ハイローオーストラリア

CFTCがビットコインのバイナリーオプション業者を起訴!ハイローオーストラリアは登録しているの?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は日本向けにバイナリーオプションサービスを提供している海外業者で、現在は拠点をセントビンセント及びグレナディーン諸島に置いています。世界的なバイナリーオプション規制の影響を受けてオーストラリアからマーシャル諸島共和国を経由して移転を繰り返し、安定してサービスを提供できる拠点を手に入れたという経緯があります。

先進国を中心としてバイナリーオプションの全面禁止を進める傾向が生まれ、現在では日本とアメリカがバイナリーオプションの主要国になりました。ハイローオーストラリアがサービスの向上を常に図っているのも日本人が魅力的な顧客だからです

アメリカの規制当局であるCFTC(アメリカ商品先物取引委員会)はバイナリーオプションに限らず、商品先物取引やFX、デリバティブ取引などに対する厳しい取り締まりをしています。

その中でなんと14社ものバイナリーオプション業者が起訴されました。

ハイローオーストラリアは安心して利用できるのかが不安になった方も多いのではないでしょうか。この記事ではその不安を取り除き、日本にいるからにはハイローオーストラリアを安心して使えることを解説します。
ハイローオーストラリアでは不安に思って口座解約をしてしまうと再び開設するまでに1年も待たなければなりません。

こんなオレ

CFTCの起訴の判断に慌てふためいて解約してしまわずに、冷静に状況を見極めてください!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の口座解約は簡単?留意事項を一挙大公開!ハイローオーストラリアでは口座開設だけでなく口座解約も簡単にできます。マイページから手続きをすることはできませんが、サポートにメールをするだけで口座解約の手続きを進められます。口座解約をするときには残高が少なくても出金できるものの、以後1年間はハイローオーストラリアを利用できなくなるので注意が必要です。...

CFTCによるバイナリーオプション業者の起訴

CFTCによるバイナリーオプション業者の起訴

ハイローオーストラリアも海外バイナリーオプション業者の一つなので、海外業者がCFTCに起訴されたとなると恐れおののくのももっともなことです。ただ、CFTCはむやみに取り締まりをしているわけではありません。

どのような経緯で14社ものバイナリーオプション業者が起訴されたのかを確認していきましょう。

CFTC(商品先物取引委員会)とは

ハイローオーストラリアに興味を持っていてもCFTCについては詳しくない人もいるでしょう。まずはCFTCについての概要を紹介します。

CFTC(商品先物取引委員会)とは

商品取引所に上場する商品や金利、デリバティブ全般など、米国の先物取引市場を監督する機関。市場参加者を保護し、市場の健全性を確保するため、不正の防止・摘発を行う。「CFTC」は「Commodity Futures Trading Commission」の略。

アメリカに拠点を置き、アメリカ国民に対して商品先物取引やバイナリーオプション取引などのサービスを提供するときには、必ずCFTCから認可を受けなければなりません。許可を得るとFCM(先物委員会加盟店)として認められ、顧客管理の状況などを定期報告しながらサービスの運営ができます。

CFTCは商品先物取引などについて日本の金融庁と同じような役割を担っていると考えると良いでしょう。登録には厳しい条件を満たさなければならない点でも日本の金融庁と同じです。アメリカ国民を守るための政府機関として厳格な立場で規制を行っています。

CFTCによる14社のバイナリーオプション業者の起訴の経緯

CFTCが米国内に拠点を置いていた業者を告発して起訴するに至ったのはなぜなのでしょうか。14社も同時に起訴されるのは異例なので、アメリカでは大きなニュースになっています。

バイナリーオプション業者がどんな行為をしていたのかを詳しく見ていきましょう。

CFTCに登録せずに取引プラットフォームを運営していた

CFTCに登録せずに取引プラットフォームを運営していた

CFTC による起訴を受けた14社に共通していたのはCFTCに登録していなかった点です。そのうち12社はCFTCに無登録のままビットコインや各種外貨によるバイナリーオプションサービスを提供していました。2社についてはCFTCに登録しているという虚偽の表示をして先物取引やデリバティブ取引を提供していました。

こんなオレ

そのため、どの業者も詐欺の罪も問われてもおかしくない状況でした...

