攻略

31システムで投資すればハイローオーストラリア(Highlow.com)で損失なし?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)を始められない人には不安を抱えている人が多いでしょう。バイナリーオプションでの投資は損失が生まれるリスクが常につきまといます。

こんなオレ

自分では利益を出せないのではないか、損失ばかりになって破産するのではないかという不安は当然生じるものです。

バイナリーオプションやFXなどの投資では借金をするほどに大きな損失を出しているケースもあります。ハイローオーストラリアでもやり方によっては大損をしてしまう可能性がゼロではないので、慎重に取引の仕方を考えなければなりません。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で借金して破産することってあり得るの?ハイローオーストラリアを利用したのが原因で破産してしまうようなことはまずありません。レバレッジをかけられないルールだから安心と考えて問題ないでしょう。ただ、資金管理ができていないと借金をして資金としてつぎ込んでしまったり、莫大な借金があるのに無理な取引をしようとしたりして失敗する可能性はないわけではありません。...

31システム法は投資における資金管理の手法としてよく用いられています

投資では資金管理を徹底すれば損失を許容範囲内に押さえられます。31システム法を使えばハイローオーストラリアを大損なしで使えるのでしょうか。

この記事ではハイローオーストラリアで31システム法を使うとどのような結果になるのかを具体的に解説します。31システム法は向いている人と向いていない人がいるので、自分に最適な手法かどうかを確認してみて下さい。

バイナリーオプションでの損失の問題

バイナリーオプションでの損失の問題

ハイローオーストラリアだけでなく、一般的にバイナリーオプション業者を利用するときには不安になりがちです。バイナリーオプションでは成功すれば二倍近い資金になって返ってきますが、失敗すると取引金額を全額失うのが特徴です。

こんなオレ

初心者にとって大損をするリスクが高い投資なのではないかと考えるのはもっともです!

ただ、バイナリーオプションは取引に使った金額以上の損失が出ることはありません。自分の資産状況から考えて、この範囲内であれば損失が出ても我慢できると言える許容範囲内に損失を抑えやすいルールになっています。

しかし、実際には損失を出すと取り戻したいという気持ちに駆られてしまいます。

バイナリーオプションで大損をする人がいるのは、損失を許容範囲内に抑える工夫をしていないからです。31システム法はこのような問題を起こしたことがある人や、不安の原因がこのような衝動に駆られることだという人に向いている手法です。

31システム法の基本ルール

31システム法の基本ルール

31システム法とは損失の上限を定めつつ、連続して取引に成功すると利益を増大させやすい仕組みの資金管理手法です。

31システム法の「31」とは資金を31単位に分けて取り扱うことを意味しています。

例えば

今回の一連の取引で31000円までなら損失を許容できるというのであれば、1単位を1000円として取り扱います。

31単位の資金に基づく運用方法なので、ハイローオーストラリアでは最低でも31000円の損失を許容できることが必要です。

ハイローオーストラリアの取引詳細
取引詳細海外のバイナリーオプション業者を利用するのが怖いと思ったことはありますか?実は国内の業者よりも手厚く個人投資家保護を行っている業者も存在します。中でもオススメなのはハイローオーストラリア(Highlow.com)です。日本語でのサポートや高いペイアウト倍率、わかりやすいプラットフォームなどバイナリーオプション取引を行うのに最適です。この記事ではハイローオーストラリア(Highlow.com)の特徴を解説しているので、参考にしてみてください。...

具体的には31単位の資金を「1,1,1」「2,2」「4,4」「8,8」という4つのグループ9つの資金に分けて取引をします。

単純に「1,1,1,2,2,4,4,8,8」という連続の数列にして使う31システム法もありますが、ここでは最も汎用されている4つのグループに分類する方法を見てみましょう

