ハイローオーストラリア

単利と複利ではハイローオーストラリア(Highlow.com)ではどちらを選ぶべき?

バイナリーオプションの資金の運用方法として単利と複利があります。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で投資をする際にも単利か複利かを検討する人も多いでしょう。トレーダーの間でも議論になっているポイントで、実際にはどちらを選んでいるトレーダーもいます。

単利と複利の取引方法はどちらもメリット・デメリットがあります

こんなオレ

ハイローオーストラリアを利用する目的に合っている方を選ぶのが適切と言えるでしょう。

その判断に必要な情報をこの記事では広く提供します
実際には単利と複利の二つしか選択肢がないわけではないので、ハイローオーストラリアでの資金の運用方法について深く掘り下げてみましょう。

単利と複利とは

投資では単利と複利という言葉がよく登場しますが、定義をきちんと理解できているでしょうか。

まずはこの二つの定義から違いを大まかに確認しておきましょう。

単利とは

単利とは

単利とは投資する資金を固定して運用する方法です。

とてもシンプルでわかりやすいことからバイナリーオプションでもよく用いられています。

金額を1万円と決めたら今回も次回も1万円にします
投資によって利益が出たか損失が出たかは関係なく一定の金額で取引をするのが特徴です。

複利とは

複利とは

複利とは初期投資金額を決めて取引を行い、その後は投資する資金にそれまでの運用損益を合算する運用方法です。

取引による利益が出た場合にはその利益分を上乗せして次の取引資金にします。逆に損失が出た場合には損失分を差し引いて次の取引資金にします。

金額を1万円として取引により2万円になったとしたら、次の取引では2万円を資金とします。逆に1万円の取引をして5000円になった場合には、次の取引では5000円で取引をするのが基本です。

単利と複利の大きな違い

単利と複利の大きな違い

単利は取引に必要な資金も、取引による利益や損失もずっと一定なのが特徴です。

それに対して複利の場合には利益が生まれると取引の資金を増やし、さらに取引に成功したときに利益が大きくなります。しかし、取引額が増えているので、失敗したときの損失も大きくなってしまいます。

一方、損失が生まれると取引の資金を減らすので成功したときの利益は減りますが、さらに失敗したときの損失を抑えられます。

こんなオレ

単利と複利の決定的な違いは、取引成績によって損益が左右されるかどうかです!

複利にすると利益が生まれるほどハイリスクハイリターンになり、損失が生まれるほどローリスクローリターンになります。

リスクが高くなってでも利益を大きくできる可能性を追求したいなら複利が適しています。

利益があまり大きくならなかったとしても、リスクを低い水準で維持しておきたいなら単利の方が良いでしょう。このような視点で単利か複利かを決めるのが投資ではよくある考え方です。

バイナリーオプションでは複利は危険!?

バイナリーオプションでは複利で資金を運用すると危険だという話を聞いたことがあるでしょうか。複利運用をしているトレーダーもいるのは事実ですが、なぜ危険と言われるのかが気になるでしょう。

ここではその理由と複利運用の仕方のポイントを紹介します。

複利運用をするとどうなるか

複利運用をするとどうなるか

ハイローオーストラリアで複利運用をしようとすると、負けたら資金がなくなるから取引できないという事態に直面します。

1万円で取引をして利益になるときには大きなペイアウトを受け取れますが、予想が外れたときには資金は全額没収されてしまうのがバイナリーオプションのルールです。

そのため、複利運用で利益を得るには予想が当たり続けなければならないから危険だという考えが生まれています

確かに字義通りのルールで複利運用をするとバイナリーオプションでは危険です。まず間違いなく資産を失っていくことになるでしょう。しかし、資金と複利について少し視点を変えて運用すれば問題はありません。

