ハイローオーストラリア

メルカリがビットコインに関わる人材募集!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の分別管理は大丈夫?

メルカリがビットコインや仮想通貨に関連する人材募集を開始したのが話題になっています。人材募集は企業の事業戦略に深く関わっているため、メルカリの今後を推察するのに重要な情報源になります。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)では人材募集が話題になることはありません。以前はオーストラリアに拠点を置き、撤退が噂されたときには一時的にマーシャル諸島共和国に移っていました。現在ではセントビンセント及びグレナディーン諸島でHLMIが経営をしています。

【2021年最新版】ハイローオーストラリア(Highlow.com)の日本撤退の噂と事実を網羅的に調査・検証ハイローオーストラリアが撤退すると言う噂は2013年頃から出てきましたが、今も根強く存在しています。2021年現在もサービスの向上に努めていて、撤退はあくまで噂レベルであると言えます。...

ハイローオーストラリアではサポート体制が優れていて、日本語でメールやチャットによる対応をしています。

こんなオレ

サポート対応時間も日本時間の昼間なので、きっと日本人を雇用してサポートデスクを運営しているのでしょう。

口座開設のときにわからないことがあって問い合わせをする人は多いので、ハイローオーストラリアはとても心強いサポート体制を持っています。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の問い合わせ方法
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の問い合わせ方法ハイローオーストラリアの問い合わせ方法はチャットとメールの2種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。この記事ではHighlow.comの問い合わせ方法を解説するので詳細を確認しておきましょう。...

メルカリがLinkedInに出したビットコインや仮想通貨に関連する求人は分別管理について言及しています。

バイナリーオプション業界では分別管理ができているかがよく話題になりますが、ハイローオーストラリアは大丈夫なのでしょうか?

この記事ではメルカリの出した求人について詳しく解説しつつ、ハイローオーストラリアでの分別管理の状況についても紹介していきます。話題のビットコインとメルカリ、ハイローオーストラリアの関係も見ていくのでぜひご覧ください。

メルカリが暗号資産関連の求人を出した

メルカリでは積極的に新規事業を検討しつつ、サービスの向上を進めてきています。大手としての力を蓄えてきたので人材の補強をしながら事業を進める傾向も強くなりました。今回募集されていて注目されているのは暗号資産(仮想通貨)関連の求人です。

メルカリはフリマアプリの大企業

メルカリはフリマアプリの大企業

メルカリは日本ではあまり知らない人はいないでしょう。

株式会社メルカリはフリマアプリのメルカリを手掛けている企業で、2013年2月に設立してから瞬く間にメルカリの名を日本中に広めていきました。

ちょうどアプリの利用が進んできたタイミングでもあり、さらに将来の資産についての不安が生じたり、節約について考え方が広まってきたりした時期でもありました。その影響もあってアプリやインターネットを介して気軽に不用品を売れるフリーマーケットサービスのメルカリが注目されてシェアを獲得したと言えるでしょう。

こんなオレ

フリマアプリには他にもラクマなどがありますが、メルカリがよく選ばれています!

やはり「ファーストインクラス」なのは重要で、日本でのフリマアプリとして最初にシェアを獲得したメルカリには高い人気と信用があります。そのため、株式会社メルカリでもあえてフリマアプリ以外に多様なアプリを開発せず、あくまでメルカリの企画や開発、運用などを手掛ける企業として経営を継続しているのが現状です。

メルカリが暗号資産関連の求人募集を実施

メルカリが暗号資産関連の求人募集を実施

メルカリでは自社ではフリマアプリに特化していますが、メルカリブランドとしての事業を拡張することは怠っていません。最初から子会社を設立して機能を持たせる戦略を立てていて、金融関連ではメルペイ、インターネット関連ではマイケル、CtoCコマースではソウゾウといった形で子会社を作り上げてきています。最近ではデータテクノロジーを生かす物流サービスを提供する目的でメルロジを設立しました。

今回の求人はまた別に2021年4月に設立されたメルコインとの関連性が大きいでしょう。

メルカリでは「暗号資産交換業における顧客資産分別管理業務」を担う人材の募集をLinkedInに出しています。

完全に新規でのシステムの立ち上げを要求していて、分別管理フローの構築や管理運用、日々の資金繰りなども全て任せられる人材を求めているのが特徴です。

メルコインの設立との関連性

メルコインの設立との関連性

メルカリの子会社として設立されたメルコインはコインという名前からもわかるように暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに関連するサービスを開発していく役割を果たす予定で事業を始めています。

