ハイローオーストラリア

タッチオプションはハイローオーストラリア(Highlow.com)にはない!魅力があるルールなの?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)はバイナリーオプションのルールの中で世界的に人気が高いハイロー取引とスプレッド取引に特化しています。

こんなオレ

ラダーオプションが主流の国内業者とは違い、シンプルな考え方で取引できるので多くのトレーダーから支持されています!

バイナリーオプションのルールは考え方次第で色々なものを考えることができます。当初はハイロー取引しかありませんでしたが、ラダーオプション、レンジオプションなどが登場して、幅広い選択肢が生まれてきました。

マイナーなルールとしてタッチオプションがあるのを知っているでしょうか。タッチオプションはハイローオーストラリアにはありませんが、魅力的な取引ルールなのかどうかが気になる人もいるでしょう。

この記事ではタッチオプションについて詳しく解説するので、今後バイナリーオプションに取り組む際の基礎知識として役立てて下さい。

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

タッチオプションとは

タッチオプションはどのような取引ルールなのでしょうか。

ここではポイントを絞ってわかりやすくタッチオプションの仕組みを解説します。ハイローオーストラリアのハイロー取引とは考え方に違いがあるので注意しましょう。

取引時間内に目標ラインに達するかどうかを予想するルール

取引時間内に目標ラインに達するかどうかを予想するルール

タッチオプションでは目標ラインが設定されていて、そのラインに価格が到達するかどうかを予想するルールになっています。

現在の価格よりも高いラインと低いラインから選ぶことができ、今後の値動きを考えたときにそのラインに到達できるかどうかを考えてエントリーします。

取引時間が無限にあればいつかは目標ラインに到達するでしょう。そのため、タッチオプションでは取引時間が設定されています。その時間制限の中で目標ラインに到達するかどうかを予想するのが特徴です。

タッチした時点で利益確定になる

タッチした時点で利益確定になる

タッチオプションには判定時刻という概念がありません。取引時間内に目標ラインに到達すると、その時点で取引に成功したことになるからです。

タッチした時点で利益確定になり、ペイアウトを受け取れる仕組みになっています。その時点で仕切り直しをして、また新たにエントリーできるポイントを探すことになります。

タッチしなかったら損失になる

タッチしなかったら損失になる

タッチオプションでは選んだ目標ラインにタッチしなかったら損失になります。

注文を出してポジションを取った時点で資金を出すことになるため、利益確定ができなかった際には損失になるという仕組みです。取引期間が終了した時点でポジションが失われます。

ノータッチオプションとは

ノータッチオプションとは

タッチオプションと対になるバイナリーオプションのルールとしてノータッチオプションがあります。

ノータッチオプションとはタッチオプションとは逆で、目標ラインに到達しなければ取引成功になるのが特徴です。

ノータッチオプションの場合には目標ラインにタッチした時点でポジションが失われます。そして、取引時間が終了する時点までタッチしなければペイアウトを受け取れます。

判定時刻があるハイロー取引と似ていますが、途中で目標ラインに降れた時点で取引が終わる点が大きな違いです。

タッチオプションのメリット

バイナリーオプションのルールとしてタッチオプションは魅力があるのでしょうか。ハイロー取引と比較しながらメリットをわかりやすく紹介します。

ルールとしては単純でわかりやすい

ルールとしては単純でわかりやすい

タッチオプションはハイローオーストラリアのハイロー取引と同じようにルールとして単純でわかりやすいのがメリットです。一定期間内に目標の価格まで到達するタイミングがあるかどうかを判断するだけだからです。

こんなオレ

特に複雑なところがないので初心者でもやりやすいでしょう。

ハイロー取引のように、判定時刻に今よりも価格が上がっているか、下がっているかを考えるのと同じくらい簡単です。

早い段階で利益確定になる

早い段階で利益確定になる

タッチオプションは早い段階で利益確定になるので資金を回転させやすいのがメリットです。極端に言えば、エントリーした瞬間に価格が急変を起こしてタッチすることもあります。わずかな期間でペイアウトを受け取れると、その資金を使って次の取引を行えます。

