攻略

原油でバイナリー!USOILを攻略するコツとは

バイナリーオプションではCFD(Contract for Difference)に関わる指標を使った取引も可能です。
CFDとは日本語では差金決済取引で、株価指数や商品先物が代表的な指標として用いられています。
バイナリーオプションでは特にCFDについての知識は必要なく、単純に対象となっている指標が上がるか下がるかを予想するだけで取引が可能です。
ハイローオーストラリアでは金やプラチナ、各種株価指数に加えて原油価格も指標として使用できるようになっています。
バイナリーオプションでは通貨ペアを使うのが基本と考えられているので、原油に手を出そうと思ったことがない人もいるでしょう。
しかし、うまく取引をすれば通貨ペアとは違う形で稼げる可能性があります。
原油でバイナリーオプションをするときのコツを紹介するので、今後のトレードの方針を考える際に活用してみましょう。

ハイローオーストラリアの原油バイナリー

原油には中東産原油の価格指標となるドバイ原油、北海産原油の価格で地中海原油などの指標にもなるブレント原油、アメリカ産原油で南米の原油価格にも影響するWTI原油の三種類があります。
原油の先物価格はそれぞれ別に決まっていますが、ハイローオーストラリアで利用できるのはそのうちのブレント原油とWTI原油の二種類です。
ブレント原油はUKOIL、WTI原油はUSOILという銘柄名になっています。

ハイローオーストラリアではUSOILは朝8時~翌朝5時UKOILは朝10時~翌朝5時のスケジュールで1日取引のバイナリーオプションを利用できます。
通貨ペアと違って1時間以下の短い時間の取引やターボ取引はできませんが、スプレッド取引は可能です。
通貨ペアを使って1日取引をするときと違うのはスケジュールくらいなので、チャートを読んで予測を当てられそうなタイミングでエントリーすれば良いと単純に考えておいて問題はないでしょう。

ハイローオーストラリアで利用できる原油

チャートを見たいときにはハイローオーストラリアの取引プラットフォームも使えますが、詳しい分析をしようとすると十分なツール機能がありません。
商品先物取引で使われている分析ツールを使い、WTI原油価格を表示すればUSOILの分析ができます。
UKOILを使いたい場合にはブレント原油のチャートを表示しましょう。

USOILの原油価格を動かす要因

為替レートで取引をする場合には為替取引による売買が価格を決めているという事実に基づいて値動きの予測を立てるのが基本です。
同じように考えるとUSOILでバイナリーオプション取引をする場合には、何が原油価格を動かしているのかを理解することが大切です。


基本的には商品先物取引でWTI原油を取引している投資家の動向によって日々の細かな変動が引き起こされています。
通貨の場合と違うのは石油そのものを現物として所有しようとするケースは投資家の場合にはあまりないことです。
企業の場合には安値のときに実需の目的で購入する場合がありますが、それ以外のケースでは基本的には原油を売買するケースは稀です。
そのため、FXのように現物を伴わない取引によって売買された量が原油価格を左右するのが通例です。
ただ、為替取引でもFXによって動かされる量は微々たるものです。
商品の場合には特に需要と供給のバランスによる価格の変動が大きいことが知られています。
原油の需要が世界的に高まると価格は上がり、生産量の調整が入って減産するとさらに価格が上がります。
そのため、世界の原油生産量の半分近くを占めている石油輸出国機構(OPEC)による需給調整の影響が原油価格を大きく動かします。
OPECの会議は年に数回行われているため、会議の前後には大きな原油価格の変動が起こると考えた方が良いでしょう。

一方、USOILについてはアメリカの経済状況や原油在庫状況によって値動き引き起こされます。
アメリカは原油の消費量が世界トップクラスになっているだけでなく、生産量も世界最大規模です。
景気が悪くなって経済的に低迷すると消費が落ち込み、原油の需要が低下して価格が下がる傾向があります。
また、原油在庫量はアメリカエネルギー情報局が毎週水曜日に発表しています。
在庫量が増えると需要に対して供給が超過していると考えられるため、原油価格が下がるのが通例です。
在庫量の発表前に各種機関によって事前予想値も出されるので、その時点でも価格変動が起こります。
また、事前予想値が発表された数値と乖離していた場合には、市場の動向をよく知っているプロの認識と実際の在庫量が大きく異なることを意味します。
多くの投資家や企業が売買をする可能性が高く、相場が荒れて予測が難しくなるのが通例です。

