ハイローオーストラリア

祝日はハイローオーストラリア(Highlow.com)で攻略しやすい?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は為替市場が開いていない土日には利用できませんが、祝日には取引ができます。

祝日や祭日は各国が独自に定めているものなので、世界で一斉に休みになるとは限らないからです。

ただ、祝日は平日に比べると市場の様子が変わります。ハイローオーストラリアでは平日と祝日を区別して考えて取引をした方が攻略しやすいことが知られています。

こんなオレ

実は慣れてしまうと祝日の方がハイローオーストラリアの攻略成功率が高いという意見もあります。

この記事では祝日と平日がなぜ違うのかを詳しく解説します。祝日の特徴に基づいてハイローオーストラリアでどのような攻略が可能かを考えてみましょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

祝日と平日の違い

ハイローオーストラリアでバイナリーオプションをする上で、祝日と平日にはどのような違いがあるのでしょうか。

まずは大まかに相違点を確認してから順次掘り下げて考察していきます。

祝日は市場が休み

祝日は市場が休み

平日と祝日での大きな違いは市場がクローズのままで休みなことです。市場というのは為替市場に限ったことではありません。

一般的に祝日には為替市場だけでなく、株式市場や商品先物市場などもクローズのままで全く取引が行われません。

そのため、祝日にはその国の市場での売買によって相場の変動が引き起こされることがないのが特徴です。

祝日は投資家も休むことが多い

祝日は投資家も休むことが多い

祝日は平日よりも投資家の参加率が低下します。祝日でもFXによる為替取引をすることは可能です。しかし、機関投資家や企業は休みなのでよほど重要な局面でない限りは取引をしません

個人投資家も今日は祝日だから休もうと考えることが多く、平日に比べると参加者が少ないのが一般的です。

逆に祝日で時間があるからFXをやろうという人もいますが、全体として見ると少数派になっています。

祝日の為替レートの特徴

祝祭日になると為替レートは特徴的な動き方を示します。

ハイローオーストラリアで祝日を攻略するために、レートの動き方の概略を知っておきましょう。

取引量が減る

取引量が減る

祝日には為替市場が休みになるので、その国での取引量が減ります。為替市場への影響力が大きい企業や機関投資家がたくさんある先進国が祝日になると、為替市場の全体取引量を大きく下げることにつながります。

特に祝日の国の通貨については大幅な取引量の減少が起こるため、為替レートの挙動には大きな変化が生じます。

取引量が減ると為替レートは全体として動きが鈍くなります。取引をしている投資家が少ないとトレンドが発生しにくく、レンジ相場になる傾向が強いのも特徴です。

ただ、相場が一定のレンジに常に保たれているわけではありません。一国が祝日だったとしても他国では経済活動が進められているので為替取引も行われます。

実需に伴う通貨の売買が行われることが多く、大企業が決済用の資金を確保した際などには為替レートが瞬間的に上下動します。

一般的にはFX投資家などが急騰や急落を見て売買をするため、為替レートは元の相場に戻ります。ただ、ノイズが走る確率が比較的高い相場状況だという点には留意しておく必要があるでしょう

ノイズを調査!攻略できる?
ノイズを調査!攻略できる?ハイローオーストラリア(Highlow.com)でノイズによって取引が失敗した経験はありませんか?これを攻略できればさらに勝率が上がると思いますよね。ノイズはタイミングがかなりシビアなのでかなり難しいですが攻略することは可能です!ここではノイズとは何か、バイナリーオプションをする上でノイズとうまく付き合えるようにするために欠かせないポイントを紹介します。...

