ハイローオーストラリア

希望退職募集が50社計1万人超!早期退職ならハイローオーストラリア(Highlow.com)を始めよう!

収入がなくなり、ハイローオーストラリア(Highlow.com)に興味を持ち始めた人も多いのではないでしょうか。

2020年から2021年にかけて、新型コロナウイルスの影響によって多くの企業が経営難に陥っています。2021年6月11日時点で新型コロナ関連の経営破綻は1546件にも上り、1000万円以上の負債を抱えて倒産してしまっています。

経営破綻になった企業の半数は従業員が5人未満でした。小規模事業者は経済的な体力が少なく、コロナ禍の影響を耐え抜くのが難しかったと言えるでしょう。

こんなオレ

都内でも空きテナントが目立つようになってきましたね...

ただ、新型コロナの影響は上場企業ほどの規模でも受けています。上場企業の希望退職・早期退職の募集が活発化している状況があり、職を失う人が増えているのが現状です。

こんなオレ

大企業の社員らが入る健康保険組合の赤字を見込む割合が78%となったようです。

この記事では1万人を超えたとされる上場企業の希望退職・早期退職の実態について解説します。実際に上場企業かどうかにかかわらず、希望退職の募集があって悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、早期退職を選ぶメリット・デメリットを紹介し、早期退職を選んだ場合の行く末についても概説します。早期退職をしてハイローオーストラリアという選択肢もこの時代だからこそ検討してみて下さい。

上場企業の希望退職・早期退職募集が増加

2021年6月3日に東京商工リサーチが集計した結果によると、上場企業のうち50社で希望退職の募集が実施され、募集者数の合計が1万人を超えました。

上場企業の希望退職・早期退職募集が増加
上場企業の希望退職・早期退職募集が増加

2020年にも希望・早期退職の募集人数は18635人でしたが、まだ半年の時点で1万人を超えている状況があるのはいかに企業経営が厳しいかが推察されるでしょう。6月時点での集計で比較すると前年度の1.7倍です。

こんなオレ

丸紅は今期決算で1900億円の赤字に転落してしまったようです...

リーマンショック後の2009年(22950人)に比べると半年時点ではやや少ないですが、最終的には匹敵する数字になるのではないかと思われる勢いで募集が進んできています。

業種によって動向が違う

東京商工リサーチの調査結果によるとコロナ禍によって大打撃を受けた業種での急増が見られています。

2019年度には電気機器業界が11社、アパレル業界が5社、医薬品業界が4社という形でトップ3になっていました。しかし、2021年の現状ではアパレル業界が8社、電気機器業界が7社でトップ2になり、ランキングが入れ替わっています。

さらに3位にはサービス(観光)業界、運送業界、外食業界が4社で並んでいます。

年度別:業種による動向の違い
2019年と2021年の業種による動向の違い

この3業界については全社が2020年度決算は赤字になっていて、経営体力がもたなくなってきている状況があることを示唆しています。アパレル、観光、運送、外食はどれも新型コロナウイルス対策で大打撃を受けた業界なので、事業継続のためには苦渋の決断だったとも言えるでしょう。

サービス(観光)、運送、外食については2019年には1社も希望退職を募っていません。観光業界については過去10年間0件を維持していましたが、コロナの影響でついに4社同時に希望退職を募集せざるを得なくなっています。

こんなオレ

JTBは全国の全店舗を臨時休業にするなど厳しい状況が続いています。

なお、新型コロナ関連の倒産についても飲食業界が281件、建設業界が147件、アパレル業界が132件、宿泊業界が82件でトップ4です。建設業界は事業構造がやや異なるので希望退職の募集はありませんが、コロナの影響を大きく受けて倒産に至っているケースが多数あります。

希望退職募集制度とは

希望退職を募集するとはどのような意味なのかが詳しくわからない人もいるでしょう。希望退職募集制度は企業が退職希望者を募集するもので、経営難に陥ったときにしばしば臨時制度として取り入れられています。

