ハイローオーストラリア

デジタルゴールドとはビットコイン?ハイローオーストラリア(Highlow.com)で知っておきたいポイント

デジタルゴールドとは何なのかがわからず、知りたいと思っている人もいるでしょう。投資の世界ではだんだんと知られるようになってきましたが、デジタルゴールドとは何かがまだ一般常識になっているわけではありません。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のバリエーション豊かな通貨ペアの中にもゴールド(金)はあってもデジタルゴールドはないので、よくわからなくても当然と言えます。

この記事ではデジタルゴールドとはどのようなものなのかを説明します
デジタルゴールドはずっとメディアで話題になってきているキーワードです。世の中でどんな認識を受けているものなのかも多角的に解説します。

こんなオレ

ハイローオーストラリアで取引をする上でも役に立つ知識なので、デジタルゴールドとは何なのかを正しく理解しておきましょう!

[official]

デジタルゴールドとは

デジタルゴールドとは

「デジタル」+「ゴールド(金)」という組み合わせによって生まれてきた言葉です。直訳するとデジタルゴールドとは「電子化された金」になります。

デジタルゴールドの意味を理解するには投資の世界におけるゴールド(金)の意味を知ることが必要です。まずはゴールドの投資価値の確認をした上で意味を詳しく掘り下げていきましょう。

ゴールド(金)の投資価値とは

ゴールド(金)の投資価値とは

ゴールド(金)はリスクヘッジの資産として多くの投資家が保有しています。社会経済が不景気になったときには日本円や米ドルなどの通貨の価値が下がります。日本が不況になっただけなら日本円が下がるだけで、米ドルやユーロなどの価値は下がらないでしょう。

しかし、リーマンショックや新型コロナウイルスによるパンデミックなどが起きると、世界全体が不景気になって通貨価値が低下します。

しかし、商品の価値は不況になったからとって下がることはありません。むしろ生産量が減って供給が乏しくなると、商品価格は上がっていくでしょう。

不景気になると通貨に対して商品の価値が相対的に上がります。そのため、通貨として資産を持っているよりも商品を持つのが資産形成になると考えるのが投資の考え方です

ゴールドは安定した需要がある貴金属で、価値が簡単には低迷することがないと考えられています。今までもゴールドの市場価格は上下動を起こしていますが、全体として右肩上がりです。限りある資源なので今後はますます価値が上がるのではないかという見解もあります。

資産を保有・運用するときには通貨だけでなく、株式や債券なども利用されますが、どれも基本的には通貨ベースで取引されているものです。景気に左右されてしまうため、不景気になると全資産の価値が下がることになりかねません。

景気が悪くなったときに投資家が資産をゴールドに変えようとするため、ゴールドの価値が上がっていきます。

こんなオレ

リスクヘッジの資産と言われているのは、通貨の価値と相補的な関係にある資産だからです!

通貨の価値が下がるとゴールドが上がり、通貨の価値が上がるとゴールドが下がります。そのため、ゴールドもいつも保有するようにすれが、景気によらずに資産価値を維持できるようになります

デジタルゴールド=ビットコイン?

デジタルゴールド=ビットコイン?

ゴールドは実体のある現物なのでデジタルではありません。デジタルゴールドはデジタルの世界でゴールドのような資産の性質を持つものを指します。

近年、デジタルゴールドが話題になっているのはビットコインがデジタルゴールドだという意見が多数出ているからです。

ビットコインは仮想通貨(暗号資産)の中で最も歴史が古くて流通量も多くなっていて、ハイローオーストラリアでも初期から取り入れています。仮想通貨はネットワーク上で暗号化されているのが特徴で、銀行などのような機関が管理をして流通を制御しているわけではありません。

