ハイローオーストラリア

ビットコインと相関が強いのは?ハイローオーストラリア(Highlow.com)とも比較できるの?

ビットコインはリスクヘッジ資産としてよく注目されるようになりました。仮想通貨(暗号資産)の中でもビットコインはデジタルゴールドとも呼ばれるほどに、リスクヘッジ資産としての期待を持たれています。

デジタルゴールドとはビットコイン?ハイローオーストラリア(Highlow.com)で知っておきたいポイントここではデジタルゴールドとはどのようなものなのかを説明します。世の中でどんな認識を受けているものなのかも多角的に解説します。ハイローオーストラリアで取引をする上でも役に立つ知識なのでデジタルゴールドとは何なのかを正しく理解しておきましょう!...

ビットコインの相場の動きはとても大きく、リスクヘッジ資産になるわけではないと思う人もいるのではないでしょうか。

確かにコロナウイルスの蔓延が始まったときには日本円や米ドルなどの法定通貨と同様に相場が下がりました。

ただ、ビットコインの持ち直しは早く、法定通貨よりも急速に価格を上げていったのも事実です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではこのような相場を見て取引をするので、どの通貨がどんなものと相関があるのかが気になるでしょう。ビットコインでの取引はハイローオーストラリアでも人気です。ビットコインと何に相関があるのかを知りたいと思うのももっともなことです。

この記事ではビットコインと相関が強いのが何なのかをアメリカの分析企業が出した結果に基づいて紹介します。ハイローオーストラリアとビットコインも比較して相関を見られるのかについても説明し、リスクヘッジとしてのハイローオーストラリアの位置付けも解説するのでぜひご一読ください。
[official]

ビットコインと相関が強いと考えられるもの

ビットコインは資産を急増させるための資産としてもリスクヘッジ資産としても注目されています。実際のビットコインの相場と相関が強いと考えられるものにはどのような候補があるのでしょうか。まずは事実がどうかをさておいて、考えられる資産や指標について考えてみましょう。

考えられる資産や指標

ゴールド

商品全般

法定通貨

株価指数

ゴールド

ゴールド

ビットコインはリスクヘッジ資産になるという視点でまず相関が強いと考えられるのはゴールド(金)です。ゴールドは昔からリスクヘッジ資産として用いられていて、法定通貨の価値が下がると考えられたときには多くの投資家や資産家がゴールドを購入してきました。

今でも経済危機によって通貨価値の低下が懸念されたときにはゴールドを買う投資家が大勢います。

ゴールドは貴金属として世界的に人気が高くて需要が絶えることがありません。宝飾品として特に魅力が大きく、世界の埋蔵量にも限度があることから資産としては価値が安定しています。

埋蔵量にも流通量にも限界があるため、年々価値が微増してきているのもゴールドの特徴です。

超長期的な視野では資産形成にもなる資産として運用されています。

ハイローオーストラリアの「金」ってどうなの?ハイローオーストラリア(Highlow.com)を使ってバイナリーオプションに取り組むときには、銘柄として主要な通貨ペアを選ぶのが多数派です。しかし、ハイローオーストラリアには通貨ペア以外も銘柄として取り入れられています。特に「金」は投資先として近年注目度が高まってきました。 ここでは「金」は魅力的な銘柄か考察します。...

商品全般

商品全般

ゴールドも商品の一つですが、他にも商品として取引に用いられているものはたくさんあります。典型的なのは銀やプラチナなどの貴金属です。ゴールドほどのリスクヘッジ資産としては着目されていませんが、金と同様に価値が世界的に認められていて、埋蔵量にも限界があることからリスクヘッジ資産になります。

商品としては小麦などもありますが、食品はモノとして持っていても保存ができません。商品は先物取引で注目されることが多く、相場もほとんどのケースでは先物価格が着目されています。

商品先物取引では原油が人気です。

WTI原油やブレント原油はよく商品先物取引で用いられていて、商品としての性質からやはり通貨とは違う相場の動きを示します。ビットコインとも相関がある可能性があるでしょう。

法定通貨

法定通貨

法定通貨ももしかしたらビットコインと強い相関があるかもしれません。日本円や米ドル、ユーロのような主要先進国の通貨だけでなく、各国の法定通貨があってそれぞれが違う価値の変動の仕方をしているからです。

