手創り市 &SCENE 千駄木・養源寺
HOME 参加要項 開催日程 アクセスマップ ブログ

参加要項

&SCENE 手創り市は、千駄木、養源寺にて2012年10月28日よりはじまります。
会場には手創り市のほか、会場内に新設されるギャラリーの企画・運営、
お堂をつかっての音楽イベントなども開催します。


会場について   参加資格と注意点   出展申し込みについて
食品の出展について   出展区画と料金について   キャンセルについて
受付と搬入・搬出について   開催中止のお知らせ   開催当日の流れ
お問い合わせ            





文京区千駄木にあります「養源寺」にて開催。
建物や境内にある燈籠、樹木を汚したり傷をつけることのないようお願い致します。
また、会場内にはお寺の檀家さまのお墓が御座います。
お墓の敷地内には立ち入らぬようお願い申し上げます。

養源寺
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-38-3

・東京メトロ南北線  「本駒込駅」  徒歩3分。エレベーター出口を出て右折。
・東京メトロ千代田線  「千駄木駅」  徒歩10分。団子坂方面を行き、駒込高を右折。
・都営三田線  「白山駅」  徒歩10分。東洋大学方面出口より。
・東京メトロ千代田線  「根津駅」  徒歩15分。
・東京メトロ南北線  「東大前」  徒歩15分。




大きな地図で見る




1. ご自身で作ったもの以外での出展はできません。
Ex. 海外の少数民族が作ったアクセサリー → 出展不可です。

※手作りの作家さんが自ら出展・販売される事が原則となります。
 手作りの作家さんの作品を扱うお店としてのご参加、または代理での販売は出来ませんので、
 ご理解のほど何卒よろしくお願い致します。

手づくり石けんについて
マッサージでの出店について

2. 古物全般、不要な贈答品等は出展できません。
発見された場合には出展取り消しとなりますのでご了承ください。

※古着等を素材として作られた物は古物にあたりませんので、ご出展いただけます。
 Ex リメイク

※手創り市によって企画される、古道具を含む「古物」については特約として出展が認められます。
 こうした場合、「古物」のみで企画されることは御座いません。(2015年10月より適応)

3. ゴミは各自でお持ち帰り頂くようお願い致します。
会場内は禁酒・禁煙です。
大切な境内を汚さないよう、皆さんで注意を呼びかけましょう。

※特約として、果実酒づくりのワークショップなど
 手創り市によって企画されるアルコールを扱うイベントにつきましては
 酒類を扱う場合が御座います。
4. 養源寺内の、ご神木(樹木すべて)や灯篭、鉄柱などに
ロープなどを使用しての展示はご遠慮ください。

5. 手創り市には様々な方が出展します。
お香や音楽を流す行為はご遠慮願いますようお願い致します。
(蚊取り線香は電池式のものをご利用いただきますようお願い致します。)

6. その他、「手創り市」の主旨に合わない場合お断りさせて頂きます。ご了承ください。



※マッサージでの出店について

 【出店可能】
  アロマオイル・クリーム・耳つぼシールなど、直接体に塗ったり貼ったりせず、
  手でさする・軽く押すなどの人体に大きな影響を与えない施術で
  リラクゼーションを目的とした内容はご参加いただけます。
  ※「肩こりが治る」「痩せる」などの宣伝は禁止です。

 【出店不可】
 ・アロママッサージ、耳つぼ、整体、カイロプラクティックなど、人体に大きな影響を与える
  可能性があるものはご参加いただけません。




お申し込み方法は以下「2通り」のみ。
@ 開催日当日、会場受付にて「次回開催分のお申し込み用紙」を提出。
A 「次回開催分のお申し込み用紙」を手創り市事務局へ郵送。

※お申し込みは次回開催分のみと致します。
※雨天中止の場合は、Aの郵送のみとなります。
※郵送先は「〒173-0021 東京都板橋区弥生町68−1 &SCENE手創り市係」

