ハイローオーストラリア

エンベロープと移動平均線乖離率の違いは?ハイローオーストラリア(Highlow.com)で併用可能?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で稼ぐためにはテクニカル指標を活用するのが常套手段です。

テクニカル指標には類似性が高いものもたくさんあるので、初心者のうちはどれを使ったら良いのかで悩んでしまうことも多いでしょう。

エンベロープと移動平均線乖離率はどちらもポピュラーですが、高い類似性があるのでどちらを使うかで迷うことが多いインジケーターです。

エンベロープと移動平均線乖離率

ただ、ハイローオーストラリアで効率よく稼ぐためには両者をうまく使い分けることが重要になります。

エンベロープと移動平均線乖離率では何が違うのでしょうか。

この記事ではそれぞれのインジケーターの概要を解説した上で、共通して用いられている基本概念と決定的な違いを紹介します。

また、エンベロープと移動平均線乖離率の併用方法についても紹介するので、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションに活用していきましょう。

エンベロープとは

エンベロープ

エンベロープは移動平均乖離率バンドとも呼ばれているトレンド系インジケーターです。

チャート上で移動平均線に対して一定の乖離幅を設けて上下に引いたバンド状の領域のことを指します。

例えば、5%の乖離幅とした場合には移動平均線の各値を5%ずつ高くしたものと、低くしたものをプロットして、移動平均線と同じように滑らかな線でつなぎます。

5%の乖離幅

引き方の原則はややこしいと思われがちですが、単純に言ってしまえば移動平均線を同じ乖離幅で上と下に平行移動させるとエンベロープができます。

エンベロープとローソク足の位置関係を比較すると、現在の価格がどのくらい移動平均線から離れているかを定量的に把握できます。

乖離幅は自由に決めることができますが、一般的には移動平均線の期間設定ごとに典型的な乖離幅があります。

多くの投資家が同じ乖離幅でエンベロープを表示しているので、同じ乖離幅を使用すると値動きの予測をしやすいでしょう。

よく用いられているのは5%、3%、1%の乖離率です。

25期間移動平均線では5%、5期間移動平均線では3%が反発が起こりやすいラインとして頻用されています。

ただ、どの通貨ペアを使うかによって取引量に違いがあるのでボラティリティも変わります。

時間帯や時期による違いもあるため、通常は複数の乖離幅でエンベロープを作り、反発が起こっているのがどのくらいの乖離幅なのかを見極めてからトレードを行います。

こんなオレ

価格がエンベロープに接触し、反発が起こる数値を設定してみてください。

この設定を忘れてしまうと予想が大きく外れることが多いので注意しましょう。

使い慣れていない初心者がエンベロープを利用し始めたときにやってしまう失敗として最も典型的なものです。

あくまで5%や3%は一般的な基準なので、実際には目の前で見ているチャートに合わせて設定することが必要なのです。

こんなオレ

難しいところなのですが、一般的基準なだけであって、正解ではないと思っておいてください。

移動平均線乖離率とは

移動平均乖離率図

移動平均線乖離率は現在の価格と移動平均線がどの程度離れているかを割合にして示すオシレーター系インジケーターです。

移動平均と終値から計算されるのが一般的で、以下のようにして簡単に計算できます。

計算式

移動平均線乖離率=(終値-n期間の単純移動平均)/n期間の単純移動平均×100%

期間設定は自由に行うことができますが、普段から使用している移動平均線の期間設定と同じにするとわかりやすいでしょう。

一般的には5期間、25期間などが用いられています。

移動平均線乖離率は現在の価格が高いときには正の値、現在の価格が低いときには負の値になります。

現在価格の判断

他のオシレーター系インジケーターと同様に、移動平均線乖離率は買われすぎか、売られすぎかを判定するのに利用できます。

どれだけ現在の価格が移動平均線から離れているかが数字でわかるので、買われすぎか売られすぎかを判断しやすいのが特徴です。

ただし、何パーセントのラインを越えたら買われすぎ、売られすぎと判断するかは期間設定によって異なります。

期間設定が長いほど、大きな乖離が起こりやすくなるので買われすぎ、売られすぎの判断をする際の基準の数字も大きくなります。

例えば、5日移動平均線では8%~10%程度で買われすぎ、-8%~-10%で売られすぎと判断するのが通例です。

しかし、25日移動平均線では15%以上、あるいは-15%以下を基準にするケースが多くなっています。

こんなオレ

この基準についてもエンベロープの場合と同様に通貨ペアによる違いが大きいので注意が必要です!

