ハイローオーストラリア

海外バイナリーオプション投資は魅力的?他の投資と比較してみた

投資による資産形成が老後の資金対策としても注目されるようになり、株式投資や投資信託などを使って取引する人が増えてきました。

NISAによって少額投資であれば非課税になることから、対象の金融商品となっている上場株式や投資信託、上場投資信託(ETF)はよく着目されています。

このような投資対象と比べて海外バイナリーオプション投資には魅力があるのでしょうか。

海外バイナリーオプション投資の特徴を、株式投資、投資信託、ETFと比較した結果を紹介します。自分に合う資産形成の方法がどれなのかをよく考えてみて下さい。

海外バイナリーオプション投資の特徴

バイナリーオプション投資は為替レートを中心として、株価指数や商品市場価格、仮想通貨などの銘柄を指標として、判定時刻になったときにどのような値になるかを予想する取引です。

予想が当たれば投じた資金が増えて戻ってくるので利益になり、予想が外れると投じた資金が全て没収されて損失になります。投じた資金以上の損失は生まれることがありませんが、失敗すると全額を失うリスクもあるのが特徴です。

海外バイナリーオプション投資では予想が当たったときのペイアウト率が1.8倍前後になっていて、業界でも最高水準と言われるハイローオーストラリアでは1.9倍程度です。つまり、予想が当たると投じた資金が2倍近くなります。

海外業者の場合には取引方式としてハイロー方式が主流になっています。
これは取引開始時刻における銘柄の価格を基準として、判定時刻になったときに基準よりも高くなっているか低くなっているかを予想する仕組みです。理解しやすいルール設定なので、投資を思い立ったらすぐにでも始められるでしょう。

4種類の取引方法を詳しく解説!ハイローオーストラリア(Highlow.com)にはHighlow,Highlowスプレッド,Turbo,Turboスプレッドの4種類の取引方法があります。それぞれ取引判定時間やペイアウト倍率が違ったりと特徴があるので、それらを解説します。また、スプレッド取引のメリット・デメリットについても解説します。...

海外バイナリーオプション投資の取引時間は30秒~1日と幅広くなっていて、一般的には数分から2時間くらいの期間での取引が行われています。利益確定の周期が短いので、繰り返し投資していくことにより大きな利益を上げられる可能性があります。

海外のバイナリーオプションでは少額投資にも対応しています。
1エントリーの最低取引金額が200~1,000円くらいのところが多いからです。業者によって入出金の金額に制限がありますが、5,000円くらいから入金が可能で、10,000円程度の残高があれば出金できるところもあります。

ハイローオーストラリアでは海外最低水準になっていて、入金はクレジットカードで5,000円から可能で、出金も残高が10,000円あればいつでもできます。

株式投資の特徴

株式投資は主に上場している国内株式や海外株式による投資です。株式投資では短期投資と中長期投資を行えるのが特徴です。

利益と損失の仕組み

株式投資での利益と損失の仕組みとしてキャピタルゲインとインカムゲインがあります。

キャピタルゲインは株式の売買による利益で、安いときに買った株式を高値になってから売ることで利益を得る方法です。売買手数料がかかる証券会社が多いので、資産形成をするにはその分も加味した利益を得る必要があります。

インカムゲインは権利確定日に株を保有していると、株数に応じて得られる配当金です。この二つに加えて株主優待を受けられる企業もたくさんあります。

短期投資

株価は日々刻々と動いていて、短時間で大きな値上がりや値下がりを起こすこともよくあります。短期投資では値動きの激しさを利用して、数分から数日くらいの期間だけ株式を保有してキャピタルゲインを得るのが基本です。

株価は短時間で数倍になるようなこともありますが、1%未満の値動きの場合もあります。逆に短時間で価格が急落して損失を生むこともあります。

株による短期投資は利幅は不安定ではあるものの、一獲千金を狙えるのが魅力です。

投資先の企業が存続している限りは投入した金額がゼロになることはありません。しかし、投資先の企業が倒産すると株式は価値を失うので注意が必要です。

長期投資

長期投資はインカムゲインによる利益を得た上で、数年から数十年保有しておくことで投資先の企業が大きな成長を遂げるのを期待する方法です。

配当金は事業が好調な企業で5%前後のところが多くなっています。株価の上昇は未知数で、10倍以上に跳ね上がることもあれば、何年も持っていてもほぼ横ばいのことも、株価が下がってしまうこともあります。