リストラとは違って強制的に退職させられるのではなく、あくまで会社のために自主的に退職してくれる人を募集するのが希望退職募集制度の特徴です。形式的には会社都合退職として認められるため、失業給付金を速やかに手に入れられます。

こんなオレ

退職金に上乗せをすることが多いのも特徴です。

早期退職優遇制度などといった名称もあります。

また、早期退職者の対象が限定され、勤続年数や業務内容などで規定されている場合も見受けられます。新しい職を探すための支援をしているケースもあるなど、希望退職を募るときには各社が積極的な支援をしている傾向があります。

早期退職を選ぶメリット

早期退職を選ぶメリット

勤め先で希望退職が募集されたときにはどうしたら良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。

多くの希望退職募集制度では退職時期が近付いてきた従業員の早期退職を促しています。すると、早期退職をするのにはメリットがあるのかがまず気になるかもしれません。

実は早期退職には二つのメリットがあるので押さえておきましょう。

退職金が割り増しになる

退職金が割り増し

前述のように希望退職募集制度を使って早期退職をすると退職金が割り増しになるのが一般的です。企業によってどのくらい割増しになるかはケースバイケースですが、1年分~2年分くらいの給料を上乗せしてもらえる傾向があります。

こんなオレ

定年まで残り一年だとあまり損がないと考えられますね。

また、ハローワークで失業給付の手続きをすれば速やかに支給を受けられます。自己都合退職では3ヶ月+7日後からの給付になりますが、会社都合退職の場合には申請した7日後から受給可能です。

また、給付日数も自己都合退職では最長150日なのに対して、会社都合退職では330日です。当面の収入は失業給付でカバーできると考えられるでしょう。

自由に次のステップに踏み出せる

次のステップ

希望退職募集に応じて早期退職をすると自由に次のステップに踏み出せるのがメリットです。

会社をなかなかやめられずに嘆いていた人も、早くシニアライフを始めたいと思っていた人も気軽に退職できます。 転職をしたいと思っていた場合には、退職理由を説明しやすいのもメリットでしょう。

やむを得ない会社の状況があったのはコロナ禍なので転職先も理解を示してくれます。たとえ他に後ろめたい理由があったとしても疑われることはないでしょう。

こんなオレ

自分の場合はニート期間を誤魔化せそうです!

早期退職を選ぶデメリット

早期退職を選ぶデメリット

希望退職募集制度によって早期退職をするのにはデメリットもあります。むしろデメリットの方が先に思い当たる人が多いのではないでしょうか。

重要な二つのデメリットを確認しておきましょう。

安定した収入がなくなる

退職すれば当然ながら安定した給与収入がなくなります。

失業給付を受け取れる場合には一時的に収入がありますが、その後は収入が途絶えるので対策を立てなければなりません。今後の生活をどのようにして経済的に豊かにするかを考えてから希望する必要があります。

こんなオレ

収入がなくなると段々焦りができてしまいます。

年金の総額が減る

早期退職をすると厚生年金の加入期間が短くなります。年金は加入期間中の給与額に基づいて決まる保険料額と、加入していた月数によって算出されるのが特徴です。

仕事をしていない期間が生じると年金の総額は減ってしまいます。老後資金について十分に考える必要があると言えるでしょう。

早期退職した後の選択肢

早期退職した後の選択肢

早期退職をすると自由にこれからの人生を考えて歩み出せます。ただ、今後の暮らしを築き上げるための資金についてどうするかはよく考えなければならないでしょう。

早期退職をした後にはどのような選択肢があるのでしょうか。

収入ゼロで老後までずっと暮らしていくのは通常は困難です。何らかの方法で収入を得る必要があるという視点で早期退職をした後の稼ぎ方を考えてみましょう。

年金生活を送る

年金生活

特に何かをして収入を得ようとすることもなく、年金生活を送るという選択肢がまず考えられます。もう間もなく年金を受給できる年齢で希望退職をした場合には可能かもしれません。