一つの通貨の影響が反映される

一つの通貨の影響が反映される

祝日の国と他国の通貨ペアを選んで取引をすると、他国の方の影響がはっきりと為替レートに反映されるのが一般的な特徴です

祝祭日に該当している国では経済活動が平日に比べて行われていないため、その国の法定通貨の売買があまり活発ではなくなります。しかし、もう一方の国では経済活動が進められているので、通貨の売買がよく行われています。

為替レートは二通貨間の相対価値によって決まります。そのため、一方の通貨価値があまり動いていない場合には、もう一方の通貨価値の動きにほぼ連動する形で為替レートが動きます。

二つの通貨の相互関係によって為替レートが動くときよりも、一国の通貨の影響で動くときの方がシンプルです。祝日には経済指標が発表されることはまずありません。

また、経済が動いていないだけでなく、政治活動も活発ではありません。総理大臣や財務庁長官、中央銀行総裁や各企業の代表取締役などの重要発言もあまりないため、相場が急変するリスクも低めです。

こんなオレ

ファンダメンタルズ分析も基本的には祝日ではない側の国に着目すれば良いだけなので、情報の収集や分析の負担も少なくて済むのが祝日の魅力です!

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

日本の祝日の取引

日本の祝日では日本円との通貨ペアが特別な値動きを起こすようになります

日本の祝日は自分の住んでいる国なのでわかりやすく、自分自身も普段とは違うスタイルでハイローオーストラリアを利用できるでしょう。

副業でハイローオーストラリアを利用している人は、特に時間の使い方が大きく変わるはずです。ここで日本の祝日の特徴と攻略法を確認しておきましょう。

日本の祝日の特徴

日本の祝日は東京市場の時間帯がほとんどレンジ相場になるのが一般的です。日本の昼間は欧米も活動をしていないのでほぼ休息時間になります。

レンジ相場
こんなオレ

穏やかなレンジ相場の時間がずっと流れていき、時々大きな値上がりや値下がりが見られて元に戻るのが特徴です!

ロンドン市場が開く夕方になるとクロス円も含めて相場が動き出します。平日に比べると動きが鈍いのは確かですが、トレンドが発生することもあります。

通貨ペアのもう一方の国であまり経済活動が活発でない場合にはレンジ相場が続きます。

日本の祝日の攻略法

日本の祝日の攻略法

日本の祝日を攻略するにはレンジ相場の取引手法が有効です。レンジ相場ではトレンド相場のように順張りをするとあまり成功しません。同じ方向に相場が動き続けることがあまりないからです。

ハイローオーストラリアでは短時間の取引をしやすいので、その日のレンジ相場の周期を見て適切な取引時間を選びましょう。

5分から15分くらいが逆張りを狙いやすいことが多いですが、時期によって違いはあるのでチャートを見て確認するのが大切です。

逆張り

逆張りではRSIやストキャスティクスを使うのが効果的です。ノイズが発生しやすいことにも留意して取引を進めましょう。

なお、RSIやストキャスティクスを使う取引の仕方は以下の記事で解説しているので参考にして下さい。

RSIとRVIでハイローオーストラリア(Highlow.com)初心者も勝てるようになろうRSIとRVIはどちらもオシレーター系インジケーターで、買われすぎか売られすぎかという観点から価格の動きの転換点を見極めるための指標です。価格の動きの見極めはハイローオーストラリアで欠かせません。どちらもエントリーを判断する条件の1つとしてはわかりやすい指標なので有効活用可能です。この二つからまず習得して慣れましょう。...
ストキャスティクスでハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率アップができる!ストキャスティクスはオシレーター系インジケーターとして名前はよく知られていますが、意味がよくわからないので手を出せずにいる人も多いでしょう。ストキャスティクスはテクニカル分析で比較的よく用いられているインジケーターです。この記事ではストキャスティクスの基本から実戦的な攻略法まで紹介します。バイナリーオプションでも使えるインジケーターなので、効果的な使い方を身につけましょう。...