株式投資は少額資金では取り組むのが難しいと言われていましたが、状況は変わってきています。株式の売買は1単元と呼ばれる100株単位で行わなければなりませんでした。しかし、単元未満株という1株ずつ売買が可能な銘柄も登場しています。そのため、数百円~数千円くらいの資金で株式投資を始められるのが現状です。

投資信託の特徴

投資信託は証券会社、運用会社、信託銀行の三社に任せて分散投資をする投資商品です。

国内株式や海外株式、国内債券や海外債券、不動産や商品などを組み合わせているのが特徴で、多くの投資家から集めた資金を運用会社が適切に配分して投資を行います。

投資信託では基準価額が上がったときに売ればキャピタルゲインを得られますが、運用実績が良いときに配分される分配金によるインカムゲインを得ることを目的とするのが一般的です。分配金を出すことによって基準価額が下がる仕組みになっているからです。

そのため、運用実績が良い限りは保有し続けて分配金による利益を得る中長期投資としてよく選ばれています。利回りは高いものなら10%以上になりますが、数%程度のことが多く、場合によっては基準価額が下がって分配金も出ない状況で損失を生みます。

投資信託では運用会社に資金運用を任せるため、信託報酬を毎日支払う仕組みになっています。年0.1%~2%程度のものが主流なので、手数料分の利益は手に入れるという考え方でトータルリターンを考えた運用が必要になる投資対象です。

投資信託は自分の資金だけで株式や債券などを購入するわけではなく、信託銀行に投資家たちが出資した資金がプールされて運用される仕組みになっています。そのため、少額でも取引が可能で、100円~1,000円あれば始められる場合がほとんどです。

上場投資信託の特徴

上場投資信託は投資信託の中で証券取引所に上場しているものを指します。

通常の投資信託と同様に分散投資になっていて、運用会社に資金運用を任せる仕組みです。上場しているので市場が開いているときならいつでも自由に売買できます。

基準価額の値動きに合わせて売買によるキャピタルゲインを得ることもできる一方、通常の投資信託と同様に分配金によるインカムゲインを得ていく方法も選べます。

分散投資になっている影響で株価に比べると値動きが激しくないのが特徴で、キャピタルゲインを狙って短期投資をする場合には株式投資に比べてローリスクローリターンです。大きな利益を上げるのは難しい場合が多く、基準価額が短期間で2倍になるようなことはほとんどありません。長期保有をしても2倍程度が限界ということが多くなっています。

上場投資信託の場合にも通常の投資信託と同様に投資家から集めた資金を運用する仕組みです。少額投資をしやすい点は共通していて、100円~1,000円の資金で開始できます。

三種類の投資の共通項とバイナリーオプションの比較

三種類の投資の共通項

キャピタルゲイン・インカムゲインによって利益を得る

売買のタイミングは自分で判断する

株式投資、投資信託、上場投資信託を比較してみると、どの場合にも売買によって得るキャピタルゲイン、保有によるインカムゲインによって利益を得る点は共通しています。そして、価格が下がってしまったときに損失が生じることも同じです。

分散投資によって売買による利益や損失の影響が小さくなっているのが投資信託と捉えることもできるでしょう。

売買のタイミングは自分で判断する仕組みになっているのも共通項です。まるで違う投資対象として語られていますが、利益と損失の構造は類似しているのです。

キャピタルゲインを主な狙いとするには株式投資>上場投資信託>投資信託の順に利幅を広げられる可能性があります。

インカムゲインの場合には収益性を考えると投資信託>上場投資信託≒株式投資、安定性を考えると上場投資信託>投資信託>株式投資というのが大まかな傾向です。

株式投資だけは分散投資ではないので自分で投資先企業を明確に決められます。投資信託の場合には銘柄の組み合わせになるので、投資したい業界やテーマ、運用方法などから選ぶことになり、個別銘柄を選定することはできません。

バイナリーオプションと比較

この点をバイナリーオプションと比較すると、そもそも利益構造に大きな違いがあることがわかります。

バイナリーオプションの特徴

長くても1日の短期取引

購入タイミングだけ自分で決める

利益確定は自動で行われる

予想が当たるか当たらないかの二択

ペイアウト率が決まっているため、資金計画を立てやすい

海外バイナリーオプションではせいぜい1日の短期取引です。長期的に資金を投じたままにしておいてインカムゲインを狙う投資はできません。バイナリーオプションはすぐに利益か損失かがわかる魅力がありますが、じっと待つだけの長期投資はできないのです。