退職金や失業給付に加え、貯蓄を少しずつ使って生活していけるかを考える必要があります。 老後2000万円問題についても考慮して十分な老後資金があるなら選択肢として検討しても良いでしょう。

人生100年時代にはハイローオーストラリア(Highlow.com)と○○がベスト!人生100年時代を迎えようとしている現代日本では老後のお金をどうするか、老後に何をしてお金を増やすかを考えなければならない状況があります。投資をするのはお金を増やすのに適切な方法で、ハイローオーストラリアなら老後までずっと取り組み続けることができます。老後までにはお金を増やせるようになるという意識で早めにハイローオーストラリアで口座開設をしてバイナリーオプションの経験を積んでいきましょう。...

上場企業で出世をして高給料で働いてきた人が、貯蓄や資産運用を意識してきたなら年金生活を送れるかもしれません。ただ、節約生活をずっと続けなければならない可能性が高い点にも留意しておく必要があります。

転職して働く

転職

希望退職をしたら転職して働くのが典型的です。希望退職をする目的が転職して他の企業で働きたいというものだったなら、積極的に転職活動を進めましょう。

コロナ禍だからといって人材採用を自粛する企業もありましたが、変化に対応して事業再構築に取り組む企業も増えてきています。

上述のようにコロナによる大打撃を受けているアパレル業界、旅行業界、運送業界、飲食業界では募集があまり活発ではありません。

こんなオレ

営業できなければ募集はできないですよね...

しかし、新たな事業展開を試みている企業もあるので広い視野で仕事を探してみましょう。シニアになっても70歳くらいまではアルバイトで仕事をすることは難しくありません。

それ以降も雇用してくれる企業もあるので、働きたいという気持ちがあるなら積極的に転職先を探してみましょう。

個人事業を始める

個人事業

希望退職をしたら開業して個人事業を始めたいという人もいるのではないでしょうか。起業ブームもコロナの影響で低迷してきていますが、コロナ以前は開業するために自己都合退職をする人も増えていました。

カフェやバー、便利屋や修理屋などが代表例で、フランチャイズを利用してコンビニやレストラン、学習塾やガソリンスタンドなどを経営するケースもよく見られていました。

こんなオレ

退職して夢であったカフェ経営!なんて話をたまにテレビで見ますよね。

飲食業界の低迷を考慮すると選択肢は減っているものの、個人事業主として働く道は他にもたくさん考えられます。

新しいトレンドとして生まれてきているのがフリーランスや個人投資家です。ITエンジニアやデザイナー、翻訳家などのような専門職で働いてきた人が独立し、個人としてフリーランスで働くケースが目立っています。

フリーランスをしているならハイローオーストラリア(Highlow.com)を使ってみよう!ハイローオーストラリアはフリーランスの人にとって収入の悩みを解決する手段としても、時間を有効活用する方法としてもおすすめです。平日ならほぼ24時間トレードができるのはハイローオーストラリアのバイナリーオプションの魅力です。短時間での取引もできるのでフリーランスの仕事との兼ね合いを考えて柔軟にスケジュールを立てられます。...

営業職やマーケティング職でも活躍している人は多く、代行をしたりコンサルティングをしたりして企業に貢献しています。

個人投資家も投資の人気に伴って着目されています。株式投資やFXが初期から注目されていますが、商品先物取引やビットコイン投資などもよく選ばれている投資です。

オンラインで学んだらバイナリーオプションは簡単になる?危険はある?バイナリーオプションを簡単にしたいときにはオンラインサービスで学ぶのが良い場合も多々あります。特にこれからハイローオーストラリアで口座開設をしたいと思っている段階の人にとってはバイナリーオプションとは何かを学ぶ機会になります。様々な方法のセミナーがありますが、中には危険なものもあるので慎重に調べてから参加してください。...