31システム法のルール

31システム法は勝敗に基づいて次の取引金額を決める方法になっています。以下の数列と5つのルールに従って取引金額を決定していきます。

「1,1,1」「2,2」「4,4」「8,8」

ルール

・左端の「1」を開始地点として数字×資金単位で取引する。

・取引に成功したら右のグループの左端へ進む。

・取引に失敗したら右の数字へ進む。

・連続で取引に成功したら終わりにする。

・右端の「8」まで進んだら終わりにする。

具体的に取引金額をどのように決めていくことになるかを見てみましょう。

1回目は必ず左端の1を使うので、1000円単位で取引するなら1000円を資金とします。

1回目で成功したときには右の「2,2」のグループに進み、取引金額を2000円にします。

1回目で失敗したときには右の数字に進むので取引金額は1000円のままです。

1回目で成功し、2回目も成功したら連続になるので取引は終了します。

31システム法のルール

1回目で失敗した場合に、2回目で成功したら次のグループに進んで取引金額が2000円、失敗したら右に進んで1000円を維持します。

31システム法のルール

1回目が失敗、2回目が成功となった場合に、3回目が成功なら取引を終えますが、失敗したら「2」を維持します。さらに失敗すると「4」に進むという流れです。

31システム法のルール

最終的に「8,8」の右側に到達しても連続の成功がなかった場合にもここで取引は終わりにします。

仮に全部失敗したとしても31単位分しか資金を使わないので、最大損失はこの場合には31000円に抑えられます

31システム法をハイローオーストラリアで使った結果

31システム法をハイローオーストラリアで使った結果

ハイローオーストラリアで31システム法を使ってみるとどうなるのかを複数のケースで確認していきましょう。

ここでは簡単のためにペイアウト率が1.90倍として、資金を1000円単位で取引したとします。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 成功 900円 900円
2回目 2000円 成功 1800円 2700円
例1
1回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:900円
2回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:2700円

当然ながら連続で成功したら利益が得られます。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 成功 900円 900円
2回目 2000円 失敗 -2000円 -1100円
3回目 2000円 成功 1800円 700円
4回目 4000円 失敗 -4000円 -3300円
5回目 4000円 成功 3600円 300円
6回目 8000円 成功 7200円 7500円
例2
1回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:900円
2回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-1100円
3回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:700円
4回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-3300円
5回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:300円
6回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:7500円

このように途中で成功と失敗を繰り返していても最後に連続で成功すると利益になります。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 成功 900円 900円
2回目 2000円 失敗 -2000円 -1100円
3回目 2000円 失敗 -20000円 -3100円
4回目 4000円 成功 3600円 500円
5回目 8000円 成功 7200円 7700円
例3
1回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:900円
2回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-1100円
3回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-3100円
4回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:500円
5回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:7700円
回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 成功 900円 900円
2回目 2000円 失敗 -2000円 -1100円
3回目 2000円 失敗 -2000円 -3100円
4回目 4000円 失敗 -4000円 -7100円
5回目 4000円 失敗 -4000円 -11100円
6回目 8000円 成功 7200円 -3900円
7回目 8000円 成功 7200円 4100円
例4
1回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:900円
2回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-1100円
3回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-3100円
4回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-7100円
5回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-11100円
6回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:-3900円
7回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:4100円

四連続で失敗したとしても最後までやり通して二連続で成功できれば利益に転じます。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 失敗 -1000円 -1000円
2回目 1000円 失敗 -1000円 -2000円
3回目 1000円 成功 900円 -1100円
4回目 2000円 成功 -1800円 700円
例5
1回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-1000円
2回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-2000円
3回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:-1100円
4回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:700円
回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 失敗 -1000円 -1000円
2回目 1000円 失敗 -1000円 -2000円
3回目 1000円 失敗 -1000円 -3000円
4回目 2000円 成功 -1800円 -1200円
5回目 4000円 成功 3600円 2400円
例6
1回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-1000円
2回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-2000円
3回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-3000円
4回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:-1200円
5回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:2400円

三連続で失敗してから連続で成功しても利益になります。勝率が40%なのに利益になっている点は優れていると考えられるでしょう。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 失敗 -1000円 -1000円
2回目 1000円 失敗 -1000円 -2000円
3回目 1000円 失敗 -1000円 -3000円
4回目 2000円 成功 1800円 -1200円
5回目 4000円 失敗 -4000円 -5200円
6回目 4000円 失敗 -4000円 -9200円
7回目 8000円 成功 7200円 -2000円
8回目 8000円 成功 7200円 5200円
        
例7
1回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-1000円
2回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-2000円
3回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-3000円
4回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:-1200円
5回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-5200円
6回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-9200円
7回目 資金:8000円
結果:成功失敗
損益:7200円
通算損益:-2000円
8回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:5200円

これだけ失敗を重ねても最後に二連続で成功するだけで利益に転じることができます。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 失敗 -1000円 -1000円
2回目 1000円 失敗 -1000円 -2000円
3回目 1000円 失敗 -1000円 -3000円
4回目 2000円 成功 1800円 -1200円
5回目 4000円 失敗 -4000円 -5200円
6回目 4000円 失敗 -4000円 -9200円
7回目 8000円 成功 7200円 -2000円
8回目 8000円 失敗 -8000円 -10000円
        
例8
1回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-1000円
2回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-2000円
3回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-3000円
4回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:-1200円
5回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-5200円
6回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-9200円
7回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:-2000円
8回目 資金:8000円
結果:失敗
損益:-8000円
通算損益:-10000円