移動平均線乖離率を表示して過去の値動きを確認し、何パーセントのところで反発が起こっているかを見極めてから使うようにしましょう。

エンベロープと移動平均線乖離率に共通する概念

共通概念

エンベロープと移動平均線乖離率がよく同じ考え方で使われているのは、値動きの予測をするときに共通する概念を活用しているからです。

市場予測の基本概念の1つとして、移動平均線から乖離が起こったときには移動平均線の近くに価格を戻そうとする力が働くというものがあります。

市場理論として有名なグランビルの法則でも、移動平均線から価格が離れたときには戻す可能性が高いと考えて「買い」や「売り」のポジションを取るべきという原則が挙げられています。

グランビルの法則はFXでよく用いられていて、投資家ならほとんどが知っている基本理論なので多くの投資家がグランビルの法則を念頭に置いて為替取引をしています。

グランビルの法則をハイローオーストラリア(Highlow.com)で予測に使うには?グランビルの法則は「買い」と「売り」のタイミングを示していて、株式投資やFXで用いられている常識的な法則です。ハイローオーストラリアではトレンドを見るのに効果的な法則だと認識しておくのが賢明です。見慣れるとわかりやすいためハイローオーストラリアの初心者は移動平均線を常に表示して6つのパターンを探す習慣を作りましょう。...

ただ、グランビルの法則は移動平均線からどれだけ価格が離れたらエントリーすべきかを明確に示しているわけではありません。

そのため、何か基準を設けてエントリーするタイミングを見計らう必要があります。

その基準を作るためにエンベロープと移動平均線乖離率が活用されています。

エンベロープと移動平均線乖離率はどちらも移動平均線から価格がどれだけ離れているかを見極めるためのインジケーターだからです。

移動平均線から価格が離れたら元に戻ろうとする市場法則は、投資家の心理を考えてみると確かに起こり得るものだと理解できるでしょう。

移動平均線から価格が離れたら元に戻ろうとする市場法則

移動平均線は過去における価格の推移から、このくらいの価格が適当だと考えられる平均的な値を示しています。

移動平均線から大きく価格が上がっているときには割高になっている、価格が下がっているときには割安になっていると考えられるでしょう。

そのため、割高なうちに通貨を売り、割安なら通貨を買うというのがもっともな判断です。

通貨の価値が大きく変わるような社会情勢の変化が起こらない限りは通用すると考えられる理論になっています。

このようにグランビルの法則を活用するためのインジケーターとして用いられる点でエンベロープと移動平均線乖離率は同じようなものだと捉えられています。

エンベロープと移動平均線乖離率の決定的な違い

エンベロープと移動平均線乖離率の決定的な違い

ハイローオーストラリアでエンベロープと移動平均線乖離率を使い分けて効率的な取引をするためには違いを理解する必要があります。

エンベロープも移動平均線乖離率も移動平均線から現在の価格がどれだけ離れているかを示す点では同じですが、表示の仕方が決定的に違います。

高度なテクニカル分析をしようとするほど違いが大きくなるので注意しましょう。

エンベロープではできるけれど移動平均線乖離率ではできない分析方法も、逆に移動平均線乖離率でしかできない方法もあります。

応用的な分析手法の代表例を確認して両者の決定的な違いを把握しておきましょう。

エンベロープでしかできない分析手法

エンベロープでしかできない分析手法

エンベロープでしかできないのはローソク足との直接比較による分析です。

移動平均線乖離率を使用するとローソク足の終値しか使えないので、高値や低値の情報が失われてしまいます。

バイナリーオプションでは取引時間に合わせてチャートの時間足を選ぶのが基本で、15分取引をするときには15分足のチャートを使うのが一般的です。

すると、判定時刻の価格はそれぞれのローソク足の終値になるので、高値や低値はあまり気にする必要がないと考えられます。

しかし、高値や低値を見てエンベロープとの関係を見てみると、より短い時間足でのエントリーポイントを見出すことが可能です。

例えば、ローソク足をじっと見ていたときに高値が更新されていってエンベロープを大きく上に抜ける場合があるでしょう。

この際に5分足や1分足のチャートを見てみると、終値が大きくエンベロープの上に抜けていて、次足は下がると考えられる場合があります。

エンベロープでの分析方法の例

このように複数の時間足で柔軟にエントリーしていくトレードスタイルでは、エンベロープを活用するとエントリーの機会を見つけやすくなります。

移動平均線乖離率でしかできない分析手法

移動平均線乖離率でしかできないのはダイバージェンスを使うエントリー判断です。

ダイバージェンスとはオシレーター系インジケーターの動きと実際の値動きが逆転している状況で、一般的に値動きの反転が起こりやすい状況になっていると考えられます。

ダイバージェンス図

エンベロープでは個々の価格が何パーセント移動平均線から乖離しているかを計算しているわけではないので、視覚的に乖離率の動きと値動きの比較をするのが容易ではありません。

ダイバージェンスをすぐに見て取り、エントリー可能かどうかを見極めるためには移動平均線乖離率の方が優れています。

エンベロープと移動平均線乖離率は併用可能?

