攻略

一目均衡表の雲を使う!バイナリーオプションでの活用術

テクニカル分析では海外で開発されたインジケーターがよく用いられていますが、国産のインジケーターがあるというのを知っているでしょうか。

ローソク足も日本で生まれたチャートの表示方法です。

テクニカル指標としては認識されていないことも多いですが、ローソク足だけでもトレードは可能なので魅力的なツールと言えるでしょう。

ローソク足と同じくらい有名な国産のテクニカル分析方法として一目均衡表があります。

一目均衡表は1936年に日本の新聞社の細田悟一氏が「一目山人」というペンネームで紹介したもので、使いこなせるとかなり高度な相場分析ができることが知られています。

株式市場の分析では特に効果を発揮しますが、為替取引や商品取引にも応用されて、今では世界的に使われているインジケーターになっています。

こんなオレ

一目均衡表はバイナリーオプションでも活用できますが、極めようと思うとかなりの努力が必要になることは否めません。

この記事では一目均衡表の“いいとこどり”をして、「雲」を使ったトレードへの活用方法を解説します。

一目均衡表を構成する5つのライン

バイナリーオプションで一目均衡表の雲を使ったトレードを解説する前に、まずは一目均衡表の概要を簡単に押さえておきましょう。

一目均衡表は一目でわかる表という意味ではなく、「一目山人」というペンネームに由来している名称です。

移動平均線やRSIのように1本のラインで示されているわけでもなく、エンベロープやボリンジャーバンドのように幅で示されている見やすいインジケーターというわけでもありません。

一目均衡表はローソク足チャートと5つのラインを組み合わせるテクニカル分析のプラットフォームです。まずは一目均衡表の基本構成を確認しておきましょう。

一目均衡表を構成するのは基準線転換線遅行スパン先行スパン1先行スパン2の5本のラインです。以下に示したように計算をしてラインが引かれています。

一目均衡表5本のライン

基準線:過去26日間の最高値と最安値の中心値を結んだライン

転換線:過去9日間の最高値と最安値の中心値を結んだライン

遅行スパン:終値を26日分遅らせて表示したライン(26日後の結果が表示される)

先行スパン1:基準線と転換線の中心値を計算して26日分先行させたライン

先行スパン2:過去52日間の最高値と最安値の中心値を計算して26日分先行させたライン

基準線と転換線をベースにして相場の現状を把握し、遅行スパンと先行スパンを用いて将来の値動きを予測するというのが一目均衡表による相場分析の基本です。

基準線は中期的な相場の方向性、転換線は短期的な相場の方向性がわかるのが特徴です。

遅行スパンは26日前に買いポジションや売りポジションを取った投資家が、その日の時点で利益を得られる状況になっているかどうかを判断するのに用いられます。

そして、先行スパン1と先行スパン2は過去の値動きに基づいて将来的にどのような値動きが起こるかを考えるために、直近の日から26日先まで分析できるように表示したラインです。

