ハイローオーストラリア

ビットコインの業界ではベンチャーキャピタルが投資中!ハイローオーストラリアとの関係は?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は資金調達をしながら事業を進めてきたと考えられますが、どんなエンジェル投資家がいたのか、ベンチャーキャピタルが付いているのかなどは全く公開されていません。

こんなオレ

個人の資金によって起ち上げられた事業の可能性もありますが、謎に包まれている部分です。

ビットコインがトップに立つ仮想通貨業界ではベンチャーキャピタルによる投資が活発化しています。

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンへの期待度は大きく、積極的に投資をして成長させていき、利益を上げようと目論むベンチャーキャピタルが世界的に増えています。

この記事ではベンチャーキャピタル投資によってビットコインの業界が成長している状況と、ハイローオーストラリアの関係について紹介します。
[official]

ビットコインの業界へのベンチャーキャピタル投資は最高潮

ビットコインや他の仮想通貨、ブロックチェーン技術に対する注目度は世界的に高まっています。新しい企業を起ち上げて技術開発をしたり、サービスを始めたりするケースも多くなりました。特に仮想通貨取引所(暗号資産交換所)の成功事例はたくさんあるため、ベンチャーキャピタル投資も活発に行われるようになっています。

四半期での投資総額が最高値を更新中

四半期での投資総額が最高値を更新中

ベンチャーキャピタル投資についてはアメリカの市場調査会社CB InsightsとBlockdataが四半期ごとの調査を実施していました。2021年の第2四半期、第3四半期で比較すると、52億ドルだったベンチャーキャピタルの投資額が65億ドルに上昇したと発表しています。これは仮想通貨とブロックチェーンに関連する投資のみに限定したものです。

新型コロナウイルスの影響を受けてベンチャーキャピタルによる投資の動きは世界的に鈍っていました。

しかし、ワクチンができて経済活動が活発になり、同時にビットコインの値動きが活発に見られました。

イーサリアムのネットワークを中心とするNFTの利用もグローバル展開しているため、この業界への投資が活発になっていると言えます。

第1四半期では40億ドルに満たなかったことから、四半期での投資額は着実に増えてきています。2020年はコロナの影響が大きく、全体で31億ドルだけでした。第1四半期だけでも2020年全体を超える勢いでベンチャーキャピタル投資が進められていましたが、さらに加速してきているのが現状です。

投資の中心にいるのは業界の関連会社

投資の中心にいるのは業界の関連会社

ベンチャーキャピタルの中でも仮想通貨業界に積極的な投資をしているのはどこなのでしょうか。

投資件数でトップに君臨したのはコインベース・ベンチャーズです。

コインベースという名称からもわかるように、仮想通貨取引所コインベースの傘下にあるベンチャーキャピタルです。

給与振込がビットコインで実現!コインベースの新機能でハイローオーストラリア(Highlow.com)も使いやすくなる!この記事ではハイローオーストラリアのトレーダーにとって、ビットコインで給与振込が可能になるメリットを解説します。何が起こるのかを予測して、ハイローオーストラリアで利益を上げつつ、使いやすくしていきましょう。...
コインベースが三菱UFJ銀行と連携で日本参入!ハイローオーストラリア(Highlow.com)のビットコインにも大きな影響が?ビットコインの相場は機関投資家だけでなく個人投資家による売買による影響でよく動くことが知られています。ここでは、ビットコインの相場にコインベースの日本参入の影響がどのように出たのかをチャートから分析してみましょう。...

他に積極的な投資を第3四半期に実施したのはCMT Digital、Polychain Capital、Andreessen Horowitz、Digital Currency Group、Jump Capitalです。Polychain Capitalのようにもともとブロックチェーンや仮想通貨に注力して投資をしてきたベンチャーキャピタルによる活動が活発になってきていることがわかります。

特にコインベース・キャピタルの影響力は大きく、単独で24件もの投資をしていました。

二位になったCMT DigitalとPolychain Capitalは9件なので、たった1社で2社以上分に相当する投資をしていたことがわかります。

つまり、投資をしているのは業界関連会社が中心なのです。業界を持ち上げる、M&Aを見越すといった意図があって本格的なベンチャーキャピタル投資が進められていると言えます。