仮想通貨ウォレットにデジタル資産として記録されていて、ビットコインの採掘業者によるマイニングによって取引が承認される仕組みになっています。

こんなオレ

ビットコインは流通量も制御されているため、むやみに発行されて価値が低下することはありません。

このような資産の性質が通貨よりもゴールドに近いという考え方が広まっています。ビットコインは通貨との売買ができますが、国が発行数や金利などを制御しているわけではないため、国の経済による影響を受けません。

世界的な不況が起きたときには、ゴールドと足並みを合わせるようにしてビットコインの価格が上がったことも何度もあります。そのため、リスクヘッジの資産として使えるゴールドコイン=ビットコインという考え方が生まれたのです。

ビットコイン=デジタルゴールドに関する代表的な要人発言

ビットコインがデジタルゴールドだという点については様々な人が社会の考え方を変えるような発言をしています。ここで簡単にどんな要人発言があったのかを見ておきましょう。

Apple創始者

Apple創始者

ビットコインがゴールドコインだと比較的初期に発言したことで有名なのがApple創始者の一人、スティーブ・ウォズニアック氏です。

スティーブ・ウォズニアック氏は2018年に「純粋なデジタルゴールドはビットコインだけだ」という主張をしています。仮想通貨の中でもビットコインだけは歩む道が異なると捉えています。

CalibraのCEO

CalibraのCEO

Facebookの推進する仮想通貨プロジェクトの統括担当をしているCalibraのCEO、デビッド・マーカス氏もビットコインはデジタルゴールドだと発言しています。

デビッド・マーカス氏の発言で特徴的なのは、ビットコインは通貨ではないと述べていることです。ビットコインは価格が激しく動き過ぎているために売買に使う通貨としては使用できないと述べています。

投資対象としての保有資産として捉えたときにビットコインはゴールドと馴染用に使えると考えています。

元アメリカ財務長官

元アメリカ財務長官

元アメリカ財務長官で世界銀行のチーフエコノミストも務める経済学者のローレンス・ヘンリー・サマーズ氏は2021年にデジタルゴールドについての発言をしました。

仮想通貨は限定的な範囲だとしてもデジタルゴールドのような商品になり得るというコメントです。ローレンス・ヘンリー・サマーズ氏はビットコインについて言及したわけではありませんが、ビットコイン相場が5月に暴落した直後に発言していました。

暗にビットコインを指して話をしていたと考えられています。

ドイツ銀行のアナリスト

ドイツ銀行のアナリスト

ドイツ銀行のアナリストマリオン・ラポーレ氏も2021年にビットコインの将来性について詳しいコメントをしています。

ビットコインは21世紀のデジタルゴールドになる可能性が十分にあるというのが基本的な見解です。何世紀も世界を支えてきたゴールドと同じような役割をビットコインが果たしていくと予想しています。

デジタルゴールド=ビットコイン?のコメントは多い

デジタルゴールド=ビットコイン?のコメントは多い

有名な発言だけを取り上げてもこれだけたくさんありますが、メディアでアナリストや経済学者が寄稿しているケースは枚挙にいとまがありません。ここでは肯定的な見解を集めましたが、デジタルゴールド=ビットコインという図式に否定的な投資家もいます。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は仮想通貨全体に対して投資価値については否定的な立場を取っています。

ウォーレン・バフェット氏は長期投資に強い株式投資を中心とした投資家なので、ビットコインの激しい値動きを見ると保有資産としてリスクが高すぎると捉えている可能性もあります。しかし、コメントをいていないだけで凡人には思い至らないような発想で否定的な立場を取っているかもしれません。

ハイローオーストラリアとデジタルゴールドの関係

ハイローオーストラリアではデジタルゴールドと呼ばれるようになりつつあるビットコインでバイナリーオプション取引ができます。ただ、デジタルゴールドとしての意味は特に持っていないので注意しましょう