資金の回転を速めれば稼ぎやすくなるので魅力的なポイントです。

ハイローオーストラリアがトレーダーから好まれているのも短い時間で利益確定になる取引が豊富だからです。バイナリーオプション取引をする上では重要なメリットと言えます。

登録不要で無料で利用できる
デモトレードを始める

タッチオプションのデメリット

タッチオプションにはデメリットもあるので気を付けましょう。ハイロー取引とは考え方が違うので、問題になりやすい点を端的に紹介します。

取引時間が短いと難しい

取引時間が短いと難しい

タッチオプションは取引時間が短いとかなり難しくなります。数十秒や1分程度ではまとまった場の値動きが起こりにくいので、目標ラインにタッチするかどうかを予想するのが困難だからです。

業者も簡単に結果を予想できるような条件を提示してしまうと利益を得られないので、長い取引時間にはできないという事情があります。ルールは簡単でも実際には難しい取引になっています。

レンジ相場では成功しづらい

レンジ相場では成功しづらい

タッチオプションは目標ラインが遠い場合にも難しいのが特徴です。

レンジ相場の場合にはサポートラインとレジスタンスラインの間からなかなか抜け出ることはないでしょう。この際に目標ラインがサポートラインの下やレジスタンスラインの上に設定されていると、タッチオプションでは取引を成功させられる確率はかなり低いでしょう。

こんなオレ

レンジ相場でも成功戦略を立てやすいハイロー取引とは大きな違いです!

トレンド相場でも安心できない

トレンド相場でも安心できない

トレンド相場ならタッチオプションで成功しやすいかというとそうではありません。明確なトレンドが発生しているときでも一定期間内にどのくらい価格が上がるかを予想するのは難しいからです。

トレンド相場では価格が単調に上がり続けるわけではありません。上昇トレンド相場では大きく上昇した後には反発を受けて一時的に価格が下がります。そしてまた反発を受けて価格が上がるという形でジグザグに上昇するのが基本です。

タッチする寸前に反発を受けてしまうリスクもあるので、トレンド相場でも簡単な取引ではないので注意しましょう。

ハイロー取引と違って価格が動く幅を予測しなければならないのがタッチオプションの難しいポイントです。

タッチオプションは使えるシーンが限られる

タッチオプションは使えるシーンが限られる

タッチオプションのメリットとデメリットを考えてみると簡単そうに見えて難しいのがわかったでしょう。

ハイローオーストラリアのハイロー取引と比べると値動きの幅を考える必要があるので、予想の難易度が高いのです。大きな値動きがあるときに取引をしないとペイアウト率を上げにくいラダーオプションと似たような難しさがあります。

ただ、タッチオプションはタッチするだけで良いのは魅力です。ハイロー取引では、判定時刻の瞬間に急変があって想定外の損失になることもしばしばあります。

ノイズの影響を受けずに済むのはタッチオプションの優れている点でしょう。

こんなオレ

ノイズの影響で取引が失敗することは結構ありますよね...

ただ、リスク回避になるだけで成功するエントリーポイントを見つけやすいわけではありません。

タッチオプションは使用するシーンが限られてしまう取引ルールです。明らかに大きな値動きを起こしていて、トレンドが転換するリスクもほとんどないような相場のときにはタッチオプションが理想的でしょう。

また、ファンダメンタルズ分析に基づいて急変のタイミングを予測できたときにも成功しやすい取引方法です。

普段のハイローオーストラリアでの取引に比べると不利になりがちです。

こんなオレ

わかりやすいルールだからといって安易にタッチオプションを使うとリスクが大きいので気を付けましょう!