投資しているのはベンチャーキャピタルだけではない

投資しているのはベンチャーキャピタルだけではない

ベンチャーキャピタルによる投資が活発なのは確かですが、大手会計事務所のKPMGによる調査ではベンチャーキャピタル以外による投資も2021年になって急速に伸びていることが示されています。

KPMGはオランダに本社を持つ企業で、4大会計事務所の一つと言われるほど有名な事務所で、150を超える世界各国に拠点を持っています。調査力も優れていることから信頼性の高いデータです。

KPMGによる「Pulse of Fintech H1’21」を参照すると、ビットコインなどの仮想通貨業界とブロックチェーンに関連する投資の総額が2021年に急速に伸びています。2018年は72億ドル、2019年が50億ドル、2020年が43億ドルでした。しかし、上半期、つまり第1四半期と第2四半期だけで2021年は87億ドルと報告されています。

この総額は個人投資家機関投資家ベンチャーキャピタルによる投資を全て合わせたものです。

あらゆる投資活動をカバーするように調査されているので、ベンチャーキャピタル投資による総額よりも高くなっています。このような動向を考慮すると、投資をするならビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンと言われるのも納得できるでしょう。

ベンチャーキャピタルによる投資の構造

ここまでベンチャーキャピタルについて何も説明してきませんでした。あまり事業に詳しくない人はベンチャーキャピタルとはそもそも何かがわからなかったかもしれません。ここでベンチャーキャピタルの定義と、ベンチャーキャピタルによる投資の構造を確認しておきましょう。

ベンチャーキャピタルは投資をして育てて取り返す

ベンチャーキャピタルは投資をして育てて取り返す
ベンチャーキャピタルとは

投資会社や投資ファンドで、株式市場に未上場のベンチャー企業に出資をしているのが特徴です。将来的には上場して株価が上がるのを期待して、未上場の株式を取得します。

つまり、上場すると想定されるベンチャー企業に投資をして育てていき、上場させて何倍や何十倍にして資金を取り返すのがベンチャーキャピタルの事業です。

ベンチャーキャピタルは未上場の株式を取得しますが、基本的に上場するまでは株価が大きく上がることはありません。上場すると期待できる企業を厳選して投資するのが常套手段です。

ビットコインの関連企業が着目されてベンチャーキャピタル投資の対象となっているのは、上場して株価が上がると期待されているからに他なりません。株式市場に上場するには大きなハードルがあり、なかなか実現できることではありません。

ベンチャーキャピタルは数件に1件当たれば大儲けで、1/10くらいの確率でも事業は十分に成立します。

コインベース・キャピタルの四半期で24件という投資件数を考えるといかに期待度が高いかをイメージできるでしょう。

事業成功のためのサポートも受けられる

事業成功のためのサポートも受けられる

ベンチャーキャピタルでは投資をした企業が上場に成功しないと大きな利益を生み出すことはできません。そのため、ベンチャーキャピタルから資金調達をした企業は一般的に事業成功に向けてサポートを受けられる仕組みが整えられています。

どのようなサポートがあるかはケースバイケースで、契約ベースで決まることから一概に言うことはできません。ベンチャーキャピタルによってスタンスが全然違い、同じベンチャーキャピタルでも営業担当者によって異なることすらあります。

ただ、サポート目的でベンチャーキャピタルを活用している事例も多いのは本当です。他の資金調達のサポートを受けたり、事業展開の役に立つコネクションを紹介してもらえたりするのが典型的です。

コインベース・キャピタルは明らかに関連業界に詳しくてコネクションも広いでしょう。

そのため、投資をしてもらいたいと考える企業も多かったと考えられます。

ハイローオーストラリアとの関係

ベンチャーキャピタルによる仮想通貨やブロックチェーンの関連投資が進んでいるのはハイローオーストラリアと関係があるのでしょうか。冒頭で紹介したようにハイローオーストラリアではベンチャーキャピタルを利用して資金調達をしてきたのかどうかはわかりません。

こんなオレ

ただ、有限責任会社なので大株主を外部に持っている可能性はあまり高くなさそうです。

ベンチャーキャピタルによる投資そのものがハイローオーストラリアに影響があるとは考えられません。

ビットコインやブロックチェーンなどに投資が進められていることによってハイローオーストラリアは影響を受けるのでしょうか?