法定通貨全体とビットコインに相関が見られることはないでしょう。

法定通貨同士でも相関がほとんどないのが普通だからです。

厳密に分析していけばビットコインと極めて相関が強い通貨が見つかる可能性があります。ただ、網羅的な分析は大変なので、この記事では割愛します。

株価指数

株価指数

株式相場はビットコインと相関があるかもしれません。例えば、ビットコインマイニング会社株はビットコインの相場と連動していることがよく言われています。

ビットコインマイニングはビットコインの安定した運用に欠かせないものなので、事業としてビットコインマイニングに取り組む会社や、ビットコインを取り扱う仮想通貨取引所などもビットコインと強い相関があって当然です。

ただ、株価は個々の会社の事業状況によっても大きく動くため、必ずしも相関が見られるとは限りません。

株価指数という着眼点で見てみると、ビットコインと相関が見られるかどうかは興味があるのではないでしょうか。日経平均株価やTOPIX、アメリカのS&P500やダウ平均株価がビットコインと相関していたら驚くべきことでしょう。

ビットオオダによる相関の分析結果

ビットコインと相関があるのはどの相場なのでしょうか。

アメリカのビットオオダではビットコインや仮想通貨の専門企業として分析をした結果をレポートしています。

意外とも言える結果が発表されているので、どのような内容なのかを概略としてまとめました。ビットオオダについて聞いたこともない人も多いでしょう。会社概要も含めて紹介するので、ビットコインと各種指標の相関についてぜひ理解を深めてください。

ビットオオダとは

ビットオオダとは

ビットオオダ(BitOoda)とは
Tim KellyとRob maddenによって2017年に設立されたアメリカの会社で、仮想通貨を代表とするデジタル資産に特化しているフィンテック企業です。

デジタル金融のパイオニアとしてデジタルエコノミーを独自の技術によって実現する基盤を確立しています。ファイナンシャルエンジニアリング、リサーチとアドバイスによるクライアントサービス、デジタル資産の仲介サービス、リスク管理を事業として手掛け、ビットコインを中心とするデジタル資産の推進をしているのが特徴です。

ビットオオダでは2021年10月から毎月仮想通貨のトップ20について独自の視点によるリサーチ結果をレポートにして公開しています。

2021年11月のレポートで取り上げられたのが他の金融サービスや各種指標との相関関係でした。

ゴールドとビットコインは負の相関

ゴールドとビットコインは負の相関

ビットオオダによるビットコインと他の指標との相関の分析で衝撃的だったのは、リスクヘッジ資産として考えられていたビットコインが実はそうでもないということが明らかにされた点です。ビットコインはデジタルゴールドとも言われていたので、ゴールドとの相関が強いと考えられていました。

しかし、ビットオオダによる分析結果では、ビットコインとゴールドの間に正の相関が見られなかったのです。

それどころか、ビットコインと金には負の相関が見られていました。金のスポット価格と仮想通貨の相場価格の相関分析では、対象となったトップ20のほぼ全ての仮想通貨がほとんど負の相関を示したという結果になっています。

つまり、ビットコインだけでなく、仮想通貨そのものがゴールドほどのリスクヘッジ資産になっていないことが示されたのです。

安全資産だからリスクヘッジとしてビットコインや他の仮想通貨を持とうと考えるのは正しいとは言えないことがわかります。

ビットオオダによる分析では株価指数と強い相関

ビットオオダによる分析では株価指数と強い相関

ビットオオダによる分析ではビットコインと強い相関を持つ指数として株価指数を見出しました。ビットオオダが相関分析の対象としたのはアメリカの株価指数として有名なS&P500です。

アメリカを代表する上場企業の株価が反映されているのがS&Pの特徴です。

S&P500がわかると資産形成が楽?ハイローオーストラリア(Highlow.com)での使い道は?S&P500はアメリカ経済を動かす大企業の株価が反映されています。S&P500はバイナリーオプションでも重要な意味を持ちます。ハイローオーストラリアではS&P500に着目するだけで行えるCFD取引を取り入れています。短期間で大きな資産形成を行える可能性を秘めていて、少額からでも始められる魅力があります。...