「申し込み用紙の取得方法について」
申し込み用紙は、会場にて配布もしくは下記よりダウンロードが可能です。
会場配布分は数に限りが御座います。予めご了承ください。


PDF版

エクセル版


@ 「会場受付にてお申し込み」
必要記載事項をご記入後、次回開催分の申込書を提出。
※申込書「写真添付」は申込書裏面に添付してください。
  作品画像点数は問いません。こちらも選考の対象となります。
※お申し込みは次回開催分のみと致します。
※ お申し込みは代表者1名がご署名。
 万が一、お申し込み内容(URLやmail)が重複した場合、出展取り消しとなる場合が御座います。
A 「郵送にて申し込み」
申し込み用紙を事務局宛てに郵送。
郵送期限外にお送りいただいたものは無効となりますのでご注意ください。

2017年のスケジュール発表しました
開催日 郵送申込期間 参加者発表
2017年2月26日
4月23日
6月25日
8月27日
10月22日
12月24日
2016年12月23日〜2017年1月12日事務局必着
2月26日〜3月16日事務局必着
4月23日〜5月18日事務局必着
6月25日〜7月14日事務局必着
8月27日〜9月14日事務局必着
10月22日〜11月16日事務局必着
2017年1月22日
3月26日
5月28日
7月23日
9月24日
11月26日

※申込書「写真添付」は申込書裏面に貼り付けてください。
  作品画像点数は問いません。こちらも選考の対象となります。
※お申し込みは次回開催分のみと致します。
※お申し込みは代表者1名がご署名。
 万が一、お申し込み内容(URLやmail)が重複した場合、出展取り消しとなる場合が御座います。

*参加者発表は公式HPにて行います。個別の連絡は致しません。
*参加者発表に併せて出店場所の発表も致します。
*申込用紙の返却は御座いません。申込の都度提出して頂きます。




現在の手創り市では、
「焼き菓子・パン・ジャム・チョコレート」
「自家焙煎もしくは自家栽培の珈琲豆、茶葉」
「自家栽培の野菜や果物」
「ピクルスなどのびん詰めもしくはかん詰め食品」

が販売可能の商品となっております。


※原則、食品と一般参加のシェアの出展は不可となります。

上記記載に該当しないものについては、まずはお問い合わせをお願い致します。
出展内容によってはご参加が不可の場合も御座います。ご注意ください。

1. 「営業許可証」記載の「責任者氏名」・「食品明記事項」・「出展者氏名」の3点が一致しない場合には出展不可となります。
(営業許可証の貸与 例)レンタルキッチン は不可となります。)

---

食品の出展は、事前に保健所の営業許可を受けている場所で製造された物のみとなります。
受付時に営業許可証()を提示してください。

食品出展の営業許可証につきまして 手創り市では食品出展の場合、
現行規約では保健所の営業許可証を原本でご提示いただいております。

ただ、原本を持ち出すことの負担を考慮し、
初回に原本とコピーをお持ちいただき、手創り市にてコピーをお預かりします。
次回以降は、出展者様はコピーをご提示いただき、手創り市で保存しているコピーと照合いたします。

※お預かりした営業許可証のコピーは、当市開催日以外の使用は一切御座いませんのでご理解の程宜しくお願い致します。
※尚、毎年12月でご提出いただいたコピーを破棄しますので、
 年度が変わりましたら、お手数ですが初回はまた原本とコピーをお持ちください。

---------------------------------------------------
○出展可能な食品

パン、焼き菓子、ジャム(※ジャムの詳しい説明はこちら)、チョコレートなど(営業許可証のご提示が必要です)
自家焙煎もしくは自家栽培の珈琲豆、茶葉(※茶葉の詳しい説明はこちら
自家栽培の野菜や果物
ピクルスなどのびん詰めもしくはかん詰め食品(かん詰めもしくはびん詰め食品製造業のご提示が必要です)
※詳しい説明はこちら
漬物(漬物製造業+かん詰またはびん詰食品製造業のご提示が必要です。且つ、缶詰、びん詰め、容器包装加圧加熱食品(レトルトパウチ食品)であれば販売が可能です。ヒートシールで密閉された物は、販売できません。)
※漬物の詳しい説明はこちら

○出展不可な食品
・コーヒー、チャイなど飲料全般
・お弁当、おにぎり(※詳しい説明はこちら
・サンドウィッチ
・カレーなど会場で盛り付けするもの
・ペット用の食品(焼き菓子など)
---------------------------------------------------