最後に二連続で成功できないと損失になるのは31システム法の弱点です。

ただ、失敗の回数が多い割には損失が最大31000円のうちの10000円に抑えられています。

回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 成功 900円 900円
2回目 2000円 失敗 -2000円 -1100円
3回目 2000円 成功 1800円 700円
4回目 4000円 失敗 -4000円 -3300円
5回目 4000円 成功 3600円 300円
6回目 8000円 失敗 -8000円 -7700円
7回目 8000円 成功 7200円 -500円
例9
1回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:900円
2回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-1100円
3回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:700円
4回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-3300円
5回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:300円
6回目 資金:8000円
結果:失敗
損益:-8000円
通算損益:-7700円
7回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:-500円
回数 資金 結果 損益 通算損益
1回目 1000円 失敗 -1000円 -1000円
2回目 1000円 成功 900円 -100円
3回目 2000円 失敗 -2000円 -2100円
4回目 2000円 成功 1800円 -300円
5回目 4000円 失敗 -4000円 -4300円
6回目 4000円 成功 3600円 -700円
7回目 8000円 失敗 -8000円 -8700円
8回目 8000円 成功 7200円 -1500円
        
例10
1回目 資金:1000円
結果:失敗
損益:-1000円
通算損益:-1000円
2回目 資金:1000円
結果:成功
損益:900円
通算損益:-100円
3回目 資金:2000円
結果:失敗
損益:-2000円
通算損益:-2100円
4回目 資金:2000円
結果:成功
損益:1800円
通算損益:-300円
5回目 資金:4000円
結果:失敗
損益:-4000円
通算損益:-4300円
6回目 資金:4000円
結果:成功
損益:3600円
通算損益:-700円
7回目 資金:8000円
結果:失敗
損益:-8000円
通算損益:-8700円
8回目 資金:8000円
結果:成功
損益:7200円
通算損益:-1500円

成功と失敗を交互に繰り返すとやはり利益にはなりませんが、損失もわずかです。このように損失を抑えながら、利益を大きくできる魅力的な手法が31システム法です。

ただ、利益が比較的大きいのも、損失が少額で済んでいるのも実はからくりがあります。

ハイローオーストラリアのペイアウト率が高いから31システム法がうまく機能しているのであって、ペイアウト率が低いと利益がなかなか出ません。ハイローオーストラリアなら通用し得るけれど、他の業者では必ずしも31システム法が使えるとは限らないので気を付けましょう。

31システム法は使うべき?

31システム法は使うべき?

31システム法はハイローオーストラリアでも通用し得ることがわかりました。

ペイアウト率が高いハイローオーストラリアでは比較的利益につながりやすく、連続で成功できる可能性が高い戦略があるなら31システム法は効果的です。

31システム法は取引に失敗したときに、損失を取り返したいという気持ちに駆られて資金を使いすぎてしまうのを防止するのに有効な手法です。右端の「8」に到達したときには、このまま取引を続けても大損するだけだからやめておくべきポイントに来たことを意味しています。

こんなオレ

このような資金管理が苦手な人にとっては31システム法は有用な手法と言えます!

ただ、ハイローオーストラリアで取引に連続で成功できるかどうかで31システム法の価値が大きく分かれることには注意しましょう

31システム法は連続で成功したら利益を確定する仕組みだからです。連敗もするけれど連勝もするという人にとっては31システム法は効果が高いと考えられます。

ハイローオーストラリアでは全ての取引の結果をプラットフォーム上で参照できるようにしています。時系列で表示できるので、連続して成功できているかどうかを簡単に分析できます。

取引の結果
こんなオレ

既にハイローオーストラリアで取引をしている人は、過去の取引履歴を確認してみましょう!

もし連勝率が高いようなら31システム法を使ってみるのがおすすめです。

これからハイローオーストラリアで取引をしたいと考えている人は、今後の取引履歴を確認する習慣を作りましょう。土日の取引できない時間を使って取引の見返しをするのはハイローオーストラリアで成功するための秘訣です。

定期的に確認すれば、最近の相場なら31システム法が使えると気付く場合もあります。土日には取引の復習をして、31システムを使えそうなタイミングかどうかを考えてみましょう。

土日の攻略が重要!バイナリーオプションの土日の使い方とは?バイナリーオプションは土日にはできないのが原則でした。しかし、仮想通貨は市場が動いているので業者によってはバイナリーオプションの指標として使って取引ができます。ただ、仮想通貨を指標とする取引で学んだことをそのまま生かすのは困難なので注意しましょう。...

まとめ

ハイローオーストラリアで損失を減らすためには投資でよく用いられている31システム法による資金管理が功を奏するでしょう。

ペイアウト率が高いハイローオーストラリアだからこそ利益を生み出せる可能性が高い手法です

ハイローオーストラリアで使うべきかどうかは連続で成功できるかどうかで考える方法も有効ですが、デモ取引を通して決めるのもおすすめです。

こんなオレ

実際に31システム法を試して損失を抑え、利益を生み出せるなら単純明快です!

ハイローオーストラリアではデモ取引を自由に利用できます。

まだハイローオーストラリアで口座開設をしていない人も気軽に使えるので、31システム法なら良さそうだとわかったら本番の取引に進んでみましょう。

ハイローオーストラリアデモ取引

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。