総資金で考える複利運用

総資金で考える複利運用

典型的な解決策として総資金に着目して複利運用をする方法があります。ハイローオーストラリアでは口座に資金を入金した後、一部を使って取引するのが一般的です。

例えば

総資金の5%を取引資金として利用するというルールで運用するとしましょう

100万円あるとしたら5万円で取引をします。この際に2倍のペイアウト率で取引に成功して10万円を手に入れたとすると総資金は105万円です。

すると次の取引資金として使うのは5万2500円になります。

これで取引に失敗すると総資金は99万7500円です。
次回の取引では49875円を資金にするという形で複利運用ができます。

定期的に金額を見直す複利運用

一定の回数や期間の取引結果に基づいて次の取引金額を見直す方法も解決策になります。

例えば

10回との取引で1万円ずつ使用し、10万円使った時点で見直しをするというのがわかりやすいパターンです

この時点で10万円が11万円になっていたとしたら、次からの10回は1万1000円で取引をするという方法です。

一定期間ごとに見直しをする場合にはルールの決め方がいくつかありますが、最もシンプルな例を見ておきましょう。

1万円の取引を1週間行ったら30万円使用し、6万円の利益になっていたとします。

36万円を次の取引資金として考えると、同じように30回の取引をするという想定で36万円/30回で1万2000円を1回の資金とすることができます。

こんなオレ

利益が出た場合には資金を増やし、損失が出ると資金が減る仕組みです。

複利はやはり危険ではない

複利はやはり危険ではない

バイナリーオプションでは定期預金のように単純な形では複利運用を行いづらい性質があります。

定期預金なら一定期間お金を預けておくと利子が付くので、その利子と元本を再運用すれば複利になります。

こんなオレ

このような単純なやり方は取引結果として資金がゼロになる可能性があるバイナリーオプションでは危険です。

しかし、総資金に基づく複利を考えたり、定期的な見直しによって複利運用に近い仕組みにしたりすることは可能です

どの方法でも利益が生まれたときには、利幅の大きさに応じて資金を増やし、利益を大きくできる可能性を生み出せます。逆に損失が生じたときには損幅に応じて使う資金が減る仕組みです。

このようなやり方をすればバイナリーオプションでも複利運用ができます

一気に資金を失って利益を見込めないような運用方法ではないので、やり方次第では複利も危険ではありません。

単利と複利はどちらが良い?

単利と複利はどちらが良い?

ハイローオーストラリアでは単利と複利のどちらで運用した方が良いのでしょうか。

こんなオレ

どちらがベターと断言できるわけではないので、自分に向いている方法を選ぶのが大切です!

ここでは単利と複利を選べずに迷っている人のために、それぞれに向いている人の例を初回します。

単利が向いている人

ハイローオーストラリアで単利運用をするのが向いているのは以下のような人です。

単利が向いている人

資金についてあまり意識したくない人

複雑なことは考えたくない人


ターボ取引をよく使っている人

単利で運用する場合にはいくらの資金で取引をしたら良いかを気にかけずに済みます。

複雑な計算をして次の取引金額がいくらなのかを計算するのは厄介だという人もいるでしょう。それが原因で面倒になってしまい、取引をやめてしまうかもしれません。

しかし、単利なら全く計算をする必要なく、淡々と一定額で取引をすれば良いので気軽です

また、単利にすると総資金が増えているか減っているかを常に意識する必要はありません。

こんなオレ

減っているのに気付いて焦ってしまう心配がある人は淡々と取引できるようにするためにも単利にしておくのが無難です!