2. 衛生上、火災予防上、現場調理の飲食物は出展できません。

3. 食品(野菜・果物も含む)には以下の5点を明記ください。
名前 ・ 賞味期限 ・ TEL ・ 住所 ・ 原材料名
明記されていないものは販売できません。
パン、焼き菓子等は必ずパッケージしてください。

名前は営業許可証に記載されているもの。(概ね個人名)
  会社名で許可証を取っている場合は、株式会社○○や有限会社○○など正式名称を記載。

アレルギー物質の表示
  例) (原材料の一部に、小麦・卵・牛乳を含む)

必ず表示しなければ
ならない7品目
小麦、卵、乳、そば、落花生、えび、かに
表示が勧められている
18品目
あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、
大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

4. 大きなゴミが出る場合は、必ず専用のゴミ箱をご用意の上、
ブースのお客様の見やすい地に設置をお願い致します。

当会場は「移動販売営業車」の出展が可能です。
ただし、事前に当市側との話し合いによって出展をして頂きますので
まずはお気軽にお問い合わせください。
(移動販売営業車とは現場調理が可能な食品出展となります)

『お弁当』『おにぎり』(カレーなどを含む)の出展(販売)は当市では不可と致します。
お弁当・おにぎりの出展(販売)には、「食料品等販売業」という都条例の許可が必要であり、
許可申請者が参加者か主催者かのきまりはなく、食品衛生上の責任がとれる者が申請します。
しかし、この許可は屋外では取得不可能です。(手創り市も含まれます)
当手創り市は、東京都内で開催されており都条例が基準となります故にご理解・ご協力の程何卒宜しくお願い致します。
また、他のイベント(市)で販売されているから可能では?というご質問を時々受けますが、
以上のような理由で当市のルールとして施行されております。
サンドウィッチは当市では販売不可といたします。
食肉製品、乳製品、魚介類、惣菜を挟んだものは惣菜パンに該当し、お弁当と同じ扱いになりますので、販売不可となります。(食料品等販売業(都条例許可)に該当)
『ピクルス』などの「びん詰めもしくはかん詰め商品」の販売について。
上記品目のご参加の場合には「かん詰めもしくはびん詰め食品製造業」の許可証が必要となります。
法令上「瓶詰もしくは缶詰」とは、「打栓機、巻締機、殺菌装置等」の設備を設け、
「かん詰又はびん詰食品製造業」の許可を取得した施設で製造されたものであり、
単に瓶や缶に入っているものは該当しません。
「かん詰めもしくはびん詰め食品製造業の許可証」の取得方法や、
「打栓機、巻締機、殺菌装置等」の設備については、まずはお近くの保健所にお問い合わせ下さい。
以上にある「瓶詰めもしくは缶詰め」以外の場合には、
単に「瓶入り・缶入り」という事になりますので、当手創り市では出展(販売)が不可となります。
また、「飲食店営業許可」では出展内容として認められません。ご注意ください。
手創り市参加の規約となりますので予めご了承ください。
『ジャムの製造・販売』について。
「菓子製造業」の許可」もしくは「製菓材料等製造業」の許可(都条例の許可)」があればよく、
「かん詰又はびん詰食品製造業」許可は必要ありません。
製造地が都外の場合は、その所在地の条例の有無によっては許可不要の場合もありますが、
当手創り市は東京都で行われている為、都条例に照らし合わせ施行されます。
また、「個人のカフェなど(飲食店営業)」で製造したジャムの場合は、店内での提供以外は
飲食店営業の範囲を超えており、都内の場合は菓子製造業もしくは製菓材料等製造業の許可が必要です。
よって手創り市では「飲食店営業許可」だけでは出展品目として認められません。ご注意ください。
『茶葉のオリジナルブレンド販売』について。
1. 「茶葉をブレンドし、自身の商品とする」という行為については、食品衛生法上の許可は必要ありません。
都内で行う場合については、条例による許可も不要ですが、他の道府県については、条例が異なりますので、
地元の保健所にお問い合わせ下さい。
食品を製造するので、清潔な場所で、異物混入に細心の注意を払うことが必要です。
2. 製品パッケージへの表示