ここではハイローオーストラリアではデジタルゴールドの概念を踏まえて、取引の進め方のポイントを紹介します。

必ずしも以下で説明する内容を踏襲する必要はありませんが、今後のトレードの仕方に取り入れるときっと景気によらずに稼げるようになるでしょう。

ハイローオーストラリアで持つのは日本円だけ

ハイローオーストラリアで持つのは日本円だけ

ハイローオーストラリアではゴールドやデジタルゴールドのビットコインを原資産として取引ができます。USD/JPYやEUR/JPYなどの通貨ペアと併用していると、リスクヘッジをしながら投資ができていると思う人もいるかもしれません。

しかし、ハイローオーストラリアでは日本円以外の資産を持つことはありません。あくまでバイナリーオプションは通貨ペアや商品指数などの値を利用して、どのように変化するかを予測して当てる投資です。

投入する資金もペイアウトとして受け取るお金もハイローオーストラリアでは日本円です。ビットコインで取引をしていればデジタルゴールドを持っているから安心だと思わないようにしましょう

分散を意識してトレードを進めよう

分散を意識してトレードを進めよう

ゴールドやデジタルゴールドが投資の世界で話題になるのは、資産分散によって自分の資産の価値を下げないようにするためです。投資では分散という考え方が重要で、投資のアプローチによってどのような分散の仕方をするかが異なります。

リスクを減らすのが分散の目的で、その代わりにリターンが少し減ったとしても許容することが必要です。

ゴールドやデジタルゴールドへの資産分散では資産の長期保有をするときに、価値が下がらないようにするのが主な目的です。ゴールドが上がるときに全ての資産をゴールドにして、下がりそうになったら次に上がると期待される日本円や米ドルに交換するというやり方をすれば資産は増えていくでしょう。

こんなオレ

しかし、予測が外れてしまうと大損をします...

そのため、運用する資産は一部にして、通貨も金も保有するという資産分散をします。
ハイローオーストラリアでは資産分散はできませんが、取引を分散させることは可能です。一獲千金を狙って巨額の投資をせずに、コツコツと少なめの資金で繰り返し取引をするとリスクが減ります。

バイナリーオプションは運の要素もあるので、一気に全額投資をするのはリスクが高すぎます。デジタルゴールドの考え方に則って資産の一部を使って取引を進めるようにしましょう

[official]

まとめ

デジタルゴールドとはゴールドと同じようにリスクヘッジの資産として機能するデジタル資産を指します。ビットコインがデジタルゴールドとしての役割を果たし、不景気による資産価値の低下を防ぐために活用できると期待されています。

注意が必要なのはデジタルゴールド=ビットコインではないことです。

あくまでビットコインがデジタルゴールドになると予想している人が大勢いるだけで、否定的な意見もあります。まだデジタルゴールドとしての地位を確立したわけでもないので、ビットコインを持っておけば安心というわけではありません。

ゴールドも決していつも安全な資産ではなく、価値も上がりやすいわけではないので、ゴールドに資産分散をするのが投資ではベストとも言えません。
ハイローオーストラリアではデジタルゴールドもゴールドも保有できず、該当するような資産もありません。

こんなオレ

しかし、分散の考え方をデジタルゴールドから学び、リスクが低い投資をすることは可能です!

ハイローオーストラリアで成功している人の多くは、少額で取引を始めて経験を積み、着実に資産を築き上げています。いつも資産の一部を利用して取引するルールを決めておくのがおすすめです。

ハイローオーストラリアはペイアウト率が1.85倍前後もあるので稼ぎやすいのが特徴です。莫大な資金を投入するよりもコツコツと取引をしながら勝率を上げて、安定して資産を増やせるようになりましょう。

デジタルゴールドについて詳しくなって資産分散をしようと思っていた人は、ビットコインが必ずしもデジタルゴールドとは言えないことがわかって困ってしまったのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは資産分散による投資とはやり方が違うので、異なるアプローチで資産運用ができます。今までハイローオーストラリアをあまり検討していなかった人も、ぜひこの機会に口座開設をして、資産の一部を運用してみてください。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
【スマホ対応】ハイローオーストラリアのスムーズな口座開設方法を解説ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。