ハイローオーストラリア

ビットコインが下落した理由は中国恒大集団に!事例から学ぶハイローオーストラリア(Highlow.com)に決める重要性

ビットコインの下落が2021年9月下旬に差しかかった頃に起こって話題になりました。中国におけるビットコイン規制や各種要人発言の影響を受けて一時は急落を起こして低迷したビットコインでしたが、無事に復帰を果たしてきていました。

しかし、急落が起きた5月から4か月が経過し、大きな下落が起きてニュースになったのです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではビットコインを積極的にサービスとして取り入れる方針を定め、取引の自由度が飛躍的に向上しました。ビットコインに興味があるとハイローオーストラリアにも興味があるのではないでしょうか。
この9月の下落は一見すると関係がなさそうな問題によって引き起こされています。

こんなオレ

中国恒大集団について社会的な不安が生じたために起きたものでした。

この記事では中国恒大集団の事例について簡単にまとめました。なぜビットコインに影響があったのかを読み解きます。そして、事例から学んだことを基にして、投資をするならハイローオーストラリア二決めるべき根拠を解説します。

[official]

ビットコインの下落

ビットコインの下落

ビットコイン相場はハイローオーストラリアで取引をする上でも重要な相場です。ハイローオーストラリアでは1日取引だけでなくターボ取引もできるようになって自由度が高くなりました。

トレンドの影響はバイナリーオプション取引の結果を左右するため、市場でビットコインが下落を起こしたときには早急に状況を理解して対応することが重要になっています

【必見】ビットコインがハイローオーストラリア(Highlow.com)で魅力上昇中ビットコインはハイローオーストラリアで15分取引と1時間取引に対応している仮想通貨です。安定資産として注目されていて流通量も増加しているため、ビットコイン市場は活発になっています。ハイローオーストラリアで取引をする絶好のチャンスになっているので、今まで躊躇していた人もビットコイン取引に挑戦してみましょう。...

ビットコインは4月にピークに達して約700万円にまで上昇しましたが、5月の急落によって400万円を下回ることになりました。その後、7月になって復調を示し、9月初頭には600万円近くまで回復していました。

しかし、9月20日以降、ビットコインに暗雲が立ち込めてしまい、9月21日には444万円にまで下がる事態になったのです。イーサリアムでも下落が起こり、仮想通貨相場が下落したとも言えるタイミングでした。

この背景にあったのが香港株式相場の急落です。

9月20日、日本は祝日で休みの日のことでした。中国恒大集団のデフォルトリスクが高いことが大きな話題になり、香港市場に上場している不動産企業の株価が下落しました。この影響があらゆる市場を動かし、ビットコインも下落することになったのです。

中国恒大集団と引き起こされた問題の経緯

日本にいても中国恒大集団について知らない人は多いでしょう。ビットコインやハイローオーストラリアに興味がある人でも、中国恒大集団について聞いたことがなかったとしてもおかしくはありません。

今回の事例の全体像を理解するために、中国恒大集団について確認した上で、どんな問題が引き起こされたのかを見ていきましょう。

中国の不動産開発最大手の一つ

中国の不動産開発最大手の一つ
中国恒大集団とは

英語名ではEvergrande Groupと呼ばれる中国でも最大手の不動産開発会社です。不動産事業を全般的に担っていて、中国の280を超える地域で不動産の設計や建設、販売仲介やコンサルティングなどのあらゆる不動産事業をおこなっています。

事業拡大を進めている状況があり、ミネラルウォーターを代表とする食品・飲料の製造販売をしたり、サッカークラブの運営をしたり、ヘルスケアや観光などへの投資活動も進めている企業です。中国にテーマパークを手掛けている他、電気自動車産業にも関与している大企業です。

債務額が33.5兆円にも上っていた事実が発覚

債務額が33.5兆円にも上っていた事実が発覚

中国恒大集団は事業の幅も広げていたので安定企業という認識を誰もが受けていました。中国国内だけでなく、世界の株式投資家が中国恒大集団の株を保有していたというのが実情です。

しかし、2021年に入ってから債務危機がしばしば指摘されてきました。ヘルスケアや観光だけでなく、保険関連会社やインターネット関連サービス会社などにも投資を進め、買収も繰り返してきたのが原因で負債が莫大になっていたのです。