@製造者住所について
 政令指定都市及び県庁の所在する市については、道府県名を省略することができます。
 ※東京の場合は、東京都から必ず記載します。

A製造者氏名について
 法人で製造した場合は、法人名を記載する。
 個人で製造した場合は、氏名を記載する。
 ※店の屋号のみでは、不適正表示となります。

Bその他に、JAS法に関わる品質表示基準等の表示に関わる規制があります。
 詳細については、消費者庁の一括表示に関する相談窓口でご相談くださるようお伝え下さい。
 電話:03−3507−8800

茶葉の販売時におけるパッケージ表示はこれまで通りの手創り市の規約が適用されます。
また、パッケージのオリジナルデザインのみでは手創り市では販売が出来ません。ご注意ください。

※ 珈琲豆・茶葉ともに食品出展のみとなります。
『漬物の販売』について。

缶詰、びん詰め、容器包装加圧加熱食品(レトルトパウチ食品)であれば販売が可能です。
レトルトパウチ食品に似た包装(ヒートシールで密閉された物)で「要冷蔵」の物がありますが、
これについては、販売できません。
また、包装されていない漬物、その量り売り、ビニール袋等に入れた漬物は販売することはできません。

【作り手の取得すべき許可】  
・漬物自体を製造する許可 → 「漬物製造業」
・食品のかん詰、びん詰を作る許可 → 「かん詰またはびん詰食品製造業」
 (例えば、漬物(ピクルスを含む)をびん詰にする行為)
この許可を取得している施設で作った商品は消費者に販売することができます。

手創り市は野外での販売なので、単なる袋詰め、裸の漬物を量り売りすることはできません。
販売することができる商品は、保存性のあるびん詰、かん詰、レトルトパウチの物のみということになります。

「容器包装加圧加熱食品(レトルトパウチ食品)」について説明いたします。

いわゆる「ボンカレー」をイメージして頂くと分かりやすいと思います。
プラスチック容器もしくは金属箔などを多層に合わせた袋状などの容器に食品を詰めて密封し、
加圧及び加熱により殺菌した食品です。
この食品には、表示欄に「殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌」と表示されています。
(ヒートシールされた商品(漬け物)は販売不可となります)




・ひと区画は 1.8M×1.8M(高さは2Mまで。テント・パラソル使用時は高さ制限なし)
・ひと区画の出展料は3000円となります。
・出展料のお支払いは当日受付の際にお支払いとなります。

・ひと区画の参加者は2名まで(お手伝いの方も人数に含まれます)。ふた作家のシェアも可能です。
参加者の発表はすべてのお申し込み書から「選考」によって行われておりますので、
 「申込書記載事項」の変更・修正は原則不可となります。予めご了承ください。
 (申し込み用紙に記載されている方が必ずご出展ください。)

※出展者専用の駐車場と駐輪場は御座いません。




出展キャンセルの場合、キャンセル料金は発生致しません。
ただし、出展者発表後のキャンセルは出来るだけお控え下さい。

※キャンセルされる場合は必ずメールにて(info@andscene.jp)ご連絡ください。
  ご連絡のない場合、次回以降のお申し込みをお断りする場合がございます。




受付は8:00からとなります。
コインパーキング、駅からの搬入は7:30以降からお願い致します。

※早朝からの荷運びの騒音は近隣住民の方へのご迷惑となりますので、
  駅・コインパーキングへ早く到着された方は7:30まで待機をお願い致します。

・受付の際に配られる登録証は開催中は必ず首からさげて下さい。
・開催終了は16時となります。その後、17時までには会場より完全撤収をお願い申し上げます。
・搬入、搬出の際にお困りの場合にはスタッフまでお声をおかけください。




・原則雨天中止と致します。開催か否かの判断は開催日当日朝5:30までに行います。
・雨天中止の場合、公式HPにてお知らせを致します。個別連絡は致しません。
・雨天中止であっても次回開催分の選考は改めて行われます。振替出展は御座いません。
・開催中の雨天中止の場合、11:59までは出展料のうち1000円返金致します。
 12:00以降の場合は返金不可となります。ご了承下さい。




搬入7:30〜、受付8:00〜 開始9:00〜 16:00終了。
17:00までに会場より撤収して下さい。




address:〒173-0021東京都板橋区弥生町68-1
mail :info@andscene.jp
tel  : 03-3956-2254


All contents copyright (C) since 2012, &SCENE 手創り市 All Rights Reserved.