一目均衡表は日足で使われるように開発されましたが、「日」は「期間」に置き換えて私用しても構いません。

バイナリーオプションではもっと短いタイムスパンで取引することが多いでしょう。1時間足や15分足、1分足などでも一目均衡表は活用できます。

初心者は「雲」に着目しよう

一目均衡表を使った様々な取引戦略が考案されてきています。

ただ、そのほとんどは株式取引や為替取引、商品先物取引などで利用するためのものです。

このような取引では買いポジションや売りポジションを取るタイミングを自分で決めた後、利益確定や損切りのタイミングも好きなときに決められます。

しかし、バイナリーオプションでは判定時刻が決まっているので、利益確定のタイミングは自分で決めることができません。

そのため、バイナリーオプションに特化した戦略を考えて一目均衡表を使う必要があります。

こんなオレ

バイナリーオプションで一目均衡表を使うときには、まずは「雲」に着目しましょう。

基準線や転換線、遅行スパンなどを使ってエントリーポイントを見極めることもできますが、分析の仕方が複雑になりがちです。

シンプルにトレードできるようにするのはバイナリーオプションのコツなので、特に初心者は雲に特化したトレード方法から身につけるのが良いでしょう

一目均衡表 雲図

一目均衡表の「雲」とは先行スパン1先行スパン2によって挟まれている領域のことです。

雲に着目してトレードをすると良いのは、先行スパンは過去から現在までではなく、将来に向けてラインが引かれているからです。

これから相場に何が起こるかを解釈しやすいので、初心者でも上級者でも値動きの予測をするのが簡単です。

先述のようにバイナリーオプションでは1日足ではなく1時間足や分足を使ったトレードが多いので、速やかに将来予測をできるようにするのが大切です。

将来を視覚的に見ることが可能な先行スパンに基づく雲は使いやすい指標なのです。

雲に着目するテクニカル分析の基本

雲に着目してテクニカル分析をする上で重要なのが、雲が何を意味しているかを正しく認識することです。

先行スパン1と先行スパン2によって挟まれている領域は、基本的にはレジスタンスラインやサポートラインと同じ役割を果たします。

過去の26日間と9日間、または52日間の最高値と最安値の中心値に基づいて作られているのが先行スパンの特徴です。

相場は変動し、社会状況も刻々と変化していくので過去52日間の取引の仕方と、過去26日間や過去9日間の取引の仕方には違いがあるでしょう。

その変化を最高値と最安値の中心値を指標にして比較しているのが雲です。

同じような考え方で投資家が今後26日間にわたって取引をしたとしたらどんな値動きをするかを雲が示唆しています。

こんなオレ

基本的に雲はトレンドの方向性と強さ、転換の起こる可能性を見極めるのに活用できます。

価格が雲の上にあるときには、過去の傾向から考えて価格が高いのが望ましいと考えられている相場になっているため、上昇トレンドになっていると判断可能です。

逆に価格が雲の下にあるときには下降トレンドが発生していると考えられます。

また、雲の厚さは過去52日間、過去9~26日間における相場の認識の違いを示しています。

価格が雲の上にあって雲が厚いときには価格がもっと高い状態が適正だと考える傾向が強まっているのです。

そのため、雲が厚いときほど抵抗が強いと判断でき、トレンドが強いという解釈をします。

雲が薄くてほとんどラインに近いような状況ではレンジ相場になっていると判断することが可能です。

一方、雲を価格が突き抜けたときにはトレンドの転換を示唆します。

特に厚い雲を突き抜けることができた際には、抵抗が大きいにもかかわらずトレンドとは逆の売買をしようという動きが活発になっていることを意味するので、強いトレンドが発生する可能性が高いと考えられます。

薄い雲を突き抜けたときには押し目買いや戻り売りのことも多く、トレンドが転換せずに元通りのトレンドで価格が推移する傾向があるので注意が必要です。

また、トレンドの転換が起こるポイントではありませんが、反発を活用して逆張りするには厚い雲を活用できます。

雲はレジスタンスラインやサポートラインとして機能し、厚いときほど反発力が高い状況にあることを示します。

価格が雲の上にあるときに、価格が下がる傾向が認められて雲に触れたとしましょう。

そのまま雲を突き抜けたらトレンドの転換点を示唆しますが、厚い雲の場合には突き抜けにくいので反発を起こして価格が上がり始めるのが普通です。

厚い雲にローソク足が触れた後、ローソク足が陽線になったら次足も価格が上がる可能性が高いのでエントリーするという戦略を立てられます。

価格が雲の下にあるときには逆の発想をすれば良く、ローソク足が雲に触れて陰線が出てきたら次足で価格が下がると考えられます。

こんなオレ

このように雲だけに着目してもテクニカル分析によってエントリーを考えることが可能です。

まずは雲を使いこなし、さらに遅行スパンや基準線、転換線も使えるようになっていきましょう。

「雲」で成功率を上げるエントリーのコツ

一目均衡表の雲を活用してバイナリーオプションの取引成功率を上げるにはコツがあります。

相場のトレンドの状況を確認できるのが雲の特徴です。トレンドが発生しているか、レンジ相場の可能性が高いかを確認してエントリーするかどうかを判断したいときはよくあります。