そして、9月の時点で負債総額が日本円にして約33.5兆円にも上ると公表しました。

さらに問題なのが中国国内における資本規制です。例えば、北京では住宅を2軒買おうとすると融資を受けられず、全額を自己資金の現金で支払わなければならに規制が2021年から敷かれました。

この影響で中国恒大集団も不動産開発事業に暗雲建立ち込めるのは明らかだったため、精力的に他の事業への展開を進めていたと言えるでしょう。
基盤事業の不動産開発が揺らぐ状況になり、経営が立ち行かなくなるのではないかという指摘すら出てきていたのが実情です

債務不履行(デフォルト)懸念が広がった

債務不履行(デフォルト)懸念が広がった

中国恒大集団は下請け業者、仕入れ業者を多数抱えていて支払いをしなければならないケースが多々あります。さらに社債を多数発行して事業拡大を進めていました。この状況で見えてきたのがデフォルトです

デフォルトとは

債務不履行(さいむふりこう)のことで、借金の滞納をしたり、利払いをしなかったりする行為を指します。

特に9月20日ごろに問題視されていたのが社債の利払い日が迫ってきていた点で、とうとう支払えずに債務不履行になるのではないかという懸念が広がったのです。

23日には8350万ドル、29日には4750万ドルの利払いが予定されていました。利払い日から30日までの間に支払いができなければ債務不履行となります。この事態に対応できる状況ではないだろうという見解が広まったのです。

既に中国恒大集団の株価は2020年に比べて80%程度下がってしまっていました。投資家も中国恒大集団から逃げる傾向があり、厳しい局面に立たされています。

こんなオレ

この状況下ではもはや倒産あるいは解体に向かうのではないかと考えられたのももっともなことでしょう。

中国恒大集団のデフォルト懸念の影響

中国恒大集団のデフォルトへの懸念がどのような影響を及ぼしたのかを簡単にまとめました。ここまでに説明してきた内容も踏まえつつ、波及効果も合わせて知っておきましょう。

香港株式市場の下落

香港株式市場の下落

中国恒大集団のデフォルト懸念によって不動産業界全体に不安が走りました。中国国内における資本規制によって不動産業界に不穏な空気が流れたのは確かです。

その結果として最大手の一つである中国恒大集団が瞬く間に株価を下落させてしまい、アジアでは不動産業界の今後に懸念が生まれていました。

そのタイミングで中国恒大集団のデフォルト懸念が大きな話題になり、中国で不動産事業を行っている企業から株式を撤退させる動きが強まったのも当然と言えるでしょう。香港株式市場の下落を招くことになりました。

世界的な市場の動揺

世界的な市場の動揺

中国恒大集団が債務不履行で倒産するリスクがあるという事実は世界に激震を起こしました。中国の不動産開発の中心軸であり、電気自動車などの次世代を担う事業にも投資を進める一大企業には投資しているケースが多かったからです。

こんなオレ

ビジネス自体はまだグローバルではありませんでしたが、注目度は確実にグローバルレベルでした...

この激震によって世界的に市場の動揺が起こりました。中国株式はリスクがあると懸念して米ドルや日本円に資産を逃がす傾向が強く、安全性が高い資産にする動きが強まったのです

仮想通貨市場の低迷

仮想通貨市場の低迷

安全性の高い資産にしようという気持ちが強まると、中国株式から資金を逃がしてポートフォリオを決め直す段階でリスクの高い資産の割合は減らす方向で考えるのが基本です。

ビットコインは2021年に入ってからの動向を見ると今後は不安があると考えて、他の資産に動かす投資家も大勢いました。
ビットコインの台頭によって仮想通貨は持続的に伸びていくと思われていましたが、ビットコインの急落を受けて不安感を持っている投資家も少なからずいました。

結果としてイーサリアムなどの他の仮想通貨の資産割合も減らそうという投資家が多くなり、仮想通貨市場が全体的に低迷する結果になっています

年金不安の出現

日本人にとっては知っておくべき事実があります。中国恒大集団の問題によって明るみ出てきたのが、中国恒大集団がGPIFの投資先だったという点です。

GPIFとは

年金積立金管理運用独立行政法人のことで、年金として国民が供出している資金を運用して増やす役割を果たしている機関です。

その投資先として中国恒大集団やグループ企業を投資先としていました。
2021年3月末時点の公表情報では株式と社債を合わせて96億円ほどが保有されていました。大暴落を起こしていると考えると年金問題に拍車をかける結果になった可能性があります