日本の祝日一覧

1月1日 元日
1月11日 成人の日
(1月第2月曜日)
2月11日 建国記念の日
2月23日 天皇誕生日
3月20日 春分の日
4月29日 昭和の日
5月3日 憲法記念日
5月4日 みどりの日
5月5日 こどもの日
7月22日 海の日
(本来は7月第3月曜日)
7月23日 スポーツの日
(本来は10月第2月曜日)
8月8日 山の日
(本来は8月11日)
9月20日 敬老の日
(9月第3月曜日)
9月23日 秋分の日
11月3日 文化の日
11月23日 勤労感謝の日

アメリカの祝日の取引

アメリカの祝日の取引

日本以外の国の祝祭日も気にかけて取引をすると有利です。ただ、全部の国の祝祭日を覚えるのは大変でしょう。

自分が使う通貨ペアの二国について確認しておくのが効率的です。ただ、ユーロのように多数の国があると、一国が祝日だったとしてもあまり経済活動に変化は生じません。

ここでは最も影響力があるアメリカの祝日について取り上げます。世界の基軸通貨として知られるアメリカドルはハイローオーストラリアでも通貨ペアとして数が多いですが、ストレートではなくクロスの場合でもドルの影響を受けます。

ハイローオーストラリアでどの通貨ペアを使うとしてもアメリカの祝日の影響を受けます。特徴を大まかに押さえて攻略できるようになりましょう。

アメリカの祝日の特徴

アメリカの祝日は取引量が著しく減少するのが特徴です。ストレートの場合には大幅に減ってほとんど動かないレンジ相場になることもあります。

クロスでもノイズが入りやすくて取引しづらいという印象を受ける人も多いのが特徴です。これはアメリカに投資家が多いのが原因で、ロンドン市場がクローズした後のニューヨーク時間が沈黙の時間帯になります。

夜中から明け方なので気にならない場合もあります。しかし、祝日の前後も取引量が若干減るため、普段よりも明確なトレンドが発生しにくいのが特徴です。

アメリカでの動きがないことがわかっているので前日には取引を完了するFX投資家が多く、翌日はまだアメリカ経済の動きが見えていないので取引量が少なくなります。

アメリカの祝日の攻略法

アメリカの祝日の攻略法

アメリカの祝日は前日から翌日にかけてストレートの通貨ペアでは普段よりレンジ相場になりやすいことを考慮するのが肝心です。

ただ、レンジ相場が長続きするとは限らず、短いトレンドが小刻みに出てくることもよくあります。

ハイローオーストラリアでの狙い目はこの小刻みに出てくるトレンドの発生ポイントです。トレンドの発生点で順張りをすれば高い確率で予想が当たるでしょう。

ストレートの通貨ペアで、もう一方の国が昼間で経済活動をしているのが理想的です。

昼間は日本円、夕方以降はユーロとのペアにするのがおすすめです。テクニカル分析にはMACDやボリンジャーバンドを使うと良いでしょう。

MACDがあればハイローオーストラリア(Highlow.com)の取引が有利になる!逆張りも順張りもできる!MACDをトレードに取り入れようFXや株式投資でよく用いられるMACDはバイナリーオプションでも汎用性が高く有用です。順張りにも逆張りにも使えるので、バイナリーオプションの成功率を上げたい人にとって魅力的なインジケーターです。エントリーのときにはMACDを使用し予想の確度を高め、ハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率をあげましょう。...
ボリンジャーバンドの基礎!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方は?
ボリンジャーバンドの基礎!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い方は?ハイローオーストラリアのトレーダーから人気のボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差を組み合わせトレンド系インジケーターです。バンド状のパターンを見るだけで価格のばらつき具合が一目でわかるのが魅力です。ボリンジャーバンドをマスターすればハイローオーストラリアの攻略は夢ではありません。テクニカル分析の登竜門となります。...