ビットコインの人気を受けてバイナリーオプションもよく注目されています。ビットコインはテクニカル分析が通用しやすいことから、FXなどで分析テクニックを磨いてきたトレーダーにとって利益を上げやすいのがメリットです。この人気に着目してバイナリーオプション業者としてサービスを提供する事業を始めるのは、ビジネスのあり方としては魅力があります。

ただ、CFTCに登録せずにアメリカ国内に拠点を置き、アメリカ国民に対してサービスを提供した時点で違法です。

NFA(全米先物協会)のメンバーシップがあると謡っていた

NFA(全米先物協会)のメンバーシップがあると謡っていた

摘発を受けた業者の中にはCFTCの無登録業者だっただけでなく、NFAのメンバーシップがあることを表示していたところもありました。全米先物協会はアメリカにおける商品先物取引やバイナリーオプション取引などの権威組織で、自主規制を推進することで国民に適正なサービスを提供しようと努力を続けています。

NFAのメンバーはNFAルールと呼ばれるCFTCよりも厳しい自主規制条件を満たして運営しなければなりません。そのため、NFAのメンバーシップがある業者はアメリカ国民にとってより信頼できる業者です。

NFAメンバーとしての虚偽表示をしている業者も詐欺で摘発されて当然と言えるでしょう。

CFTCが起訴する理由の一つとして挙げるのももっともなことです。

起訴された海外業者一覧

などにCFTCにハイローオーストラリアも起訴されているのかと疑問に思う人もいるかもしれません。これから海外業者でバイナリーオプション取引を始めたい人も、詐欺の被害に遭いたくないと思うでしょう。
今回、CFTCによって起訴された海外業者は以下の通りです。

起訴された海外業者

 ProCryptoMinners

 BinanceFxTrade

 Star Fx Pro

 Bitfxprofit

 Smarter Signals

 Cryptofxtrade

 Excotradeoptions

 Globalnationfx

 MaxForexOption

 ProFX-Capitals

 Prime Expert Trade

 Tradingforexpay

 Climax Capital FX

 Digitalexchange24.com

どのサイトもセキュリティ対策ツール搭載されている詐欺チェックをしてみるとかなりスコアが低く、セキュリティソフトによっては自動的にブロックされます。

また、よく見てみると英語に強い人ならおかしいところに気付いたのではないでしょうか。「Minners」はビットコインマイニングのマイナーを意味するなら「Miner」が正しい英語です。

こんなオレ

Binanceという名前が入っているところもありますが、仮想通貨取引所(暗号資産取引所)として世界的に有名なBinance(バイナンス)とは関係がありません!

バイナンスもCFTCによってバイナリーオプション取引などの先物取引を提供しているのではないかと疑われて調査が入っていますが、問題があったという報告はなされていません。このような企業の名前を使用している時点で怪しいと言わざるを得ないでしょう。

ハイローオーストラリアはCFTCに登録しているの?

ハイローオーストラリアはCFTCに登録しているの?

CFTCによる海外バイナリーオプション業者の起訴が話題になると、ハイローオーストラリアがCFTCに登録しているのかが気になるかもしれません。

ハイローオーストラリアは海外業者ですが、セントビンセント及びグレナディーン諸島に拠点を置いているのでCFTCの規制対象ではないので登録が不要です。

また、ハイローオーストラリアはアメリカでバイナリーオプションサービスを提供していない点でもCFTCに無登録で何も問題がありません。国内バイナリーオプション業者もCFTCには登録していないことも知っておくと良いでしょう。

そのため、CFTCがバイナリーオプション業者の摘発をしても恐れおののく必要はありません。ハイローオーストラリアはCFTCに登録しているかどうかによって問題になる部分がないからです

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録しているの?