ビットコインやブロックチェーンが伸びる

ビットコインやブロックチェーンが伸びる

ベンチャーキャピタル投資が活発になると、ビットコインや仮想通貨の関連会社あるいはブロックチェーン技術の運用や開発をする会社の業績が伸びる可能性があります。ベンチャーキャピタルによる投資を受けたベンチャー企業が成功して上場するくらいになれば、業界に大きな影響があるのは確かです。

コインベースがアメリカのNASDAQに上場してからさらに事業展開が推進されています。現在のビットコインや仮想通貨の人気上昇に一役買っているのは明らかでしょう。

上場すると大きな資金調達をしやすくなるので、さらに影響力のある企業になります。

ベンチャーキャピタル投資が進んでいるのはビットコインやブロックチェーンが伸びることにつながるのは明らかです。

ビットコインやイーサリアムの相場は動く

ビットコインやイーサリアムの相場は動く

ハイローオーストラリアでは仮想通貨関連の通貨ペアを利用できるので、多かれ少なかれベンチャーキャピタルの動きに影響を受けます。

こんなオレ

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは相場の動きを予測する投資だからです。

ハイローオーストラリアではハイロー取引を取り入れているので、判定時刻に相場が上がっているか、下がっているかを予測して投資します。

そのため、ビットコインやイーサリアムの相場が動くような企業活動があると、ハイローオーストラリアで勝ちやすくなることも、予期せぬ動きで負けやすくなることもあります。

特にハイローオーストラリアのビットコインとイーサリアムではターボ取引が中心になっています。プレスリリースによって急激な相場の動きがあると予想が外れるリスクがあります。

こんなオレ

ベンチャーキャピタルが大きな投資をしたベンチャー企業のプレスリリースは見ておくのが無難です。

逆にプレスリリースを狙ってハイローオーストラリアのターボ取引をすることもできます。プレスリリースを見てビットコインやイーサリアムの売買をする投資家の動きを生かして勝つ方法です。

ハイローオーストラリアのサービスは変わらない

ハイローオーストラリアのサービスは変わらない

ハイローオーストラリアにはベンチャーキャピタル投資による直接的な影響はあまりないので安心して利用していきましょう。

ベンチャーキャピタルの資金は限られているので、投資をするためには他のベンチャー企業への投資を見限る必要が生じる場合もあります。

ハイローオーストラリアではベンチャーキャピタルによる投資を受けているかどうかは明確にはなっていません。しかし、運営会社も移転と共に変わり、セントビンセント及びグレナディーン諸島で有限責任会社として経営しています。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の移転の背景を解き明かした結果ハイローオーストラリアの移転はユーザーを動揺させる動きでした。撤退や悪徳業者という噂も出たほどです。しかし、二回の移転は優良業者としてメリットの大きいサービスを提供し続けるのが目的だということがこの記事でわかるかと思います。より良いサービスをいつも受けられるようにしたいと思うなら、ハイローオーストラリアがおすすめです。...

オーストラリアに拠点を置いていたときにはもしかしたらハイローオーストラリアはベンチャーキャピタルによる投資を受けていたかもしれません。

金融ライセンスを持つほどに成長していたので、ベンチャーキャピタルも着目する可能性が十分にありました。しかし、バイナリーオプション規制が世界的に進められた影響で、ベンチャーキャピタルが注目する可能性が低くなっています。

事業利益を出すことはできても、上場するのは難しいと考えられるからです。

そのため、ビットコインの関連業界にベンチャーキャピタルがシフトしてもハイローオーストラリアは影響を受けません。経営継続をする信頼があるのでいつまでも安心して投資に活用できます。

まとめ

ビットコインの業界とも言える仮想通貨業界の注目度が高まっているのは明らかでしょう。ベンチャーキャピタルも積極的な投資を進めていて、投資額も記録が次々に更新されています。

ハイローオーストラリアはこのような動きによる直接的な影響を受けることはなく、いつまでもサービスを提供してくれるでしょう。

ビットコインやイーサリアムの取引には関係がありますが、ベンチャーキャピタルの投資動向を見るとむしろ有利になります。

ビットコインやイーサリアム、ブロックチェーン技術に興味があるなら、ベンチャー企業のプレスリリースにも関心があるのではないでしょうか。その興味関心を生かしてハイローオーストラリアで稼げるので積極的に活用していきましょう。

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。口座開設後、入金を済ませればすぐ利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...
ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。