エンベロープと移動平均線乖離率は併用可能?

エンベロープと移動平均線乖離率の違いがわかると、併用する意味があるかどうかが見えてきます。

グランビルの法則に従ってエントリーしようと考えているだけであれば、この二つのインジケーターは併用する意味があまりありません。

エンベロープと移動平均線乖離率のどちらが見やすいかを考えて、好きな方を選べば十分でしょう。

乖離幅を視覚的に見て判断したい人はエンベロープ、乖離率を数字で見て判断したい人は移動平均線乖離率を選ぶのが適切です。

また、他のインジケーターと組み合わせてエントリーポイントを決める場合には、同時に表示しやすい方を選ぶのも賢い方法です。

ボリンジャーバンドと移動平均線乖離率

例えば、ボリンジャーバンドとエンベロープを同じチャートに表示するとラインが重なってしまって見づらくなります。

この場合にはボリンジャーバンドと移動平均線乖離率を併用した方が判断しやすいと考えられます。

オシレーター系インジケーターは独立して表示させられるメリットがありますが、複数表示すると対応関係を確認するのに時間がかかりがちです。

特にRSIやCCIのように同じ一本線のインジケーターと併用すると取り違えを起こす可能性があるので、移動平均線乖離率を使うよりもエンベロープを使った方がリスクを低減できます。

RSIとRVIでハイローオーストラリア(Highlow.com)初心者も勝てるようになろうRSIとRVIはどちらもオシレーター系インジケーターで、買われすぎか売られすぎかという観点から価格の動きの転換点を見極めるための指標です。価格の動きの見極めはハイローオーストラリアで欠かせません。どちらもエントリーを判断する条件の1つとしてはわかりやすい指標なので有効活用可能です。この二つからまず習得して慣れましょう。...

一方、ローソク足やダイバージェンスを使って高度なテクニカル分析をするなら、エンベロープと移動平均線乖離率は併用可能です。

この手法の応用例は以下で紹介しますが、基本はグランビルの法則に従いながら、より確度の高いエントリーをするために二つのインジケーターを組み合わせることが可能です。

ハイローオーストラリアでの応用例

ハイローオーストラリアではエンベロープと移動平均線乖離率を併用する方法が有効です。

ここではエンベロープとローソク足を活用しつつ、移動平均線乖離率のダイバージェンスを見て逆張りエントリーをする応用手法を紹介します。

ハイローオーストラリアで人気が高い15分取引でのエントリー方法を確認しておきましょう。

まず、エンベロープと移動平均線乖離率の視覚的にわかりやすい方を選んで、移動平均線から価格が離れていることを確認します。

15分足チャートでエンベロープなら3%のラインにローソク足が触れていること、移動平均線乖離率なら10%以上または-10%以下になっていることを条件とします。

次に移動平均線乖離率と値動きを対照し、ダイバージェンスが起こり始めていることを確認します。

この状況なら価格の反発が起こりやすいと考えられます。

ただ、この情報だけではいつエントリーすべきかを判断するのが困難です。

次足で反発が起こるのか、その次足で起こるのかはこの時点では判断が難しいのです。

ここで最後にエンベロープとローソク足を対照してみます。

値上がりを起こしている状況をエンベロープとローソク足の接近によって確認し、これから値下がりを起こすと予想してLOWエントリーするというのが典型的なやり方です。

例えば、ローソク足の終値が3%のラインを超えていて、さらに高値が5%のラインに触れているなら次足で値下がりを起こしやすいと判断できます。

このタイミングで大量の買いが起こり、さらに反発が起こり始めたことが示唆しているからです。

このようにしてエントリータイミングをエンベロープとローソク足の組み合わせで見極めると勝率が上がっていくでしょう。

類似性があるインジケーターの組み合わせでもハイローオーストラリアを攻略できることがわかる典型例なので覚えておくのがおすすめです。

まとめ

エンベロープと移動平均線乖離率はどちらも移動平均線と価格の乖離を見極めるためのインジケーターです。

ハイローオーストラリアでグランビルの法則に従ってエントリーするときに使うにはどちらを使っても大きな違いはありません。

しかし、ローソク足やダイバージェンスなどを活用したり、他のインジケーターを重ねて使ったりするときには両者に違いが生じます。

状況に応じて使い分けをすればハイローオーストラリアの攻略が容易になるでしょう。

また、ここで紹介したように両者を併用することで確度の高いエントリーポイントを見極めることも可能です。

同じようなインジケーターだと思わずに、エンベロープと移動平均線乖離率の使い分けや併用を検討してハイローオーストラリアを攻略していきましょう。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。