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録しているの?

ハイローオーストラリアはCFTCに登録しなくて良いとしても、日本にバイナリーオプションサービスを提供しているなら日本の金融庁登録が必要なのではないかと思うかもしれません。

確かに日本の金融庁は海外業者が日本国民に対して金融関連のサービスをするときには登録を求めています。ただ、法的拘束があるわけではないので、あくまで金融庁から海外業者にお願いをしているだけです。

実際にはハイローオーストラリアは金融庁には登録をしていません。

オーストラリアに拠点を置いていたときには、オーストラリアで金融ライセンスを取得して経営していました。その当時も日本の金融庁には登録していませんでしたが、透明性のある経営体制が確立されていたからこそオーストラリアでのライセンス取得ができています

ハイローオーストラリアは合法なの?

ハイローオーストラリアは合法なの?

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録していませんが、合法的に経営をしているのは事実です。

ハイローオーストラリアはセントビンセント及びグレナディーン諸島における有限会社法に基づいて経営をしているので合法企業です。

日本にバイナリーオプションサービスを提供すること自体は違法ではありません。ハイローオーストラリアは拠点が日本国内にはないので、日本の法律を遵守する義務はないからです。理想的には金融庁登録を済ませて経営した方が良いでしょう。

こんなオレ

ただ、そのためには莫大なコストがかかり、サービスの内容も変更しなければなりません...

ハイローオーストラリアはハイロー取引を提供していますが、日本のガイドラインに従うとハイロー取引は許可されません。わかりやすくて親しみを持っているトレーダーが多いハイロー取引をできるようにするために、登録業者にならずに日本向けのサービスを提供し続けているのです

ハイローオーストラリアの公式サイトを利用しよう

ハイローオーストラリアの公式サイトを利用しよう

CFTCの摘発からもわかるように、海外業者には詐欺リスクがあるのは事実です。国内に比べると海外では詐欺をしているサイトの摘発が遅い傾向があるため、日本でも被害に遭っているケースがあります。

ハイローオーストラリアは長い実績があるので安心な海外バイナリーオプション業者です。新しいバイナリーオプション業者が日本に進出してきたとしても、もしかするとCFTCに摘発されるような詐欺業者の可能性もあります。

ハイローオーストラリアを選んでおけば安心なので、バイナリーオプションならハイローオーストラリアと考えましょう。

ただ、ハイローオーストラリアの口座開設をするときには偽サイトに注意が必要です。公式サイトから口座開設をしないと詐欺の被害に遭うリスクがあります。人気があるバイナリーオプション業者だからこそ、詐欺サイトが横行しているので注意してください。

こんなオレ

以下のリンクからなら公式サイトにアクセスできるので安心です。

ハイローオーストラリア公式

まとめ

CFTCによって14社もの海外バイナリーオプション業者が摘発されて起訴されたのは驚愕のニュースです。ハイローオーストラリアは合法で安心して利用できるのか、CFTCや日本の金融庁に登録しているのかと不安になるのも当然でしょう。しかし、合法的に日本のトレーダーのメリットを考えて経営していることがわかったのではないでしょうか。

バイナリーオプションに限らず、海外業者にはリスクがあるのは確かです。海外業者を利用しようとして詐欺の被害に遭ってしまった人も大勢いるので気を付けなければなりません。ハイローオーストラリアも公式サイトだけでなく、偽サイトがあることも知られているので注意が必要です。

しかし、公式サイトからハイローオーストラリアの口座開設をして、その後はブックマークをして利用していれば安心です
以下のリンクからは直接口座開設の手続きができます。
その後はハイローオーストラリア公式サイトにアクセスしやすいようにブックマークをして取引をしていきましょう。

口座開設の仕方も当サイトでは詳しく説明しているのでぜひ参考にしてください。

こんなオレ

口座開設の仕方も当サイトでは詳しく説明しているのでぜひ参考にしてください!

ハイローオーストラリアの口座開設の方法や手順と必要なものや注意点ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。