バイナリーオプションでも生計を立てている個人投資家がいます。生活費を工面できるほど安定して稼げる投資方法は少ないため、バイナリーオプションは多くの個人投資家から着目されている投資です。

ハイローオーストラリアで個人投資家になろう

ハイローオーストラリア公式
ハイローオーストラリア公式ロゴ

早期退職をすると将来の道はいくつも描けます。勤め先の倒産で突然路頭に迷ってしまったと思っていた人も、これからの道として年金生活、転職、個人事業という選択肢から自由に選べます。

前向きな姿勢を持って今後の人生を豊かなものにしていきましょう。どの道を選ぶべきかで迷ったときにおすすめしたいのが、ハイローオーストラリアを始めることです。

希望退職をしたときも、倒産によって職を失ったときにも、まずはハイローオーストラリアでバイナリーオプションに取り組みましょう。なぜハイローオーストラリアを始めた方が良いのでしょうか。

個人投資家になれる

個人投資家

バイナリーオプションは数ある投資の中でも世の中の景気による影響を受けずに比較的安定した利益を上げ続けやすいのが特徴です。

通常、個人投資家として生活費を稼いでいくときには多数の投資商品を組み合わせていき、時勢に合わせて適切な運用をすることで資産を増やします。そのためには莫大な知識と情報量が必要になるでしょう。

しかし、バイナリーオプションは単独でも生計を立てられます。十分な資金があると特に稼ぎやすいので、退職金を使ってバイナリーオプションに取り組めばきっと個人投資家として生計を立てられるでしょう。

ハイローオーストラリアは特にペイアウト率が高いため、利益を最大化できるメリットがあります。

ハイローオーストラリアのペイアウト率

他社の追従を許さない最大2.30倍のペイアウト率になっているので、個人投資家になるならハイローオーストラリア一択と言わざるを得ません。

稼ぎながら転職もできる

稼ぎながら転職

ハイローオーストラリアを始めるべきなのは稼ぎながら仕事探しもできるからです。

早期退職なら覚悟があるかもしれませんが、勤め先が倒産した場合には途方に暮れてしまう人も多いでしょう。転職先がいつ見つかるのかがわからず、やりたくない仕事でも良いから始めようと思うようになるかもしれません。

辛い仕事に日々向き合うのは苦痛でストレスを抱えてしまい、体調を崩すことになる場合もあります。

海外バイナリーオプション投資は魅力的?他の投資と比較してみた投資による資産形成が老後の資金対策としても注目されるようになり、株式投資や投資信託などを使って取引する人が増えてきました。このような投資対象と比べて海外バイナリーオプション投資には魅力があるのでしょうか。他の投資と比べたときの特徴を紹介するので自分に合う資産形成の方法がどれなのかをよく考えてみて下さい。...

しかし、ハイローオーストラリアを始めれば少額だったとしても収入を得られるでしょう。努力をすればだんだんと利益も大きくなっていきます。

すると、焦って転職先を決めずに、やりたい仕事を見つけられるまで転職活動を続ける気力が湧いてきます。

まだこれから働ける期間が長い人の場合には仕事選びはとても重要です。落ち着いて仕事を探せるようにするためにも、ハイローオーストラリアで安定して稼ぐことをまず目指しましょう。

まとめ

新型コロナウイルスによって大打撃を受けた業界では希望退職・早期退職の募集が進められていて、上場企業だけでも半年で1万人を超えました。コロナの影響で倒産した企業も多くなってきています。

希望退職・早期退職の募集や倒産は今後もまだ続く可能性があるでしょう。自分の身に降りかかってきたときには収入をいかにして確保するかが重要課題です。

こんなオレ

少額でもいいから投資を選択肢に考えてみてください!

今のうちにハイローオーストラリアでバイナリーオプションを始めて、安定して稼げるようにスキルアップを図ってはいかがでしょうか。

勤め先の経営が悪化してしまい、希望退職募集制度が敷かれたとしても落ち着いて早期退職を希望できるようになります。希望退職をして次のステップに進むのは人生を豊かにする選択になる可能性を秘めています。

今のうちにハイローオーストラリアを始めて経済的な足元を固めておきましょう。

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。