GPIFの運用担当者は長期分散投資をしているから影響を及ぼすことはないと説明していますが、損失要因になったのは紛れもない事実です。

運用資産の総額は当時186兆円だったことから、中国恒大集団の関連資産は全体の0.5%にもなっていました。

大した割合ではないと思うかもしれませんが、仮に中国恒大集団の関連資産がゼロになったとしたら、200人に1人分の年金の原資が失われたことになります。少子高齢化が進み、年金が受給できるかどうかが問題視されている状況なので不安が煽られる結果になっています。

ハイローオーストラリアに決めるべき根拠

ビットコインの下落の背景にある中国恒大集団のデフォルト懸念は大きな影響があることがわかったでしょう。

投資をするならハイローオーストラリアと言える根拠を、今回の事例に関連付けて解説します。

大手も政策次第で危機に陥る

大手も政策次第で危機に陥る

大手でシェアが広く、持続的に成長している企業の株式を持てば安心というのが株式での長期投資における基本的な考え方です。しかし、中国恒大集団のデフォルト懸念からわかるように、政策による規制だけで経営破綻に向かう可能性があります。

不動産開発という安定したニーズがありそうな業界の大手ですら株価が急落する結果になったことを踏まえると、株式投資はかなりのリスクがあることは否めません。

仮想通貨は簡単に下がる

仮想通貨は簡単に下がる

仮想通貨投資はビットコイン投資を代表として大きな人気がありますが、中国恒大集団という一社の動向だけで20%もの下落を起こしました。

こんなオレ

仮想通貨に対する信頼感はまだ薄い状況があり、不安が募ると逃げる投資家が多いのです...

安定資産としては程遠い状況があるため、保有して稼ごうと考えるのにはリスクが大きいのが現状です。ビットコインで稼ごうとしていた人もこの事例から学んで避けておくのが安全策でしょう。

ハイローオーストラリアには危機がない

ハイローオーストラリアには危機がない

投資をするならハイローオーストラリアに決めるべきなのは、中国恒大集団の一件のように市場を激震させる事態があっても何も問題がないからです。

バイナリーオプションはビットコインなどの各種通貨のペアのレートが上がるか下がるかを予測して当てるだけの投資です。急落するシーンでは下がると予想して取引すればむしろ有利になります。

社会情勢について理解していればどんな局面でも取引を通して利益を生み出せるのがハイローオーストラリアのバイナリーオプションです。

危機がないので安心して投資に励むことができます。

投資による資産形成は今後ますます重要

投資による資産形成は今後ますます重要

中国恒大集団がGPIFの大きな投資先となっていたことからもわかるように、年金の運用が長期分散投資によって本当にうまく進むとは言い切れません。100%成功する投資があるなら誰もが資金を投資しているでしょう。

こんなオレ

世界的な株価の低迷が起こればいくら分散投資をしていても資産は減ってしまいます...

老後対策を考えても資産を投資によって運用し、自分で生活できるようにするのが大切です。ハイローオーストラリアのバイナリーオプションならどんな局面でも投資による資産形成ができます。今後ますます重要となる投資に取り組むならハイローオーストラリアに決めて、いつでも資産を増やせるようにしましょう。

まとめ

復調を示していたビットコインが2021年9月20日頃に急に下落を起こして動揺した人も多いでしょう。実はこの下落の背景にあったのが中国恒大集団という一社のデフォルト危機だったというのを知ると、もはやビットコインの先行きは読めないという印象を受けたかもしれません。

これは紛れもない事実で、ビットコインに限らず、他の通貨についても株式についても同様のことを言えます。

この事例から学んでハイローオーストラリアのバイナリーオプションに決めて投資をするのがおすすめです。どんな状況でも稼ぐ方策を取れるのはハイロー取引を取り入れているハイローオーストラリアのメリットなので、ぜひ今後の投資に活用してください

ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。