ビットオオダによる分析では相関係数が0.22という正の相関でした。他にもイーサリアムやドージコインなどは0.23の相関係数になり、ある程度の相関関係があることが示されています。株式市場とビットコインや他の仮想通貨に相関があるのかもしれません。

インフレヘッジとしてもビットコインに着目する投資家もいますが、逆効果になるリスクがあることがこのレポートからわかります。

投資ではヘッジをするのはとても重要ですが、安易にビットコインがヘッジ資産になると考えてはならないことが示唆されています。

相関の分析からわかること

相関の分析からわかること

細かい議論もしてきましたが、ビットオオダによる分析でわかったことは極めて単純です。ビットコインはリスクヘッジ資産やインフレヘッジ資産と言われて多くの投資家が着目してきました。しかし、ビットコインはリスクヘッジ資産ではないのです。

分散投資をするときには相補的な関係にあるヘッジ資産に着目するのが基本です。

例えば、株式で投資をしているときにゴールドや安全通貨のスイスフランでリスクヘッジをするのは常套手段でした。新しい切り口として株式投資とビットコイン投資を組み合わせる傾向が生まれてきていましたが、実はヘッジになっていないことが明らかにされたのです。

仮想通貨は全般的に似た傾向があるため、ビットコイン以外の仮想通貨を選んだとしても大きな違いはありません。

こんなオレ

この相関の分析によって、リスクヘッジのあり方を再考しなければならないでしょう。

最近ではゴールドも必ずしもインフレヘッジにはならないという意見があります。リスクヘッジとしては機能しますが、世界的なインフレとなるとカバーしきれない様子が見られるようになってきました。この点からも今後の投資におけるヘッジの仕方は慎重に考える必要があります。

ハイローオーストラリアはビットコインと相関を見られない

ハイローオーストラリアはビットコインと相関があるのかが気になった方も多いでしょう。負の相関を示していて完全に相補的な関係になっていたとしたら、リスクヘッジとして優れていると判断できます。ただ、ハイローオーストラリアとビットコインは相関を見ることができません。

分析そのものができないので注意しましょう。

バイナリーオプションは相場を持たない

バイナリーオプションは相場を持たない

ハイローオーストラリアとビットコインの相関を見られないのは、ハイローオーストラリアの提供するバイナリーオプションは相場がないからです。相場についての相関分析はできるので、株式指数やゴールドのスポット価格、ビットコインの相場について相関を明確にすることが可能です。

しかし、バイナリーオプションは特定の為替レートや株価指数などの相場を指標として、上がるか下がるかを予想するデリバティブ取引です。

バイナリーオプション自体は相場を持たないので相関を計算することはできません。
ビットオオダが行った分析と同じ考え方でハイローオーストラリアがリスクヘッジになるかどうかを評価することはできないのです。

相場を生かすバイナリーオプションをリスクヘッジにしよう

相場を生かすバイナリーオプションをリスクヘッジにしよう

バイナリーオプションは様々な種類の相場を生かす取引です。ハイローオーストラリアでは通貨ペアだけでもビットコインを含めて20種類が用意されています。その中のどれを使うのも自由で、相場を生かした取引をすることができるのがハイローオーストラリアのバイナリーオプションです。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションでは相場が上がるときでも下がるときでも予想さえできれば利益を生み出せます。

そのため、株式投資をしているときでもビットコイン投資に注力しているときでも、常にリスクヘッジの投資にできるのがハイローオーストラリアのメリットです。

ヘッジ資産で悩む時代になったからこそ、他の投資と併用していきましょう。

まとめ

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれていることから、相場はゴールドと相関すると考えられていました。しかし、実際に分析をしてみると負の相関があり、むしろ株価指数と正の相関が見られるという結果が得られています。

リスクヘッジ資産としてビットコインに注目する人も大勢いたので、ビットオオダによる分析のレポートは驚愕すべきものでした。今後の投資におけるヘッジのあり方を再考すべき時期になっています。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションはあらゆる資産や投資のヘッジになります。

相場を生かして柔軟な取引ができるので、リスクヘッジをする上で大きな魅力がある投資です。併用してリスクヘッジにする投資を探しているなら、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションを利用していきましょう。

ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。