ターボ取引をよく使っている人は、単利にしておけば資金をいくら使うかを悩まずに済むので合理的です。金額をいくらにすべきか計算している間に時間が経ってしまって好機を逃してしまうリスクがなくなります。

ハイローオーストラリアではターボ取引の人気が高いので、単利にする魅力は大きいと言えるでしょう

複利が向いている人

ハイローオーストラリアでは以下のような特徴がある人は複利で運用するのが良いでしょう。

複利が向いている人

取引の成功が多くなっている人

リスクを負ってでもリターンを重視したい人


リスク許容度が低い人


取引の見直しを普段からしている人

ハイローオーストラリアで取引を続けてきて、取引の成功率が高くなってきた人は複利にするのがおすすめです。成功率が高めになると利益を増大させやすいのは複利のメリットだからです。

こんなオレ

総資金が増えてきているなら取引資金の見直しをして、複利運用も検討しましょう。

リスクに関する意識が強い人は複利運用が向いています

リスクを負ってでもリターンを重視したい人も、逆にリスク許容度が低くてできるだけリスクを減らしたい人も複利にするのが効果的です。

利益が大きいときにリスクを負ってでもさらに大きな利益を追求することができ、損失が大きいときには損失を極度に大きくしないように資金を調整できる仕組みだからです。

また、普段から自分の取引の見直しをしている人なら、次の取引資金をいくらにするかを計算するのがあまり大きな手間にならないでしょう。

取引結果を見返して次に生かすという考え方は重要なので、複利にすると決めた段階で積極的に取り組んでいくのもおすすめです。

単利も複利も向いていない人

もし以下の条件を満たすのなら単利と複利のどちらも選ばないのがおすすめです。

あくまで単利と複利は取引に使う資金を決めるための方法の代表例でしかないので、他の方法の方が良い場合もあります。

単利も複利も向いていない人

自由に金額を決めたい人

得られた利益を一部だけすぐに出金して使いたい人


資金運用について考えるのがストレスにならない人

単利や複利では柔軟性がないのが悩みになる人もいます
自由に金額を決めて取引をしたいならどちらもやめておきましょう。

この取引は成功する可能性が高い、この取引はあまり成功を期待できないといった優劣を付けられる場合もあります。あまり成功しそうもない取引に資金を費やすのは失敗のリスクを高めるだけなので好ましいことではありません。

この取引はやってみたいというときもあるので、少額でも取引できるように自由度を高くするのは悪くはないでしょう。

こんなオレ

ただし、資金管理の方法はよく考えて、資金を大きく失ってしまわないようにする工夫は必要です!

また、ハイローオーストラリアで得られた利益をすぐに別の目的で使う予定がある場合には複利以外の方法を考えましょう。利益を全て出金する場合には単利運用で構いません。ただ、利益の一部だけ出金したい場合もあります。

できるだけ口座にお金を残しておいて運用できた方がバイナリーオプションでは有利です。

そのため、利益の半分だけ出金する、80%は出金するなどといったやり方も選べます。

利益分をどのくらい出金すべきかが大きな悩みになりますが、目下で考えている使い道があるなら、その用途に応じて必要な金額を考えるのが大切です。

もし具体的な使途が決まっていないなら、今後の運用方針との兼ね合いを考えて決めましょう。どのくらいの利益や損失の幅で運用できるのが望ましいかという観点で見てみると、運用資金として適切な金額が見えてきます。

ハイローオーストラリアでは出金手数料がかからないのでいつでも気軽に出金できます。

出金手数料無料

利益の一部は貯蓄にするといった方法も選べるため、資金の使い方を十分に検討しましょう。

こんなオレ

このようなことをいつも考えているのがストレスにならないなら、単利や複利に決めなくても問題ありません。

自由度が高い方がストレスがないと感じるくらいなら、単利にも複利にもこだわらない自分なりのやり方を考案するのがおすすめです。

まとめ

単利運用、複利運用はどちらもハイローオーストラリアでの資金の運用方法として魅力があります。

複利運用の場合にはやり方に工夫が必要だということは念頭に置いておく必要がありますが、ここで紹介した方法なら比較的シンプルで大きな失敗もないでしょう。

資金運用の仕方は投資や資金に対する考え方によってベストなものが異なります。

こんなオレ

単利や複利の運用はわかりやすいので、迷ったときには有望な選択肢です!

ハイローオーストラリアでは単利でも複利でも成功している人たちが大勢います。自分がやりやすそうな方法を選んで取引を始めてみましょう。

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。