また、バイナリーオプションでは購入のタイミングは自分で決めますが、利益確定は自動で行われます。株式投資などでキャピタルゲインを得ようとすると購入も売却も自分でタイミングを決める必要があります。

株式投資の方が自由度は高い反面、いつ売るべきかで悩んでタイミングを逃し、結局は損切りになるということもあるでしょう。売買の両方のタイミングを見極められなければならない点で、バイナリーオプションに比べると高度な知識とテクニックが求められます。

バイナリーオプションでは予想が当たるか当たらないかの二択なので、値動きの幅がどれだけ大きいかはあまり関係がありません。大まかな考え方で上がるか下がるか、特定の条件を満たすか満たさないかといったことを考えれば良いだけなので判断をしやすいでしょう。

バイナリーオプションとは何かバイナリーオプション(binary option)という名前を聞いたことがあっても一体どのようなものなのかがわからない人もいるでしょう。投資の一つとして知られていますが、どのような形で取引をするものなのか、どんなルールで資産を増やせるものなのかと色々な疑問を持っているかもしれません。この記事ではバイナリーオプション取引について基本的なところから投資としての特徴まで解説します。バイナリーオプション業者でオススメはハイローオーストラリア(Highlow.com)です!まずは、登録不要で行える無料デモ取引をして実践的に学びましょう!...

それに対して株式投資では売買のどちらのときにも価格をよく吟味する必要があります。買ったときと売ったときの価格の差が利益に直結するからです。そのため、株式投資の方がよりシビアな取引判断が必要になります。

少額投資が可能な点は両者に共通していますが、利幅についても違いを見ておいた方が良いでしょう。

海外バイナリーオプション投資ではエントリーする時点でペイアウト率が決まっていて、2倍弱です。資金が2倍以上になることはまずありませんが、取引に成功したのに5%しか利益がないということもありません。利幅が安定している点でバイナリーオプションは資金計画を立てやすいメリットがあります。

それに対して、株式投資でキャピタルゲインを得ようとすると利幅は大きくない場合がほとんどです。株価が短期的に2倍になるようなことは稀で、数%の利益を得られたら大きな成功というくらいの取引をするのが一般的だからです。

株価が急騰して大儲けできる機会もあるのは確かですが、安定した利益を得ることは困難です。インカムゲインについても年利10%になることはあまりないので、利幅が大きいとは言えないでしょう。安定性がある投資信託でも運用実績次第では分配金が出ないこともあるため、収益の不安定性は悩みになります。

まとめ

海外バイナリーオプション投資を株式投資や投資信託などと比較してみると、投資としての性質が大きく異なることがわかります。この違いを踏まえると、海外バイナリーオプションはやるべきなのでしょうか。

結論としては人によって海外バイナリーオプションが合うか合わないかは異なります。

海外バイナリーオプションは短期投資で資産形成をしたい人には向いています。時間が十分にある人ならエントリーするタイミングを見つけて、チャンスを生かしていけるでしょう。

専業トレーダーとして稼ぎたいときにも適していますが、副業トレーダーでも海外バイナリーオプションは魅力的です。一回当たりの取引時間が短く、エントリーしてしまえば結果が出るまで放っておけるからです。買ったら売るまではチャートから離れられない株式投資や上場投資信託に比べると隙間時間を使って稼ぎやすい点で優れています。

一方、長期保有による投資をしたい人には海外バイナリーオプションを候補にすることはできません。バイナリーオプションではポジションを取ったまま取引が続けられないからです。長期投資でじっくりと資産を増やしたい人は海外バイナリーオプションよりも株式投資や投資信託の方が向いています。

ただ、海外バイナリーオプション投資は株式投資などの他の取引方法と並行して行ってはならないわけではありません。長期の投資信託をして、さらに生まれた余剰資金をバイナリーオプションで運用しても良いのです。分散投資になるので資金の使い方としても賢いと言えるでしょう。

大切なのは他の投資との違いを理解して、特性を生かしていくことです。

海外バイナリーオプション投資はやったことがないと不安になる場合もあります。ハイローオーストラリアではデモ取引を行えるので、自分に合っているかどうかを実際にやってみて判断してみましょう。デモ取引なら勝っても負けても資金は減りません。しばらくやってみて自分に合うと思ったら本気で取り組んでいきましょう。

デモ取引