USAイメージ

この他にも産油国を中心とするエネルギー資源の産出国の政治や経済の影響も受けます。
特に中東やアフリカ、南米などでは政治的に不安定な国が多いことから、紛争やテロなどの影響によって価格が大きく動くこともあります。
政権が交代したり、資金獲得のために産出量を増やしたりすることで価格が変動するケースも少なくありません。近年では投資信託に原油の先物取引が組み込まれることも増えてきたため、機関投資家の動きの影響も強まってきています。
そのため、米ドルや先進国株式などの値動きを受けて原油価格が上下動することもないわけではありません。また、今後は原油に代わる代替エネルギーの登場や浸透が需給のバランスを崩す可能性も生まれてきています。
このような社会的な変化を常に追跡して、大きな変動が起こり得るかどうかを常に気にかけておくことが原油でバイナリーオプション取引をするときには肝心です。

原油でもテクニカル分析は通用する?

原油価格を動かす要因を考えるとファンダメンタルズ分析を駆使するのが重要だとわかるでしょう。
社会や経済に目を向けて、値動きを起こす背景にある世界の動向を把握するのが原油でバイナリーオプション取引をするときのポイントです。
これは通貨ペアを利用するときでも同じですが、一般的には通貨ペアでの取引ではテクニカル分析が使われます。
テクニカル分析の方が短期的な値動きの予測には強いことから、ファンダメンタルズ分析をあまり行わずにテクニカル分析でうまく稼いでいるトレーダーもいます。
原油を使う場合にも同じようにテクニカル分析を活用できるのでしょうか。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

先述のように基本的には原油価格は先物取引によって動かされている面もあります。
全体としての中長期的な動きに比べると影響力が小さいのは確かですが、日々の値動きには投資家の売買の結果が関与しています。
そのため、テクニカル分析を活用してUSOILのバイナリーオプションをすることも可能です。
特に投資信託でも原油の先物取引が使われるようになってからは機関投資家がテクニカル分析をして売買するケースが増えてきていることから、通貨ペアのときと類似した形で分析をしても通用することが多くなっています。
ただし、通貨ペアと商品先物取引では注目すべきインジケーターに違いがあります。
どちらの場合にも移動平均線は活用できます。
しかし、RSIやパラボリック、DMIは通貨ペアで使うときほどに通用しない傾向があります。
昔から商品取引で使われてきたCCIATRを使うと予測が当たりやすいでしょう。
取引のメインプレーヤーになっている投資家が使用しているインジケーターを利用した方が売買の動向を正確に把握できるのです。

移動平均線
CCIとATR説明

ただし、テクニカル分析は万能ではないので注意しましょう。
あくまでテクニカル分析はこれまでの相場の変動のパターンに基づいた短期的な予測に用いる分析手法です。
OPECの会議を経て原油の増産が決まり、需要と供給のバランスによって原油価格が下がることもあるでしょう。
その値動きをテクニカル分析で予測することは困難です。
特に大きく原油価格を左右するようなイベントがないときにはテクニカル分析が通用する可能性があると捉えて活用していくのが賢明です。

USOILを攻略する三つのコツ

ハイローオーストラリアのUSOILを攻略するにはコツがあります。以下で紹介する三つのポイントを押さえて取引をすると飛躍的に稼ぎやすくなります。通貨ペアでバイナリーオプション取引をするときとの違いを意識しながら、何を押さえておくべきかを確認しておきましょう。