その際に一目均衡表の雲を使うと一目瞭然です。価格が雲の上にあるなら価格は上昇する傾向があり、雲の下にあるなら価格が下がる傾向があると判断できます。

そして、雲が厚いならトレンド相場、薄い場合にはレンジ相場での価格の上下動だと考えられるのです。

他のインジケーターを使ってトレードするときには、トレンド相場かレンジ相場かをまず見極めなければならないことがよくあります。

雲を使えば瞬時にわかるのでスムーズにエントリーできるかどうかを見極められます。

雲を使ってエントリーするかどうかを決めたい場合には順張りをするのがコツです。

こんなオレ

正確に言えばトレンドの転換や価格の反発が起こった後のトレンドに着目するのが良い方法です。

雲による反発を受けた直後はトレンドに沿った値動きを続けることが多いので順張りが有効になります。

また、厚い雲を突き抜けた後、確かにトレンドが発生したら当面は価格が一方向に動くと考えられるのでやはり順張りが効果的です。

トレンドの転換点を狙うとダマシに遭うリスクが高いため、基本的にはトレンドが明確になってからエントリーしましょう。

基準線と転換線と遅行スパンの活用のポイント

最後に、基準線と転換線と遅行スパンもバイナリーオプションで活用するポイントを簡単に解説します。

これらのラインは一目均衡表の雲と併用しやすいように作り上げられています。

一目均衡表として一つにまとめられているのは、五本のラインを組み合わせることがテクニカル分析の精度を高めることに直結するからに他なりません。

典型的な例として三役好転三役逆転について理解しておきましょう。

三役好転は為替取引における基本の買いシグナルとして知られているものです。

買いシグナルとは価格が上がると想定されるポイントで、これから強い上昇トレンドが起こることを示唆する条件です。

雲に着目するとまずローソク足が下から上に抜けるのが条件です。

雲が厚いときほど信頼性が高く、上昇トレンドが発生することを示唆しています。それに加えて、以下に示す二つの条件を満たすと三役好転が成立します。

転換線が基準線を上に抜ける。
遅行スパンがローソク足を上に抜ける。

三役好転図


転換線と基準線の関係は移動平均線のゴールデンクロスと考えるとわかりやすいでしょう。

転換線は9日、基準線は26日のラインなので、短期ラインが長期ラインを上に抜けるゴールデンクロスが発生すると上昇トレンドが発生すると予測できます。

一方、遅行スパンが価格を上に抜けたということは、26日前の時点で買いポジションを取っていた人が売って利益確定できるようになったことを意味します。

ただ、他の二つの条件を加味すると、これからさらに価格が上昇すると考えるのが妥当です。

そのため、買いポジションを維持するので売られてしまうリスクが低くなります。

さらに買い増しをするケースもあるため、ここから大きな上昇トレンドが発生すると期待できるのです。

三役逆転は三役好転とは逆のパターンで、強い下降トレンドが発生することを示唆します。

以下の条件が揃った際には価格が下がりやすいので、エントリーするのに適したタイミングです。

雲をローソク足が下に抜ける。
転換線が基準線を下に抜ける。
遅行スパンがローソク足を下に抜ける。

三役逆転図


このようなラインの使い方は例でしかありません。雲を基本としてトレードを繰り返していき、自分なりに残りの三つのラインも使いこなせるようになりましょう。

まとめ

一目均衡表は国産のインジケーターで、世界的に有名なトレーダーも活用しています。

五つものラインを使うのでわかりにくいという意見もありますが、初心者でも「雲」に着目すれば簡単に使いこなせます。

使い慣れてきたら他のラインと組み合わせると、たった一つのインジケーターでも重要なエントリーポイントを逃がさずにトレードをすることが可能です。

雲の意味を正しく理解すると様々な状況で有用な情報を得るインジケーターになります。

一目均衡表の雲をまずは理解して使えるようになり、バイナリーオプション取引に生かしていきましょう。

三役好転や三役逆転はバイナリーオプションですぐに使えるエントリーポイントの見つけ方なので、一目均衡表を使うならまず活用してみるのがおすすめです。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。