もちろんタッチオプションに合わせた戦略で取引をすれば稼げる可能性もあります。ただ、レンジ相場のようにほとんど勝ち目がないケースもある点には留意が必要です。

ハイローオーストラリアでタッチオプションは利用できない

タッチオプションは利用できない

ここまでタッチオプションについて詳しく説明を読んでみると、使えそうなタイミングだけタッチオプションを選びたいと思うかもしれません。

ただ、ハイローオーストラリアでは現在、タッチオプションは利用できないルールになっています。

以前は国内業者のバイトレなどでタッチオプションが取り入れられていました。しかし、タッチオプションは国内のバイナリーオプション規制によって問題視されるルールです。

ガイドラインでは業者と投資家の平等性を求めています。

タッチオプションでは業者が利益確定になる目標ラインを設定する仕組みにしなければなりません。投資家が自由にラインを選べてしまうと常に取引に成功することにもなりかねないからです。

そのため、タッチオプションのサービスを続けるのは困難になり、現在ハイローオーストラリアではタッチオプションを取り入れていません。

ただ、海外バイナリーオプション業者なら日本の規制を受けていないので、タッチオプションのサービスを始める可能性があります。

こんなオレ

頭の片隅に入れておくと新サービスが登場したときにすぐに使えるようになるでしょう!

タッチオプションに近い取引はある

タッチオプションに近い取引はある

ハイローオーストラリアではタッチオプションを選べませんが、類似した取引が可能な業者は存在します。

ファイブスターズマーケッツではWowFXというFXとバイナリーオプションの中間のような取引ルールを選べる仕組みになっています。

WowFXのルール

上下に二本の目標ラインがあり、上のラインにタッチしたら成功、下のラインにタッチしたら失敗
(逆に下のラインにタッチしたときに成功という形でも取引可能)

一定時間内にどちらにもタッチしなかったら資金が返却される

やや複雑なルールなので慣れないと難しいかもしれません。

リスクの高さという意味ではWowFXはハイロー取引よりかなり高いので注意しましょう。

特に気を付ける必要があるのがノイズです。ハイロー取引の場合には判定時刻直前にノイズが発生すると予想から大きく外れるリスクがあります。

しかし、WowFXでは取引時間中はずっとノイズにより取引失敗になるリスクを抱えなければなりません。相場が荒れているときにはちょっとした拍子で予想と反対側のラインにタッチする可能性があります。

予期せぬ失敗が起こって大損をする心配が大きいので、取引不安が大きくなりやすいのが問題点です。

あまりおすすめではできませんが、バイナリーオプションに慣れてきて他の取引方法も試してみたいという人は挑戦してみても良いでしょう。

まとめ

タッチオプションはハイローオーストラリアのハイロー取引と同じくらいわかりやすいルールで、目標ラインに到達さえすれば利益になります。

ただ、実際には目標ラインの高さと取引時間の長さ、相場の動きの大きさを総合的に考えて取引をする必要があるため、高度な思考力と経験を求められる取引ルールです。

現在では、ハイローオーストラリアでタッチオプションで取引できません。

タッチオプションはハイロー取引に比べてリスクが高いのが事実です。わかりやすくてリスクコントロールをしやすいハイロー取引の方が稼ぎやすさでは優れているでしょう。

だからこそハイローオーストラリアではあえてタッチオプションを導入せず、ハイロー取引に一本化しているとも考えられます。わかりやすくて稼ぐ手法も多数存在するハイロー取引は世界的に人気です。

リスクの高いタッチオプションが登場するのを待つよりも、ペイアウト率も高くて魅力が大きいハイローオーストラリアでハイロー取引をするのがおすすめです。今後の海外バイナリーオプション業者の動向を追う上でも海外業者で取引をしているのが有利です。

タッチオプションに挑戦したいと思っている人も、バイナリーオプションのスキルアップも兼ねて気軽に始められるハイローオーストラリアでまずは取引を始めましょう。

ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
\5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。