当たるかどうかを見極めてから資金を投入するのがより良い判断です。
[demo]

まとめ

ダマシがつらくてバイナリーオプションはもうやめようかと思う人もいます。しかし、ダマシの原因は運による部分だけでなく、インジケーターの期間設定にあることが多くなっています。

インジケーターの期間設定を自分のトレードスタイルに合わせるのはテクニカル分析を極めるために欠かせないことです。

ここで挙げたようにインジケーターの感度とダマシの発生しやすさは表裏一体の関係にあります。感度を挙げてエントリーポイントを増やそうとすると、ダマシに惑わされることになりがちです。どのくらいの期間設定がベストかはエントリー判断の仕方によって違うので、ハイローオーストラリアのデモトレードを通して自分で導き出しましょう。

ダマシに悩んでいるときには期間を長めにしていき、エントリーポイントが見つからなくなったら期間を短くするのが基本的な調節方法です。

この共通理論に基づいて最適化を行い、ダマシに悩まされずにハイローオーストラリアで稼げるようになりましょう。

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。