メルコインでは既に日本暗号資産取引業協会 (JVCEA)、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の会員となっていて、暗号資産取引業(仮想通貨交換業)や暗号資産ビジネス(仮想通貨ビジネス)の規制団体での活躍が求められるほどの地位を手に入れています。

メルコインはBassetの完全子会社化も行っています。
Bassetはブロックチェーンの分析技術で優れている企業で、フィンテックによる金融サービスの充実を図る上で重要な分析技術のある企業を子会社としたのは今後の技術及びサービスの開発に大きなプラスになります。

リスク管理やコンプライアンスの推進をする上での基盤になり、ユーザーから安心されるサービスを提供できると期待できる状況です。

このようなメルコインの様子を見るとメルカリでの求人募集はメルコインとの連携を見越していると考えるのが妥当です。メルコインで開発を進めていき、メルカリで適切に実装するというストーリーを描いていると考えられます。

分別管理の重要性

分別管理の重要性

メルカリでは単純に仮想通貨やブロックチェーンに詳しい人材を募集しているわけではありません。アマゾンではブロックチェーン技術に詳しい人などを募集して話題になりましたが、メルカリでは着眼点が異なることがわかります。

Amazonが仮想通貨を導入!?ハイローオーストラリア(Highlow.com)の仮想通貨バイナリーの魅力は上昇するのかハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーは自由度が高いので大きな魅力があります。今後はAmazonで仮想通貨決済ができるようになるでしょう。すると大勢のユーザーが仮想通貨を保有するので、法定通貨に近い相場の動きをするようになります。...

分別管理の重要性がわかると今回の人材募集の意図も理解できるでしょう。

分別管理とは
サービスを提供する企業が自社の資産と顧客の資産を分けて管理することを指します。

日本で金融庁から許可を受けて金融サービスを提供するときには必須条件です。

金融サービスを提供するときには顧客から資産を預かります。預かり金を自社の事業を推進するために使ったり、借金を返すのに利用したりすると顧客がお金を返して欲しいと言ったときに対応できません。事業資金として使ってしまうと、倒産したときにも返せない状況になります。

顧客が安心して利用できるようにするために、金融サービスを提供するときには分別管理が義務付けられています。

メルカリの今後の戦略として考えられること

メルカリでは暗号資産交換業における分別管理のする体制を整えようとしています。これを踏まえてメルカリの今後の戦略について考えてみましょう。

暗号資産交換所としてウォレットの提供を始める

暗号資産交換所としてウォレットの提供を始める

メルカリの求人を見ると暗号資産交換所としてビットコインなどの仮想通貨を取り扱おうとしているのは明らかでしょう。言い換えれば、日本円だけでなくビットコインも預かれるウォレットの提供を始めようとしていると考えられます。仮想通貨は世界的に注目され、特にビットコインは決済手段としても取り入れられてきています。

Paypalでビットコインの入金は可能?仮想通貨のサービスの拡大とハイローオーストラリア(Highlow.com)の関係ハイローオーストラリアはビットコインによる入金に早い段階で対応していましたが、Paypalでのビットコイン入金は、現状としてはハイローオーストラリアが加盟店ではなく、Paypalが日本向けに仮想通貨のサービスを提供していないので不可能です。...
ビットコインATMがウォルマートに!偽の騒動が物語るハイローオーストラリア(Highlow.com)の始め方ここではウォルマートでのビットコインATM設置に関するストーリーを再訪し、ハイローオーストラリアで取引を始めようかどうしようかと悩んでいる人のためのポイントを紹介します。ハイローオーストラリアの口座開設を決断する上での参考にしてください。...

このような状況を踏まえてメルカリではフリマアプリにウォレット機能を搭載して便利に使用としていると考えられるでしょう。

ビットコインを持っている人なら、メルカリのアカウントで管理できると便利だと思う人もいるのではないでしょうか。

フリマアプリをよく使っている人にとっては大きなメリットになるので、メルカリにとっては利益を期待できる事業戦略です。

ビットコイン決済に対応する

ビットコイン決済に対応する

メルカリはメルコインの協力を受けながらビットコイン決済に対応するのは明らかでしょう。ただウォレットサービスを提供するだけではユーザーにとってメリットがあまりありません。

メルカリでの支払いにビットコインを使えたり、ビットコインで支払いを受けらえれたりすると魅力が上がります。

例えば、メルカリのウォレットを持っているとビットコインで金額を決めて出品できるようになる可能性があります。

こんなオレ

ビットコインが欲しい人にとっては魅力的な出品の仕方ですね!