アメリカの祝日一覧

1月1日 元日
1月18日 キング牧師誕生日/マーティン・ルーサー・キング・デー
(1月第3月曜日)
1月20日 大統領就任式
2月15日 大統領の日/ワシントン誕生日
(2月第3月曜日)
5月31日 戦没者追悼祈念日/メモリアル・デー
(5月最終月曜日)
7月4日
(5日に振替休日)
独立記念日/インディペンデンス・デイ
9月6日 勤労感謝の日/レイバー・デー
(9月第1月曜日)
10月11日 コロンブス記念日
(10月第2月曜日)
11月11日 退役軍人の日/ベテランズ・デー
11月25日 感謝祭/サンクスギビング・デー
(11月第4木曜日)
12月31日 2022年元旦の振替休日

祝日の取引の注意点

祝日の取引には注意すべきポイントがあります。今まで祝日を意識していなかった人も、これから祝日を生かしてハイローオーストラリアを攻略しようと考える人も以下の3つを押さえておきましょう。

祝日の相場のリスク

祝日の相場のリスク

祝日はどの時間帯でも取引量が減るので、普段よりもノイズが目立つので注意しましょう

USD/JPYやEUR/JPYの場合には主要国が全て平日ならあまりノイズが多くて困ることはないでしょう。しかし、日本やアメリカ、イギリスなどが祝日というだけでノイズがよく見られるようになります。

そのため、運悪く判定時刻にノイズが発生してしまうリスクがあることを頭に入れて取引をしましょう。

ハイローオーストラリアでは転売が可能なので、判定時刻の1分以上前にノイズが発生したなら転売してリスク回避をすることもできます。

取引量が少ないとノイズの戻りも遅くなる傾向があるので、大きな変動が判定時刻前に起きたら転売をするのがおすすめです。

転売のススメ!ハイローオーストラリアで稼ぐための転売の重要性とは?ハイローオーストラリアでは転売は当初から導入されています。転売を使って途中売却をすれば負けると分かっている取引から逃げることも、途中で利益を確定することもできます。ハイローオーストラリアで上手に転売をして利益を増やしていきましょう。...

祝日の前後の日にも気を付ける

祝日の前後の日にも気を付ける

祝日の前後の日にも注意して取引をするのも重要です。アメリカの祝日の特徴でも触れたように、祝日の前日はFXトレーダーがよくポジションを手放します。

祝日の間に大きな動きが万が一あったときのリスクに備えるためです。そのため、祝日の前日は取引量が増える傾向があります。特にアメリカのように機関投資家が多い国は影響力が大きいのでチェックしておきましょう。

祝日の翌日はポジションを取ろうとするFXトレーダーが活発に動き出します!

アメリカの祝日の翌日ではアメリカ経済が動いていないので出足が鈍い場合が多いですが、夕方には取引量が普段よりも多くなるのが普通です。

他国の祝日の場合には為替の動きは全体として活発なので、翌日は朝から取引量が増えます。

ハイローオーストラリアでは祝日前後も押さえておくと取引チャンスが増えて有利です。祝日狙いをするなら前日も翌日も攻略しましょう。

ハイローオーストラリアの休業日

ハイローオーストラリアの休業日

祝日についてはハイローオーストラリアの休業日にも注意が必要です。

ハイローオーストラリアはオーストラリアの祝日を休業日にしています。

サポートなども受けられないので、以下の記事を見ていつなのかをぜひ確認して下さい。ハイローオーストラリアはオーストラリアの祝日を休業日にしています。

ハイローオーストラリアの取引時間
ハイローオーストラリアの営業時間・取引時間・サポート時間ハイローオーストラリア(Highlow.com)を始めようとして取引できなかったことはありませんか?日本の祝日に営業していたり、平日なのに取引できなかったり...それって運営拠点が海外だからなんです!年末年始の営業停止期間や、夏時間・冬時間・各国の祝日に合わせて変更される取引時間に注意して下さい。営業時間も解説します!...

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

まとめ

祝日を意識して取引をするのは重要だとわかったでしょうか。ハイローオーストラリアでは利用できる通貨ペアが多いので、各国の祝日をリストアップしておくと効率的に取引を進められます。

祝日に取引量が少なくなるのはノイズによるリスクも生みますが、相場の動きが特徴的なので取引しやすいと感じるトレーダーも大勢います。

ハイローオーストラリアの攻略をしやすいタイミングでもあるので、日本に限らずに祝日を意識していきましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。