ファンダメンタルズ分析を重視する

基本的に原油価格を大きく動かすのは社会情勢です。
そのため、通貨ペアでバイナリーオプション取引をするときに比べるとファンダメンタルズ分析の重要性が高くなります。
ファンダメンタルズ分析によって大きな売買が行われたり、価格調整が起こったりしないと予想されたときにはテクニカル分析を実施してエントリーの可否を判断するという流れで考えるのが無難です。
ファンダメンタルズ分析なしで原油を使ったバイナリーオプションを行うのはリスクが高いので、社会の動向を十分に把握できる自信がないなら避けておくのが賢明かもしれません。

転売を怠らない

ハイローオーストラリアではUSOILは1日取引しかできないので、転売を怠らないようにしましょう。
転売をすれば負けるとわかっている取引での損失を最小限にすることができます。
予想が当たると思ったときには判定時刻まで持ち続けても問題ありませんが、想定していなかった値上がりや値下がりが発生してしまったときには、気付いたの時点で損切りするのが無難です。
判定時刻が朝の5時で、夜間にアメリカの経済が動くことから予想外のことが寝ている間に起こる場合もあります。
その回避は難しいですが、起きている時間内に失敗だとわかったときや、アメリカの動向を見て想定外の値動きが起こり得ると判断できたときには転売しましょう。

スプレッド取引を積極的に使う

USOILではハイロー取引よりもスプレッド取引の方が効率的に稼げる可能性があります。
一日あたりの値動きが大きいのはUSOILの特徴で、スプレッド幅次第では確実性の高い取引が可能です。
スプレッド取引はペイアウト率が2.00倍になるのが魅力で、朝の時点でエントリーしておいて夜の時点で無理だと気付いたら転売による損切りができる点もハイロー取引と変わりはありません。値動きが予想通りに起こったときには変動幅が大きい場合が多いことを念頭に置いてスプレッド取引を積極的に使うのがUSOILを攻略するコツです。
単純に考えると二分の一の確率で予想を当てて、二分の一の確率で転売できれば十分に稼げます。

スプレッド取引図

USOILの上手な活用方法

USOILは1日取引しかできませんが、朝8時の時点でエントリーできるのが魅力です。
実際にはアメリカの経済が動いている朝の1~2時間ほどと夕方以降に大きな価格変動が起こることが多くなっています。
そのため、8時の時点でエントリーの可否を判断し、夜に価格の動向を確認して大丈夫そうならポジションを維持し、予想外の値動きをしているならその時点で転売して損切りするのが良い方法です。
状況によっては夜の時点で転売ペイアウト率が1倍以上になっていて稼げる場合もあります。夜間に大きな変動が予想される場合には寝る前に利益確定をしてしまうというやり方もできるのです。
このようなスケジュールで取引をすると、昼間は働いているサラリーマンでもバイナリーオプションでコツコツと稼げます。
あるいは昼間から夜にかけて値動きの大きい通貨ペアを使い、朝のうちにUSOILにエントリーしておいて寝る前に転売の判断をするといったやり方もできるでしょう。


ファンダメンタルズ分析にも強くなることから、うまくトレードに取り入れていくと総合的に利益を増やせる可能性があります。
初級者から中級者以上に成長するきっかけ作りにもなるので、積極的に原油を使ったトレードにも挑戦してみましょう。
慣れないうちはデモトレードをして予想が当たるかどうかを見極めるのも良い方法です。
デモトレードなら資金を失うことなくエントリーも転売もできます。
自分なりのトレードスタイルを生み出して勝てるようになったら資金を投じるのも賢いやり方です。

まとめ

原油によるバイナリーオプション取引は社会の動向による影響が大きいことからファンダメンタルズ分析をベースにしてエントリーを判断するのが大切です。
OPECやアメリカの在庫量などの重要指標を必ずチェックしてからエントリーの可否を考えましょう。
テクニカル分析も有効ですが、CCIやATRのように昔から商品先物取引で用いられているインジケーターを使わないとなかなか予想が当たりません。
このような状況を考えると通貨ペアとはだいぶ違うように思えるでしょう。
しかし、バイナリーオプションで稼ぐチャンスを広げられるので、前向きに挑戦してみるのが大切です。

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。