今後の値上がりがまだ期待されているからこそ、どうせなら日本円ではなくビットコインで払って欲しいと思うのはもっともなことです。

ビットコインが10万ドルに到達する?予想の根拠と展望からハイローオーストラリア(Highlow.com)で投資をしようハイローオーストラリア(Highlow.com)のビットコイン取引でも相場の行方を知るのは重要です。この記事ではビットコインが10万ドルに到達するほどの成長が起こると言われている背景と理由を解説します。...

逆にそろそろビットコインを撤退したいと思っている人や値上がりしたビットコインの使い方で悩んでいる人には支払いに使えるのはメリットになります。ビットコイン決済が浸透するにつれて利用者も多くなり、メルカリでの取引でよく使われるようになる可能性もあるでしょう。

NFTの取り扱うプラットフォームとなる

NFTの取り扱うプラットフォームとなる

NFTも仮想通貨やブロックチェーンの技術の中で生まれてきたものです。メルカリでは電子アイテムの取引ももちろんできるので、NFTも売買できるプラットフォームになる可能性もあります。

メルカリでNFTの取引ができるようになると日本でもNFTが急速に浸透するでしょう。

こんなオレ

まだ日本ではNFTの認知度が低いですが、メルカリによって革新が起こる可能性があります!

ハイローオーストラリアと分別管理

メルカリでは分別管理をするためのスタッフを探していますが、ハイローオーストラリアでは分別管理をしているのでしょうか。今まで意識したことがなかった人も、ハイローオーストラリアの信用性について不安を持っている人も事実を知っておきましょう。

ハイローオーストラリアは資産を分別管理している

ハイローオーストラリアは資産を分別管理している

ハイローオーストラリアでは分別管理をしているので安心です。ハイローオーストラリアの公式サイトでは以下のように記述されています。

「お客様の投資資金や評価益は分別管理され、ヘッジ目的に使用することはありません。」

顧客資産の分別管理をしているのはオーストラリアに拠点を置いていた時代にオーストラリアの金融ライセンスを取得していたからでしょう。信用のある金融サービスの条件として分別管理が求められるのはどの国でも同じです。

ハイローオーストラリアは今ではオーストラリアから移転してしまったのでオーストラリアの金融ライセンスはありません。しかし、当時の管理体制を維持して顧客に安心して利用してもらえるようにしているのです。

ハイローオーストラリアは金融ライセンスを持っているのと同じレベルの信頼性があるサービスを提供していると言えます。

国内業者では標準的でも海外業者では例外的

国内業者では標準的でも海外業者では例外的

顧客資産の分別管理をして金融ライセンスを取得するのは当然ではないかと思う人もいるかもしれません。

確かに国内業者では当然で、金融庁に登録しなければ国内向けの金融サービスを提供することは法律で禁じられています。

しかし、海外業者が日本人にサービスを提供するときには、金融庁に登録していなくても違法ではありません。あくまで自社が拠点を置いている国の法律に従っていれば良いというのが世界での共通認識になっています。そのため、海外業者では分別管理をしているケースはあまり多くありません。

国内業者では標準的でも、海外業者ではハイローオーストラリアなどの代表的な業者しか行っていないので注意しましょう。

まとめ

メルカリで事業戦略の手の内をさらけ出すような求人が出されたということがわかったでしょうか。

暗号資産交換業に足を踏み出すのは明らかで、さらに顧客資産との分別管理をする体制を速やかに整えて金融庁に登録しようとしているとわかります。

メルコインの設立もしたので本格的に仮想通貨やブロックチェーンを生かしたビジネスを展開していくでしょう。分別管理をしていればユーザーからの信用も得られるので、フリマアプリのサービスとリンクさせればきっと多くのユーザーを獲得できます。

ハイローオーストラリアではオーストラリアで金融ライセンスを取得した時代から顧客資産の分別管理をしているので安心です。

海外バイナリーオプション業者の中では例外的な対応で、信頼こそがハイローオーストラリアの魅力だと言えます。

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高いことだけが取り柄だと思っていた人もいるのではないでしょうか。しかし、利益をいくら出しても出金できなかったら意味がありません。安全に使える海外業者としてハイローオーストラリアをぜひ活用していきましょう。

ハイローオーストラリアの出金方法・出金条件・出金手数料ハイローオーストラリアではログインして振込先の銀行口座を登録すればいつでも簡単に手数料無料で出金手続きができます。必要なタイミングに出金対応をしてもらえるように手続きをしましょう。出金をするための条件があるのでよく確認してください。...
ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。